説明

Fターム[5E087RR06]の内容

コネクタハウジング及び接触部材の保持 (35,100) | 目的、課題、効果 (6,373) | 特性改善 (1,501) | 補強、強度、耐久性の向上 (652)

Fターム[5E087RR06]に分類される特許

1 - 20 / 652



【課題】本発明は、組立工程中に容易に損傷しないように構造が改善された防水構造を有するターミナルケーブル組立体を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明による防水構造を有するターミナルケーブル組立体は、複数本の電線を一つの束にして設けられるケーブルと、ケーブルの一端に結合されるターミナル部材と、ケーブルの折り曲げ位置にモールディング形成される第1モールディングと、第1モールディングをコアとしてモールディング形成される第2モールディングと、を含む防水構造を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】大型化や製造コスト増大を招くことなく多種多様な製品に対しても端子金具の係止力を高めて抜け出しを防止することができるコネクタ及びコネクタの製造方法を提供する。
【解決手段】端子金具3と、該端子金具3を収容する端子収容室42を有するコネクタハウジング4とを備え、コネクタハウジング4は、端子収容室42の一つの内面を構成する壁部44Bと、端子金具3を係止する係止部45とを備え、該係止部45は、壁部44Bの内面に設けられる基端部から端子金具3の挿入方向Xの奥側に向かって先端部が延びる係止アーム部45Aと、該係止アーム部45Aから挿入交差方向Yに突出する係止突部45Bとを有し、壁部44Bには、係止突部45Bを外部に臨ませる貫通孔47が形成され、端子金具3を係止アーム部45Aの先端部45Cと係止突部45Bとで係止する。 (もっと読む)


【課題】リテーナを本係止位置から仮係止位置へ移動させる際に、リテーナがコネクタハウジングから外れてしまうことを抑制する。
【解決手段】雌型端子を収容するコネクタハウジング20と、弾性変形可能なロック片46を有して、コネクタハウジング20のリテーナ装着孔23に挿入されるリテーナ40とを備え、雌型端子の進入経路から退避する仮係止位置と、雌型端子の進入経路に進入する本係止位置との間をリテーナ40が移動可能なコネクタ10であって、ロック片46は、本係止突起27によって下方から係止されることでリテーナ40を本係止位置に保持する本係止爪48と、仮係止突起28によって下方から係止されることで、リテーナ40を仮係止位置に保持する仮係止爪47とを備えており、ロック片46が弾性変形して仮係止爪47が変位する量は、本係止爪48が変位する量よりも小さいところに特徴を有する。 (もっと読む)


【課題】ハウジングとフロントホルダとの間のガタつき、及びフロントホルダの保持力低下を抑制できるコネクタを提供する。
【解決手段】コネクタ11は、後方からメス端子が挿入される端子収容室17を有する筒型形状のハウジング13と、相手端子挿入孔45を有してハウジング13の前端部51に対してコネクタ嵌合方向に直交する上方から挿入され、ハウジング13の両側壁53に設けたロック部55に係止されるフロントホルダ15と、を備える。フロントホルダ15の両側面上部63には、ハウジング13に装着された際に、ハウジング13の前端部51における両側壁上端部67を内方へ押圧付勢するように係合する押圧部65が設けられる。 (もっと読む)


【課題】シール用ゴム栓を損傷から保護する。
【解決手段】軸芯と直交する方向の断面が円形である端子挿通孔3を有し、角筒状に形成された端子接続部6を前端部に有する端子金具4が、端子挿通孔3を拡張させつつ挿通されるものにおいて、端子挿通孔3の孔周りでかつ端子接続部6の四隅部と当接するコーナー当接部13に、他の当接部位に比べて厚肉となって端子金具4と対向する側へ迫出す厚肉部15を形成する。これによって、コーナー当接部13の拡開変形の立ち上がりが従来よりも緩やかになるから、コーナー当接部13を損傷から保護することができる。 (もっと読む)


【課題】相手コネクタ離脱時のフロントホルダの変形を抑制できるコネクタを提供する。
【解決手段】コネクタ11は、後方からメス端子が挿入される端子収容室17を有する筒型形状のハウジング13と、相手端子挿入孔43を有してハウジング13の前端部49に対してコネクタ嵌合方向に直交する上方から挿着され、ハウジング13の両側壁51に設けたロック部53に係止されるフロントホルダ15と、を備える。ハウジング13の前端部49における上面39には、一対のリブ67からなる係合凸部59が突設され、フロントホルダ15の上部61には、ハウジング13に装着された際に、ハウジング13の係合凸部59の両側面65を挟持するようにハウジング13の後方に向けて延びる一対の係止突起63が突設される。 (もっと読む)


【課題】スロット部を開閉可能に覆う蓋部材が開き状態で機器本体の外観面から突出することがなく、かつ蓋部材の閉じ状態で衝撃等によりスロット部からカード状記録媒体が飛び出すのを防止する仕組みを提供する。
【解決手段】電子機器は、機器本体の外観面10に形成された開口部を開閉する蓋部材11が、閉じ位置から外観面10と平行に開口部を開く方向に移動した後、斜め下方に移動して外観面の裏面側に進入し、次に、外観面10と平行に開口部を開く方向に移動する。スロット部13aは、スロット部13bよりカード状記録媒体14a,14bの着脱方向に高くなるように配置され、蓋部材11の裏面には、蓋部材11の閉じ状態で、スロット部13a,13bに装着されたカード状記録媒体14a,14bに対向する位置でカード状記録媒体14a,14bとの間隔が略同一になるように、かつ蓋部材11の開閉の際に、カード状記録媒体14a,14bに接触しない高さで突出するリブ11a,11bが設けられる。 (もっと読む)


【課題】ロック片を正規の姿勢で弾性変形させる。
【解決手段】雌型端子24を収容する雌側ハウジング20と、この雌側ハウジング20に装着可能なリテーナ40を備えたコネクタ10であって、リテーナ40は、雌側ハウジング20に設けられたリテーナ装着孔27に挿入されて雌型端子24を抜け止めする抜け止め部41と、抜け止め部41と一体に形成された基体45から立ち上がった形態で抜け止め部41の挿入方向と交差する方向に抜け止め部41に隣接して配され、雌側ハウジング20に形成された仮係止突起30および本係止突起31に乗り上げることで基体45と連結する基端部を支点に弾性変形して、弾性復帰することで仮係止突起30および本係止突起31と係止するロック片46とを備えており、ロック片46は抜け止め部41と切り離されているところに特徴を有する。 (もっと読む)


【課題】コードの無理な引き抜きにより導線が栓刃との接続部分で断線することを防止すると共に、コードをつたって電源プラグの内部に湿気が侵入することを防止する。
【解決手段】導線11と導線11を被覆する外側外皮13とで構成するコード10と、コード10の先端15eの導線11に接続された栓刃30と、栓刃30の接続部32からコード10の先端部15の外側外皮13までを外装する合成樹脂製のプラグ外装材50とを備えた電源プラグ20と、で構成する電源プラグ付きコード1であって、少なくともプラグ外装材50との境界面をプラグ外装材50と熱溶着する熱溶着材料で構成する結合部材60を、コード10の先端部15に囲繞して密着状態で備えると共に、プラグ外装材50に熱溶着による結合状態で備えた電源プラグ付きコード1。 (もっと読む)


【課題】コネクタハウジング内での端子金具の保持力を向上させつつ、ホルダ収容室内への端子金具の半装着状態を検知することができるジョイントコネクタを提供する。
【解決手段】本発明に係るジョイントコネクタ1は、複数の端子金具10が収容される複数の端子収容室21内に係止ランス23が設けられるコネクタハウジング20と、複数の端子金具10同士を接続するバスバー32とを備える。また、ジョイントコネクタ1は、複数の端子金具10が挿入される逆側からコネクタハウジング20に装着されるフロントホルダ30を備える。フロントホルダ30は、バスバー32が一体形成されるホルダ本体部31と、ホルダ本体部31と一体に形成され、係止ランス23の弾性変形を阻止するランス変形阻止部33とを備える。ランス変形阻止部33は、端子金具10と係止ランス23との係合状態において係止ランス23が撓む空間Sに挿入される。 (もっと読む)


【課題】筐体の内外を連通する連通孔における止水性能を保持し、かつ、蓋部材を確実に装着できる携帯端末を提供する。
【解決手段】挿入部33の第2外側面351は、第1内側面275に対して連通孔27の中心側に位置するので、第1内側面275に接触しない。爪部352において第2外側面351から突出する突出方向先端は、連通孔27の第1内側面275に到達しない位置に設けられているので、爪部352は、連通孔27の第1内側面275に接触しない。さらに、第2内側面276は第1内側面275よりも挿入部33に向かって突出しているので、第1内側面275に接触しない爪部352は、第2内側面276により係止される。これにより、蓋部材30を連通孔27に着脱する際に、蓋部材30の爪部352が連通孔27の止水面である内側面に当接するのを回避できるので、止水面が削れるのを防止して、連通孔27における止水性能を保持できる。 (もっと読む)


【課題】低コストの高周波用同軸コネクタを実現する。
【解決手段】
側面に段差部が設けられた円柱状の領域を有する中心導体と、段差部を覆うようにインサート成形された円筒形の固定樹脂部と、固定樹脂部の側面を包囲する外部導体とを備える同軸コネクタを提供する。段差部は、例えば、中心導体の側面に凹状に形成されている。一例として、固定樹脂部は、0℃以上150℃以下の温度範囲及び22GHz以下の周波数範囲における比誘電率が1.9以上2.1以下であり、かつ、320℃以上400℃以下におけるJISK7210による溶融粘度が、2.0×10Pa・s以上6.0×10Pa・s以下である。 (もっと読む)


【課題】端子保持力を高めることが可能なコネクタを提供する。
【解決手段】コネクタハウジング20に端子金具10が保持され、前記コネクタハウジング20には、前記端子金具10に接続可能な相手側端子金具30が挿入されるキャビティ21と、前記キャビティ21に挿入された前記相手側端子金具30に係止して、この相手側端子金具30を抜け止めするランス22とが設けられ、前記ランス22は、前記コネクタハウジング20の外部に露出して形成され、前記コネクタハウジング20には、前記ランス22の外側に沿って配されるリテーナ40が組み付けられ、前記リテーナ40には、前記ランス22側に突出する撓み規制突部45が設けられている。 (もっと読む)


【課題】コネクタハウジングに挿着するまでの過程で、通電用の弾性接触片が損傷したり、変形したりするのを防止することができ、剛性が高く、接触信頼性に優れたコネクタ端子を提供する。
【解決手段】コネクタ端子100は、コネクタハウジング300に形成された端子収容室301に挿入される導電性の鞘状部101と、鞘状部101と導通した状態で鞘状部101内に設けられた弾性接触片102と、弾性接触片102に設けられた通電接触部103を鞘状部101から突出させるため鞘状部101の上面に開設された突出用開口104と、通電接触部103の突出方向と交差する方向に凸をなす形状で弾性接触片102の左右側縁にそれぞれ形成された凸部105と、凸部105を鞘状部101の外面に露出させるため鞘状部101の左右側面にそれぞれ開設された露出用開口106と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】箱部の箱開きによる電気的接触信頼性の低下防止と、端子保持力の向上を共に図ることができる端子を提供する。
【解決手段】導電性金属のプレートの折り曲げによって端子接続部2が設けられ、端子接続部2は、内部に弾性接触部8を有する箱部3と、箱部3に設けられた係止部20とを有し、コネクタハウジング40の収容状態では、係止部20に弾性ランス43が係止される端子1であって、箱部3は、折り曲げの両端となる天壁7と弾性接触部8同士が重ね合わされ、係止部20は、弾性接触部8より延設され、天壁7の端部を挟み込み、挟み込んだ外面が係止面20aとされている。 (もっと読む)


【課題】
密封性の低下が抑えられたコネクタおよびコネクタ組立体を提供する。
【解決手段】
コネクタ2は、ピンコンタクト21と、ハウジング22と、封止材23と、規制部材24とを備える。ピンコンタクト21は、相手コンタクト11による側面への接触を受ける棒状である。ハウジング22は、表裏に貫通しピンコンタクト21が挿通される貫通孔22hが設けられ、ピンコンタクト21を貫通孔22hに挿通させ表裏双方に突出させている。封止材23は、ピンコンタクト21が挿通した状態にある貫通孔22hを密封する。規制部材24は、ハウジング22の相手コネクタ1と嵌合する側に固着されている。規制部材24は、相手コンタクト11によるピンコンタクト21の側面への接触によりピンコンタクト21が受ける力に対する反力をピンコンタクト21に与えることによりピンコンタクト21の傾動を規制する。 (もっと読む)


【課題】雌側ハウジング内において、雌型端子金具が挿抜される方向に振動することを抑制する。
【解決手段】雌側ハウジング40内に後方から収容され、雄型端子金具61と導通可能に接続される雌型端子金具20であって、雄型端子金具61の雄側接続部62が前方から後方に向かって内部に挿入される雌側接続部21と、雌側接続部21内に弾性変形可能に設けられ、前記雌側接続部内に設けられた弾性接触片27と、雌側接続部21に設けられ、雌側ハウジング40に形成された端子係止部44に後方から係止される被係止部29Aと、雌側接続部21に設けられ、雌側ハウジング40に設けられた受部46に後方から当接する当接部32とを備えているところに特徴を有する。 (もっと読む)


【課題】
弾性的押圧力が低下したシール材の変位量を一定に保つことによって、機密性が補償される防水型コネクタを提供する。
【解決手段】
オスハウジング10の嵌合面は、間口から奥方向に勾配が備わり、嵌合時この勾配に当接するハウジングシール50は、その周面がこの勾配に倣う角度が備わり、オス、メス両ハウジング10、30には、互いに嵌合しあうハウジング同士の嵌合深さを、推進させるための嵌合推進手段が組み込まれ、ハウジングシール50に生じた弾性的押圧力の低下に応じて、嵌合推進手段によって、オス、メス両ハウジング10、30が勾配の備わる嵌合面にそって近接する。 (もっと読む)


【課題】コネクタ間口と同形状のリブを設けることなくコネクタの反りを防止する。
【解決手段】コネクタ1は、繊維強化樹脂製であり、ケース2及びコネクタ間口3が裏面に一体化されて設けられている。コネクタ1の表面には、凹凸部4が形成されている。凹凸部4は、ケース2とコネクタ間口3との間に形成されており、ケース2及びコネクタ間口3に沿って直線状に延びている。コネクタ1の裏面側の平坦部では、コネクタ1を形成する樹脂の繊維がコネクタ1の表面に沿って配置されるが、ケース2及びコネクタ間口3の形成位置ではこれらの側面にも沿うように繊維が配置されることから、繊維の配向に乱れが生じている。一方、コネクタ1の表面側の平坦部では、コネクタ1を形成する樹脂の繊維がコネクタ1の表面に沿って配置されるが、凹凸部4では凹部及び凸部の側面にも沿うように繊維が配置されることから、乱れによる反りを相殺することで反りを防止できる。 (もっと読む)


1 - 20 / 652