説明

Fターム[5B285CB72]の内容

オンライン・システムの機密保護 (82,767) | 認証 (39,598) | 認証実行手段 (6,617) | サーバ (4,017)

Fターム[5B285CB72]の下位に属するFターム

Fターム[5B285CB72]に分類される特許

2,681 - 2,700 / 2,786


ブロードバンドネットワークを介した版権のあるデジタル情報の未承認使用を防止するための方法およびシステムは、ソースと受信者デバイス間のネットワークトポロジをテストすることを含む。テストは、ソースと受信者間の送信のためにウェル−クラフト情報パケットを送信すること、接続ネットワークのトポロジについて、獲得情報に対するネットワークの応答を評価することを含む。デジタルコンテンツまたはコンテンツ自身を使用するための鍵コンポーネントがパッケージ内に配置されてもよく、このパッケージは未承認ネットワークデバイスによっては送信されない。デジタルコンテンツを使用しまたは受信するための承認または資格はソースと受信者デバイス間のネットワークトポロジに少なくとも部分的に基づいている。
(もっと読む)


本発明は、安全な情報記憶デバイス(40)と、情報が交換される少なくとも1つのサードパーティ(60)との間の通信のための方法に関する。エンティティ(50)は、前記情報記憶デバイスが関連する複数の安全な情報記憶デバイスの管理を保証する。本発明の方法は、前記情報記憶デバイス内に割り当てられ、所与のサードパーティに特有の安全なコンテナ(44b)内に、以下のステップ、前記エンティティが、安全なコンテナと、前記所与のサードパーティとの間の通信の許可を与えること(6)と、前記エンティティが、前記所与のサードパーティに、前記情報記憶デバイスの識別子、前記情報記憶デバイスのアドレス、前記安全なコンテナの識別子、及び前記通信の許可を送ること(7)と、前記所与のサードパーティが、前記情報記憶デバイスのアドレス、前記情報記憶デバイスの識別子、前記安全なコンテナの識別子、及び前記通信の許可を用いて安全なコンテナとの通信の設定を試みること(8)と、前記通信を許諾する前に、前記情報記憶デバイスが、前記サードパーティによって送信された通信許可が、前記安全なコンテナ内にエンティティによって以前に与えられた通信許可と照らし合わせて許諾可能であることを確認すること(9)を備える。
(もっと読む)


【課題】設備単位で操作をする運転員の操作権限認証を、運転員が携行するタグの固有IDに基づいて行い、かつその運転履歴を制御側に記録することにより操作ミス等を未然に防止し、これによりセーフティロック機能を有するようにしたプラント設備における操作認証システムを提供すること。
【解決手段】プラント設備を操作する操作盤Cに対してある一定の範囲内で、一定の距離に近づくと、操作盤側に配設した認証コントローラ1とタグT間にて光及び電波にて送受信を行って、タグTの持つタグIDを認証コントローラ1にて読み取り、タグTの固有IDをコントローラ1側に予め入力された認証用データベースより判定して位置ID及びタグIDの特定を行い、当該運転員の操作権限等を認証し、この認証結果に基づいて制御シーケンサ2にて操作盤Cの操作可能範囲を決定して特定運転員による操作盤Cの操作権限を付与或いは不可を選択し、かつその付与操作権限範囲内での操作を可能とするとともに、その操作履歴を記録する。 (もっと読む)


宅内外ホームネットワークシステムで安全なホームサービスを受けるための便利なユーザー認証メカニズムに係り、ホームネットワークシステムのユーザーを認証する方法として、宅内ユーザーが宅内デバイスを制御できるためのユーザー認証方法、宅内ユーザーが、ホームネットワーク事業者サーバーが提供するサービスを使用するためのユーザー認証方法、及び宅外ユーザーが宅内デバイスを制御するためのユーザー認証方法で構成され、ユーザー認証過程でユーザー便宜性を提供するために、ホームサーバーでマッピング機能と認証代行機能とを提供する。また。本発明で提供するユーザー認証方法は、ID/パスワード、認証書、生体情報など、ユーザーが望む多様な認証手段を選択して認証を受けることができる。
(もっと読む)


無線取引を実行する方法が提供され、無線ネットワークを介してハンドヘルド装置と通信し、ハンドヘルド装置に及びハンドヘルド装置から金融情報を送信及び受信することを有する。金融情報は、ハンドヘルド装置により開始され得る取引に関連する。この方法はまた、取引を実行する前に、ハンドヘルド装置の位置に関連する位置データを通じてハンドヘルド装置を認定することを有する。

(もっと読む)


【課題】WWWブラウザを用いてアクセスしてきた利用者が不正利用者であるか否かをWWWサーバーにて効果的に検知する。
【解決手段】取得したIDと一致するIDが不正利用者データベースに存在すると不正利用者判断部により判断された場合には、WWWサーバーは、アクセスしてきた利用者を不正利用者と判断して、WWWブラウザに対するサービスの提供を拒否し、取得したIDと一致するIDが不正利用者データベースに存在しないと不正利用者判断部により判断された場合には、WWWサーバーは、アクセスしてきた利用者を不正利用者ではないと判断して、WWWブラウザに対して通常の応答を行う。 (もっと読む)


本発明は、自動車(1)内のテレマティック・サービスの認証方法に関し、前記テレマティック・サービスは、自動車(1)のテレマティック制御装置(2)と外部テレマティック・センター(30)間の移動電話接続により実行される。本発明によれば、自動車を特徴づける第1のデータベース(11)からのデータと、移動電話接続を特徴づける第2のデータベース(21)からのデータは、テレマティック・センターに供給され、テレマティック・センターは自動的に認証を可能にするように提供されたデータを備える。一実施態様では、テレマティック制御装置は、SIMカードと、付随するPIN番号と、テレマティック・センターの呼出し番号とを含む。この実施態様では、車両資料管理・データベースとして具体化された第1のデータベースが、シャーシ番号とSIMカードのIMSIとを格納する。
(もっと読む)


リモートコンピューティング装置が安全な永続無線ネットワーク接続を維持できるようにする方法、装置、及びシステム。一実施形態では、監視構成要素が、ユーザがネットワークにログインしているか否かを判断することができる。ユーザがネットワークにログインしていない場合、監視モジュールはパーシステントプロファイルを検索して装置に適用することができる。パーシステントプロファイルにマシン証明書が関連付けられている場合、マシン証明書を使用して、装置をネットワークに対して認証することができ、そうして、ユーザがログインしていないときであっても装置が無線ネットワークに安全に接続できるようにする。 (もっと読む)


本発明は、保護者による制御レベル(PCLi)のセット間から選択された現在の保護者による制御レベル(CurrentPCLi)に基づいて保護者による制御アクセス段階(104)を有する、情報伝達媒体再生装置からサーバコンテンツへのユーザアクセスを制御する方法に関し、この方法は、a)サーバアドレスのリスト(Listi)を前記保護者による制御レベル(PCLi)に関連付けるための関連付け段落(106)と、前記現在の保護者による制御レベル(CurrentPCLi)に関連付けられるサーバのリスト(Listi)へのユーザアクセスを制限するための制御段階(109)とを有する。
(もっと読む)


承認された遠隔アクセスを1つ以上のアプリケーションセッションに提供する方法および装置は、クライアントノードと、コレクションエージェントと、ポリシーエンジンと、セッションサーバーとを含む。クライアントノードは、リソースへのアクセスを要求する。コレクションエージェントは、クライアントノードについての情報を収集する。ポリシーエンジンは、収集された情報を受信し、受信した情報を基にしてアクセス制御決定を行う。セッションサーバーは、ユーザーによって操作されるクライアントコンピュータと、受信した情報に応答して識別されたクライアントノードのユーザーと関係する1つ以上のアプリケーションセッションとの間の接続を確立する。
(もっと読む)


本発明の目的は、ネットワーク、特にインターネットにおける保護領域に対するアクセス権の自動認証を可能にすることにある。これは、第1のネットワーク(2)、特にインターネットを構成するネットワークの相互接続における保護領域に対するアクセス権を第2のネットワーク(1)の一意接続識別子を用いて自動的に識別する方法によって達成される。本発明によれば、端末が前記第1のネットワーク(2)に接続している間又は接続する前に、第1のネットワーク(2)の一意識別子が端末に動的又は静的に割り当てられ;端末が保護領域に対するアクセスを要求したときに、第1のネットワーク(2)の一意識別子を用いて第2のネットワーク(1)の一意接続識別子を決定するために、少なくとも第2のネットワーク(1)の一意接続識別子と第1のネットワーク(2)の一意識別子との組合せであって、認証ユニット(16)に記憶される組合せが登録され;第2のネットワーク(1)の一意接続識別子に対する保護領域に対するアクセス権の存在が照合される。
(もっと読む)


【課題】 複数のドメインで独立して行われる各種サービス要求と設定の配布を連携し、ユーザの利便性を向上し、且つ、配布情報の正確さをそれぞれのドメインで保証する設定情報配布装置を提供することを目的とする。
【解決手段】 ユーザ端末と第1ネットワーク間のネットワークアクセス認証手順を用いてアクセス認証を要求するユーザ端末4からの認証要求を受け付けて認証し、ネットワークアクセス認証手順と連携する複数のネットワーク間の認証連携手順を用いて、ユーザ端末4に設定される設定データを要求する認証連携要求を他のネットワークへ送信し、認証要求に対する第1応答メッセージへ認証連携要求に対する第2応答メッセージに含まれた設定データを乗せかえることにより付加し、設定データが付加された第1応答メッセージをユーザ端末に配布することを特徴とする第1のネットワークに属する設定情報配布装置。 (もっと読む)


不正ビジネス商取引アプリケーション(110)が、アプリケーションベースの不正(112)をモニターするために提供される。消費者が、インターネットビジネス商取引を実行するために、アカウントアクセス情報を提供するときには、FBTAは、オンラインの不正緩和エンジンを使用して、フィッシング侵入および識別番号の盗用(114)を検知する。不正商取引(120)を判定するために有用な、移動速度および商取引の頻度を計算するための方法がまた提供される。
(もっと読む)


【課題】パーソナルコンピュータから、画像形成装置に対してファイアウォール外のインターネットを介してアクセスする。
【解決手段】MFP1のメインCPUは、HDDに設定されているインターネット7上の中継サーバ8のIPアドレスまたはURLを読み出し、ファイアウォールを通して中継サーバ8にhttpsで接続し、サーバ証明書により該中継サーバ8のセキュリティを確保する。インターネット7上のPC3は、インターネット7上の中継サーバ8にアクセスし、SSL接続してクライアント証明書を送信する。中継サーバ8は、該PC3からのSSL接続でクライアント証明書を受けると共にサーバ証明書を該PC3に送信する。互いに認証できた際、該PC3は、中継サーバ8を介してMFP1に対してデータを送信し、印刷データ送付、スキャンデータの取得、設定情報の変更等のジョブを行う。 (もっと読む)


【課題】 ローカルネットワークへの外部からのアクセスに対する強いセキュリティを維持しながら、ネットワーク内の緩いセキュリティを実現する。
【解決手段】 ユーザは、非管理ネットワーク内のセキュリティ保護されたグループにおける信頼できるノードに、ログインパスワードの選択、入力、記憶を求められることなくアクセスできる。コンピュータ上で、そのユーザのためにこのような安全なブランクパスワードまたはワンクリックログオンアカウントを確立するために、強いランダムパスワードが生成され、記憶され、そのアカウントはブランクパスワードアカウントと指定される。デバイスがセキュリティ保護されたネットワークグループの一部であれば、強いランダムパスワードは他の信頼できるノードに複写される。ブランクパスワードアカウントを持つユーザがコンピュータにログインしたいとき、記憶された強いランダムパスワードが読み出され、そのユーザは認証される。 (もっと読む)


認証サーバー(1030)は、参照フレーム上の全デジタル経路を特徴付ける全パターンのランダムな部分サブセットを指示する手がかりをクライアント(1010)に与え、クライアントは、その手がかりにより示唆される認証ファクタを満足させるためのデータを入力する。全パターンは、データフィールドの順序付けされたセットより成り、これは、認識のために参照グリッド上の全デジタル経路を指定するパラメータを記憶する。サーバーは、参照フレーム内のデータフィールド座標におけるランダム指示子の配列を含む参照フレームのグラフィック表示のインスタンスを提示する(3050)。サーバーは、参照フレーム内のデータフィールド座標におけるランダム指示子の配列から指示子を受け容れる。サーバーは、認証ファクタを満足させるための入力データとしてランダムな部分的サブセットにより識別された前記デジタル経路に沿った座標に対応する指示子を、指示子の配列から受け容れる。 (もっと読む)


【課題】正規なアクセス者によるアクセス要求であるか否かを確実に認証すること。
【解決手段】サービスセンタは、管理者から受け付けたアクセス許可者アドレス、リソース識別子および有効条件を鍵によって含んだアクセスURLを生成する。そして、サービスセンタは、アクセス者からアクセスURLを用いたアクセス要求を受け付けると、アクセスURLに含まれる有効条件を満たすことを条件に、同じくアクセスURLに含まれるアクセス許可者アドレス宛にパスワードを通知する。さらに、サービスセンタは、アクセス者からパスワードの入力を受け付け、アクセス者から受け付けたパスワードが先にアクセス許可者アドレス宛に通知したパスワードに対応することを条件に、アクセスURLに含まれるリソース識別子で特定されるリソースについてアクセスを許可する。 (もっと読む)


本発明は、デジタル著作権管理方法及び装置に関する。本発明の実施形態によるデジタル著作権管理方法は、ホストデバイスが携帯用保存装置に特定コンテンツオブジェクトを実行させうる権利オブジェクトの検索を要請する第1要請ステップと、第1要請結果、受信された権利オブジェクト情報を確認して、消費する権利オブジェクトを選択するステップと、選択された権利オブジェクトを消費して、コンテンツオブジェクトを実行させるステップと、を含む。
本発明によれば、ホストデバイスは携帯用保存装置に保存された権利オブジェクトを効果的に消費できる。

(もっと読む)


本発明は、コンピュータネットワーク(4)におけるまたはコンピュータネットワーク(4)を介したアクセスを有効化するための携帯装置(2)に関する。コンピュータネットワーク(4)には端末(1)が少なくとも一時的に接続される。携帯装置(2)には、端末(1)とコンピュータネットワーク(4)との間の通信経路に当該携帯装置(2)を介在させる機能と、ユーザを認証する機能と、アクセスを有効化させるためのアクセスデータを供給する機能とが実装される。
(もっと読む)


【課題】 安全な取引管理および電子権利保護のためのシステム及び方法を提供する。
【解決手段】 コンピュータなどの電子機器は、承認された様式でのみアクセスおよび使用されることを確実にし、情報の完全性、可用性、および/または秘匿性を維持する助けをする。このような電子機器と共に用いられる安全なサブシステムは、例えば、電子的に格納されたまたは広められた情報の使用を制御および/または計量もしくはモニタするために、処理と制御の安全なチェーンを実施し得る配布された仮想配布環境(VDE)を提供する。このような仮想配布環境は、電子商取引および他の電子取扱または電子的に容易になった取扱において様々な参加者の権利を保護するために使用され得る。安全な配布されたおよび他の動作システム環境およびアーキテクチャは、例えば、各ノードで安全な保護された環境を確立し得る安全な半導体処理配置を使用する。 (もっと読む)


2,681 - 2,700 / 2,786