説明

Fターム[5G023CA01]の内容

スイッチの製造 (2,239) | 製造方法 (1,451) | 塑性加工 (212)

Fターム[5G023CA01]の下位に属するFターム

圧延 (22)
引抜き (4)
せん断 (108)
曲げ (39)

Fターム[5G023CA01]に分類される特許

1 - 20 / 39


【課題】三次元成形されてもセンサー電極の電気抵抗が三次元成形前と同等に維持された静電容量センサー及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】三次元成形された静電容量センサー1であって、基材2と、基材2の外面に沿って設けられたセンサー電極3と、センサー電極3の厚さ方向から見てセンサー電極3と重なる領域に設けられ三次元成形時におけるセンサー電極3の伸びを抑制する絶縁性の補強層7と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 キートップの所定領域以外からの光漏れがなく、キートップとベースシートとの接着信頼性に優れ、接着による外観の良好な押釦スイッチ部材及びその製造方法を提供する。
【解決手段】
1つ又は複数の透光性キートップ1と弾性ベースシート2とを少なくとも備えた押釦スイッチ用部材の製造方法であって、弾性ベースシート2を成形する工程と、その弾性ベースシート2の背面を除く表面に遮光性加飾層3を形成する工程と、キートップ1の底面の一部と遮光性加飾層3が接する部分を残して、遮光性加飾層3の一部をレーザ加工により除去して開口部31を形成する工程と、遮光性加飾層3の一部をレーザ加工により除去した後の空間に接着剤を充填する工程と、弾性ベースシート2にキートップ1を固着する工程と、を含む押釦スイッチ用部材100の製造方法。 (もっと読む)


【課題】配線基板の取付孔下面に装着される発光素子と配線基板との接続が確実な照光スイッチを提供することを目的とするものである。
【解決手段】配線基板13の取付孔13Aをドリル加工によって形成することにより、取付孔13Aの断面にはバリ等の突出物が生じ難く、発光素子6は実装の際に取付孔13A内に所定の正規位置に配置されて、取付孔13Aに対し傾いてずれることがなく、接続部6Aの上面全体がランド13Bに良好にはんだ付けされるため、接続部6Aとランド13Bの接続が強固で確実な照光スイッチを実現することができる。 (もっと読む)


【課題】レーザ光を良好に透過可能な隠蔽層を備えると共に副生成物の発生を抑えることが可能な遮光層を備える操作スイッチ用部材を提供する。
【解決手段】隠蔽層30と、遮光層40とを有し、隠蔽層30は、所定の波長のレーザ光を透過させる透過性を備える材質から形成されていると共に、透明材質と比較して隠蔽層30の表面側から遮光層40を見る場合の視認性を低下させ、遮光層40は、隠蔽層30の表面側からレーザ光が照射された際に、光透過性を照射前よりも向上させる材質であって、カーボンおよび酸化鉄のうちの少なくとも1つを材料として含む場合よりも、ガスおよび煤のうちの少なくとも1つの発生を抑える材質から形成され、隠蔽層30の表面側からのレーザ光の照射によって、遮光層40におけるレーザ光の照射部位が変質し、その変質によって当該遮光層40の他の部分よりも可視光領域での光透過率を向上させる表示部42が形成される。 (もっと読む)


【課題】銀合金からなる電気接点材料においては、満足する温度特性を得つつしかも耐消耗性能、耐溶着性能を保持するような改善策が求められている。
【解決手段】材料中に酸化物として析出する卑金属と酸化物として析出しない未酸化の卑金属とが混在していることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】可動接点部材の寿命を低下させることなく、可動接点部材のストロークを長くできるとともに、該可動接点部材を用いたスイッチ装置の小型化が図れる可動接点部材及び該可動接点を用いたスイッチ装置を提供する。
【解決手段】可動接点部材1は、ドーム状に膨出し、押圧により反転動作可能な膨出部11と、膨出部11の外周縁部11aから連続して形成されるスカート部12とを有して構成されている。スカート部12は、四方の箇所で切り欠かれた切欠部32を有し、スカート部12の切欠部32以外の箇所が接触部52となっており、スカート部12の切欠部32以外の箇所が接地可能箇所となるように、スカート部12の切欠部32は、膨出部11側へ膨出しており、スカート部12が膨出していない状態で、切欠部32の切欠面形状は、直線形状または緩やかな曲線形状となっていることを特徴とした。また、この可動接点部材1を用いてスイッチ装置201を構成した。 (もっと読む)


【課題】少ない銀合金で長期に亘り安定した接点性能を発揮する耐久性に優れた複合接点を提供する。
【解決手段】小径の基部2の一端部に大径の鍔部3が形成されるとともに、鍔部3の上面部を構成する銀合金からなる接点部4と、接点部4の背面と接合した状態で前記鍔部の下面部を構成する大径部5と基部2とを一体に形成した銅合金からなる足部6とを有し、これら接点部4及び足部6の接合前の材料として、足部6のビッカース硬さが125HV〜185HVで、銀合金に対して100%〜160%の硬さを有している。 (もっと読む)


【課題】目視や画像認識装置により容易に識別できる位置合わせ基準マークとなる絶縁パターンを簡便に形成できる導電パターン形成基板の製造方法を提供する。
【解決手段】本発明の導電パターン形成基板の製造方法は、絶縁基板上に設けられた透明導電層にパルス状レーザ光を所定パターンで照射することにより絶縁部を形成して、少なくとも導電パターンを形成する導電パターン形成工程と、前記絶縁部の一部にパルス状レーザ光を再照射する再照射工程とを有する。 (もっと読む)


【課題】背景部が白色系であっても、レーザ加工時の下層抜け欠陥および上層残り欠陥を抑制すること。
【解決手段】キートップの操作面22上に、着色層30、透明層40、吸光層50、白色層60がこの順に設けられ 着色層30の操作面22が設けられた側と反対側の面の一部の領域上には、少なくとも白色層60および吸光層50を貫通する貫通穴70が設けられ、かつ、貫通穴70の底面72が、透明層40の厚み方向において、透明層40の着色層30と接触する側の面42Tと、透明層40の吸光層50と接触する側の面42Bとの間に位置するように設けられた押釦スイッチ用部材、これを用いたキーパネルおよび電子機器、ならびに、当該押釦スイッチ用部材の製造方法。 (もっと読む)


【課題】キーキャップ構造を製造する方法および当該キーキャップ構造を備えるキーボードを製造する方法を提供する。
【解決手段】フィルムに、まず上側彩色層を、その後に下側彩色層を印刷する。フィルムをホットプレスして薄型シェルを形成し、プラスチック射出成形プロセスによって下側彩色層上にプラスチック射出成形層を形成する。最後に、プラスチック射出成形層を含むフィルムを切断またはパンチングして、複数のキーキャップ構造を形成する。さらに、キーキャップ構造と一連のキーボード部材とを組み合わせることによって、キーキャップ構造を備えるキーボードをさらに形成するとしてよい。 (もっと読む)


【課題】UV硬化樹脂を含むキーキャップ構造を製造する方法および当該キーキャップ構造を備えるキーボードを製造する方法を提供する。
【解決手段】フィルムに、まず上側彩色層を、その後に下側彩色層を印刷する。フィルムをホットプレスして薄型シェルを形成し、UV硬化プロセスによって下側彩色層上にUV硬化樹脂層を形成する。最後に、UV硬化樹脂層を含むフィルムを切断またはパンチングして、複数のキーキャップ構造を形成する。キーキャップ構造と一連のキーボード部材とを組み合わせることによって、UV硬化樹脂を含むキーキャップ構造を備えるキーボードをさらに形成する。 (もっと読む)


【課題】投光レンズと投光素子との光軸及び離間距離を容易に調整しつつ位置決め固定すること。
【解決手段】投光レンズ32を固定したレンズ付部品B1、及びレーザダイオードを固定した投光素子部品B2を得る組付工程と、位置調整装置50の第1可動部51に投光素子部品B2のランナ部21を装着するとともに、第2可動部52にレンズ付部品B1を装着する装着工程と、レーザダイオードにレーザ光Lを投光させつつ位置調整装置50により投光素子部品B2のレーザダイオードとレンズ付部品B1の投光レンズ32との光軸及び離間距離を調整する調整工程と、レンズ付部品B1に投光素子部品B2を接着して固定する接着工程により、投光モジュールを製造する。 (もっと読む)


【課題】電気接点用のストランド状、特に帯状半完成品を安価に製造する。
【解決手段】本発明の半完成品は、1又は複数の金属酸化物又はカーボンが埋め込まれた銀ベース複合材料で作られた、電気接点形成用の上面と、前記複合材料を支持する、容易に半田付け又は接合可能な卑金属でなる支持層を有する。前記方法は、銀ベース複合材料から作られたブロックを粉末冶金により製造するステップと、複合材料で作られた該ブロックを、容易に半田付け又は接合可能な卑金属から作られた粉末で囲むステップと、該金属粉末で囲まれたブロックをプレスして金属粉末を凝縮させるステップと、凝縮されたブロックを減圧雰囲気又は不活性雰囲気又は真空中で、複合材料の銀と、銀ベース複合材料から作られたブロックを囲む卑金属の液体共晶相の形成を避けながら焼結するステップと、焼結されたブロックを押出成形によって整形するステップと、複合材料でなる上面と卑金属材料でなる下面を備えた部分ストランドを生成するステップとを有する。 (もっと読む)


【課題】キートップ天面をより均一に、かつ高輝度に照光できる押釦スイッチ用部材を提供する。
【解決手段】キートップとキーパッドとを備える押釦スイッチ用部材であって、キーパッドは、少なくとも、透光性樹脂フィルム層と、遮光印刷層と、ベース部とを備え、遮光印刷層は、透光部と遮光部とを有し、遮光印刷層の遮光部および透光性樹脂フィルム層は、ベース部の少なくとも側面を覆う押釦スイッチ用部材としている。 (もっと読む)


【課題】 美観、視認性に優れているキートップとそのようなキートップを容易に製造することを可能にするキートップ製造方法を提供することにある。
【解決手段】 金属板にエッチングを施すことにより文字や図形や記号を形成してなるキートップにおいて、上記文字や図形や記号の部分をエッチングにより開口部として形成し、上記開口部内に浮島が発生する文字や図形や記号に関して該浮島を複数個の微細なつなぎ部を介して上記金属板に連結・保持するようにしたもの。 (もっと読む)


【課題】位置決め用突出部への操作力集中部材の位置決め精度を向上させることができ、かつ、プレス成形機に粘着剤が付着しにくくすることができるプッシュスイッチの提供。
【解決手段】押圧操作時に可動接点に付与される操作力を可動接点の中央部に集中させるための操作力集中部材13は、粘着層10bを有する可撓性シート10に剥離可能に粘着された剥離シート17を素材として、可撓性シート10側とは反対側の面からポンチ18により打ち抜くことによって形成された断片からなり、位置決め用突出部11の形成、および、位置決め用突出部11への操作力集中部材13の挿入は、操作力集中部材13の形成のためのポンチ18による剥離シート17の打ち抜きと並行して、操作力集中部材13になる剥離シート17の部分ごと可撓性シート10を剥離シート17から離れる方向にポンチ18により押し出しダイ19に押し付けて塑性変形させることにより実現されている。 (もっと読む)


【課題】リフローはんだ付けに伴う熱収縮によって可撓性シートが張り過ぎたりベース部材から部分的に引き剥がされたりするのを防止できるプッシュスイッチの提供。
【解決手段】ハウジング2と、このハウジング2の底板2aに設けられている固定接点3と、固定接点3に対向していて押圧操作により弾性変形して固定接点3に接触する可動接点9と、ハウジング2の側壁2bの突端に粘着により固定されていて、可動接点9が粘着されている可撓性シート10と、可動接点9の中央部を挟んで固定接点3に対向していて、可動接点9に付与される押圧操作時の操作力を可動接点9の中央部に集中させる操作力集中部材13とを備えている。可撓性シート10は中空の位置決め用突出部11を有し、これに操作力集中部材13が挿入されている。位置決め用突出部11は可撓性シート10が位置決め用突出部11の方向に収縮することを緩和する貫通孔12を有する。 (もっと読む)


【課題】0.1〜2mm程度の厚さのキートップ部を備えたキートップフィルムを簡単に製造することのできるキートップフィルムの製造方法を提案すること。
【解決手段】キートップフィルム製造機100では、凸状のキートップ部に対応する凹状部104aが形成された平坦な成形面104bを備えた成形金型104の凹状部104aに紫外線硬化樹脂を充填する。成形面104bの上に基材フィルム107をガラス板136で軽く押し付け密着させ、この状態でガラス板136の上から紫外線を照射して、紫外線硬化樹脂を硬化させる。硬化後に、ガラス板136を外し、基材フィルム107の部分107Aを成形面104bから剥がす。基材フィルムの部分107Aの表面に硬化した紫外線硬化樹脂からなるキートップ部が一体形成されたキートップフィルムが得られる。 (もっと読む)


【課題】接点板の分断部の分断、及び当該接点板のインサート成形を順次良好に行うことができ、端子台製造時の作業性向上を図ることができる端子台の製造装置を提供する。
【解決手段】接点板をインサート成形して成る端子台の製造装置において、加工テーブル1と、接点板を位置決め可能な位置決め工程部位2と、位置決め工程部位2で位置決めされた接点板の分断部を分断するための分断手段6が配設された分断工程部位3と、位置決め工程部位2で位置決めされた接点板をインサート成形して端子台を成形するための成形手段7が配設された成形工程部位4と、加工テーブル1を回転させ、位置決め工程部位2で位置決めされた接点板を、分断工程部位3及び成形工程部位4に順次搬送するモータMとを具備したものである。 (もっと読む)


【課題】 裏面側基板にガラス板を使用して保護パネルの薄型化を図りながら、裏面側基板の貫通孔への導電ピン圧入時に、裏面側基板に亀裂や割れが生じる虞を抑制する。
【解決手段】 裏面側に抵抗膜6Aが形成され、かつ、周縁部6Eが加飾された表面側基板6と、表面側に抵抗膜5Aが形成され、かつ、周縁部に通電用の貫通孔5a,5bが形成された少なくともガラス板からなる裏面側基板5とを、それらの抵抗膜5A,6Aが所定間隔を隔てて対向するように接続し、貫通孔5a,5bを利用して、抵抗膜5A,5Bの電極5D,6Dと外部端子Cとの通電接続を行うように構成してあるタッチ入力機能付きの保護パネルにおいて、貫通孔5a,5bに導電性接着剤10を注入し、当該導電性接着剤10が注入された貫通孔5a,5bに差し込まれる導電ピン11と貫通孔5a,5bの内壁との間に保護部材12を介在させてある。 (もっと読む)


1 - 20 / 39