説明

Fターム[5D046HA10]の内容

記録媒体(ディスク)の供給・案内 (6,813) | 目的、効果 (1,201) | その他 (194)

Fターム[5D046HA10]に分類される特許

1 - 20 / 194


【課題】長期に渡ってローディングローラーへの埃や砂塵の付着を防止することができるディスク装置を提供する。
【解決手段】ローディングローラー21に接触して該ローラー21の付着物を除去するクリーニング部材51と、除去された付着物が溜まる溜まり部となる底板部53とを備え、底板部53とローディングローラー21とを離間させた。 (もっと読む)


【課題】 筐体に挿入されるディスクに帯電している電荷が、光学検知素子や導電部に放電されるのを防止できるディスク装置を提供する。
【解決手段】 搬送ローラ15とでディスクDを挟持する摺動部材20が、筐体2の天井板2dの下側に固定されている。天井板2dには、摺動部材20を保持する突起部8が折り曲げられており、突起部8の先端部8aが、光学検知素子31aよりも下に突出し、先端部8aが光学検知素子31aよりも挿入部2eに近い位置にある。挿入部2eから挿入されたディスクDは、光学検知素子31aに至る前に先端部8aの下を通過する。よって、ディスクDに帯電している電荷は、光学検知素子31aに放電されることなく、突起部8から筐体2へ逃げやすくなる。 (もっと読む)


【課題】ディスクトレイが引出位置(オープン位置)にあるときのディスクトレイの揺れ(がたつき)を抑制しつつ、部材の磨耗を最小限に抑える光ディスク装置を提供する。
【解決手段】ディスクトレイは、ディスクトレイの裏面側であって、右端部の内側に、リブ31が形成されている。また、リブ31は、カムスライダがスイッチに当接しているときに、ローダーシャーシの第2の樹脂ばね部材23に接触するように、ディスクトレイの後部に形成されている。カムスライダがスイッチに当接しているときに、ディスクトレイが引出位置に近づくにつれて(ディスクトレイの揺れが大きくなるにつれて)、ディスクトレイをローダーシャーシに押し付ける力が強くなるので、ディスクトレイの揺れを効果的に抑制することができる。また、第2の樹脂ばね部材23とリブ31とが過度に接触しないので、第2の樹脂ばね部材23及びリブ31の磨耗を抑えることができる。 (もっと読む)


【課題】部品精度に頼ることなくディスクトレイの横揺れを防止することができる光ディスク装置を提供すること。
【解決手段】筐体と、光ディスクを搬送するディスクトレイと、前記ディスクトレイの裏面の左右側縁に設けられたガイド溝と、前記ガイド溝の一方と嵌合することにより、前記ディスクトレイを、前記ディスクトレイが前記筐体内に収納されたディスク収納位置と前記ディスクトレイから光ディスクを取り出すディスク取出位置との間で移動可能に支持するトレイガイドを有するシャーシと、を備える光ディスク装置であって、前記トレイガイドと嵌合する前記ガイド溝は、前記光ディスクの半径方向内側で前記トレイガイドに支持される内壁部と、前記トレイガイドの上部で前記トレイガイドに支持される上壁部と、前記光ディスクの半径方向外側で前記トレイガイドに支持される外壁部と、からなり、前記内壁部又は前記外壁部が樹脂バネにより形成されていることとする。 (もっと読む)


【課題】静電気放電対策の実効性を向上させ、摺動ノイズが少ない光ディスク駆動装置を提供する。
【解決手段】ローディングメカがシャーシに対して進退する際にガイドレール7bに接する導電体40を備え、ガイドレールの導電体に接する面は第1の領域と第2の領域とを備え、第1の領域は第2の領域より導電体側に近接する端面を有し、ローディングメカが光ディスクの脱着を可能とする第1の状態では、導電体は第1の領域に接触し、ローディングメカがシャーシ内に収容される第2の状態から第1の状態の間で移動する際、導電体は第2の領域に接触する。 (もっと読む)


【課題】リモコンによる遠隔操作が可能な電子装置であって、ディスクトレイの開操作に関する操作性を向上させることが可能な電子装置を提供する。
【解決手段】本発明の電子装置は、操作指示を受け付ける操作部と、記録媒体を装着して記録媒体より情報を読み出す格納部とを備えている。また、格納部が記録媒体を装着していない状態において操作部により所定操作が検知された場合に、記録媒体の装着を待ち受ける待受状態へ移行するよう格納部を制御する制御部を備えている。制御部は、電子装置が受け付ける操作指示のうち電源制御操作、設定操作、及び機能選択操作を除く操作指示を汎用操作とみなす。そして制御部は、格納部に記録媒体が装着されていない状態において汎用操作が検知された場合に、待受状態へ移行するよう格納部を制御する。 (もっと読む)


【課題】設備費及び工数の削減によるコストダウンを図る。
【解決手段】ボトムシャーシと蓋板1Bとからなるローダーシャーシ1を有し、ボトムシャーシにターンテーブルと光ピックアップとが配置され、蓋板1Bの中央開口部1aの内周縁からローダーシャーシ1内に向けて折り曲げた一対の支持板65に枢支軸7が突設され、クランパを一定範囲内移動可能に取り付けた可動枠8の両側縁から折り曲げた側板8aに枢支孔66が貫設され、各枢支孔66を各枢支軸7に嵌合させることにより、可動枠8が蓋板1Bの中央開口部1a内に回動可能に配置されており、枢支軸7が、円柱状軸本体69と、軸本体69の基端面に同心状に一体突設したタップタイト70とを有し、その軸本体69の先端面に操作凹部71が形成されており、操作凹部71に係合する工具を操作してタップタイト70を支持板65の支持孔50にねじ込むようにした。 (もっと読む)


【課題】 ローダ部がスムーズにスライドできなくなったり、ローダ駆動用モータが破損してしまうことを安価で防止することができる光ディスク再生装置を提供する。
【解決手段】 筐体と、筐体の前面に開口する開口部と、光ディスクを載置するディスク載置部を備えるローダ部と、一部が前記ローダ部に固定されたタイミングベルトと、タイミングベルトを掛架する歯車部を備え軸支部を軸に自在に回動するギヤ部と、タイミングベルトをギヤ部と共に掛架しタイミングベルトを回転させることによって開口部を介してローダ部を筐体の外部から筐体の内部に移動させるローダ駆動手段と、ローダ駆動手段によって筐体の内部に移動された光ディスクに記録されたデータを再生する再生部とを備え、ギヤ部は、一端に一定角度毎に欠落部分を有する円盤型を形成した第1の鍔部を備え、当該一端の他端に欠落部分に対して平行となる箇所に鍔を形成する第2の鍔部を備える。 (もっと読む)


【課題】光ディスク装置における可動部分の潤滑材の塗りむらを低減するための慣らし動作方法を提供して、装置の信頼性を高めるようにする。
【解決手段】光ディスクのローディング機構や光ピックアップの移動機構を潤滑に移動できるようにするため、組立て完了時に慣らし動作を行う際、これら可動部分の位置を検出するスイッチやセンサの出力に基づき移動の滑らかさを判定して、慣らし動作の時間や回数、慣らし動作自体の必要性を判定する。慣らし動作が正常に終了したか否かを作業者に分かり易く知らせるよう、終了時の構成要素の位置を結果に応じて変更する。 (もっと読む)


【課題】ディスク装置の生産コストを低減することを目的とする。
【解決手段】ローディング駆動信号部18からの信号で搬送モータ6を駆動させるための出力端子20が、ディスク1のローディング(搬送、または排出)時以外は、遊休端子となるのを利用し、切替信号部23によるスイッチ16、19の切替えによって、サーボモニタ信号部22を、スイッチ19、出力端子20を介してサーボモニタ端子21に接続することによって、動作確認を行うことが出来るようにしたものである。 (もっと読む)


【課題】本発明は光ディスク装置に関するもので、生産コストを低減することを目的とするものである。
【解決手段】そして、この目的を達成するために本発明は、前記光ディスク挿入検出器6は、フォトLED7とフォトトランジスタ8を、所定間隔をおいて対向配置した構成とし、制御回路11には、光ディスク挿入検出器6の動作閾値を記録した動作閾値メモリー12と、温度センサー13を接続し、前記動作閾値メモリー12には、本体ケース1外から動作閾値の書き換えを行う入力線16を接続した。 (もっと読む)


【課題】スライド部材が高速で移送された場合にも、ブラケットとスライド部材との衝突やディスク搬送ローラとディスクとの衝突を抑制し、異音の発生を抑制する。
【解決手段】ディスク搬送を行うディスク搬送ローラ5と、ディスク搬送ローラ5を支持し、当該ディスク搬送ローラ5をディスクに対して当接・退避させるように回動可能なブラケット6と、ブラケット6に取り付けられ、ディスク搬送ローラ5をディスク20側に付勢するバネと、移送することによりブラケット6を回動させるカム部14を有するスライド部材13と、カム部14に取り付けられ、ブラケット6を付勢する板バネ15とを備えた。 (もっと読む)


【課題】ディスク高速回転時の振動を長期にわたって確実に抑制する。
【解決手段】ターンテーブル8付きスピンドルモータ9及びディスクDの半径方向に移動可能な光ピックアップ10を搭載したシャーシ本体5Aと合成樹脂製レバーアーム5Bとからなるトラバースシャーシ5がローダーシャーシ2内に上下動可能に配置され、レバーアーム5Bが、レバー本体5aと、レバー本体5aの両端から延びてローダーシャーシ2に回動可能に枢支された左右一対のアーム部5bとを有し、ローダーシャーシ2の前部にスライド可能に配置したカムスライダ12とレバーアーム5Bとがカム機構13により連動連結され、レバー本体5aの一端部を切欠いて形成した凹部29の内面に一体突設した弾性変位可能な抑え片30を有し、抑え片30がU字形に形成されてその先端部がローダーシャーシ2に弾性的に押し付けられている。 (もっと読む)


【課題】ディスク高速回転時の振動を長期にわたって確実に抑制する。
【解決手段】ターンテーブル8付きスピンドルモータ9及びディスクDの半径方向に移動可能な光ピックアップ10を搭載したシャーシ本体5Aと合成樹脂製レバーアーム5Bとからなるトラバースシャーシ5がローダーシャーシ2内に上下動可能に配置され、レバーアーム5Bが、レバー本体5aと、レバー本体5aの両端から延びてローダーシャーシ2に回動可能に枢支された左右一対のアーム部5bとを有し、ローダーシャーシ2の前部にスライド可能に配置したカムスライダ12とレバーアーム5Bとがカム機構13により連動連結され、レバー本体5aの一端部を切欠いて形成した凹部29の内面に弾性変位可能な連結アーム31を介して一体形成した抑え片30を有しており、抑え片30がローダーシャーシ2に弾性的に押し付けられている。 (もっと読む)


【課題】フラップ用押さえばねの取付け作業が容易且つ取付け状態を確実に維持する。
【解決手段】シャーシ本体と蓋板1Bとからなるローダーシャーシの前面に形成したディスク挿入口に対向して搬送ローラとフラップとが配置され、フラップを搬送ローラに向けて付勢する押さえばね29が蓋板1Bのばね座30に取り付けられ、ばね座30がL字枠38を有し、L字枠38が支持板38Aと支軸板38Bとからなり、支持板38Aの根元を折り曲げることによりL字枠38が引き起こされ、支軸板38Bのフラップ側端縁38aの先端からフラップ側に突出するストッパ部39が設けられ、支軸板38Bの蓋板側端縁38bの先端側を切欠いて傾斜状ガイド縁41が形成されており、押さえばね29のコイル部29aを傾斜状ガイド縁41に沿って支軸板38Bに外嵌させ、コイル部29aから延びるロッド部29b,29cを蓋板1Bとフラップとに係合させた。 (もっと読む)


【課題】制御レバーを搬送ローラに常に押し付けるための付勢手段を必要としないディスク装置を提供する。
【解決手段】搬送ローラの金属軸の中央部に制御レバー13を回転自在に嵌合し、制御レバー13の端部を搬送ローラ支持体8に支持する構成とし、ディスクが挿入された際の搬送ローラのディスクの厚み方向への移動に連動して制御レバー13が検出スイッチ16を作動させる。 (もっと読む)


【課題】光ピックアップを十分に冷却することが可能なディスク装置を提供する。
【解決手段】この光ディスク装置100(ディスク装置)は、光ディスク110を載置可能なトレイ1と、光ディスク110をトレイ1の載置面から離間するように支持するとともに、支持した光ディスク110を回転させるディスク回転部6と、光ディスク110の載置面側に配置され、光ディスク110に光を照射する光ピックアップ5とを備え、トレイ1は、光ディスク110が載置される載置領域においてディスク回転部6による光ディスク110の回転方向(R方向)の上流側から光ピックアップ5に向かって延びるとともに回転方向の上流側から下流側に向かって載置領域の外側から内側に延びるように形成され、トレイ1の載置面とは反対の裏面側からトレイ1の載置面側に空気を取り込むための空気取込開口部14を有している。 (もっと読む)


【課題】記録または再生動作を行う装置全体の起動を待つことなく、短時間で光ディスク装置のトレイを開放する装置を提供する。
【解決手段】ディスクトレイの開放要求を受付ける開放要求受付け部3と、ディスクトレイを設けた光ディスクドライブ2と、光ディスクドライブ2のドライブ制御を司るホスト1とを備え、開放要求受付け部3は、ホスト1に情報を伝達するライン1と、光ディスクドライブ2に情報を伝達するライン2とを有し、開放要求受付け部3がディスクトレイの開放要求を受付けた際、ホスト1が初期化を完了させていない場合は、開放要求受付け部3はライン2を用いて光ディスクドライブ2にディスクトレイを開放する指示を伝達する、装置である。 (もっと読む)


【課題】搬出時におけるディスクの落下を確実に防止し、ディスクの搬入及び搬出を円滑に行うことができるディスク装置を提供する。
【解決手段】ディスクを搬出した場合に、移動片4aaを保持部材4bに接近させて、ディスクを強固に保持し、ディスクの落下を確実に防止することができる。またディスクを搬入している途中又は搬出している途中に、移動片4aaを保持部材4bから離反させて、移動片4aa及び保持部材4bとディスクとの摩擦力を軽減し、第1駆動ローラ及び第2駆動ローラとディスクとが滑ることを防止することができる。 (もっと読む)


【課題】トレーに安定化部材を兼ねて装置を薄型化し、薄型光ディスクと安定化部材が接触摺動せずに回転開始し回転安定時に安定化部材に近づけ情報の記録/再生をする。
【解決手段】ベース部20が下降してトレー兼安定化部材1に接近し、ターンテーブル7とクランパー8間の磁力吸引により、薄型光ディスク2をクランパー8が持ち上げ、下降してきたターンテーブル7と噛み合わせられクランプされる。トレー兼安定化部材1と薄型光ディスク2の下面は、薄型光ディスク2の回転停止時と、回転開始から回転安定時になるまでトレー兼安定化部材1に接触しないような距離になるようにベース部20の降下を所定の位置で停止する。薄型光ディスク2を回転安定時にトレー兼安定化部材1と近づけて、薄型光ディスク2の面振れを抑制して安定化させ情報の記録/再生を行う。 (もっと読む)


1 - 20 / 194