説明

Fターム[5D044DE49]の内容

デジタル記録再生の信号処理 (102,243) | 記録担体上の記録信号の配列 (22,872) | 副情報、補助情報及びその配置 (10,785) | 管理情報信号 (4,915) | 属性又は識別情報信号(情報の種類等) (2,611)

Fターム[5D044DE49]に分類される特許

2,001 - 2,020 / 2,611


本発明は、プログラム記録システムにおけるプログラム記録の方法であって、第1のユーザのために記録すべきプログラムの記録予約2を収集するステップと、第1のユーザのためにユーザID3及びプライバシ設定情報4を収集するステップと、を有する方法を説明する。第1のユーザのプライバシ設定情報4に応じて、第2のユーザに対し、第1のユーザのユーザID3及び/又は記録予約2の要素を秘密にする。本発明はさらに、プログラム記録のシステム1であって、記録予約2、ユーザID3及びプライバシ設定情報4を収集する情報収集ユニット8と、第1のユーザのユーザID3及び/又は記録予約2の要素を第2のユーザに対して秘密にするようプライバシ設定情報4に応じてシステムを制御する制御ユニット13と、を有するシステムを説明する。
(もっと読む)


【課題】 書き換え可能な光ディスクのセクタの書き換え回数及び代替セクタの領域の確保を管理し、光ディスクに記録したデータを保護する情報記録再生装置を提供する。
【解決手段】 読み込んだ管理情報からCPU18は、所定の記録領域である管理情報セクタの書き換え回数を検出し(S205)、管理情報セクタの書き換え回数が所定回数に達しているかどうかを判別する(S206)。管理情報セクタの書き換え回数が所定回数に達している場合(S206Yes)、挿入された光ディスクが書き換え不可であることをユーザに警告報知する(S207)。その後、ファイナライズを行い、読み取り専用光ディスクとし(S208)、光ディスクを排出して(S220)終了するようにする。 (もっと読む)


【課題】光ディスクの種類に関係なく、光ディスクに記録されているコンテンツの種類の判別が可能な光ディスク装置を実現する。
【解決手段】光ディスク装置(11)は、ホスト装置(100)と光ディスク装置(11)との間のやりとりに基づいて、光ディスク(16)に記録されているコンテンツの種類を判別するシステムコントローラ(12)と、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置(11)の回転速度を制御するディスク回転制御部(13)およびホスト装置(100)と光ディスク装置(11)との間のデータ通信速度を制御する通信速度制御部(17)とを備える。 (もっと読む)


【課題】 利用者による演奏を録音してその録音された演奏録音を好適に再生し得る音楽再生装置を提供する。
【解決手段】 利用者による演奏を録音する録音部60と、その演奏の録音時にその録音部60の入力増幅率Vdを変更する入力増幅率変更手段68と、演奏録音の再生時に前記録音部60の出力増幅率Veを変更する出力増幅率変更手段70とを、含むことから、煩雑な手動の音量調節を行うことなく、録音された演奏録音を録音時と同じ音量で聞くことができる。すなわち、利用者による演奏を録音してその録音された演奏録音を好適に再生し得るカラオケ装置10を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】 ユーザに煩わしい操作を要求することなく、データ記録媒体に記録されているデータの、データ記録媒体上の相互の配置を維持する。
【解決手段】 再生制御部82は、光ディスクに記録されているデータの属性を示すARI_DATAの光ディスクからの読み出しを制御する。データ方式判定部86は、読み出されたARI_DATAを基に、光ディスクに記録されているデータが、フォトムービーであるか否かを判定する。削除制御部83は、光ディスクに記録されているデータがフォトムービーであると判定された場合、光ディスクからフォトムービーを削除するように、光ディスクからのデータの削除を制御する。本発明はカムコーダに適用できる。 (もっと読む)


【課題】 記録媒体の使用に特別な変更を追加しなくてもデータ再生時にユーザデータか否かの判断ができるようにする。
【解決手段】 CPU14は、初期化処理を行い(S3)、ホストコンピュータへ処理終了を報告する(S4)。その後、ダミーデータ記録を行うDe−iceを開始し(S5)、De−iceビットを1にする。続いて、ホストコンピュータからユーザデータ記録要求が有ったか否かを判断し(S6)、ユーザデータ記録要求があった場合、De−iceビットをゼロにして、ユーザデータ記録を行い(S7)、ビットマップを更新する(S8)。一方、ユーザデータ記録要求がない場合、バックグランドフォーマットが終了したか否かを判断し(S9)、終了していない場合は、LWAを更新し(S10)、ステップ6の処理へ戻る。また、フォーマットが終了していた場合、この処理を終了する。 (もっと読む)


【課題】 光記録媒体上の記録領域を少なくとも2つに分割し、記録するデータの種別に応じてそれぞれの記録領域を使い分けてデータ記録を行うにあたり、分割した2つの領域を有効に活用できるようにする。
【解決手段】
入力されたデータが静止画である場合には、静止画用記録領域ARSの残容量を確認し(ステップS8)、静止画用記録領域ARSの残容量がない場合に、ビデオ用記録領域ARVの残容量が拡張サイズよりも大きいか否かを判定して(ステップS9)、ビデオ用記録領域ARVの残容量が拡張サイズよりも大きい場合には、境界ポインターを修正するとともに(ステップS10)、記録データ管理情報及びファイルシステム情報を修正することにより(ステップS11)、静止画用記録領域ARSを拡張して、静止画用記録領域ARSに静止画データを記録し(ステップS5)、記録終了後は必要に応じて管理領域ARMの記録データ管理情報やファイルシステム情報を更新する(ステップS6)。 (もっと読む)


【目的】 パソコンから音楽ファイルを複数回のリンク接続により車載機器にダウンロードする際、ユーザが聞きたい曲を推定して優先的にダウンロードする「音楽ファイルのダウンロード方法および装置並びに車載機器」を提供することである。
【構成】 パソコン10から音楽ファイルを複数回のリンク接続により車載機器20のハードディスクにダウンロードする音楽ファイルのダウンロード方法である。パソコンは最初の音楽ファイルのダウンロード時に、ダウンロードする音楽ファイルのプレイリストPLを車載機器に送信すると共に一部音楽ファイルをダウンロードする。車載機器はプレイリストに基づいて選曲された曲がダウンロードされていなければ、該曲名をパソコンに通知する。パソコンは次のダウンロードに際して該通知された曲を優先してダウンロードする。 (もっと読む)


【課題】コンテンツ毎にコンテンツに応じた情報の再生を簡易に行う情報再生装置を得ること。
【解決手段】コンテンツを受信して再生する視聴装置1において、コンテンツの再生を行う音声再生部13、映像再生部14と、コンテンツの分類に関するコンテンツ分類情報を取得する解析部12と、コンテンツ分類情報に基づいて、コンテンツ毎にコンテンツの音再生および/または映像再生の再生特性パラメータの変更に関する変更設定情報を生成する設定部18と、変更設定情報に基づいたコンテンツ毎の再生特性パラメータの変更指示が変更指示情報としてユーザによって入力される指示入力部17と、変更指示情報に基づいて、音声再生部13、映像再生部14が再生するコンテンツの音再生および/または映像再生の再生特性パラメータの変更を制御する設定制御部15と、を備える。 (もっと読む)


BD−ROMには、AVClipと、AVClipにおける頭出し位置を示すPLMarkとが記録されている。このAVClipに対する頭出しには、ユーザによるスキップ操作に基づくもの、チャプターサーチ操作に基づくもの、Linkコマンドによるもののの3つのタイプがある。 マーカ情報における属性情報は、対応する頭出し位置において、前記複数3つのタイプの頭出しのうち、分岐コマンドによるもののみが許可されているか、又は、分岐コマンド以外にも、スキップ操作、チャプターサーチ操作による頭出しが許可されているかを示す。
(もっと読む)


ローカルストレージを用いて記録媒体からデータを再生する記録媒体ならびに方法および装置を提供する。記録媒体は、コンテンツを格納する第1領域と、コンテンツプロバイダ(CP)を識別できる第1の識別(ID)情報、および前記コンテンツプロバイダ(CP)によって作られた対応する記録媒体を識別できる第2の識別(ID)情報を格納する第2領域とを含む。ローカルストレージを用いて記録媒体からデータを再生する方法は、(a)前記記録媒体に記録されたコンテンツプロバイダを識別するためのディレクトリ名、および前記記録媒体を識別するためのディレクトリ名を読み出すステップと、(b)前記読み出されたディレクトリ名と同一のディレクトリ名を有するローカルストレージディレクトリに含まれるバインディングユニットを認識するステップと、(c)前記バインディングユニットを前記記録媒体に含まれるファイルとバインディングし、仮想パッケージを形成するステップと、(d)前記仮想パッケージを用いて、前記記録媒体に格納されたコンテンツデータ、および前記ローカルストレージに格納されたコンテンツデータを再生するステップとを含む。
(もっと読む)


【課題】同一とみなせるコンテンツの重複記録を防止しつつ、品質の良いコンテンツが記録媒体に残るようにしたコンテンツ記録装置を提供する。
【解決手段】記録指定された光ディスク1に記録されている楽曲の属性情報と、HDD105内に記録されている楽曲の属性情報とを比較した結果(S6)、楽曲名が一致するものがあれば(S7)、楽曲名が一致したものの音質を比較する(S8)。光ディスク1に記録されている楽曲の音質の方が良ければ(S9)、HDD105内に記録されているものと置き換えて記録することを決定し(S10)、そうでない場合は記録しないことを決定する(S11)。 (もっと読む)


順序情報に従い、パッケージメディア2に記録されている複数コンテンツを再生する再生装置である。パッケージメディア2以外のレコーダブル型記録媒体(HD3,メモリカード)から順序情報を検出し、検出された順序情報を、パッケージ内のコンテンツと対応づけて示す動的メニューを表示する。動的メニューに表示された順序情報の何れかを、選択する操作をユーザから受け付けて、受け付けられた順序情報に従い、パッケージに記録されている複数コンテンツを再生する。
(もっと読む)


【課題】 大容量のEPGデータを利便性良くユーザに提供する。
【解決手段】 可搬型のストレージメディア(EPG-DVD)に、例えば、全国版の1ヶ月分のEPGデータEDを記録してユーザに配布する。また、情報記録再送値RPに事前にユーザの視聴地域等が記述されたユーザ属性情報ファイルFを記録しておくと共に、このユーザ属性情報ファイルFを用いてEPG-DVDに記録されているEPGデータEDからユーザの所望する番組表に対応するデータ部分を抽出EPGデータED2として抽出して、当該抽出EPGデータED2を用いてユーザの所望する番組表のみを表示する。 (もっと読む)


本発明は,光ディスクを再生するための方法及び装置,並びに光ディスク記録装置を提供する。本発明で提供される当該方法によれば,光ディスクに書かれているプログラムのコンテンツの記述情報及びより高度な(enhanced)コンテンツの記述情報が最初に取得され,その後お互いが比較され,そして当該比較の結果により,このプログラムがより高度なコンテンツに対応しているかどうかが判定され,最後に,このプログラムのコンテンツがより高度なコンテンツに対応していない場合,当該プログラムはより高度なコンテンツとは無関係に再生される。本発明により,より高度なフォ-マットをサポ-トしていない従来の光ディスク記録装置による光ディスクの更新に起因した光ディスク中のプログラムコンテンツとより高度なフォ-マットを持つ強化コンテンツとの不整合から生じる再生時のトラブルを避けることが出来る。
(もっと読む)


本発明は、間歇的なまたは交番的なウォーブルピットにエンコーディングされた複写防止情報を含む、BD−ROMのような高密度及び/または再生専用記録媒体のような記録媒体、そして、その記録媒体にデータを形成して、記録して再生する方法と装置を提示する。
間歇的または交番的なウォーブルピットに形成された複写防止情報を有する記録媒体と、その記録媒体を形成し、記録媒体に記録し、そして記録媒体から再生する装置と方法。
(もっと読む)


【課題】 外付けの複数種類の記憶媒体のうちの一の種類の記憶媒体の空き容量が不足している場合であっても、データをバックアップすることができるデータ記憶装置を提供する。
【解決手段】 ビデオカメラ1は、画像処理部14にて撮像した画像データを外部の記憶媒体であるDVD30(或いはSDカード40)に記憶するものである。制御部10は、撮像した動画データをDVD30に記憶する場合、NAND型フラッシュメモリ12をDVD30に適合した形式でフォーマットし、撮像した静止画データをSDカード40に記憶する場合、NAND型フラッシュメモリ12をSDカード40に適合した形式でフォーマットする。そして、動画データ(静止画データ)をDVD30(SDカード40)に記憶していくことによってDVD30(SDカード40)の空き容量が不足した場合、制御部10は動画データ(静止画データ)をNAND型フラッシュメモリ12に記憶する。 (もっと読む)


【課題】 複数種の視聴制限方式の設定毎にパスワードを入力する必要がなくなり、設定操作が簡易になってユーザーの負担を軽減することができる視聴制限設定方法を提供する。
【解決手段】 制御手段16が視聴制限の設定を開始するときは、表示手段10の画面10aにパスワード入力用のサインを表示させた後、入力パスワードを認証してから視聴制限方式の全てを並列表示させるとともに、その何れかを選択させる選択用サインを表示させることにより、前記視聴制限方式を個別に設定する毎にパスワードの入力を要求する過程を省略した。 (もっと読む)


【課題】 マルチチャネルの音声信号を予測符号化し、圧縮率を改善した音声データを伝送する。
【解決手段】 加算回路1aはステレオ2チャネル信号L、Rの和信号(L+R)を算出し、減算回路1bは差信号(L−R)を算出する。差分演算回路11D1、11D2により今回と前回の差分Δ(L+R)、Δ(L−R)を算出し、予測符号化回路(15D1、15D2、16D1、16D2)により差分Δ(L+R)、Δ(L−R)の複数の予測値を算し、複数の予測値と差分Δ(L+R)、Δ(L−R)の各予測残差を算出し、最小の予測残差を選択する等して予測符号化データをパケットし、その後、所定の通信回線を通じて伝送する。 (もっと読む)


【課題】 ハードディスクを使用した録画再生装置で、番組の頭出し検索に加え番組途中の区切り点での検索を可能とする索引情報の抽出と記録が行える録画装置を提供する。
【解決手段】 記録する放送番組の映像データから画面に表示される文字情報を抽出し、予め用意されている辞書データと照合して辞書データに存在する文字列を検出する文字認識処理手段と、この文字認識処理手段により検出された文字列と、この文字列が検出された映像データが記録されている前記ハードディスク上の記録位置を示すアドレス情報とを保存する文字列データ位置保存手段とを有することにより番組途中の区切り点での検索を可能とする索引情報の抽出と記録が行える録画装置を提供できる。 (もっと読む)


2,001 - 2,020 / 2,611