説明

Fターム[5C043DD39]の内容

放電灯用うつわ・被膜 (13,281) | 放電灯の構成(改善点) (2,464) | その他 (127)

Fターム[5C043DD39]に分類される特許

1 - 20 / 127


【課題】炭素、Cu又は燐光物質をドープすることなく、紫外線を照射したときの蛍光が白色蛍光であるノンドープ白色蛍光合成シリカガラスを提供する。
【解決手段】OH基含有量が1ppm以下であり、塩素の含有量が30ppm以下で、1280℃での粘度(Logη)が12.2poise以上であり、Cuの含有量が1ppm以下、Cの含有量が100ppm以下であり、紫外線を照射することで可視光領域に1秒以上の遅延蛍光を発生する合成シリカガラスであって、紫外線を照射したときの蛍光が白色蛍光であるようにした。 (もっと読む)


【課題】本発明が解決しようとする課題は、ランプの最冷点温度を低下し、密閉器具等の比較的高温で使用される環境においても、高い光束と効率を得られ。かつ、口金の暗部を少なくし、照明器具内で点灯した際の点灯外観の低下を抑制することである。
【解決手段】環径が異なる複数の環状管が略同心円状に設けられ、前記複数の環状管の端部を連結し、前記複数の環状管の異なる端部に設けられた2つの電極を通る一つの放電部が形成され、前記環状管の端部を覆う口金を具備した環形蛍光ランプにおいて、該口金の端部に前記環状管の端部形状に合わせた凹部を有する。 (もっと読む)


【課題】3つ以上の同心円状環形発光管を連結した環形蛍光ランプの最冷点温度を好適に制御することができる環形蛍光ランプおよび照明器具を提供する。
【解決手段】環形蛍光ランプ1は、外側環形発光管2と、外側環形発光管2の内側に同心円状に配置された内側環形発光管3と、外側環形発光管2と内側環形発光管3との間に同心円状に配置された中間環形発光管4とを備え、外側環形発光管2と中間環形発光管4は連結部5で連結され、内側環形発光管3と中間環形発光管4は連結部6で連結される。外側環形発光管2とそれに隣接する中間環形発光管4との間隔d1は、内側環形発光管3とそれに隣接する中間環形発光管4との間隔d2よりも大きくされる(d1>d2)。 (もっと読む)


【課題】本発明に係る高圧放電ランプは、外管が破損し難くすることを目的とするものである。
【解決手段】本発明に係る高圧放電ランプ100は、内部に放電管200が配置された内管300が、口金400と外管500とで囲まれた空間に収容された高圧放電ランプ100であって、外管500は、一端部501に開口部および少なくとも1つの内側に突出する凸部502を有するとともに、他端部503に閉塞部を有し、口金400は、給電端子401を有する本体部402と、少なくとも一部が外管500の開口部内に納められた接続部403とを有し、接続部403の外面には、外管の管軸方向に沿う溝部404が設けられており、凸部502は、接続部403の少なくとも一部が外管500の開口部内に納められた状態において、少なくとも一部が溝部404内に位置し、かつ管軸方向において外管500の一端よりも外管500の他端側に設けられている。 (もっと読む)


【課題】ランプの電流導入用の封止部に用いる傾斜機能材料の伸縮による影響を緩和し、信頼性の高いランプ用電流導入端子部材及びランプを提供することを目的とする。
【解決手段】導電性を有する第1端部と、前記第1端部よりも導電性の低い第2端部と、を有する第1の傾斜機能材料と、導電性を有する第1端部と、前記第1端部よりも導電性の低い第2端部と、を有する第2の傾斜機能材料と、前記第1の傾斜機能材料の前記第1端部と、前記第2の傾斜機能材料の前記第1端部と、を電気的に導通させつつ、前記第1の傾斜機能材料の前記第1端部と前記第2の傾斜機能材料の前記第1端部との間隙の変化を許容する接続部と、を備えたことを特徴とするランプ用電流導入端子部材が提供される。 (もっと読む)


【課題】封止部内に挿入溶着された内部封止体を有するショートアーク型放電ランプにおいて、前記内部封止体内の金属箔と陰極の電極軸との接続部近傍において金属箔が剥離することを防止するために設けられた導電性部材が、当該位置で固定されて緩むことがなく、かつ位置ずれを起こすこともなくした構造を提供することである。
【解決手段】前記内部封止体の金属箔と陰極の電極軸との接続部近傍において、該内部封止体の外周に箔状の導電性部材が円周状に配設されるとともに、該内部封止体の後方に延出されて陰極側外部リードに接続されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 接着剤による外観品質の劣化を抑制するとともに、十分な固着強度を得られる外管付きランプを提供すること。
【解決手段】 ランプ本体4を収容する外管5を口金6に固着する放電ランプ1であって、外管と口金を固着する接着面9が対向する2箇所に設けられており、外管の接着部分の外径をD〔mm〕、2箇所の接着面の平均面積をS〔mm2〕としたとき、2D−18≦Sとする。外管の外径に合わせ適切な接着面積にすることにより固着強度を確保することができる。 (もっと読む)


【課題】ロングアーク型メタルハライドランプと、このメタルハライドランプを取り囲むとともに頂部開口を有する樋状の反射ミラーとを備え、この反射ミラーの前面開口より前記頂部開口に向けて冷却風が流れる光照射装置において、待機点灯時にメタルハライドランプの発光管の、特に光出射側が過冷却されて封入金属が凝固してしまうことを防止し、定常点灯時に照度を垂直的に立ち上がるようにした構造を提供することである。
【解決手段】前記メタルハライドランプの発光管の外表面であって、前記反射ミラーの前面開口側には軸方向に伸びる帯状の保温膜が形成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】セラミックメタルハライドランプにおいて、シール部材であるガラスフリットに発生する気泡が原因となる接合部の折れやリークを抑制するセラミックメタルハライドランプ用ガラスフリットを提供すること。
【解決手段】ガラスフリットの製造工程において、1100℃以上の温度で10時間以上保持する炭素除去工程を設けることにより、シール工程における一酸化炭素や二酸化炭素などのガスの発生を抑え、気泡を抑制する。またガラスフリットに発生した気泡が原因となるリークの発生も抑制する。 (もっと読む)


【課題】自動車のヘッドランプ用途に適したコンパクトな水銀フリー高輝度放電(HID)ランプを提供する。
【解決手段】水銀フリー高輝度放電(HID)ランプは、アーク・チャンバを画定する透明なエンクロージャ内に封止された一対の離間に配置された対向電極を有する。外部の透明なエンベロープは、第1および第2のテクスチャ加工された光散乱ストライプを、その内部表面上の実質的に反対側に有し、これらは一方の電極から他方の電極へ連続的に延びている。ストライプによって、アーク放電像の断面輝度分布が広がり、アーク像がより真っ直ぐになる一方で、光散乱損失が最小限に保たれるため、アーク・ピーク輝度は下がっても依然として望ましいレベルにある。他のバージョンでは、幅がより狭い複数のテクスチャ加工された光散乱ストライプを用いて、幅がより広い単一の光散乱ストライプの代わりにする。 (もっと読む)


【課題】一つの発光管が破裂や破損した場合に、その発光管に接続されていたリード線が異電位の導電線に接触することを防止する。
【解決手段】 選択的に1本の発光管が点灯する複数の発光管を備えるセラミックメタルハライドランプであり、各発光管の一方の端部に接続された第1導電線及び他方の端部に接続された第2導電線と、複数の発光管の各々の周囲に配置された複数の保護スリーブと、複数の発光管及び保護スリーブを保持するフレームと、発光管、第1導電線、第2導電線、保護スリーブ及びフレームを収容する外球とを備え、第2導電線がフレームに電気的に接続され、さらに、フレームと第1導電線とが電気的に外部の駆動回路を経由して電力源に接続されており、さらに、複数の保護スリーブをフレームに固定する固定部材を設けており、固定部材が、第1導電線から離隔された位置に配置されている。 (もっと読む)


【課題】接着剤の充填不良による外観不良が生じ難い金属蒸気放電ランプおよび照明装置を提供する。
【解決手段】一端側にピンチシール部201を有し内部に放電管100が配置された内管200が、口金400と外管300とで囲まれた空間に収容され、前記内管200のピンチシール部201と前記外管300とが接着剤600で接合された金属蒸気放電ランプ10であって、前記ピンチシール部201には、前記外管300の内周面形状に沿った外周形状を有する鍔状部材500が外嵌されており、前記接着剤600は、前記外管300内における鍔状部材500よりも前記口金400側において前記鍔状部材500によって堰き止められた状態で固化している構成とする。 (もっと読む)


【課題】放電ランプに供給する電力をセーブするために、定常点灯モードから低電力点灯モードに切替えたときに、放電ランプの発光部及び電極軸部を含む封止部が低温になることを抑制する。
【解決手段】封入量0.15mg/mm以上の水銀が封入された発光部2と、発光部2に連設された封止部3とを備え、定常点灯モードと、定格消費電力に対して20〜75%の範囲内の電力値でランプを駆動する低電力点灯モードとを切り替え可能に駆動される超高圧水銀ランプ1であって、発光部2と封止部3との境界付近の外周方向に、発光部2から放射される光を吸収して発光部2を保温する保温部5を設け、保温部5は、発光部2を構成する物質よりも熱膨張係数が高い物質からなり、定常点灯モード時においては、発光部2から離間して発光部2との間に微小間隙を形成すると共に、低電力点灯モード時においては、発光部2に当接することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】光束のランナップ時間を短縮し、発光効率を改善したカバー付き放電ランプを提供する。
【解決手段】カバー付き放電ランプは、バーナ21と、カバー22と、筺体23を備え、バーナとカバーは、ともにバーナがカバーによって包囲されるように筺体に取り付けられ、カバーは、バーナの冷点の端部を収容するための穴を備え、動作媒体は、高温アマルガム以外のアマルガムを採用して光束のランナップ時間を短縮することができ、冷点の温度が下がるため、高い発光効率も実現でき、よって、良好な省エネ効果が得られる。 (もっと読む)


【課題】光透過フィルタ及びそれを備えた照明器具において、耐熱性及び耐候性に優れ、成形が容易なものとし、しかも、衝撃を受けたとしてもガラス片の飛散がないようにする。
【解決手段】光透過フィルタ1は、ガラス基体11上にポリテトラフルオロエチレン系樹脂を主成分とする樹脂皮膜12を形成して成る。樹脂皮膜12には、体積平均粒子径が1nm以上500nm以下である金属酸化物から成る着色材料が含まれる。樹脂皮膜12が耐熱性及び耐紫外線の高い樹脂と着色材料より構成され、ガラス基体11上に成膜された構造となっているので、ガラス基体11に着色材料を含有させずに皮膜12のみで透過光の配色を行える。従い、高温下で使用でき、かつ耐候性に優れたものとなり、しかも所望の形状に簡単に成形できる。また、ガラス基体11に樹脂皮膜12を継ぎ目なく形成できるので、衝撃を受けたとしてもガラス片が飛散することがない。 (もっと読む)


【課題】封止部内に電極軸が挿通される石英ガラス製保持用筒体が埋設されてなる高圧放電ランプにおいて、封止部の長尺化することなく、保持用筒体の長さを大きくとれ、封止部内での傾き量を小さくして、電極の偏芯を小さくしたランプ構造を提案することである。
【解決手段】前記保持用筒体は、挿通された電極軸の後端よりも後方にまで延在しており、その後端面から軸方向に沿って平面状のスリットが形成されるとともに、該スリット内に金属箔が挿入されていることを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、放電容器(2)を備えている高圧放電ランプに関する。放電容器(2)内には放電空間(8)が形成されている。相互に間隔を空けて設けられている二つの電極(10,12)がガス放電を生じさせるために放電空間(8)へと延びている。放電容器(2)は少なくとも部分的に外部バルブ(32)によって包囲されている。少なくとも放電容器(2)と外部バルブ(32)とによって限定されている気密な外部空間(34)内には充填ガスが封入されている。放電容器(2)は導電性の点弧補助層(30)を備えている。
(もっと読む)


【課題】 全長が1800mm以上ある大型のエキシマランプ40を光源に備えていても、中間部と端部とで一定の水準の処理効果を保つことができるランプユニット20を提供すること。
【解決手段】 放電容器41における上壁面42と下壁面43との外表面に電極46、47が設けられると共に放電容器内にキセノンガスが封入されてなり、当該放電容器内にエキシマ放電を発生させるエキシマランプ40と、
エキシマランプ40の両端をランプ保持体26によって支持して筐体21内にエキシマランプ40を配置したランプユニットにおいて、
前記エキシマランプ40の長手方向の中間部下方に中間支持体50を配置し、エキシマランプ40を下側から支持したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】コンパクトで十分な飛散防止を示す高圧放電ランプを提供する。
【解決手段】外側バルブ3内に収容された放電容器2がバルブに密着した飛散防止材により囲まれる。 (もっと読む)


【課題】コンパクトで十分な飛散防止を果たす高圧放電ランプを提供する。
【解決手段】第1の外側バルブ内に収容されたセラミック製の放電容器を有し、第1の外側バルブが飛散防止のため更に第2の外側バルブにより密に取り囲まれ、第2の外側バルブの固定がソケットの範囲内で行われる。 (もっと読む)


1 - 20 / 127