説明

Fターム[5B080GA01]の内容

イメージ生成 (11,603) | レンダリング (2,667) | 隠面消去(隠面処理) (448)

Fターム[5B080GA01]の下位に属するFターム

Zバッファ法 (359)
拡張Zバッファ法
スキャンライン法 (11)

Fターム[5B080GA01]に分類される特許

1 - 20 / 78


【課題】実際に、バックエンドワークを実行することなく、当該バックエンドワークに要する時間を推算し、タイルを分割する方法を提供する。
【解決手段】フロンドエンドのカウンタが、コストモデルおよびヒューリスティック(heuristic)関する情報であって、タイルを分割して、順序付けられたワークをコアに配送するときに用いられる可能性のある情報を記録する。専用のラスタライザ(specialrasterizer)は、サブタイルの外側の三角形状および断片を放棄する。 (もっと読む)


【課題】 プリント解像度以上に細かいオブジェクトを大量に含む印刷情報から生成される中間データに対するRIPのレベル処理におけるデータ処理負担を軽減して、印刷処理に要する時間を短縮する。
【解決手段】 入力される印刷情報から生成される中間データを解析して得られるオブジェクトに描画処理を行う印刷装置であって、所定のライン方向に整列された前記オブジェクトについてエッジの幅と、エッジのレベルと、エッジの向きを調べて重なり合うオブジェクトのうち、描画処理を省略できるオブジェクトを検出する。そして、検出したオブジェクトについてオブジェクトリストへの追加または削除を行わないことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 適切なグラデーションを施したパース図を迅速に作成、表示することの可能なパース図作成システム及びパース図作成プログラム並びにパース図作成方法を提供すること。
【解決手段】 三次元データ及びテクスチャデータを取得するデータ取得部と、三次元データにおける建物の部位を定義する部位定義部と、建物の外壁面となる面オブジェクト及び面オブジェクトに影を発生させる影発生オブジェクトを三次元データから抽出すると共に視点及び光源に基づいて影発生オブジェクトによる影を生成する影生成部と、生成される影に対しグラデーションを付与する影フィルターを生成する影フィルター生成部と、面オブジェクトに対しグラデーションを付与する面フィルターを生成する面フィルター生成部と、前記面オブジェクトに影、影フィルター及び面フィルターを重ね合わせる画像合成部とを備える。 (もっと読む)


【課題】対象組織の表面を比較的簡易な処理で且つ比較的明瞭に映し出す画像処理を実現する。
【解決手段】境界判定部50は、基準ベクトルVと各法線ベクトルNを比較し、基準ベクトルVと同じ側を向いていると判断される法線ベクトルNを特定し、その法線ベクトルNに対応したポリゴンを非表示境界と判定する。表示画像形成部60は、ボリュームデータ内における非表示境界のポリゴンを除いた複数のポリゴンに基づいて、対象組織の表面を映し出した表示画像を形成する。これにより(B)に示すように、胎盤側から胎児を観察した場合においても、胎児の顔に対応した表面T3が明瞭に映し出される。 (もっと読む)


【課題】従来の三次元モデルオブジェクトを設計方法には、スケッチがなおも用紙で行われスケッチステップとトレーサステップとが統合されない、取り込まれる描画が2D描画のみでありこの2D描画から幾何学曲線を推測するしかない、幾何学曲線を計算するのにいくつかのコンピュータを使用するため計算リソースを多く必要とする、等の問題があった。
【解決手段】三次元モデルオブジェクトを設計するためのコンピュータ実装される方法であって、画面とのユーザ相互作用のステップと、ユーザ相互作用に対応するストロークを定義するステップと、ストロークをポイントの集合に離散化するステップと、ポイントの集合を三次元シーンの少なくとも1つのサポート上に映し出すステップと、映し出されたポイントの集合および少なくとも1つのサポートから三次元モデルオブジェクトを構築するステップとを備える方法。 (もっと読む)


【課題】立体視画像データ生成時の消費電力を低減する。
【解決手段】本発明に係る画像データ生成装置1は、ジオメトリ演算手段10と、左視野用および右視野用のピクセル演算手段12L・12Rとを備えている。ジオメトリ演算手段10は、ポリゴンの各頂点座標に対して、左視野用または右視野用の何れか一方のマトリクス演算を行うことによって一方視野用の座標変換を行い、座標変換された一方視野用の各頂点座標におけるx座標値に上記左右視点間の距離を加減することによって他方視野用の座標変換を行うマトリクス演算部102と、マトリクス演算部102によって座標変換されたポリゴンの各頂点座標に対して、左視野用のクリッピング領域および右視野用のクリッピング領域から構成される左右共通の共通クリッピング領域を用いてクリッピング処理を行うクリッピング処理部104とを備える。 (もっと読む)


【課題】仮想環境でのアンビエントオクルージョンをライブで推定して現実感のある表示の生成に必要な計算時間および/または計算パワーを最適化する。
【解決手段】仮想環境の点P16でのオクルージョンを推定するための方法に関し、点P16は、視点11から見える仮想環境の各点のうちの少なくとも幾つかをグループ化する表面Sに存在する。必要な計算時間を最小限としながら表示を改善するために、表面Sと基点として点P16を有する複数の半直線との交点403を推定するステップであって、交点403が複数の半直線の各半直線40を離散化することで推定されるステップ表面Sとの交点を有する複数の半直線の各半直線にオクルージョン因子を関連付けるステップであって、該因子が各交点403と点P16を隔てているオクルージョン距離Δの関数であるステップ、推定された交点403から点P16でのオクルージョンを推定するステップを含む。 (もっと読む)


【課題】仮想空間に存在するオブジェクトの雰囲気を損なわず、仮想空間に存在するオブジェクトの位置関係をユーザに容易に認識させることができる画像処理プログラム、画像処理装置、画像処理システム、及び、画像処理方法を提供する。
【解決手段】所定のテクスチャが貼り付けられた第1のモデルと第2のモデルとを含む3次元の仮想空間を仮想カメラで撮像した状態の表示画像を生成し、当該生成した画像を表示装置に表示する。生成する表示画像には、仮想空間において仮想カメラの視野方向を基準として第1のモデルの背後に存在する第2のモデルに対応した位置に存在したシルエットモデルであって、当該第2のモデルのシルエット画像が貼り付けられたシルエットモデルが第1のモデルの前面に描画される。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、一つのオブジェクトが他のオブジェクトに追従したり、他のオブジェクトを運ぶ等のようなオブジェクトが共に移動するときに、二次元インポスターを用いて効果的に三次元のような効果を達成することである。
【解決手段】共通の二次元インポスターや動画スプライトが二次元的に複数のオブジェクトの画像及び動画を生成するために使用される。複数のオブジェクトが空間において離れているときに、各オブジェクトがそれぞれの三次元モデルで表される。しかしながら、複数のオブジェクトが互いに接触しているとき、同じ場所に位置するとき、又は互いに近接しているときには、複数のオブジェクトを表すために複数の三次元モデルの使用から二次元モデルの使用へと切り替えられる。 (もっと読む)


【課題】相互作用およびリアルタイム描画におけるテセレーションにおいては利用される、配置されたパラメトリック曲線の階層的バウンディング方法を提供する。
【解決手段】パラメトリック曲線から導出された座標フレームを用いてパラメトリック曲線をバウンディングする段階と、前記座標フレームにおける配置ベクトルをバウンディングする段階とを備える。 (もっと読む)


【課題】図形ブーリアン演算の演算誤差の発生を抑制して、3次元形状オブジェクトの見える部分を構成しているポリゴンの形状を正確に抽出することができる図形処理装置を得ることを目的とする。
【解決手段】ポリゴン形状出力部7が、遮蔽判定処理部6によりポリゴンの面が輪郭形状により遮蔽されていないと判定された場合、そのポリゴンの形状を出力し、遮蔽判定処理部6によりポリゴンの面の一部が輪郭形状により遮蔽されていると判定された場合、そのポリゴンの面と輪郭形状間で図形ブーリアン演算を実施することで、その輪郭形状に遮蔽されている面が除かれているポリゴンを生成して、そのポリゴンの形状を出力する。 (もっと読む)


【課題】 本発明は,1つの画像データから,リアルタイムに複数種類の3次元コンピュータグラフィックスを得ることができる3次元コンピュータグラフィックス描画システムを提供することを目的とする。
【解決手段】 本発明は,基本的には,描画対象を画像IDにより識別子,この画像IDに応じた処理を行うことで,ハードウェア規模を最小にしながら,高速かつ低消費電力で3次元コンピュータグラフィックスを得ることができるという知見に基づくものである。本発明の3次元コンピュータグラフィックス描画システムは,ジオメトリ処理部11と,ラスタライズ処理部12と,カラー処理部13と,バッファ14と,を有する。 (もっと読む)


【課題】オクルージョン領域の推定や情報を保持することなく、ステレオ画像における前景と背景の視差量を調整する。
【解決手段】
立体映像調整装置は、複数のカメラで前景物体と背景物体が撮影され、ステレオマッチングの対応点が取られた画像に対して、前景物体が写っている画像領域と前景物体との重畳によって別の視点位置からは隠ぺいされる背景の領域を合わせた領域を通過する画像勾配の小さい領域を連結したパスを複数本取得する手段と、背景画像において画像勾配の小さい領域を連結したパスを複数本取得する手段と、それらのパス上のピクセルを削除または複製することによって、ステレオ視を行った際に前景物体と背景物体の奥行量の差が異なる疑似画像を作成する手段を備える。 (もっと読む)


【課題】 同じ表示情報を繰り返し読み出す処理を不要にして処理の高速化を図ることができる描画装置を提供する。
【解決手段】 プリフェッチバッファ108は、メインRAM25から、ソート後の構造体インスタンスを順次読み込み、読み込んだ順番で構造体インスタンスを出力するFIFO構造のバッファである。リサイクルバッファ110は、次の描画サイクルでも使用される(再利用できる)構造体インスタンスを格納するFIFO構造のバッファである。デプスコンパレータ112は、プリフェッチバッファ108から取り出した構造体インスタンスに含まれるデプス値と、リサイクルバッファ110から取り出した構造体インスタンスに含まれるデプス値と、を比較して、より奥に表示されるべき構造体インスタンスを選択して、後段に出力する。 (もっと読む)


【課題】 ガンマ補正などのビデオフィルタを少ない処理負担で実現できるゲームシステム、プログラム及び情報記憶媒体を提供すること。
【解決手段】 元画像情報(R、G、B、Z値)をインデックスカラー・テクスチャマッピング用ルックアップテーブルLUTのインデックス番号として設定し、LUTを用いて表示画面サイズ(分割ブロックサイズ)のポリゴンにテクスチャマッピングを行い、ガンマ補正、ネガポジ反転、モノトーンフィルタ等を実現する。元画像の色成分RをLUTのインデックス番号として設定して色情報を変換する場合には他の色成分G、Bが描画されないようにマスクする。元画像の各色成分R、G、BをLUTのインデックス番号に設定することで得られる変換後の各色情報を合成する。プレーヤがゲームコントローラを用いて入力した操作データに基づきモニタの明るさの調整データを設定し、設定された調整データをセーブ用情報記憶装置にセーブし、調整データに基づき元画像を変換する。 (もっと読む)


【課題】 複数の画像を同期させて表示でき、画像の比較を容易にし、経時変化や治療効
果の確認も容易な画像処理装置を提供する。
【解決手段】 被検体の撮影をおこなうCT装置4、MRI装置5、超音波装置6、X線
装置7がネットワーク8に接続されている。ネットワーク8を介して診断画像は画像デー
タベース1に記憶される。第一の画像処理装置2や第二の画像処理装置3などの複数の画
像処理装置がネットワーク8に接続される。複数の診断画像を同時に表示し、CPU14
、画像メモリ9、三次元画像処理11などにより画像の観察方向、拡大率、スケールなど
の同期表示を一つの操作で可能とする。重ね合わせ部分の色分け表示も可能である。また
、医療情報提供手段により診断・診察の援助となる医療情報を表示できる。 (もっと読む)


【課題】 パーティクルを用いて画像を生成する場合に、少ない処理負荷でリアルで見栄えのよい画像を生成可能な画像生成システム、プログラム及び情報記憶媒体を提供することである。
【解決手段】 パーティクル負荷軽減処理部134は処理負荷に関する情報に基づきパーティクル発生地点の数、パーティクル数及びパーティクルの寿命の少なくともひとつを変更する処理行う。またパーティクル集合オブジェクトの基準色に対してパーティクル発生地点の奥行き情報に基づきデプスキューング処理を行い、パーティクル集合に属する各パーティクルに対して前記ベースカラーを用いてデプスキューング効果を適用する。またパーティクルオブジェクトの奥行き情報、仮想カメラに対する位置関係及びパーティクルオブジェクトを構成するプリミティブの画面に占める描画面積の割合の少なくともひとつに基づきパーティクルオブジェクトを構成するプリミティブの分割数を制御する。 (もっと読む)


コンピューターモデルを視覚化/レンダリングするためのコンピューター実施方法であって、コンピューターモデルは複数の構成要素を含み、該方法は、複数の構成要素のうちの少なくとも1つの、複数の部品を格納することであって、各部品は該部品を視覚化/レンダリングするためのジオメトリ情報を含む、格納することと、座標系内の複数の構成要素の位置及び向きを示す情報を格納することと、個々の構成要素間の空間関係を求めることと、少なくとも1つの構成要素について、個々の構成要素間の前記求められた空間関係に基づいて、該構成要素を視覚化/レンダリングするのに用いる複数の格納された部品を求めることと、を含む、コンピューター実施方法が開示される。構成要素を視覚化/レンダリングするのに用いる複数の部品を求めるのに構成要素間の空間関係を用いることによって、個々の構成要素のジオメトリ、及び該構成要素と他の構成要素との接続に関する知識を用いて、除去することができる隠される部品を見つけることができる。 (もっと読む)


【課題】3次元仮想空間内に2次元グラフィックスを配置して描画処理する際に、視認性を低下させることなく処理負荷の低減を実現できるようにする。
【解決手段】グラフィックス処理命令から、2次元グラフィックス描画処理命令取得部202で2次元グラフィックス描画処理命令を取得し、2次元グラフィックス配置情報取得部203で2次元グラフィックス配置情報を取得し、投影条件取得部204で投影条件に関する情報を取得する。そして、視認効果算出部205では、取得された2次元グラフィックス配置情報及び投影条件に関する情報に基づいて、2次元グラフィックスを配置する3次元仮想空間内の視点の位置に基づく視認効果を算出し、2次元グラフィックス描画処理実行部206では、算出された視認効果に応じて2次元グラフィックス描画処理命令を実行して、ラスタ画像を生成する処理を行う。 (もっと読む)


【課題】 本発明は,必要なポリゴンの形状を変化させずに,描画に用いられないポリゴン情報を削除するポリゴン処理装置を提供することを目的とする。
【解決手段】 本発明は,あるポリゴンから複数の走査線を発生させ,その全ての走査線がポリゴンにより遮られるか否か判断する。そして,全ての走査線が遮られたポリゴンは,他のポリゴンに囲まれ,描画されないポリゴンであると推測し,描画のための処理を行わない。本発明は,上記のような処理を行うことで,必要なポリゴンの形状を変化させず,簡単な処理により,描画に用いられないポリゴンを描画対象から除外することができるという知見に基づくものである。 (もっと読む)


1 - 20 / 78