説明

Fターム[5C043DD18]の内容

放電灯用うつわ・被膜 (13,281) | 放電灯の構成(改善点) (2,464) | 封止箔 (114)

Fターム[5C043DD18]に分類される特許

1 - 20 / 114


【課題】 クラックリークを抑制しつつ、金属箔と電極の接続を強化可能な箔シールランプを提供する。
【解決手段】
実施形態の箔シールランプは、内部に放電空間111を有する発光部11、発光部11と連続するように形成されたシール部12を備えた気密容器1と、シール部12に封着された金属箔31と、一端は金属箔31と接続され、他端は放電空間111に突出するように配置された電極32と、を具備する箔シールランプであって、金属箔31の板面上は、粗面処理が施された加工部311と、粗面処理が施されていない未加工部312とを備えており、電極32は未加工部312に載置された状態で、金属箔31と溶接されてなる。 (もっと読む)


【課題】発光管の封止部内の封止用ガラス部材の側面に配置された複数の金属箔と、前記ガラス部材の発光部側端面に配置された集電ディスクとを有し、該集電ディスクは、前記電極が固定された内部リードと、前記金属箔とを電気的に接続してなる放電ランプにおいて、前記集電ディスクとリードとをロウ材を用いることなく強固に接合できる構造を提供することである。
【解決手段】前記集電ディスクは、前記金属箔を挟むように重ね合せられた2枚の集電ディスクからなり、前記内部リードは、外周面に凹部が形成され、前記集電ディスクに形成された貫通孔に挿入されており、前記集電ディスクを、前記貫通孔近傍において両側から塑性変形させて、当該集電ディスクの一部を前記内部リードの凹部に挿入させて、当該集電ディスクを前記内部リードにカシメ固定したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】点灯中、封止管の破裂を防ぐ信頼性の高い封止構造をもった放電ランプを得る。
【解決手段】放電ランプの封止管20内において、金属箔36と溶接する内側金属リング26を電極支持棒22と挿通させた状態で接合させ、内側金属リング26の周囲には外側巻き箔46を巻く。外側巻き箔46は、内側金属リング26を越えて電極側ガラス管24まで延在し、外側巻き箔46の電極側端部46Tは、内側金属リング26よりも電極軸Eに沿って電極側に位置する。 (もっと読む)


【課題】発光管の両端にシュリンクシールによる封止部が形成され、当該封止部内にはスペーサガラスの両面に金属箔を有し、該金属箔が電極に接合されてなるロングアーク型放電ランプにおいて、金属箔の膨張収縮によるスペーサガラスの破損を防止するとともに、金属箔のシワの発生を防止でき、更に、封止部での金属箔の箔浮きを回避することができる構造を提供するものである。
【解決手段】前記金属箔の幅をW(mm)、厚みをTh(mm)とし、前記スペーサガラスの厚みをTg(mm)としたとき、
114≦W/Th≦444、かつ、W×Tg≦13.6
の関係を満足することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】発光管の封止部の内部に配置されたガラス部材の外周に金属箔が軸方向に配設され、該金属箔は、前記ガラス部材の先端側に配置されて電極と電気的に接続された集電板に接続されてなるショートアーク型高圧放電ランプにおいて、金属箔と集電板との接合強度を高めて、溶接用のバインダーを要することなく直接接合できて、作業の簡略化が図れる構造を提供することである。
【解決手段】前記集電板にはスリットが形成されおり、該スリットに前記金属箔の先端が挿入されて挿入側面から前記スリットを経て反対側面に沿って延在し、該挿入先端で前記集電板に直接溶接されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】放電灯のリーク不点灯の発生を抑えることで、放電灯の寿命を長くする。
【解決手段】金属箔34aの内部リード36a側の面は、内部リード36aに接触する接触部Pと、内部リード36aから離れている非接触部Qとを有し、非接触部Qは、非接触部Qと接触部Pの境界において、接触部Pに対して折れ曲がっていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ランプ構造のためのモリブデンフィルムの製造法ならびにこの種のモリブデンフィルムおよびこの種のモリブデンフィルムを有するランプに関する。
【解決手段】本発明のモリブデンフィルムの製造法は、モリブデンフィルム(21)の表面の少なくとも一部分をサンドブラスト材でのサンドブラスト処理によって粗面化することにより、ランプ構造のためのモリブデンフィルム(21)を製造する方法において、このサンドブラスト材は、酸化アルミニウムおよび/または石英砂ならびに少なくとも1つの他の成分を含有する。 (もっと読む)


【課題】部品間の寸法精度の違いに影響されることなく、微調整作業することなく、引き抜き強度が安定した電極支持構造の放電ランプを提供する。
【解決手段】電極支持棒を、陽極30の端面30Mに設けられた陽極凹部32に圧入させ、電極支持棒を陽極30に嵌合させる。電極支持棒と陽極凹部32の間には、金属箔80A、80Bを配置させる。このとき、金属箔80A、80Bが、その両縁部において互いにオーバラップし、重なり部分が周方向に沿って略均等な間隔に位置し、また、重なり幅が略等しくなるように、金属箔80A、80Bを介装させる。 (もっと読む)


【課題】ランプ点灯中、封止管内部においてガラス部材にクラックが発生するのを防止する。
【解決手段】ショートアーク型放電ランプの封止管内部のマウント部品において、電極を支持する電極支持棒を電極側ガラス管に挿通させ、電極支持棒を、金属箔と外周面で接続された金属リング26に挿通させた状態で溶接する。そして、金属リング26と電極側ガラス管との間に、環状の円板箔44を接触配置させる。円板箔44は、金属リング26側に向けて突出する円筒状部45を内周縁に沿って備える。 (もっと読む)


【課題】封止部内に挿入溶着された内部封止体を有するショートアーク型放電ランプにおいて、前記内部封止体内の金属箔と陰極の電極軸との接続部近傍において金属箔が剥離することを防止するために設けられた導電性部材が、当該位置で固定されて緩むことがなく、かつ位置ずれを起こすこともなくした構造を提供することである。
【解決手段】前記内部封止体の金属箔と陰極の電極軸との接続部近傍において、該内部封止体の外周に箔状の導電性部材が円周状に配設されるとともに、該内部封止体の後方に延出されて陰極側外部リードに接続されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 始動性に優れた放電ランプを提供する。
【解決手段】
本発明の放電ランプは、内部に第1の空間111を有する発光部11、発光部11に形成されたシール部12を有する内管1と、第1の空間111に封入された第1のガス(例えば、キセノン)を含む放電媒体と、シール部12に封着された電極マウント3と、内管に接続された外管5とを具備し、管軸が略水平の状態で点灯される放電ランプにおいて、内管1と外管5との間に形成された第2の空間51には第2のガス(例えば、窒素)が封入されており、電極マウント3の表面とシール部12の表面との最小距離をDとしたとき、D≦1.0mm(例えば、最小距離は金属箔31−シール部12間に形成され、その距離Dは、D≦1.0mm)を満たしている。 (もっと読む)


【課題】長寿命の放電バルブ用アークチューブを提供する。
【解決手段】電極棒6とモリブデン箔7とリード線8を直列に接続一体化した電極アッシーのモリブデン箔7を含む領域が石英ガラスによってピンチシールされて、発光物質等を封入した密閉ガラス球12内に電極6が対設された放電バルブ用アークチューブで、ピンチシール部13に封着されたモリブデン箔7の内部に、ガラス層に対し密閉された空洞Hを形成した。モリブデン箔7のポーラス構造(モリブデン箔7内部に形成されている空洞H)が、アークチューブ5の点消灯によりモリブデン箔7と石英ガラス間の界面に発生する応力を緩和(軽減)し、ピンチシール部13において封止ガスのリークにつながるガラスとモリブデン箔の剥離が抑制されて、アークチューブの寿命が延びる。 (もっと読む)


【課題】 ガラス製バルブの端部の封止部内に気密封止される金属箔と内部導入導体や外部導入導体との接合構造を改善して接合強度を向上した、導通不良の発生を低減できる管球およびこの管球を装着した照明装置を提供することを目的とする。
【解決手段】 端部に封止部11が形成されたガラス製のバルブ1と、上記封止部11内に気密封止された金属箔2と、この金属箔2の一端側に接合しバルブ1内に延在する内部導入部材3および金属箔2の他端側に接合しバルブ1外に導出した外部導入部材4と、内部導入部材3に設けられた発光源5aとを有する管球において、上記導入部材3,4は先端側が金属箔2に設けられた貫通部21,22に挿通されているとともに金属箔2の表裏両面に接合されている管球L1およびこの管球L1を装着した照明装置9である。 (もっと読む)


【課題】封止部内に電極軸が挿通される石英ガラス製保持用筒体が埋設されてなる高圧放電ランプにおいて、封止部の長尺化することなく、保持用筒体の長さを大きくとれ、封止部内での傾き量を小さくして、電極の偏芯を小さくしたランプ構造を提案することである。
【解決手段】前記保持用筒体は、挿通された電極軸の後端よりも後方にまで延在しており、その後端面から軸方向に沿って平面状のスリットが形成されるとともに、該スリット内に金属箔が挿入されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】発光管内のスペーサガラスを挟むように一対の金属箔が配置され、電極の後端部が該一対の金属箔の間に挿入されてそれぞれの金属箔に接合されており、前記発光管内には発光物質として金属が封入されてなる放電ランプにおいて、一対の金属箔の間で、電極端部の両側に発光空間内の金属が侵入することのないようにしたランプ構造を提案することである。
【解決手段】前記一対の金属箔の間であって、前記電極の端部の両側の空隙に、ガラス製の充填部材が配置されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】封止管内の金属箔が幅広本体部とその前端の小幅部とからなり、該金属箔に凹溝を形成して、該凹溝に電極軸および外部リードを嵌合して接続してなる高圧放電ランプにおいて、凹溝加工時の残留歪による金属箔の中間平坦部での反りをなくすことのできるランプ構造を提案することである。
【解決手段】封止管内の金属箔には、幅広本体部の端部から後方凹溝が形成され、小幅部から本体部にかけて前方凹溝が形成されるとともに、該両凹溝間の中間平坦部に開口部が形成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】放電空間内に対向された一対の電極と、該電極の電極軸が封止部内において金属箔と接合されてなり、前記電極軸には封止部に対応する個所に複数の軸方向の溝が形成されてなる高圧放電ランプにおいて、ランプの点灯消灯にともなう電極軸の熱膨張によって金属箔が切断されたり、溶断されたりすることのないような構造を提供することにある。
【解決手段】前記電極軸の金属箔と重なり合う箇所に複数の周方向の溝が形成され、当該箇所で電極軸と金属箔とが接合されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】発光管とこれに連設された封止管とからなる放電容器と、前記封止管内に配設されたガラス部材と、前記電極の電極軸が前記ガラス部材の外周に沿って配置された金属箔によって外部リードと電気的に接続されてなる放電ランプにおいて、金属箔と電極軸との接合強度を増して、特に、封止工程時に金属箔が電極軸から剥離することのない構造を提供することにある。
【解決手段】前記金属箔が長尺帯状で、その長手方向の中央部で電極軸に機械的に固着され、その両端側が折曲されてガラス部材に沿って延在し、後端が外部リードに接合されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 この発明は、給電構造を簡易化することによってその信頼性を高めると共に、希少金属の使用量を可及的に低減することを目的とする。
【解決手段】 発光管と、その両端のそれぞれに連設された封止管と、前記発光管内に配置された電極と、その後方側に連設された軸部と、それに接続された導電ディスクと、それに隣接して前記封止管内に配置されたガラス部材と、前記封止管と前記ガラス部材との間に介設され、前記導電ディスクに接続された金属箔と、前記封止管の端部に取付けられた口金とを有する放電ランプにおいて、前記金属箔は、前記封止管の外端から封止管の外方に突出する延伸部を有し、その延伸部にて前記口金と導通することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】発光管内に一対の電極が対向配置され、該発光管は両端で箔シール構造により封止されてなるロングアーク型放電ランプにおいて、封止部への封入物質の侵入を阻止し、金属箔の腐食を防止して、封止部からの封入物質のリークを抑制したランプを提供することにある。
【解決手段】ランプの電位傾度が8V/cm以下であり、ランプ入力電力が80W/cm以上であり、発光長が50cm以上であり、封入物は水銀又は水銀以外の金属と、ハロゲンとの組み合わせであって、波長450nm以下の光の放射を有し、点灯時の動作圧が負圧となることを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 20 / 114