説明

Fターム[5G023CA50]の内容

スイッチの製造 (2,239) | 製造方法 (1,451) | その他 (116)

Fターム[5G023CA50]に分類される特許

1 - 20 / 116


【課題】製造効率を向上させつつ、防水の安定性を維持したキー入力装置の製造方法を提供する。
【解決手段】開口部11を有し、開口部11の周囲を囲うように突出する突出部12A、12Bを有する筐体1の開口部11に、押圧部22及び押圧部22から突出部12A、12Bが突出した方向に延出する延出部21を有するキー2を、押圧部22が筐体1から露出するように突出部12A、12Bが突出した方向と逆方向から挿入する工程と、延出部21を収納する凹部31及び凹部31の外壁に設けられた外周凸部32A、32Bを有するキーラバー3を、凹部31が延出部21を収納し且つ突出部12A、12Bの内壁の全周と外周凸部32A、32Bとが密着するように内壁121A、121Bが形成する空間に、突出部12A、12Bが突出した方向と逆方向から嵌め込む工程とを有する。 (もっと読む)


【課題】曲面タッチパネルの製造方法にあって、大量生産に適さない点、大型化に適さない点と複雑な曲面形状に適さない点を解決する。
【解決手段】曲面形状のタッチ面を有する静電容量方式のタッチパネルの製造方法であって、以下の工程からなる。(イ)熱可塑性樹脂製の平板11上に、導電性物質とバインダからなる導電性インキを用いて複数の電極領域15を有する電極層を作成した描画平板13を作成する。(ロ)描画平板13を加温し軟化した描画平板を、型22を用いて成形して軟化曲面物21を作成する。(ハ)軟化曲面物を冷却又は放冷して曲面形状成形物であるタッチパネル10とする。 (もっと読む)


【課題】電極パターンの電気的特性を検査する場合に、電極パターンが損傷したり、体裁が悪化するおそれを排除できる静電センサシートの製造方法及び静電センサシートを提供する。
【解決手段】可撓性を有する絶縁基材シート1の製品形態領域2に、少なくとも複数の電極パターン11を有する導電層10を形成し、絶縁基材シート1に、少なくとも製品形態領域2と導電層10との大部を被覆する光透過性の絶縁保護カバー層30を接着し、その後、絶縁基材シート1の製品形態領域2に沿って絶縁基材シート1と絶縁保護カバー層30との不要領域を除去する静電センサシートの製造方法であり、導電層10の各電極パターン11に導電性の検査ライン20を接続してその自由端部には製品形態領域2外に位置する導電性の検査端子21を一体形成し、この検査端子21にプローブの探針を圧接して電極パターン11の電気的特性を検査する。 (もっと読む)


【課題】被覆部材を容易に装着することが可能な異物検知センサの製造方法を提供する。
【解決手段】センサ線21に対して給電コネクタ31が設けられる側の長手方向端部から熱収縮チューブ35を外挿した後に、電極線23,24とターミナル33,34とを溶接にて接続する。次に、センサ線21に外挿されている熱収縮チューブ35を給電コネクタ31側に移動させてセンサ線21と給電コネクタ31とに跨がるように配置し、該熱収縮チューブ35にて接続箇所Cを覆う。 (もっと読む)


【課題】異方性導電接着剤を使用することなく、低コストで耐久性の高いメンブレンスイッチおよび該メンブレンスイッチを製造するために用いる治工具を提供する。
【解決手段】
キーボード装置用のメンブレンスイッチ1において、第1および第2の回路配線5,6は、これらの回路配線を接続するための第1の配線接合部5aおよび第2の配線接合部6aをそれぞれ有し、前記第1の回路配線5および前記第2の回路配線6を接続するにあたって、前記第1の配線接合部5aに対向する位置に前記第2の配線接合部6aを配置し、前記第1の配線接合部5aおよび該第1の配線接合部5aに対向して配置した前記第2の配線接合部6aの位置にレーザ光を照射し、前記第1のシート2および前記第2のシート3の表面に塗布されている樹脂を溶融させることにより前記第1の回路配線5および前記第2の回路配線6の接続を行うことを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】パターン化した導電性部と非導電性部の光学特性の差が小さく、骨見えしない透明導電積層体と、その製造方法を生産性良く、低コストに提供せんとするものである。
【解決手段】透明基材(A)の少なくとも片面に金属系ナノワイヤーを含む透明樹脂層(B)が設けられ、(B)は導電性部(C)と非導電性部(D)にパターン化され、蛍光X線による非導電性部の銀量が導電性部の銀量の0.6〜0.8倍であることを特徴とする透明導電積層体である。さらに、透明基材(A)の片面に金属系ナノワイヤーを含む溶液を塗布乾燥して透明導電層を形成し、透明導電層上に光硬化型アクリル系樹脂溶液を塗布乾燥した後、光照射して硬化させた透明樹脂層(B)に、レジストによるパターン化を行い、塩酸と硝酸の混合物であり、塩化水素/硝酸の重量比率が25/1〜1/3であり、塩化水素と硝酸を合わせた酸濃度が17重量%以上の酸エッチング液で30℃以上60℃以下でレジスト開口部をエッチングし導電性部(C)と非導電性部(D)にパターン化することにより、蛍光X線による非導電性部の銀量を導電性部の銀量の0.6〜0.8倍とする透明導電積層体の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】目視や画像認識装置により容易に識別できる位置合わせ基準マークとなる絶縁パターンを簡便に形成できる導電パターン形成基板の製造方法を提供する。
【解決手段】本発明の導電パターン形成基板の製造方法は、絶縁基板上に設けられた透明導電層にパルス状レーザ光を所定パターンで照射することにより絶縁部を形成して、少なくとも導電パターンを形成する導電パターン形成工程と、前記絶縁部の一部にパルス状レーザ光を再照射する再照射工程とを有する。 (もっと読む)


【課題】導光シートに複数の凹部を設けた照光機構では携帯電話等の小型の携帯端末装置に適用すると、凹部と被照光領域が近接するため凹部の形状を反映した形状の反射光では被照光領域を均一に照光することができず、被照光領域の光量が不足するという課題があった。
【解決手段】外部光源からの光を伝搬する導光シート1の少なくとも一つの表面に複数の凹部1bを設け、伝搬された光が複数の凹部1bで反射されることにより光を出光する導光シート1において、複数の凹部1bに不定形の突起形状1cを設ける。これにより、導光シート1を伝播してきた光の、一部の光L1は凹部1bの突起形状1cから多方向に直接出光し、一部の光L2は突起形状1cで不定形に反射されたのち出光するので、薄型の照光機構で導光シート1の凹部1bと被照光領域11aが近接している場合でも、被照光領域11aを均一に照光することができる。 (もっと読む)


【課題】光硬化性樹脂によって形成されたキートップの表面に細かい傷などがつくことを防止することのできるキーシートを提供する。
【解決手段】光硬化性樹脂によって形成されたキートップ12を有する携帯用電子機器の押釦スイッチ用キーシート10であって、キートップ12の表面を含むキーシート10の表面に保護シート16が圧着されている。保護シート16は、真空圧着によりキーシート10の表面に圧着されることが好ましい。保護シート16は、熱可塑性樹脂製のシートであり、加熱されながらキーシート10の表面に圧着されることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】静電気障害防止および帯電に伴う汚れ防止などに好適な帯電防止部材およびこの帯電防止部材を適用した入力装置を提供する。
【解決手段】絶縁基板28と、絶縁基板28上に配置された島状の導電層130と、絶縁基板28上に、導電層130の間に配置された中間絶縁層120とを備える帯電防止部材およびこの帯電防止部材を適用した入力装置。 (もっと読む)


【課題】タッチセンサパターン及び信号導線の製造方法を提供する。
【解決手段】このタッチセンサパターン及び信号導線の製造方法は、表面上に少なくとも第1導電性めっき膜と第2導電性めっき膜が形成された高透光率の基板を提供する。次に高エネルギービームを該第1導電性めっき膜と該第2導電性めっき膜に照射して複数の絶縁性溝線を形成することで、検出領域と配線領域を有する所定パターンを形成する。続いて該基板に対してリソグラフィー工程を実行して配線領域の導電性めっき膜表面を一層のレジスト薄膜で覆う。そして該基板に対してエッチング工程を行ない、検出領域内の第1導電性めっき膜を除去する。これにより該基板の検出領域内に第2導電性めっき膜を具えた所定パターンを形成し、配線領域内には第1導電性めっき膜と第2導電性めっき膜を具えた所定パターンを形成する。そのうち、高エネルギービームは超短パルスガウスビームとする。 (もっと読む)


【課題】背景部が白色系の押釦スイッチ用部材において、表示部の明度および背景部の明度の双方が高くても、非照光時および照光時のいずれにおいても表示部の視認性に優れること。
【解決手段】キートップ20と、キートップ20の操作面22上に積層された着色層30、吸光層40、白色層50と、を少なくとも有し、吸光層40および白色層50を貫通する第一の領域H1と、着色層30、吸光層40および白色層50を貫通すると共に、第一の領域H1の周囲を少なくとも部分的に囲むように設けられた第二の領域H2とを有する貫通穴70が設けられ、かつ、着色層30の白色度が、25%以上であることを特徴とする押釦スイッチ用部材、これを用いたキーパネルおよび電子機器、ならびに、当該押釦スイッチ用部材の製造方法 (もっと読む)


【課題】 硬化収縮に伴うヒケおよび反りが生じにくく、外観の良好な押釦スイッチ用部材を提供すること。
【解決手段】
硬化前後における体積収縮率が10%未満の光硬化性樹脂Lから主になる1若しくは2以上のキートップ11と、キートップ11の裏面側に固着される弾性シート20と、を有し、キートップ11の弾性率は、弾性シート20の弾性率の60倍以上としている。 (もっと読む)


【課題】伝導性高分子から透明電極を形成した後、硬化剤を付加して透明電極を硬化させることにより、入力手段の圧力の大きさに応じて接触抵抗が変わらない抵抗膜方式タッチパネルを提供する。
【解決手段】本発明に係る抵抗膜方式タッチパネルは、透明基板(10)に形成され、伝導性高分子を含む透明電極(20)と、透明電極(20)に付加され、伝導性高分子との加水分解反応によって透明電極(20)を硬化させる硬化剤(30)とを含んでなる。 (もっと読む)


【課題】電波透過性と金属光沢調の外観デザインとを有し、ユーザーからの要求に応じて短期間で製造して出荷することができ、かつ、機械的衝撃、摩擦等に曝された場合でも外観デザインが大きく劣化しないこと。
【解決手段】透光性のキートップ20の非操作面20B上に、少なくとも、金属材料を含みかつ当該金属材料が離散的に存在する金属含有層30と、加飾層40と、ベースシート50と、がこの順に積層され、金属含有層30には、その厚み方向を貫くように透明領域32が存在する操作スイッチ用部材、これを用いたキーパネルおよび電子機器、ならびに、当該操作スイッチ用部材の製造方法。 (もっと読む)


【課題】硬化収縮に伴うヒケが生じにくく、外観の良好な押釦スイッチ用部材を提供する。
【解決手段】光硬化性樹脂Lから主になる1若しくは2以上のキートップを有する押釦スイッチ用部材の製造方法であって、下型40aに光硬化性樹脂Lを充填する充填ステップと、弾性体44を介して透光性の上型40bを充填した光硬化性樹脂Lの上に配置する配置ステップと、上型40bを下型40a方向へ加圧しながら上型40bの側から光硬化性樹脂Lに光を照射し硬化させる加圧硬化ステップと、を有する押釦スイッチ用部材の製造方法としている。 (もっと読む)


【課題】Cu−Cr系合金の表面に摩擦攪拌処理を施し、Cr粒子の微細化を図る。
【解決手段】回転装置に固定される軸部1と、軸部1の端部に固定された基部2と、基部2に固定されるとともに、外周に軸方向に対して斜めに横切る攪拌溝4を設けた先端部3とを備えた摩擦攪拌処理用工具であって、先端部3は、基材にW、Mo、W−Re、Mo−Reのいずれか1つの材料を用い、基材よりも硬い硬質セラミックス粒子を分散させており、主に真空バルブに用いられるCu−Cr系合金を摩擦攪拌し、Cr粒子の微細化を図ることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】加飾層を目的とする色味に容易に形成することができ、さらに透光性基材表面の荒れも防止できるようにした、透光型表示体の製造方法を提供する。
【解決手段】透光性基材1の一の面1a(3a)側に下地層4を有し、下地層4上に加飾層5を有してなる積層構造体6に対して、透光性基材1の一の面1a(3a)と対向する側の面1bからレーザー光7を照射し、下地層4及び加飾層5を選択的に除去することにより、透光型表示体を製造する方法である。 (もっと読む)


【課題】キートップ構造を押し込んだ際にクリック感に優れる、あるいは紫外線硬化型樹脂を硬化させてキートップ部材を作製する場合に当該キートップ部材の変形を抑えることができるキートップ構造、電子機器およびキートップ構造の製造方法を提供する。
【解決手段】キートップ構造60は、紫外線硬化型樹脂を硬化することによりシート状部61bと複数のキートップ61aとが形成されると共に、キートップ61aはシート状部61bよりも厚み寸法Tが大きく設けられ、かつ複数のキートップ61aが所定の間隔を有する状態で列状に配置されている部分を有するキートップ部材61と、基材に対して紫外線硬化型樹脂を硬化させてキートップ部材61を形成する際に、キートップ部材61の硬化後の収縮による変形を抑制するための変形抑制手段と、を具備する。 (もっと読む)


【課題】部品点数の削減と製造工程の簡素化とを実現し得るケーブル式スイッチおよびその製造方法、ならびにセンサ装置の提供。
【解決手段】弾性導電体によりケーブル状に形成されて内部に内側導電線51aを有する内側電極51と、弾性導電体によりケーブル状に形成されて内部に外側導電線52aを有し、内側電極51の周囲に螺旋状に設けられる外側電極52とを備え、内側電極51と外側電極52との間に、障害物の接触時に内側電極51と外側電極52との接触を許容し、障害物の非接触時に内側電極51と外側電極52との接触を規制する絶縁部材53とを設けた。よって、2本の電極51,52でケーブル式スイッチ50を形成するので、部品点数を削減できる。外側電極52を絶縁部材53の周囲に螺旋状に装着するので、製造工程を簡素化できる。 (もっと読む)


1 - 20 / 116