Fターム[5B285CB61]の内容

オンライン・システムの機密保護 (82,767) | 認証 (39,598) | 認証情報保管手段 (6,964)

Fターム[5B285CB61]の下位に属するFターム

サーバ (3,549)
端末 (2,161)
所持媒体 (1,231)

Fターム[5B285CB61]に分類される特許

1 - 20 / 23


【課題】複数種類の情報を用いて認証を行う場合に、適切な順番で速やかに認証を行うことができる個人認証装置、個人認証プログラム、および個人認証装置を備えたインターホンシステムを提供する。
【解決手段】来訪者が住宅7に設置されたインターホンシステム1の子機10に近づくにつれ、両者との距離に応じて異なる個人情報を使用した認証処理が順に行われる。来訪者が顔特徴認証範囲A1に進入すると、子機10のカメラで撮像された画像から抽出される来訪者の顔特徴データによる認証が行われる。認証の結果、来訪者が登録者か否か不明の場合、来訪者がさらに子機10に近づき、虹彩認証範囲A2に進入すると、来訪者の虹彩データによる認証が行われる。それでも来訪者が登録者か否か不明の場合、来訪者がさらに子機10に近づき、筆跡認証範囲A3に到達すると、子機10の操作パネルから入力される来訪者の筆跡データによる認証が行われる。 (もっと読む)


【課題】ロック解除フラグを含むデータをコピーして不正にロックを解除しようとする行為に対する防御機能を有し、優れた盗難防止効果を奏することができる電子機器を提供する。
【解決手段】電子機器は、第1のロック解除コードを含む第1のロック解除コード保存メモリと、ロックが解除されたか否かを示すロック解除フラグを含むロック解除フラグ保存メモリと、前記第1のロック解除コードと入力装置によって入力される第2のロック解除コードとを比較する比較部と、前記比較部での比較結果が一致したときにロックを解除し電子機器の正常動作を許可する制御部と、前記ロック解除フラグ保存メモリが正当なものであるか否かを判定する判定部とを備えている。 (もっと読む)


【課題】操作の際に、セキュリティの向上を図ることが可能なKVMスイッチ及びプログラムを提供する。
【解決手段】KVMスイッチ1は、制御部11、切替部12、指紋情報読取部13及び記憶部14を備えている。記憶部14は予めユーザ毎の指紋情報を記憶し、指紋情報読取部13はユーザの指紋情報を読み取り、指紋情報読取部13に読み取られた指紋情報と記憶部14に記憶された指紋情報とが一致する場合に、制御部11は当該ユーザに当該KVMスイッチの操作を許可する。 (もっと読む)


【課題】 複数ユーザにより周辺機器を共用可能とする場合に、各周辺機器への各ユーザのアクセス可否を効率よく管理できるようにする。
【解決手段】 データ通信手段71は、スレーブアダプタ41およびマスタアダプタ31との間でデータ通信を行う。接続許可手段73は、周辺機器へのアクセスを許可されている1または複数のユーザを特定するための認証データを参照し、マスタアダプタ31を使用するユーザに対してアクセスが許可されている1または複数の周辺機器を特定し、特定した1または複数の周辺機器が接続されている1または複数のスレーブアダプタ41とそのマスタアダプタ31との接続を許可する。 (もっと読む)


【課題】既存のネットワーク構成をなるべく変更せずに、ネットワークにおける不正な通信アクセスを遮断しうる技術を提供する。
【解決手段】本発明は、正当な端末デバイスを接続する正当な利用者のみがアクセス可能となるよう、端末デバイスとネットワークとの間に認証ソケット装置を介在させることを特徴とする。この認証ソケット装置は、端末デバイスの識別情報と利用者の識別情報の二つを用いて認証を行なうことにより、端末デバイスのネットワークアクセスを制御する。利用者の識別情報は、例えばUSBトークンやRFIDタグのような、利用者が容易に携帯できる通信機内蔵型の小型デバイスに格納することが好ましく、適当な通信手段によって、携帯デバイスから認証ソケット装置へ供給されるように構成する。 (もっと読む)


【課題】許可の無い者による車両制御装置のデータ書き換えの無断実行をより確実に回避することのできる車両制御装置及びそのデータ書換システムを提供する。
【解決手段】無線通信ネットワーク11を通じて配信された書換用データに基づく車両制御装置のデータ書き換えの実行に際して、ユーザーが手動入力したIDコードと車両20に予め記憶されたIDコードとの照合に基くユーザー識別検査を実施する。そしてそのユーザー識別検査の結果、データ書き換えの実行を許可された特権ユーザーであることが確認されることを条件に、上記配信された書換用データに基くデータ書き換えの実行を許可することとした。 (もっと読む)


【課題】電子交易のための権利管理および支援サービスの統合されたモジュラアレイを提供する。
【解決手段】管理および支援サービスは、財政管理、権利管理、認証当局、規則手形交換、使用手形交換、安全なディレクトリサービス、ならびにインターネットおよび/またはイントラネットにわたって機能する他の取引関連能力を行うための安全な基礎を供給する。分散交易ユーティリティは、交易管理源を最適に有効利用し、電子交易成長の需要に順応するように実用的にスケーリングし得る。異なる支援機能は、様々なビジネスモデルおよび/または他の目的に適合するように、階層的かつ/またはネットワーク化された関係において共に集められ得る。モジュラ支援機能は、異なるアレイにおいて組み合わされ、異なる設計の実現および目的のために、異なる交易ユーティリティシステムを形成し得る。 (もっと読む)


【課題】発信者が本人であることを確実に確認できる発信者証明情報送信方法を提供する。
【解決手段】使用者証明情報入力手段16は、使用者からの使用者証明情報の入力を受け付ける。使用者認証手段18は、使用者検証情報記憶部34から使用者検証情報を読み出す。使用者認証手段18は、使用者検証情報に基づいて使用者証明情報を認証する。使用者証明情報の認証が成功した場合、発信者証明情報重畳手段20が発信者証明情報記憶部32から発信者証明情報を読み出す。発信者証明情報重畳手段20は、発信者証明情報を音声信号に重畳させる。発信者証明情報抽出手段50は、受信した音声信号から発信者証明情報を抽出する。発信者認証手段48は、発信者検証情報記憶部62から発信者検証情報を読み出す。発信者認証手段48は、発信者検証情報に基づいて発信者証明情報を認証する。認証結果出力手段46は、認証結果を出力する。 (もっと読む)


【課題】認証情報を登録して機密性を保持することができるネットワーク出力システム、認証情報登録方法、および認証情報登録プログラムを得ること。
【解決手段】PC1は生成した識別情報をプリンタ2に通知し、プリンタ2は通知された識別情報を管理テーブル13に登録する。プリンタ2は、管理テーブルに登録されている全ての識別情報を表示してユーザに選択させ、読取装置4が読み取った認証情報をユーザによって選択された識別情報に対応付けて管理テーブル13に登録する。PC1は、生成した識別情報を含む認証情報要求をプリンタ2に送信し、認証情報要求に含まれる識別情報が管理テーブル13に登録されていると判定された場合に、識別情報に対応付けられた認証情報を含む認証情報応答をPC1に送信し、PC1が応答に含まれる認証情報を登録する。 (もっと読む)


【課題】外部認証装置が故障などにより使用できなくなったときでも、画像形成装置にアクセスしてきたユーザに対して認証を行うことができる画像形成装置等を提供する。
【解決手段】ユーザによって入力された認証情報を、ネットワーク3を介して接続された認証装置2へ送信する送信手段18と、認証装置からの認証結果を受信する受信手段18と、認証装置が使用不可能のときは、ユーザによって入力された仮認証情報に基づいて仮認証を行う仮認証手段19と、認証装置からの認証結果及び仮認証手段による仮認証結果に基づいて、使用可否を決定する制御手段11と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】コンテンツの管理レベルにより端末の操作を制限できるコンテンツ配信システムを提供する。
【解決手段】コンテンツ配信システムが記載され、そこでは、著作権管理のレベルを規定する証印51が、ネットワークを介する配信のためにデータグラム33に関連して、コンテンツ31とともにカプセル化される。証印51によって規定された著作権管理のレベルに応じて、コンテンツ31を受信する端末の操作、すなわちコンテンツの保存、読出し、転送を含む、コンテンツに関して実行可能な操作が、制限される。 (もっと読む)


【課題】利用者の属性と利用者/電子機器の状態とに応じて認証処理を行えるようにすることを目的とする。
【解決手段】トークン生成装置3が、扉4からの通知により、利用者A1が扉4からセキュリティエリア6に入室したことを検出し、利用者A1の属性と利用者A1が扉4から入室したこととに対応して定義されている認証ルール1を記憶機器から取得する。そして、トークン生成装置3はトークンAを登録する。また、利用者A1が業務端末5にログインする際、利用者認証装置2は利用者A1に対して登録されているトークンAが示す認証内容をルール内容管理テーブル46から取得する。そして、利用者認証装置2は取得した認証内容に基づいて利用者A1の利用権限を業務端末5に通知する。業務端末5は通知された利用権限に基づいて利用者A1からの命令を処理または拒否する。 (もっと読む)


【課題】不正の目的に利用されるおそれが高い認証デバイスの使用を抑止する。
【解決手段】デジタル複合機1は、認証デバイス905による認証要求に対して認証の成否を決定する認証装置としても機能しており、認証が成功した場合のみ利用することができるように構成されている。デジタル複合機1では、認証失敗の場合、認証デバイス905のシリアル番号がテーブル1235に登録されておらず、メモリ領域9051へのアクセスが可能であれば、認証デバイス905が、不正の目的に利用されるおそれのある認証デバイスであるとみなされて、「NGワード」のメモリ領域9051への書き込み等の認証デバイス905の使用を抑止するための対策がとられる。 (もっと読む)


【課題】解析された認証データを基に、ユーザに応じて各機能を有効あるいは無効にできる画像形成装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置100は、原稿を画像データとして読み取る画像読取部101と、読み取った上記画像データからユーザを識別するための認証データを抽出する認証データ抽出部1031と、抽出された上記認証データにて識別されるユーザが利用できる機能を認定する管理端末110に上記認証データを送信し、当該管理端末110から上記認定の結果を示す利用機能データを受信する通信部105と、受信した上記利用機能データに基づき、自身の画像形成装置にて利用可能な機能を決定する利用可能機能決定部1021と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】高度な処理能力や、長い処理時間を必要とせずに、処理指示データの他人による不正使用を抑制することのできる暗号化機能付き処理装置、暗号化装置、および暗号化機能付き処理プログラムを提供する。
【解決手段】データ暗号化機能付き処理装置1は、CPU10と、記憶部11と、入力部12と、処理部13と、を有する。記憶部11には、デバイス制御プログラム110、処理指示データ112等が格納されている。CPU10は、パスワードにユーザIDを埋め込んで処理指示データ112を生成する処理指示データ生成手段101、処理指示データ暗復号化手段102、ユーザが処理指示データ112を実行する際に、入力部12から入力したユーザIDと、処理指示データ112のパスワードに埋め込まれたユーザIDとの照合を行ってユーザの認証を行う処理指示データ実行ユーザ認証手段103等として機能する。 (もっと読む)


【課題】公開制御を行うことのできるイメージ公開システムを提供する。
【解決手段】イメージ登録装置1は、イメージ公開サーバ3に対してイメージデータを登録する際に、元となるイメージファイルのファイル属性を開示制御情報として抽出し(S014)、開示制御情報をイメージデータに付加した送信データを作成し(S015)、これをイメージ公開サーバ3に送信する。イメージ公開サーバ3は、この開示制御情報をキーとして、事前に定義した公開ポリシーに従って、非公開のものであれば該登録を拒否し、公開してよいものであれば登録を許可する(S101)。また、該ポリシー上で、公開に際してアクセス毎に登録者の承認要と設定したイメージデータに対しては、アクセス毎に登録者とアクセス者にアクセス識別子の通知を行い、登録者の承認判断の上、判断の結果承認がなされたことをもって公開する。 (もっと読む)


【課題】認証の全対象者がグループ分けされ、グループ別に対象者の個人認証が行われるシステムにおいて、対象者が属するグループが変更になった場合でも、迅速かつ効率良く個人認証をすること。
【解決手段】一次照合部203は、従業員の生体情報と生体情報ローカルDBとの1:N認証を行う。二次照合依頼部204は、一次照合で認証されないと、従業員の生体情報と所属の変更があった従業員の生体情報との1:N認証を依頼する。照合結果判定部207は、二次照合または三次照合で従業員が認証された場合は、従業員IDおよび従業員の生体情報を更新管理部208へ出力する。更新管理部208は、従業員IDおよび生体情報を新たに生体情報ローカルDBに登録する。三次照合依頼部210は、二次照合で認証されないと、従業員の生体情報と従業員IDに対応して登録された生体情報との1:1認証を依頼する。 (もっと読む)


ソリシテーション自体内にダイレクトアクションリンクを提示することにより、電子ソリシテーションに対して行動を起こす応答率を増大させる方法およびシステムが開示される。これらダイレクトアクションリンクは、認証を開始するために他のいかなるウェブページまたはサイトにもサーチまたはアクセスする必要なく、ユーザがダイレクトアクションリンクと対話するときにトランザクションを開始する。ユーザは、システムと識別可能な接続関係を有し、システムは、将来のトランザクションを認証するためにユーザについての情報を記憶することができる。ダイレクトアクションリンクは、それ自体、ユーザの介入を必要とすることなく繰り返し更新される。ビジネスエンティティは、トランザクション自体を実行してもよく、または別のビジネスエンティティによる実行のために認証を別のビジネスエンティティに送信してもよい。これらトランザクションにより認証される製品およびサービスは、通信のためにユーザ使用のシステムを通して遂行することができ、または他の手段により配信もしくは実行することができる。
(もっと読む)


【課題】自己記述型チケットの持つパフォーマンスの欠点を解決しユーザ情報の取得を高速化する。
【解決手段】クライアントがサーバからサービスの提供を受けるのに際し、クライアントからの認証要求に応じ認証チケットを作成してクライアントに提供するとともに、クライアントからのサービス要求に伴う認証チケットにつきサーバからデコード要求を受けた場合、該当するユーザ情報を提供する認証チケット管理システムにおいて、ユーザ情報を管理するユーザ管理DBからユーザ情報を取得した場合に、そのユーザ情報を保持する、ユーザ管理DBよりアクセス速度の速いデータ一時保持部を備え、ユーザ情報を取り込む必要がある場合、データ一時保持部での目的とするユーザ情報の有無を調べ、データ一時保持部に保持されているユーザ情報については、データ一時保持部からユーザ情報を取得する。 (もっと読む)


【課題】新たなセキュリティ認証情報を適格化するシステム、方法およびプログラムを提供する。
【解決手段】認証サーバから受信した既存の認証情報と、クライアント装置によって生成した新規の認証情報を同一ヘッダ内に結合し、このヘッダを暗号化したのち電子ドキュメントデータに取り付け、ドキュメント処理装置に送信する。ドキュメント処理装置は、受信データから検索したヘッダを復号化し、既存の認証情報の妥当性を検証することによって新規の認証情報に適格性があると判断し、資格を与える。適格性が認められた新規の認証情報を用いることにより、ドキュメント処理装置による処理操作を行うことが可能となる。 (もっと読む)


1 - 20 / 23