説明

Fターム[5E321AA01]の内容

電場又は磁場に対する装置又は部品の遮蔽 (24,082) | シールド構造 (5,683) | シールド容器・カバー (2,155)

Fターム[5E321AA01]の下位に属するFターム

Fターム[5E321AA01]に分類される特許

1 - 20 / 326


【課題】シールド筐体において、導電プレートと他の導電部材との間の接触を安定させる。
【解決手段】導電プレート(3)と樹脂層(2)を有するシールド筐体(1)は、前記導電プレート(3)に形成される第一の貫通孔(3a)と、前記第一の貫通孔に対向するよう樹脂層に形成され、前記第一の貫通孔(3a)の内径より大きな内径を有する第二の貫通孔(2a)と、前記第二の貫通孔に挿入されて前記導電プレートに当接する円筒状部材(5)と、を備える。前記円筒状部材(5)が締結部材(6)から押圧されて、前記導電プレート(3)が他の導電部材(15)に押し付けられる。 (もっと読む)


【課題】液晶ポリマー及び磁性フィラーを含む液晶ポリマー組成物から得られ、電磁波シールド性に優れた成形体、及び前記液晶ポリマー組成物の製造方法の提供。
【解決手段】シリンダ及び前記シリンダ内に設置されたスクリューを備えた溶融混練押出機を用い、前記シリンダに設けられた供給口から、
(A)液晶ポリマー、及び
(B)セラミック粉及び軟磁性金属粉の複合材料を不活性ガス雰囲気下で熱処理してなる磁性フィラー
を前記シリンダに供給して溶融混練することにより、液晶ポリマー組成物を製造する方法であって、前記溶融混練押出機のノズルから外部に押し出された混練物を、冷却速度60℃/秒以下で冷却する液晶ポリマー組成物の製造方法;かかる製造方法で得られた液晶ポリマー組成物を成形してなる成形体。 (もっと読む)


【課題】交差偏波電力比や到来波分布の制御が可能な伝搬環境制御型電波反射箱を提供する。
【解決手段】電波を反射する性質をもつ材料によって形成された第1の箱体(1)と、第1の箱体(1)内に配置され、電波を反射する性質をもつ材料によって形成されるとともに、使用周波数帯の電波を通過させ得る大きさを有した多数の開口が配列形成された第2の箱体(3)と、第2の箱体(3)の内面に設けた電波吸収体と、第1、第2の箱体(1、3)間に配置されて、使用周波数帯の電波を放射する送信アンテナ(5)と、第2の箱体(3)の開口における電波の特定方向の偏波成分の通過量を制限する通過量制限手段(27)と、第2の箱体(3)内における受信位置を変化させる変位手段(29)と、を備える。 (もっと読む)


【課題】電池パックを収容する電池モジュール内の放熱を図る。
【解決手段】電池パックを収容する金属製のシールドケースの内部にジャンクションボックスを収容し、該ジャンクションボックスの樹脂製のケースを前記シールドケースの底壁上に搭載し、前記シールドケースの壁にファンを取り付けると共に該シールドケース内部を流通した空気を排出する排気口を設け、かつ、前記ジャンクションボックスのケースに通気口を設け、前記シールドケース内に流入した空気の一部をジャンクションボックスのケース内に流通させる構成としている。 (もっと読む)


【課題】複合積層板の製造方法に関するものであり、特に電磁波遮蔽性を維持したまま無線通信性能を劣化せず、意匠性に優れた部分的に電波透過領域を有した複合積層板の製造方法とこれを用いた一体成形品を提供する。
【解決手段】導電性の不連続強化繊維を有するシート状抄紙である第1の強化基材(2a)と、第1の基材と異なる第2の基材(2b)とを隣接するように積層し、さらに熱可塑性樹脂を主成分としたマトリックス樹脂シート(2c)を少なくとも厚み方向の表層に(2a)、(2b)を挟み込むように積層し、加熱溶融プレス含浸させた後、型内で冷却して賦形することにより一体化成形した複合積層板(1C)の外周の少なくとも一部を囲うように、熱可塑性樹脂(1D)を用い射出成形して得られることを特徴とする複合積層板(1C)を有する一体成形品。 (もっと読む)


【課題】従来より軽量化でかつ、低コストで製造可能な車両用電磁波シールドカバーの提供を目的とする。
【解決手段】
本発明に係る車両アンダーカバー10は、車底壁92の一部を構成して、バッテリーモジュール群30全体を下方から覆い、カバー本体17の上面に、アルミ層12を1対の樹脂層13,13で挟んでなるノイズ遮蔽シート11を敷設して備えている。また、ノイズ遮蔽シート11の上面には、アルミ層12と導通接続した接続部20が露出している。 (もっと読む)


【課題】装置を大型化することなく,シールドボックスの内部に配置されている発熱部品を含む電子部品を適切に冷却することのできるシールドボックスとそれを有する画像形成装置を提供すること。
【解決手段】本発明のシールドボックス20は,複数の発熱部品25,28等が内部に配置されているものであって,複数の発熱部品に対応して複数の吸気口35,38等が設けられている主壁面20bと,内部の空気を排出する排気ファン31とを有し,複数の発熱部品の主壁面20bからの距離が発熱部品により異なり,複数の吸気口は,対応する発熱部品の直上位置,または,排気ファン31から見て直上位置より遠方にずれた位置に形成されており,吸気口の位置と対応する発熱部品の直上位置との間の距離は,対応する発熱部品の主壁面20bからの距離が大きいほど大きいものである。 (もっと読む)


【課題】共振を低減することを可能とするシールドカバーを提供することである。
【解決手段】シールドカバー70は、平面部72aを有し、筐体11aに取り付けられるカバー本体部72と、筐体14aに締結される締結端部74aからカバー本体部72の外形に沿って延びた先に設けられる平面部固定端部74cを有する腕部74と、を備え、平面部固定端部74cは、平面部72aの面に対向して接合固定される。 (もっと読む)


【課題】小型でありながら放熱能力があり、輻射ノイズも発生しない電動パワーステアリング装置のコントロールユニットを提供する。
【解決手段】パワー基板60及び制御基板70、トルクセンサアンプ基板80は鉛直方向に階層されケース20内に配置され、パワー基板60はケース20の底部近傍に配置され、ケース20内にアルミニウム製のGNDプレーン50を備え、GNDプレーン50はパワー基板60及び制御基板70、トルクセンサアンプ基板80の階層方向と同方向に側面部54を有し、パワー基板60及び制御基板70、トルクセンサアンプ基板80は側面部54に形成した接続部58a,58b,58cと電気的に接続している。また、ケース20の上部にカバー10を配置し、パワー基板60及び制御基板70、トルクセンサアンプ基板80は周囲をGNDプレーン50及びカバー10、ヒートシンク40で遮蔽している。 (もっと読む)


【課題】全体重量を減少させながらも電磁波遮断効果を大きくすることができる電磁波遮断ケースを提供する。
【解決手段】コネクタ47を有する回路基板40の電磁波遮断ケースであって、電磁波遮断ケース内に積載された回路基板40の上部を覆う上部ケース20と、上部ケースと結合して、回路基板40が積載された内部空間を形成する下部ケース30と、電磁波を遮断することができるシールド10と、を有して構成され、シールド10は、内部空間に積載された回路基板40を覆って装着される。 (もっと読む)


【課題】コジリに強く、ゴミの侵入を極力抑制できるコネクタを実現すること。
【解決手段】複数の端子部30を保持するコネクタハウジング20の周囲に取り付けられるシールドケース100であり、所定形状の金属板を折曲して形成される。上板部110及び底板部120間に連続する両側板部130、140には、実装される基板に固定される突出脚部132、142が突出している。突出脚部132、142は、底板部120における部位を切り曲げることによって形成されている。補強板部160は、上板部110に前方向で連続する第1折り返し部114を介して折り返されることによって、上板部110に重ねて配設されており、上板部110を補強する。被覆板部150は、底板部120に前方向で連続する第2折り返し部124を介して折り返されることによって、底板部120に重ねて配設されており、底板部120において切り曲げられてなる開口部を覆う。 (もっと読む)


【課題】導電材の分散性が良好で、柔軟性および導電性に優れた柔軟導電材料の提供。
【解決手段】柔軟導電材料は、マトリクスと、該マトリクス中に分散される導電材と、を有する。該マトリクスは、第二ポリマーと架橋可能な置換基X、導電材と親和性を有する官能基Yを有し、アクリル酸、メタクリル酸、およびこれらの塩、エステル、ポリブタジエン、ポリイソプレン、ウレタンプレポリマー、ポリエーテル、ポリエーテルアミン、ポリアミン、ポリオール、ポリチオールから選ばれる一種の構成単位A,Cを含む下記式で表されるポリマーから選ばれる一種以上であり、該導電材の分散機能を有する第一ポリマーと、該第一ポリマーと架橋可能な第二ポリマーと、が架橋されてなる。


(もっと読む)


【課題】簡単な方法でかつ低コストで製造可能な超電導磁気シールド体及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】常電導導体と超電導導体とを具備する円筒状の超電導磁気シールド体であって、前記超電導導体は、円筒の周方向において複数個に分割され、かつ円筒の軸方向に連続して延びていることを特徴とする超電導磁気シールド体。 (もっと読む)


【課題】電子部品が内蔵された筐体の内部から電磁波が漏洩することをより効果的に抑制する。
【解決手段】本発明にかかる電磁波の漏洩抑制構造1は、電子部品から発生した電磁波が電子部品を内蔵する筐体3の外部に漏洩することを抑制する電磁波の漏洩抑制構造1であって、漏洩を抑制しようとする電磁波の周波数に対して、その周波数の電磁波を共振させうる構造であって且つ電磁波を吸収可能な材料で形成された構造体が設けられていて、構造体により電磁波の漏洩が抑制されていることを特徴とするものである。 (もっと読む)


【課題】シールドケースに囲まれた第1基板と第2基板とが接続されており、第2基板が接合部材を介してシールドケースに固定された撮像装置において、電磁波対策が保たれているかを組立工程内で容易に判断できる撮像装置を提供する。
【解決手段】撮影光学系により結像される像を光学変換する撮像素子が搭載された第1基板と、第1基板に接続され、撮像素子により光学変換された像を画像処理する第2基板と、アースに接続され、第1基板及び第2基板を囲んで配置されるシールドケースと、を備え、第2基板が接合部材を介してシールドケースに固定された撮像装置であって、アースに接触すると出力映像が異常となる電子部品を、シールドケースがその組み付けに支障のない範囲で変形したときにシールドケースと電子部品とが接触する位置に実装する。 (もっと読む)


【課題】 遮蔽する空間内への磁界の漏洩を低減することが可能な磁気シールド装置およびそれを用いた電流センサ装置を提供する。
【解決手段】 1つの空間12を取り囲むように磁性体で形成された壁部材11を有しており、壁部材11が、継ぎ目のない一体構造である磁気シールド装置およびそれを用いた電流センサ装置とする。遮蔽する空間内への磁界の漏洩を低減することが可能な磁気シールド装置およびそれを用いた電流センサ装置を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】組み立て性を向上させるとともにシールド性能を確保するシールドカバーを提供することである。
【解決手段】シールドカバー70は、筐体11a上に設けられるシールド線部30の先端側においてシールド線部30に跨るように設けられるシールドシェル60よりもさらに先端側に設けられ、筐体11aに収納される電動機11に接続される電力線21とシールド線部30とを接続するための接続部50を覆うシールドカバー70であって、締結部材79によって筐体14aへ締結される締結部74と、接続部50の外形に沿った凹形状を有するフード部72と、導電性軟質部80を介してシールドシェル60と通電する通電部76と、を備える。 (もっと読む)


【課題】安価で、かつ、金属製ねじの繰り返しの取り外しにも耐久し得ると共に、金属製ねじを絶縁可能な静電気遮断取付けユニット及び静電気遮断取付けユニットを備えた電子機器を提供すること。
【解決手段】背面カバー3を筐体20に固定する外装固定ビス32を螺合可能な雌ねじ部60が形成された外装固定板金6と、絶縁材料により形成され、外装固定板金6を支持する静電気遮断部材7と、を備え、外装固定板金6は静電気遮断部材を介して筐体20に固定され、背面カバー3が外装固定板金6の雌ねじ部60に螺合する外装固定ビス32によって筐体20に固定される静電気遮断取付けユニット。 (もっと読む)


【課題】 要求される性能を満たしながら、小型軽量化および製造コストを削減することができる電子制御装置を提供する。
【解決手段】 板状の回路基板30と、回路基板30の一方の面側および他方の面側にそれぞれ配置され、シール材3を介して互いに接合されることにより、回路基板30を収容する第1ケース20および第2ケース10と、を備え、第1ケース20の周縁部には、第2ケース10に向かって開口し、内側にシール材3が配置された溝22cが設けられ、第2ケース10は、プレス加工により形成されたケース本体11と、ケース本体11の周縁部に折曲げ加工によって形成され、第1および第2ケース20、10を互いに接合したときに、シール材3を介して溝22cに挿入される接合部16と、を有している。 (もっと読む)


【目的】 本発明は、L字体の接続部の周囲を殆ど隙間なく覆うことが可能で且つL字体の接続部の周囲を覆う際に、折り曲げ作業を伴わないシールドケースを提供する。
【構成】 シールドケースCは、柱体と、接続部100とを有するL字体を収容可能である。ケースCは、シェル700、800及びカバー900を備えている。シェル800は接続部100が挿入可能な筒状である。シェル700は、スリット715を有し且つ前記柱体が開口716から挿入可能な筒状のシェル本体710を備えている。接続部100がスリット715に挿入された状態で、スリット715の縁部721aは接続部100の−X方向側近傍に配置され、スリット715の縁部713a、714aは接続部100のY、−Y方向側近傍に配置され、カバー900は、シェル本体710のX方向側に固着され、接続部100のX方向側近傍に配置される。 (もっと読む)


1 - 20 / 326