説明

Fターム[5G315CC10]の内容

絶縁導体 (4,047) | 耐火、耐熱、難燃等の形成手段 (599) | その他 (12)

Fターム[5G315CC10]に分類される特許

1 - 12 / 12


【課題】 難燃性に優れる難燃性樹脂フィルム及びそれを用いた絶縁フィルム、フラットケーブルを提供する。また該難燃性樹脂フィルムの製造方法を提供する。
【解決手段】 樹脂フィルムの少なくとも片面にポリフェニレンエーテルを主成分とする難燃層を有する、難燃性樹脂フィルム。該難燃性樹脂フィルムは、ポリフェニレンエーテルの微粉末を有機溶剤に溶解または分散させたポリフェニレンエーテル溶液を作製する工程、該ポリフェニレンエーテル溶液を樹脂フィルムの少なくとも片面に塗布する工程、有機溶剤を除去する工程、により製造することができる。 (もっと読む)


【課題】耐摩耗性、屈曲性等がより優れたアルマイト電線を効率よく生産できる技術を提供する。
【解決手段】アルミニウム素線1を電解液32中で陽極酸化処理することにより該アルミニウム素線の表面に陽極酸化皮膜を形成した後に、水蒸気槽4等の沸騰水又は蒸気圧力容器中に入れて封孔処理し、次いで熱処理を行う。 (もっと読む)


【課題】ハロゲンフリーで、優れた難燃性と高い弾性率を有するホットメルト接着剤と、前記ホットメルト接着剤を接着層として有することにより、ハロゲンフリーであるにもかかわらず、高い難燃性を有し、屈曲に対する高い強度を有するフラットケーブルを提供する。
【解決手段】ポリエステル系樹脂100質量部に対して、有機リン系難燃剤が30〜100質量部と、セピオライトが0.3〜55質量部と、ヒンダートフェノール系酸化防止剤、銅害防止剤、およびカルボジイミド系樹脂の3種類のうち少なくとも1種類が0.05〜10質量部とを含有することを特徴とするホットメルト接着剤と前記ホットメルト接着剤を接着層として有するフラットケーブル。 (もっと読む)


ずり粘稠化組成物はエネルギー又は通信伝送ケーブル内で働いて、外部から加えられた力、例えば、ショベルからの切断又は破壊に対する保護を強化することができる。自由な層又は拘束された層として、或いは内部成分又は外被用に使う基材中に含浸させて使用すると、ずり粘稠化組成物は、従来技術をはるかにしのぐ、機械的損傷に対する保護をもたらす。ケーブル成分用の発泡性組成物においては、ずり粘稠化組成物は、発泡性能を高めるためのポリマー溶解の完全性を向上させる。難燃剤成分として、ずり粘稠化組成物は、優れた難燃性のためのチャー形成メカニズムを促進する。 (もっと読む)


【課題】導体等の無機系材料や高分子フィルム等の有機系材料に対する優れた接着性と優れた難燃性とを両立させると共に、アンチブロッキング性が良く、耐熱性、絶縁性および耐屈曲性に優れた難燃性ホットメルト接着剤を提供すること。
【解決手段】少なくともアルケンモノマーおよび(メタ)アクリル酸をモノマー成分として含むアルケン/(メタ)アクリル酸共重合体および難燃剤を含有することを特徴とする難燃性ホットメルト接着剤。 (もっと読む)


【課題】耐熱性の高いシールド導電路をコストを抑えつつ実現する。
【解決手段】シールド導電路1は、金属製のシールドパイプ10と、シールドパイプ10に挿通される複数の電線30と、シールドパイプ10の端部に接続されると共に、電線30におけるシールドパイプ10からの延出部を包囲する可撓性シールド部材40と、シールドパイプ10内において複数の電線30を一括して束ね、かつ、端部20A,20Bがシールドパイプの外部に配置されるシース20とを備えている。さらに、シース20の外部配置部をカバーするカバー部材60が、シールドパイプ10の端部に装着される形態で設けられており、このカバー部材60は、シース20よりも難燃性の高い樹脂材料によって構成されている。 (もっと読む)


【課題】ハロゲン系難燃剤および燐系難燃剤の使用を最小限にとどめるかまたは使用せずに、十分な機械特性と耐燃性とを備えた波付け電線管を提供する。
【解決手段】表面に凹凸を有する管状に成形され、その内部に挿通される電線を保護する波付け電線管用の樹脂組成物であって、前記樹脂組成物は、高密度ポリエチレン75〜99重量%、およびエチレン−酢酸ビニル共重合体、エチレン−アクリル酸共重合体、エチレン−(メタ)アクリル酸エステル共重合体からなる群より選択される少なくとも1種25〜1重量%を含む樹脂成分100重量部と、表面処理剤として、脂肪酸、脂肪酸塩、またはシラン系もしくはチタネート系のカップリング剤を用いて表面処理された金属水酸化物3〜39重量部とを含有することを特徴とする波付け電線管用の樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】 可とう性と機械的強度を両立したノンハロゲン難燃電線・ケーブルを提供する。
【解決手段】 ポリオレフィン40〜95重量部と、無水マレイン酸で変性したエチレン系コポリマ60〜5重量部とのブレンドポリマ100重量部に対し、金属水酸化物を30〜150重量部混和してなる樹脂組成物3,6を被覆したノンハロゲン難燃電線1・ケーブル10であって、上記無水マレイン酸で変性したエチレン系コポリマがマレイン酸変性エチレン・プロピレンコポリマ、もしくはマレイン酸変性エチレン・ブテンコポリマである。 (もっと読む)


【課題】絶縁電線に要求される優れた機械特性を有し、高い耐摩耗性を有し、しかもPVC電線と同時に使用しても高い耐熱性が得られ、かつ、廃棄時の埋立による重金属化合物やリン化合物の溶出や、焼却による多量の煙、腐食性ガスの発生などの問題のない絶縁樹脂組成物及びこの組成物を使用した絶縁電線を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明の絶縁樹脂組成物は少なくとも、エチレン系共重合体、不飽和カルボン酸で変性されたポリオレフィン樹脂を主成分とする樹脂成分と、無処理及び/又はビニル基及び/又はメタクロキシ基を末端に有するシランカップリング剤で処理された水酸化アルミニウムを主成分とする水酸化アルミニウム、若しくは、ビニル基及び/又はメタクロキシ基を有するシランカップリング剤と無処理及び/又は任意の処理がなされた水酸化アルミニウムからなる難燃剤で構成される。 (もっと読む)


本発明は、複数の導電線(18)から成る高温ケーブル(14)に関し、該導電線は共通の被覆(20)の内部に延在し、かつ複数の絶縁体(15)によって互いに及び前記被覆(20)から離間されており、該複数の絶縁体はケーブルの長手方向に連続的に配置されて互いに支持し合い、前記導電線は個々の絶縁体(15)の中央に形成された貫通孔に案内される。本発明の目的は、高温ケーブルの製作を簡素化して、該ケーブルの特性を向上させることにある。この目的のため、個々の絶縁体(15)は少なくとも2本の導電線と接続されて、該導電線とともに少なくとも2本の個々の電気絶縁されたスレッド(17a〜d)を形成し、該スレッドには撚り合わせ及び編組みが施される。
(もっと読む)


【課題】従来技術の欠点を有していない、特にケーブル絶縁材としてのシリコーンゴムおよび特に難燃性であり、かつ火災の場合に低い密度で機能の維持を可能にするケーブル絶縁材を提供する。
【解決手段】該組成物が過酸化物架橋性、付加架橋性もしくは縮合架橋性のシリコーンゴムおよび少なくとも1のロジウム化合物またはイリジウム化合物または両方の化合物の混合物を含有する。
【効果】本発明による難燃性組成物を含有するケーブルおよび異形材は機械的特性、電気的特性および耐熱老化性に関して、通常のシリコーンゴムに匹敵する特性を有する。 (もっと読む)


高温の柔軟な導電ケーブルは、各々の端部に取り付けられたターミナルラグを有する固体導電コアから形成され、気体不浸透性のシースで覆われ、波形をつけられた柔軟なステンレススチールシースで気密密閉される。固体導電コアは、銅、ニッケル、アルミニウム、銀又はその組み合わせを含み得る。
(もっと読む)


1 - 12 / 12