説明

Fターム[5D046EB02]の内容

Fターム[5D046EB02]に分類される特許

1 - 20 / 99


【課題】設備費及び工数の削減によるコストダウンを図る。
【解決手段】ボトムシャーシと蓋板1Bとからなるローダーシャーシ1を有し、ボトムシャーシにターンテーブルと光ピックアップとが配置され、蓋板1Bの中央開口部1aの内周縁からローダーシャーシ1内に向けて折り曲げた一対の支持板65に枢支軸7が突設され、クランパを一定範囲内移動可能に取り付けた可動枠8の両側縁から折り曲げた側板8aに枢支孔66が貫設され、各枢支孔66を各枢支軸7に嵌合させることにより、可動枠8が蓋板1Bの中央開口部1a内に回動可能に配置されており、枢支軸7が、円柱状軸本体69と、軸本体69の基端面に同心状に一体突設したタップタイト70とを有し、その軸本体69の先端面に操作凹部71が形成されており、操作凹部71に係合する工具を操作してタップタイト70を支持板65の支持孔50にねじ込むようにした。 (もっと読む)


【課題】小径ディスクが挿入された場合に、ディスク装置内部の所定位置への搬送途中でディスク装置の挿入口側へ強制的に排出するディスク判別手段を備えたディスク装置を提供する。
【解決手段】挿入口より挿入されたディスクの外周縁に沿って移動する第1の当接ピンを形成した第1のディスク検知部材と、第2の当接ピンを形成した第2のディスク検知部材は、ディスクの外周縁にそれぞれ当接して互いに離間する方向へ摺動するように設ける。また、第1のディスク検知部材が摺動することでONまたはOFFに切り換わる第1のスイッチ9と第2のスイッチを設け、第1のスイッチ9がOFFからONに切り換わった後で、第2のスイッチ10がOFFからONに切り換わらずに第1のスイッチ9がONからOFFに切り換わったときに、挿入されたディスクが小径ディスクであると判別して挿入口側へ強制的に排出する。 (もっと読む)


【課題】ディスク装置内部の所定位置に搬送されたディスクの挟持動作と、ディスクの外周縁に当接する部材の退避動作をスライダーの摺動動作に直接連動する構造を実現する。
【解決手段】ディスクの挿入にあわせて摺動するスライダー16に、クランパーを上方位置へ移動するように支持部材を揺動可能とする第1のカム部16aと、挿入口より挿入された前記ディスクからローラーが離間する方向へ揺動部材を揺動可能とする第2のカム部16dと、第1のディスク検知部材および第2のディスク検知部材を互いに離間する方向へ摺動可能とする第3のカム部16eと、支持レバーの長孔に遊嵌する連結突起16bと、を備えた。 (もっと読む)


【課題】挿入口から挿入したディスクの搬送開始直後に、ディスクガイドとの接触によりディスクに擦り傷が生じることを防止する。
【解決手段】ディスクガイド20は、搬送ローラ23に対向する面に、搬送ローラに対して挿入口から遠い側に第1の突条20aを有し、挿入口に近い側に第2の突条を有する。第1および第2の突条は、いずれも搬送ローラの軸方向と略平行な方向を長手方向とし、その中央部から両端部にかけて、搬送ローラ側への突出量が大きくなるテーパを有している。ディスクガイドの、搬送ローラの軸方向における中央部には、搬送ローラに対向する位置から第1の突条に向かって凹部20dが形成され、凹部は、ディスクガイドの基底部よりも搬送ローラから離れる方向に深さを有している。凹部は、第1の突条の中央部側の端部にほぼ連接している。 (もっと読む)


【課題】係合ピンがカム溝の折れ曲がり部を通過して第1の溝部から第2の溝部へ移動するときのタイミングを高精度に設定することができる「カム機構およびこのカム機構を備えたディスク装置」を提供する。
【解決手段】ディスク装置のカム機構6は、部分歯61a,61bを有して同軸で回動可能な一対の回動部材61,62と、搬送中のディスクに駆動されて回動部材62を始動させるトリガー部材60と、略円柱状の係合ピン64を有するリンク部材63と、係合ピン64の移動を案内するカム溝71とを備えており、係合ピン64には肉盛り部64aが設けてある。ディスク搬送時に、回動部材62に駆動された係合ピン64がカム溝71内を折れ曲がり部71dに向かって移動し、肉盛り部64aが摺動壁面71aの屈曲部71eを乗り越えた後、係合ピン64が回動部材61を駆動して回転させる。 (もっと読む)


【課題】 ディスクの挿入を待機するときに閉鎖姿勢となる可動部材が設けられており、車体振動などで前記可動部材ががたつき音を発生するのを防止できる「ディスク装置」を提供することを目的とする。
【解決手段】 ディスクの搬入経路を閉鎖する閉鎖姿勢から搬入経路から外れる退避姿勢となる可動部材50が設けられている。可動部材50の軸体52は、中空部52bを有するとともに、外周面52aに回動側突部53が形成されている。軸受板60に軸受穴61が開口しており、軸受穴61には内周面61aから突出する固定側突部62が形成されている。可動部材50が閉鎖姿勢に回動しているとき、回動側突部53が固定側突部62に乗り上がって、軸体52のがたつきが防止される。 (もっと読む)


【課題】 専用の異常挿入検知部を設けなくとも内部の部品を破損しないディスク装置を提供すること。
【解決手段】 クランパ機構は、上下に移動することによりディスク2を挟み込むクランパ10と、このクランパ10に接続されたクランプアーム11と、このクランプアーム11に設けた軸15と嵌合するカム13aを有する制御スライダ13とを備え、この制御スライダ13の移動によりクランプアーム11が回動することによりクランパ10を上下に移動させる構成において、ディスク2を挟み込む方向とは反対の方向にクランパ10に力が加わった際、クランプアーム11または制御スライダ13の少なくとも一方が撓むことにより、クランプアーム11の軸15が制御スライダ13のカム13aから外れる構成とする。 (もっと読む)


【課題】ディスクスロットローディング機構の連動連結を確実に維持する。
【解決手段】シャーシ本体1Aと蓋板1Bとからなるローダーシャーシ1内にターンテーブル3と光ピックアップとを搭載したトラバースシャーシが回動可能に配置され、ターンテーブル3に対向するクランパ11が蓋板1Bのクランパホルダ12内に昇降可能に配置され、蓋板1Bの裏面側にディスクストッパ16が移動可能に配置されると共に、蓋板1Bの表面側にディスクアーム20が回動可能に配置され、ディスクアーム20の先端部に形成した連結孔をディスクストッパ16の連結ピン23に嵌合させ、ディスクアーム20の先端部に一体突設した延長部31に対向してクランパホルダ12に突起片32が一体形成されており、ディスクストッパ16をアンローデング位置Aに待機させた状態でディスクアーム20の延長部31を突起片32と蓋板1Bとの間に遊嵌入させた。 (もっと読む)


【課題】より一層の薄型化及び小型化を実現することができるディスク装置を提供する。
【解決手段】ディスクが再生可能位置に搬送されたときにそれぞれ移動を開始する一対のスライドカム部材16,18と、クランパを支持するクランパ支持部41bをそれぞれ有する一対のクランパリフタ23a、23bと備え、一対のクランパリフタは、一対のスライドカム部材の移動に連動して、ディスク装置の厚み方向に対して直交する水平方向において互いに反対方向に移動し、且つ互いに反対方向に移動を開始するタイミングが互いに異なるように構成され、クランパ支持部は、一対のクランパリフタの互いに反対方向への移動に伴いクランパの外周部に当接してクランパをディスク装置の厚み方向に移動させる傾斜面を有する。 (もっと読む)


【課題】 クランプアームが、2箇所の回動支持部で支持され1箇所の作用部によってクランプ解除姿勢に持ち上げられているときに、外部衝撃などが作用してもクランプアームの撓みや捩りを規制できるようにした「ディスク装置」を提供する。
【解決手段】 クランプアーム12は、2箇所の回動支点17a,17bで回動自在に支持され、1箇所の作用部18によってクランプ解除姿勢に持ち上げられて回動させられている。クランプアーム12がクランプ解除姿勢のときに、クランプアーム12の規制片12fに、検知可動部材60に形成されたアーム支持部68が対向する。そのため、クランプアーム12の下向きの撓みを規制できるようになる。ディスクの搬入が完了すると、検知可動部材60がディスクに押されて回動し、アーム支持部68はディスクと当たらない位置へ移動する。 (もっと読む)


【課題】クランパの回動角度を小さくしてディスク搬送を行うことができ、装置の小型化を実現する。
【解決手段】ベース部1とアームクランパ2の相対側面のいずれか一方の側面には第1カム溝4と第2カム溝5が設けられ、他方の側面には第1カム溝4と第2カム溝5に係合して摺動する第1ピン8と第2ピン9が設けられ、第1カム溝4は、アームクランパ2の移動方向と平行に形成され、第2カム溝5は、アームクランパ2の移動に従って当該アームクランパ2にターンテーブル3側への回動力を付与するように傾斜して形成される。 (もっと読む)


【課題】シャッタ部材を備えたディスク装置において、装置内の熱の滞留を抑制し、装置内部の温度の上昇を防止する。
【解決手段】ディスク装置は、ディスクの記録または再生動作時に挿入口23を開閉自在に塞ぐシャッタ部材86と、シャッタ部材86を開閉するシャッタ開閉機構と、本体内の温度を検出する温度検出部とを備え、温度検出部により所定の温度より高い温度が検出された場合に、シャッタ開閉機構を駆動し、シャッタ部材86を開状態にする制御部を備えている。 (もっと読む)


【課題】ディスク媒体の記録面を傷つけることなく、該ディスク媒体を正確にローディングし、かつトリガーアームの変形を防止すること。
【解決手段】ディスク装置に挿入されるディスク媒体Aを再生位置まで搬送するディスク装置のディスクローディング機構において、クランプアーム15と、トリガーアーム17とを備え、トリガーアーム17は、クランプアーム15に形成される被係合部31aと係合する係合部38bを有し、トリガーアーム17はクランプアーム15に対して隙間Hを有した状態で回動可能に軸支され、トリガーアーム17とクランプアーム15との間に配設される付勢部材37の付勢力に抗してトリガーアーム17を回動させてディスク媒体Aを搬送させると、トリガーアーム17が付勢部材37の付勢力によって隙間Hを埋める方向にスライドすることで、トリガーアーム17の係合部38bがクランプアーム15の被係合部31aに係合することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 クランプ部材によってディスクを確実にクランプでき、ディスクを回転駆動するときなどに、ディスクとターンテーブルとの間にスリップなどが発生することを抑制できる「ディスク装置」を提供することを目的とする。
【解決手段】 回転部材82に設けられたクランプ部材201はトーションばねによってα方向へ付勢されて、ディスクDの中心穴Daの周縁部に圧接されている。回転部材82を始動するときに、通常の回転方向(β1方向)と逆向きのβ2方向へスピンドルモータを駆動し、その後に通常の回転方向へ切換える。回転部材82のβ2方向への回転により、クランプ部材201に対してクランプ力を向上させるα方向への回転力が与えられる。よって、その後のβ1方向への通常の回転の際に、クランプ部材201によるディスククランプが緩みにくい。 (もっと読む)


【課題】効率的な設計によるディスク装置を提供する。
【解決手段】ディスク装置1は、ディスク挿入/排出口12に設けられて俯仰動作可能に軸支された蓋部11aと、ディスクDの搬送動作を行うローラを16回転可能に支持すると共に蓋部11aの俯仰動作に伴いローラ16を昇降させるローラ支持部11dと、が一体に設けられた回動部材11を有し、蓋部11aの縁部11bに折曲部が設けられ、蓋体11が伏せたとき当該折曲部の先端縁が筐体2の段部2aに当接してディスク挿入/排出口12を閉じる。 (もっと読む)


【課題】 スロットインディスク装置において、ディスク装置の薄型化を図る。
【解決手段】 ディスク挿入部フタに連動してディスククランプ&スピンドルモータユニット部を移動させてディスクのクランプ、アンクランプを行い、従来のデッドペースを無くする。 (もっと読む)


【課題】反りが生じているディスクであっても、ディスクをターンテーブルから確実に取り外すことが可能なディスク取外し機構およびこのディスク取外し機構を用いたディスク再生装置を提供すること。
【解決手段】ターンテーブル111に載置されるディスク12をターンテーブル111から外すためのディスク取外し機構であって、駆動源71と、ターンテーブル111から離間させる向きにディスク12を押すディスク押圧手段90,120と、駆動源71の駆動により回転駆動され、ディスク12の搬送時にはディスク押圧手段90,120と共にディスク12に接触する搬送ローラ160と、を具備している。 (もっと読む)


【課題】簡素な構成により、ディスク挿入からクランプまでの工程を行うことが可能なディスクドライブ装置を提供する。
【解決手段】ディスクドライブ装置10は、外形フレーム100と、ターンテーブル104と、メインアーム400と、ディスクホルダ220と、ホルダ基盤200と、を備えている。ディスクホルダ220は、光ディスク102の挿抜に合わせて光ディスク102の挿入方向において移動する。ホルダ基盤200は、左右一対の側面に形成され、クランプ用ボス221a〜221dが嵌合した状態で移動する左右一対のクランプ用溝201a〜201dを有している。 (もっと読む)


【課題】光ディスク装置において、ローディング後の光ディスクのミスチャッキングをなくす。
【解決手段】ローディング完了時、固定位置において該光ディスクの外周上の第1の位置の側面に当接し該光ディスクを支持する第1のディスクガイドと、光ディスクの外周上の側面に対向する平面が該側面から退避する方向への移動を阻止された状態で該光ディスクの外周上の第2の位置の側面に当接し該光ディスクを支持する第2のディスクガイドと、ばねにより付勢された状態で該光ディスクの外周上の第3の位置の側面に当接し該光ディスクを支持する第3のディスクガイドと、ばねにより付勢された状態で該光ディスクの外周上の第4の位置の側面に当接し該光ディスクを支持し、該当接位置において該ばねの弾性復元力に抗した方向への変位が阻止される第4のディスクガイドとを備え、該第1〜第4のディスクガイドで支持した光ディスクをクランパでチャッキングする構成。 (もっと読む)


【課題】簡易構造にして大小2種類のディスクを所定の回転位置に確実に案内することのできるディスク位置決め機構を備えたディスク駆動装置を提供する。
【解決手段】伝動ギア部6bの噛み合いにより互いに逆方向に揺動する開閉レバー6L,6Rと、連接部La,Raを中心に揺動するセレクタ7L,7Rと、を有する。連接部La,Raにはディスクd,Dから押圧力を受けるセンタリング用凸部が設けられる。セレクタ7L,7Rは、凸部を小径ディスクdが押圧したときロック用凸部3aに係止したまま開閉レバー6L,6Rを初期位置に維持すべき抵抗モーメントを発生する係合部7aを有する。セレクタ7L,7Rには、大径ディスクDによる凸部の押圧前にディスクDから押圧力を受けて、セレクタ7L,7Rを両者の係合部7aがロック用凸部3aから外れる方向に揺動させるロック解除用凸部7dが設けられる。 (もっと読む)


1 - 20 / 99