説明

Fターム[5C122HA34]の内容

スタジオ装置 (397,422) | 一般技術 (37,735) | 電子回路技術 (8,743)

Fターム[5C122HA34]の下位に属するFターム

Fターム[5C122HA34]に分類される特許

1 - 20 / 102


【課題】振れ量を検出するセンサの検出信号に基づいて目標位置信号を生成する信号処理装置であって、パンニングやチルティング等に適切に対処することが可能となる信号処理装置を提供する。
【解決手段】振れ量を検出するセンサおよび振れ補正用可動部品を有した撮像装置に設けられ、該センサの検出信号に基づいて、該振れ補正用可動部品の目標位置を表す信号を生成する信号処理装置であって、カットオフ周波数が可変であり、前記検出信号に高域通過のフィルタ処理を施すハイパスフィルタと、前記検出信号の積分値のレベルが所定の閾値を超えたときに、前記カットオフ周波数を高くし、該積分値のレベルが該閾値以下となったときに、前記カットオフ周波数を元に戻すカットオフ周波数制御部と、を備えた信号処理装置とする。 (もっと読む)


【課題】従来の方法では、光線追跡を行うため非常に重い処理となり、また、形状の推定を誤った場合、画質が劣化する要因となっていた。
【解決手段】複数の視点から撮像することにより得られた複数視点画像データを用いて合成画像データを生成する画像処理装置であって、被写体までの距離を示す距離情報に基づいて、前記複数視点画像データに対してフィルタ処理を行うフィルタ処理手段と、前記フィルタ処理がなされた複数視点画像データを合成して、合成画像データを生成する生成手段とを備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】観察目的に応じてダイナミックレンジの拡大又は分解能の向上を自動的に切り替え可能とする。
【解決手段】所定のダイナミックレンジを有する原画像を撮像するための撮像部10と、試料の同一の観察位置において異なる撮像条件で撮像された複数枚の原画像を合成して、該原画像の階調幅よりも高階調な合成画像データを生成するための合成画像生成手段85と、撮像部10で撮像した画像を表示するための表示部52とを備える拡大観察装置であって、撮像部10で複数枚撮像した原画像から合成画像を取得する合成画像撮影モードとして、原画像よりも広いダイナミックレンジを持つ合成画像を作成するダイナミックレンジ拡大撮影モードと、原画像よりも狭いダイナミックレンジにおいて、輝度分解能を原画像よりも向上させた分解能向上撮影モードのいずれかを選択可能なモード選択手段82を備える。 (もっと読む)


【課題】観察目的に応じてダイナミックレンジの拡大又は分解能の向上を自動的に切り替え可能とする。
【解決手段】所定のダイナミックレンジを有する原画像を撮像するための撮像部10と、試料の同一の観察位置において異なる撮像条件で撮像された複数枚の原画像を合成して、該原画像の階調幅よりも高階調な合成画像データを生成するための合成画像生成手段85と、撮像部10で撮像した画像を表示するための表示部52とを備える拡大観察装置であって、撮像部10で複数枚撮像した原画像から合成画像を取得する合成画像撮影モードとして、原画像よりも広いダイナミックレンジを持つ合成画像を作成するダイナミックレンジ拡大撮影モードと、原画像よりも狭いダイナミックレンジにおいて、輝度分解能を原画像よりも向上させた分解能向上撮影モードのいずれかを選択可能なモード選択手段82を備える。 (もっと読む)


【課題】EM−CCDのCMG駆動回路からEM−CCDの出力信号への飛び込みを低減しながら、負荷容量CMG電圧の振幅の減衰を防ぎ、矩形波特性を改善する。
【解決手段】論理バッファとPchMOSとNchMOSのゲート間にフェライトビーズとダイオードの並列接続を挿入し、MOSがターンオフする方向にダイオードが接続されているスイッチング回路において、PchMOSのドレインソース間導通抵抗が2オーム以上あり、PchMOSのドレインとNchMOSのドレインとが1オーム以上の抵抗で接続され、PchMOSのドレインと容量負荷間に、スイッチング基本波周波数におけるインピーダンスがスイッチング基本波周波数における前記容量性負荷のインピーダンスの1/2より低いインピーダンスのフェライトビーズを直列接続する。 (もっと読む)


【課題】地磁気が乱れる状況下でも表示画面上で各種設備を撮像した撮像方向の表示を修正可能に精度良く行わせることができる撮像方向表示機能付き携帯端末を提供する。
【解決手段】この携帯端末1は、管理サーバ2から取得した設備マスタデータを設備データ管理手段9で管理し、屋内の各種設備をカメラ3で撮像して撮像方向を方向センサ5で検出し、設備データ表示手段6によりディスプレイ4の表示画面上で各種設備に設備データを重畳して表示する。携帯端末方向入力手段7は、マスタデータの屋内地図データを表示するとき、地図データ上で携帯端末位置とその携帯端末位置から撮像方向に見える設備に対する携帯端末方向とを地図データ上に重畳して表示し、地磁気が乱れる状況下では、地図データ上で携帯端末位置の表示後に正しい撮像方向を示す注視点位置を入力操作すると、その注視点位置の入力に応じて携帯端末方向(撮像方向)を正しく修正表示する。 (もっと読む)


【課題】 平行振れの高精度な補正を行う防振制御装置を提供する。
【解決手段】 振れの角速度を検出する第1振れ検出手段4807pと、第1振れ検出手段とは異なる方式で振れを検出する第2振れ検出手段101pと、第1振れ検出手段の出力に基づく第1信号と第2振れ検出手段の出力も基づく第2信号とから補正値を演算する演算手段308と、補正値を用いて第1振れ検出手段からの出力を補正する出力補正手段309と、第1振れ検出手段の出力に基づいて振れ補正駆動手段4809により振れ補正手段4806を駆動させる第1防振制御手段と301,303と、出力補正手段で補正された第1振れ検出手段の出力に基づいて振れ補正駆動手段により振れ補正手段を駆動させる第2防振制御手段310,311,309と、第2防振制御手段の周波数特性を第1防振制御手段の周波数特性とは異ならせる周波数帯域変更手段311とを有する。 (もっと読む)


【課題】位相差測距方式を採用する撮像装置であって、コンパクトでレリーズタイムラグが少なく、さらに、常に高精度な測距を行うことができる撮像装置を提供する。
【解決手段】第1の被写体像信号、及び、瞳分割されて形成された第2の被写体像並びに第3の被写体像をそれぞれ光電変換し、第2及び第3の被写体像信号を出力する撮像素子と、第1の被写体像信号を出力する撮像素子と同一の撮像素子が出力する第2及び第3の被写体像信号に基づいて、2像の間隔を演算する相関演算部と、ベスト像面位置であることを認識する認識部と、認識部の認識結果の情報と、相関演算部の演算結果とに基づいて、2像間隔を補正値として格納する補正値格納部と、第1の被写体像信号を撮像信号として取得する撮像信号取得部と、取得した撮像信号に基づいて画像データを生成する画像構成部とを有する装置とする。 (もっと読む)


【課題】安定した映像を出力することができるカメラヘッド分離型カメラ装置およびカメラヘッド分離型カメラ装置の制御方法を提供する。
【解決手段】カメラヘッドとカメラコントロールユニットをケーブルで接続するカメラヘッド分離型カメラ装置において,前記カメラコントロールユニットは,前記カメラヘッドの補正制御部へ所定のDC電圧を伝送する制御手段と,前記補正制御部が手を加えることなく伝送する前記DC電圧の電圧降下を測定する電圧測定部とを備え,前記カメラヘッドは,前記カメラコントロールユニットへ伝送するLVDS信号を伝送するLVDS変換ドライバと,前記電圧測定部によって測定されたDC電圧の電圧降下の値に基づいて振幅補正値及び立ち上がり補正値を生成する前記補正制御部と,前記補正制御部で生成された振幅補正値及び立ち上がり補正値により前記LVDS変換ドライバ部を制御するLVDS制御部とを備える。 (もっと読む)


【課題】電源回路において、ソフトスタート回路による電源回路の回路規模を抑制する。
【解決手段】電源回路1の比較部11は、参照電圧と入力電圧とを比較して電圧差信号を出力し、出力電圧生成部12は、電圧差信号に基づいて出力電圧を生成し、入力電圧生成部14は、出力電圧から入力電圧を生成する。抵抗素子16は、電流出力部15の参照電流により参照電圧を生成する。キャパシタ17は、抵抗素子16と並列に接続され、参照電流により充電される。このような電源回路1において、電流出力部15は、起動する際の参照電流を、動作中の参照電流より小さくする。 (もっと読む)


取得レンズにより、画像をローパスフィルタリングするステップと、画像センサを使用し、アップサンプリング係数を用いて、前述のローパスフィルタリングされた画像から、第1の解像度を有するアップサンプリングされた画像を生成するステップと、画像処理回路を用いて、前述のアップサンプリングされた画像を、前述の第1の解像度よりも低い第2の解像度を有するマルチレベル画像に変換するステップとを含む、画像を取得し、変換するための方法であって、前述の変換するステップが、前述のレンズの前述のローパスフィルタリングおよび前述のアップサンプリング係数に依拠する、方法。ギガピクセルセンサおよび慣例画像センサに適合される。
(もっと読む)


【課題】撮像装置の重量、慣性モーメント、又は重心に応じて精度よく手振れを補正する。
【解決手段】本発明は、振れを検出する振れ検出手段11と、撮影した画像を補正する補正手段21と、振れから低周波数成分を抑圧するハイパスフィルタ15と、振れから高周波数成分を抑圧するローパスフィルタ16と、振れを積分処理する積分手段17と、振れをゲイン調整するゲイン調整手段18と、撮像装置の重量を算出し、算出した重量に基づいて、ハイパスフィルタ15のカットオフ周波数、ローパスフィルタ16のカットオフ周波数、積分手段17の積分定数、またはゲイン調整手段18のゲイン定数のうち少なくともいずれかを設定する手振れ帯域調整手段14とを備える。 (もっと読む)


【課題】振動体上を移動する振動波を発生させるに際し、低エネルギーで振動波を効率良く発生させ、振動体に接する被移動体を所定の方向に移動させることが可能となる振動装置を提供する。
【解決手段】第1の振動モードの振動と、これとは次数の異なる第2の振動モードの振動と、を弾性体上に励振し、弾性体上に前記第1と第2の振動モードの振動とを合成した合成振動波を形成する振動装置の駆動回路であって、
第1の振動モードの振動を励振するための第1の交流信号を発生する第1の信号発生器と、第2の振動モードの振動を励振するための第2の交流信号を発生する第2の信号発生器と、
第1の交流信号と第2の交流信号の周波数が異なる周波数となるよう信号発生器の発生する周波数を設定し、
合成振動波の移動方向に応じて合成振動波の振動振幅に差を生じさせるよう第1の交流信号と第2の交流信号のうち少なくとも一方を制御する制御手段と、を有する。 (もっと読む)


【課題】ヘッドを分離した場合のクロックの確保(リセット)あるいは遠方に設けたヘッドからの信号の遅れに起因するジッタやスキューの影響を低減可能なヘッド分離式カメラ装置および映像信号処理方法を提供する。
【解決手段】この発明のヘッド分離式カメラ装置および映像信号処理方法は、イメージセンサが取得した映像信号をシリアル変換し、シリアル変換して入力される映像信号をパラレル変換し、パラレル変換された映像信号を後段の映像再生部の特性にあわせて規格化する前段で、規格化する回路への書き込みタイミングを、非同期FIFOメモリにより調整することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】閃光ユニット(発光手段)を備えた撮像装置を小型化する。
【解決手段】撮像装置100は、ミラーレスタイプの撮像装置であって、レンズユニットを着脱可能なマウント手段105と、前記レンズユニットを介して入射した光から画像信号を生成する撮像手段と、発光手段99と、前記発光手段99に電力を供給する蓄電手段と、を備える。前記蓄電手段を、前記マウント手段105の後方で、かつ、前記撮像手段の下方に配する。 (もっと読む)


【課題】画像処理の順序を変更するための回路の規模や消費電力を低減する。
【解決手段】それぞれ処理順番を変更可能な画像処理を行う複数の画像処理部を含む第1処理部(12)と、処理順番が固定されている画像処理を行う画像処理部を含む第2処理部(11,13)と、上記第1処理部に属する複数の画像処理部間の入出力経路の切替を行うことで、上記第1処理部内での処理順番を変更可能な入出力切替部(104)を設ける。上記のように入出力切替部での入出力経路切替により処理順番の変更を行えるのが中間処理部に限定されているため、画像処理装置における全ての画像処理部における処理順番を入出力切替部で切替可能とするのに比べて、入出力切替部の回路規模を小さくすることができ、それにより、画像処理の順序を変更するための回路の規模や消費電力を低減することができる。 (もっと読む)


【課題】好適な防振制御を行うことができるブレ補正装置及び光学機器を提供する。
【解決手段】ブレ補正装置1040は、装置のブレを検出する第1センサ21,21A,21Bと、前記装置のブレを補正するために駆動する光学部材104と、前記第1センサ21,21A,21Bの出力を用いて前記光学部材104を目標位置に制御するために必要なブレ補正量ωを演算する演算部13と、前記ブレ補正量ωを用いて前記光学部材104を駆動させる第1駆動部15,15A,15Bと、撮影をするために駆動する第2駆動部14,17,18,19,30と、前記第2駆動部14,17,18,19,30の駆動状態を検出する第2センサ14e,17e,18e,19e,30eと、前記第2センサ14e,17e,18e,19e,30eの出力に応じて、前記演算部13及び前記第1駆動部15,15A,15Bの少なくとも一方を制御する制御部9とを含む。 (もっと読む)


1つの実施形態において、単一電源コントローラを共用して、2つの異なる電圧値を含む2つの電圧への2つの異なる出力電圧を調整するように、電源が構成される。
(もっと読む)


【課題】少量のメモリでゲイン補正値及びオフセット補正値を算出し、複数の撮像素子の出力値を、同一の対象物に対しては略一致するように補正することができる撮像装置、撮像装置の補正値算出方法及び撮像方法を提供する。
【解決手段】撮像部で撮像された互いに異なる均一な輝度を有する2つの画像を2つのメモリP1、P2にそれぞれ保存しておき、補正値を算出する際、両メモリから前記2つの画像を読み出して、これらの画像を用いてゲイン補正値(又はオフセット補正値)を算出して、一方のメモリに保存し、他方のメモリの画像及び算出された前記ゲイン補正値(又はオフセット補正値)を用いて、オフセット補正値(又はゲイン補正値)を算出する。 (もっと読む)


【課題】LVDS等の高速インターフェースを備えた撮像装置において、動作モードが突然変更された場合であっても撮像信号に正しく同期した信号処理を行うことが可能な撮像装置を提供すること。
【解決手段】並び替え部105において並び替えがなされた撮像データは書き込み制御部1073の制御により、撮像データに同期したクロックCLK1−1に同期したタイミングで記憶部1072に書き込まれる。並び替え部105から出力されるチャンネル当たりの撮像データのデータ量に応じた周波数となるようにマスク処理部106においてクロックCLK3に対するマスク処理がなされてクロックCLK2が生成される。記憶部1072に書き込まれた撮像データは読み出し制御部1074の制御により、クロックCLK2に同期したタイミングで読み出され、信号処理部1075において処理される。 (もっと読む)


1 - 20 / 102