説明

Fターム[5B276FB11]の内容

Fターム[5B276FB11]の下位に属するFターム

Fターム[5B276FB11]に分類される特許

1 - 20 / 31


【課題】画像形成装置に追加されるアプリケーションの安全性をより高める。
【解決手段】出力が入力パラメータ値に依存する特殊ハッシュ関数のパラメータ値を、インストールパッケージファイルを生成したソフトウェアハウス側(20)に知られることなく、画像形成装置30で使用されようとするアプリケーションファイルが、画像形成装置メーカ側コンピュータ10で、このアプリケーションファイルの特殊ハッシュ関数によるハッシュ値により認証されたものであるか否かを検証する。 (もっと読む)


【課題】
対象ファイルの開発者、ユーザともに、部分的なメンテナンスが効率的に実施できるラッピングファイル更新システム及びラッピングファイル更新方法を提供することを目的とする。
【解決方法】
配信対象となる対象ファイルと、展開用モジュールと、認証用モジュールとを少なくとも含むラッピングファイルを配信するサーバと、ラッピングファイルを受信して、対象ファイルを使用するクライアント端末と、前記いずれかのモジュールの配信を要求されると、配信が要求されたモジュール及びラッピングプログラムを、通信回線を介して配信するライセンス管理サーバとを有して構成され、ライセンス管理サーバは、モジュールの更新があれば、更新されたモジュールをクライアント端末に配信し、クライアント端末は、更新されたモジュールを受信してクライアント端末内のモジュールの更新を行うことを特徴とするラッピングファイル更新システム。 (もっと読む)


【課題】
コンテンツを格納して、市販用に大量生産されたリムーバル記憶メディアであっても、強固なコピーガード機能を備え、しかも、漏洩しやすいパスワードの使用に頼らないリムーバル記憶メディアを装着した閲覧・視聴端末装置を提供する。
【解決手段】
閲覧・視聴端末装置であるホストデバイスとリムーバル記憶メディアの組み合わせ以外の利用を制限する。このためにホストデバイス固有のコードにより、リムーバル記憶メディアを認証し、かつ、コンテンツの復号キーを2重に暗号化する。パスワードの使用は初期設定時1回のみで、譲渡までパスワードを使用しない。従って、パスワードの漏洩を避けることができる。譲渡は初期設定と同じ操作で済む。 (もっと読む)


【課題】ソフトウェアの出力情報に埋め込んだ透かしに基づき、不正コピーを検知する。
【解決手段】情報出力装置が、ソフトウェアを用いた出力情報を生成し、該生成した出力情報に不正検知情報を埋め込み、そして、その不正検知情報を埋め込んだ出力情報を出力する。一方、出力情報検証装置は、情報出力装置からの出力情報から埋め込まれた不正検知情報を抽出し、その抽出した不正検知情報に基づいて、不正コピーの有無を検知する。 (もっと読む)


【課題】新規且つ改善された、ファームウェアの安全なダウンロードのための方法及びシステムの提供。
【解決手段】ファームウェアは、情報記憶装置によって生成された暗号化キーを用いて、ホストから情報記憶装置へ安全にダウンロードされる。暗号化キーは、ホストによるファームウェア・ダウンロード・リクエストに応答して生成される。ホストは、暗号化キーでファームウェアイメージを暗号化し(408)、暗号化されたファームウェアイメージを情報記憶装置へダウンロードする(409)。情報記憶装置は、暗号化されたファームウェアイメージを受信し(410)、当該ファームウェアイメージを復号し(411)、当該ファームウェアイメージでこのファームウェアを更新する。 (もっと読む)


【課題】プログラムの取得不可となる弊害を防ぐことができる更新方法を提供する。
【解決手段】更新方法は、サーバ装置120が情報処理端末100から、更新が要求されたプログラムの識別情報を受信する受信ステップと、サーバ装置120が、プログラムの識別情報を参照して、更新が要求されたプログラムに対応するプログラムを情報処理端末100へ送信するか否かを決定する決定ステップと、送信すると決定した場合に、サーバ装置120が、プログラムのサイズの情報を情報処理端末100へ送信し、情報処理端末100が、そのサイズの情報に基づいてプログラムを記録可能であるかを否か判断し、プログラムを記録可能であると判断した場合に、サーバ装置120がプログラムを情報処理端末100へ送信する送信ステップと、情報処理端末100が、受信したプログラムを格納手段に格納する更新ステップとを含む。 (もっと読む)


【課題】
光ディスク再生装置ではAACSは鍵データ長128ビットのAESを用いることで暗号化強度を高めて著作権保護の安全性を高めている。この暗号を、光ディスクドライブの制御プログラムを不法なものに書き換えることによって解析を行なえるようにして暗号が破られる危険性を排除する。
【解決手段】
更新用プログラムをディスクデータ再生用の一時記憶装置に記憶させ、一時記憶装置から暗号解読回路に読み出して更新プログラムに暗号化されて付加された署名を暗号解読し、解読された署名が正規のものであると判定された場合に、一時記憶装置上の更新プログラムをCPUの制御プログラムが格納されているフラッシュROMにコピーする。 (もっと読む)


【課題】アップグレードキーを使用して容量の増減、冗長性の選択、機能等を変更できる無線装置の管理を容易に行うこと。
【解決手段】無線装置6−1等は、アップグレードキーサポートセンター側装置2によりアップグレード内容情報とユーザ装置の製造番号から生成されたアップグレードキーをダウンロードしてアップグレードし、アップグレードキーサポートセンター側装置2は無線装置6−1等の装置情報を定期的に取得し、不正なアップグレードが行われていないかを監視する。 (もっと読む)


【課題】プログラマブルコントローラにより制御される装置や設備の連続稼動性を高め、プログラムの機密保持等のセキュリティを向上させる。
【解決手段】入力パスワードが、暗号化されていたと判定された場合、入力パスワードが復号化され、パスワード国コードとパスワード有効期間データとに分割される。パスワード国コードと、予めプログラマブルコントローラのプログラミング装置に設定された装置内パスワードコードとが一致し、且つ、パスワードが入力された日付・時刻が、パスワード有効期間の範囲内にある場合、入力パスワードは有効とされ、そうでなければ、入力パスワードは無効とされる。入力パスワードが、暗号化されていないと判定された場合、入力パスワードと、ユーザにより設定されたユーザ設定パスワードとが照合される。 (もっと読む)


【課題】 プライバシーの侵害につながりかねないコンピュータ固有情報をライセンサに連絡することなく、不正利用を確実に防止可能なソフトウエアのライセンス認証方法を提供する。
【解決手段】 ライセンス対象コンピュータ10が、インストールされたソフトウエアの機能を制限する手順と、ライセンス対象コンピュータ10のハードウエア構成要素からコンピュータを一意に識別可能なコンピュータ固有情報を抽出する手順17と、インストールのセッションごとにセッションIDをランダムに生成する手順11と、セッションIDをキーにコンピュータ固有情報を暗号化し(15)、コンピュータ内の記憶域18に保存する手順と、セッションIDとシリアルナンバーとをライセンサに送信しライセンスキーの発行を要求する手順12とを含むソフトウエアのライセンス認証方法。 (もっと読む)


【課題】複数の者が利用する可能性がある装置であって、通信ネットワークに依存せずに、これらの者の利用範囲を確実に規制することができる情報処理装置、装置利用機能制御システムおよび装置利用機能制御プログラムを得る。
【解決手段】携帯端末装置101は非接触型ICリーダ・ライタ制御部105を通じてユーザの所持する図示しない個人情報カード内の非接触型ICの個人情報を受け取ると、利用者ランク管理テーブル123Aを参照して、その個人情報の利用者ランクを調べ、一致する利用者ランクに自装置を設定して、その利用者ランクに対応した機能を発揮させる。第三者が携帯端末装置101を使用しようとすると、利用者の登録を行っていないので利用可能な機能が大幅に制限される。 (もっと読む)


【課題】デバイスドライバのインストールに際し、個々の利用者の作業を軽減する。
【解決手段】ネットワークに接続されたPC1とそのPC1に直結された周辺機器2から成り、PC1内のインストーラ11は、周辺機器2を制御するデバイスドライバのインストールを行う際、インストール情報として、その周辺機器2のデバイスドライバを取得するためのデバイスドライバ取得情報及びそのデバイスドライバの設定を制御する制御情報とを周辺機器2から取得する。そして、インストーラ11はデバイスドライバ取得情報に基づきネットワークを介してデバイスドライバを取得し、そのデバイスドライバのインストールを行い、インストールされたデバイスドライバ13はドライバ設定ファイル12を介して制御情報を取得し、その制御情報に従ってデバイスドライバ自身の設定を行う。 (もっと読む)


【課題】インストール済のアプリケーションのコピーによる不正利用を防止する。
【解決手段】固有番号を有する通信部及び情報を記憶する記憶部を備える情報処理装置にインストールされたアプリケーションが初回起動であるか否かを判断するステップS11と、アプリケーションが初回起動であると判断した場合、通信部から固有番号を取得し、取得した固有番号を記憶部に保存するステップS12、S14と、アプリケーションが初回起動でないと判断した場合、通信部から固有番号を取得し、取得した固有番号と保存した固有番号とが一致するか否かを判断するステップS17、S18と、取得した固有番号と保存した固有番号とが一致すると判断した場合、アプリケーションの起動を許可するステップS19と、取得した固有番号と保存した固有番号とが一致しないと判断した場合、アプリケーションの起動を禁止するステップS20とを有する。 (もっと読む)


【課題】 ロールバックと正規アップデートバージョン以外でのソフトウェアでの書換えとを防止可能な携帯電話装置を提供する。
【解決手段】 本体プログラムは新たに配信された暗号キーを本体不揮発内蔵メモリ12の暗号キー格納領域125に格納する。本体プログラムはアップデート用の新本体プログラム131及び新バージョンデータ132の配信検出時、書換えプログラムに制御を渡し、書換えプログラムは新バージョンデータ132を新暗号キーにてデコードし、旧バージョンデータを旧暗号キーにてデコードする。書換えプログラムは新バージョンデータ132内の新国別コードと旧バージョンデータ内の旧国別コードとが一致し、新バージョンデータ132内の新バージョン情報が旧バージョンデータ内の旧バージョン情報より新しければ、本体プログラムを新本体プログラム131で書換える。 (もっと読む)


【課題】 ファームウエアのバージョンアップをする際、ファームウエアプログラムをダウンロードするためのPCが必要であること、また専用I/Fを介してPCと機器間で通信する必要があった。
【解決手段】 画像処理装置自身がネットワークI/Fを用いインターネットを介してファームウエアを保持するサーバと通信し、直接ファームウエアプログラムをダウンロードする手段を持つ。 (もっと読む)


【課題】コンピュータのハッカー等による、不正アクセス、不正操作、情報流出等のセキュリティ・リスクからコンピュータシステムを防護する。
【解決手段】USB、CD−ROM、HDD、FDD、ROM、あるいはCMOS等のメモリにBIOS、BOOTプログラムあるいはOSカーネルLOADERプログラム等のシステム起動に必要なプログラムを記憶し、起動時にそれがないと起動を中断するなどの、ハ−ドウェアに近い下位層のソフトウェアでのシステム起動の制御機能を有する。また、セキュア領域用システムの装備、ネットワ−ク経由で送受する情報の保護機能も有する。 (もっと読む)


【課題】
プログラムのインストールまたはアップデートを、クライアントのユーザが意識することなく、バックグランドで実行する。
【解決手段】
クライアント12は、暗号化された認証情報ファイル、配布ファイル、および代理実行プログラムからなるファイルセットを取得したときは当該代理実行プログラム101を起動し、代理実行プログラム101は、認証情報ファイルに記載されたレコードに基づきクライアントの照合を行い、照合が成功したときは、認証情報ファイルを無効化するとともに、配布ファイルのインストールまたは更新を行い、この後、代理実行プログラムを終了し、照合が成功しなかったときは、インストールを中止する。 (もっと読む)


【課題】
ネットワークサービスを提供する際のライセンス管理を改善する。
【解決手段】
サービスソースからサービスを生成するサービス生成手段と、一乃至複数のインストール先を記憶するインストール先記憶手段と、前記インストール先に応じたライセンスを生成するライセンス生成手段と、前記サービス及び前記ライセンスからインストーラブルバイナリを生成するインストーラブルバイナリ生成手段と、前記インストーラブルバイナリを前記インストール先にインストールするインストール手段とを備えたことを特徴とするサービス生成装置等を提供する。 (もっと読む)


【課題】ダウンロードするファームウエアのファイル自身に機器のシリアルID番号を個々に埋め込む処理をしたファイルをダウンロード&動作させることにより、登録されたユーザ、指定されたユーザのみ該当ファイルを動作できないようにすることを目的とする。
【解決手段】電源投入後の初期動作を実行するためのプログラムを格納するRead Only Memoryを有し、プログラムを動作させるための揮発性メインメモリを有し、さらにシステム起動後に動作するプログラムを格納するハードディスク等の外部記憶装置を有し、機体の個別を特定可能とするシリアル番号を有し、ネットワーク接続するネットワークインターフェイスを有するシステムにおいて、インターネット先に存在するプログラムダウンロードサーバと通信する手段と、前述サーバよりデータを取得する手段と、シリアル番号を読み出す手段を有することを特徴とする画像処理装置。 (もっと読む)


【課題】デジタル複合機等からなる情報処理装置の出荷後の機能拡張を行う際、機能拡張の許可を特定の情報処理装置のみでなく、同様の機能を持つ他の情報処理装置に低コスト、かつ速やかに移植する機能を実現する。
【解決手段】利用が制限された機能を有する情報処理装置の機能拡張処理は、情報処理装置A,Bに接続される情報記憶装置3と連携して、利用制限を解除することにより管理する。情報記憶装置3は予め制限解除のための情報としてプロダクトキーのリスト3aと機能拡張可能数(制限解除回数、ライセンス数) の情報3bを保持し、情報処理装置Aの1つの機能を拡張する毎に機能拡張可能数を減少することで機能拡張する台数を管理する。また、機能が必要なくなった情報処理装置Aから機能の抹消を行い、ライセンス数を増加させ、その分情報処理装置Bの機能を拡張することができる。 (もっと読む)


1 - 20 / 31