Fターム[5G319FC06]の内容

通信ケーブル (3,524) | 形状、構造(同軸ケーブル) (898) | 内部導体 (227) | 撚線 (101)

Fターム[5G319FC06]に分類される特許

61 - 80 / 101


【課題】 本発明は、上記事情を考慮しジャケット層を容易に除去でき、PFA樹脂と同程度に捻回特性が優れ、かつ極細化可能な同軸ケーブルを提供することを目的とする。
【解決手段】 本発明の同軸ケーブル10は、中心導体12が絶縁体14により被覆され、絶縁体14の外周に外部導体16を有し、さらに外部導体16の外周に紫外線硬化型樹脂からなるジャケット層18を有するものである。ジャケット層18を構成する紫外線硬化型樹脂は、下記の添加剤の少なくともいずれかを所定量含有する。
1.分子量分布のピークが1000〜6000にあるSi原子とF原子を含まない高分子膨潤剤。
2.平均分子量が8000以上のSiを含む高分子添加剤。 (もっと読む)


【課題】本発明は、同軸ケーブルに関し、曲げや捩じりに対する耐久性を向上させることにある。
【解決手段】中心導体12と、その中心導体12の外周に設けられた絶縁層14と、その絶縁層14の外周に設けられたシールド層16と、を備える同軸ケーブル10において、シールド層16を所望の導電性を有する強誘電性液晶や水銀などの液状物質で構成し、その液状物質をシールド層16として絶縁層14の外周面と外部皮膜18の内周面との間に封入する。かかる構成によれば、シールド層が金属固体物で構成されるものに比べて、曲げや捩じりに対する耐久性が向上する。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、ハロゲン元素を含まず、耐熱性などの優れた特性を有すると共に、難燃性についても優れた特性を有するエポキシ樹脂系ワニスを絶縁体として用いた極細同軸ケーブルを提供するものである。
【解決手段】 かゝる本発明は、AWG40 以降の線を単独又は寄り合わせて中心導体1
1とした極細同軸ケーブル10において、中心導体10にエポキシ樹脂系ワニス100質量部とリン含有のエポキシ樹脂系ワニス8〜14質量部からなるワニスを絶縁体12として被覆した極細同軸ケーブルにあり、ベース樹脂のエポキシ樹脂系ワニスにより優れた耐熱性などの特性が得られると共に、リン含有の難燃型のエポキシ樹脂系ワニスの添加により、優れた難燃性も得られる。 (もっと読む)


【課題】配線板のコネクタを不要とすることにより配線スペースを小さくし、また、配線コストを低減する。
【解決手段】導体からなる芯線6の外周に、絶縁層7、シールド層8、被覆層9を順次設けた複数本の極細同軸線2と、その極細同軸線2から露出させた各芯線6の露出部6aを整列状態で保持する芯線収容溝11を表面10に形成した芯線整列板3とを有し、その芯線整列板3の表面10に、各芯線6の露出部6aを被接続物の導体配線に電気的に接続する接着剤層4を設ける構成を極細同軸線ハーネスに採用する。 (もっと読む)


【課題】繰り返しの屈曲応力が加えられたケーブルとしての断線発生段階においては中心導体が外部導体よりも先に断線することにより寿命末期まで機器の安全性を確保することのできる同軸ケーブルを提供する。
【解決手段】外部導体3を構成する素線の抗張力が中心導体1を構成する素線の材料よりもよりも抗張力が大きなものとすることにより、産業用ロボットの関節部分や可動部分において、繰り返しの屈曲応力が加えられた際においても、補強を目的とした特別な材質を用いることなく、柔軟性に優れ、電気抵抗も低く、長年の使用における寿命末期時点においては、シールド性能を損なうことなく、基本機能に用いられる中心導体が先に断線することによって、機器の基本機能としての寿命を迎えることなり、外部導体に断線が発生しているという危険を内在した状態で継続使用されるという、危険な状態を回避する事ができる。 (もっと読む)


【課題】コネクタの接続端子を不要とすることにより、極細同軸線ハーネスの極細同軸線のピッチが狭いときにも、コネクタの強度不足を防止する。
【解決手段】導体からなる芯線7の外周に、絶縁層8、シールド層9、被覆層10を順次設けた複数本の極細同軸線2と、その極細同軸線2から露出させた各芯線7の露出部7aを整列状態で保持する芯線収容溝12を表面11に形成した芯線整列板3と、その芯線整列板3の表面11に貼り付けられた異方導電性シート4とを有し、その異方導電性シート4は、シートの厚さ方向に導電性を有するとともにシートと平行な方向に絶縁性を有し、さらに、シートの厚さ方向に弾性を有する構成を極細同軸線ハーネスに採用する。 (もっと読む)


【課題】軽量化、細径化、薄型化が可能で、量産性に優れ、繰り返し曲げ耐久性に優れるケーブルなどのシールド材に用いるチューブ状電磁波シールド材を提供する。
【解決手段】ビニル系導電性高分子の前駆体の繊維からなるチューブ状成形体を成形し、そのチューブ状成形体を熱処理し、前記前駆体の繊維を脱離して一般式(2)で示されるビニル系導電性高分子繊維からなるチューブ状電磁波シールド材を形成したものである。
(もっと読む)


【課題】 本発明は、極細線の中心導体上にポリイミド樹脂の絶縁被覆層を施し、耐熱性の向上などを図った極細同軸ケーブルを提供するものである。
【解決手段】 かゝる本発明は、AWG40以降の単線又はこれにより小径の素線を撚り合わせて前記AWG40以降の単線と同等の断面積とした撚線の中心導体上に、一般にカルボン酸の無水物とジアミンとの反応化合物からなる全芳香族系、芳香族−脂環式系、全脂環式系のポリイミド樹脂を被覆させた極細同軸ケーブルにあり、これにより、耐熱性などに優れた極細同軸ケーブルが得られる。 (もっと読む)


【課題】 端末加工性に優れるとともに、耐屈曲性に優れシールド特性の劣下が少ない金属メッキ層からなる細径の同軸ケーブルを提供する。
【解決手段】 内部導体(1)を被覆するフッ素樹脂誘電体層(2)の外周に金属メッキ層(3)をシールド層として配した同軸ケーブルにおいて、該金属メッキ層(3)の外周に、少なくとも内表面が導電性を有する被覆層(4)を非密着状態で被覆する。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、極細線の導体上に極薄の押出絶縁被覆層を破れることなく、スムーズに被覆するようにした絶縁被覆極細線を提供するものである。
【解決手段】 かゝる本発明は、熱可塑性樹脂を押出機によりAWG40以降の単線又はこれより小径の素線を撚り合わせて前記AWG40以降の単線と同等の断面積とした撚線の導体11上に被覆させる絶縁被覆極細線10において、
前記熱可塑性樹脂として、樹脂の加工温度で溶融しないフィラーを含まず、押出機の吐出量(cm3 /min)と押出被覆時における樹脂溶融時の破断速度(m/min)との関係が示す傾きが、前記導体に対する樹脂の想定被覆付着量(cm3 /m)の逆数値以上である樹脂を用いることを特徴とする絶縁被覆極細線にあり、これにより、押出絶縁被覆層(絶縁体12)を破れることなく、スムーズに被覆することができる。 (もっと読む)


【課題】優れたインピーダンス特性を有し、高周波伝送の際にも反射損失なく安定的な信号伝送が可能であり、また、高周波伝送の際に信号の外部干渉を著しく抑制して高画質の伝送が可能な極細同軸ケーブルを提供する。
【解決手段】上記課題を解決するために、2本以上の第1極細金属線が0.5〜3mmのピッチで捻れた内部導体と、当該内部導体を取り囲み、誘電率1.2〜3.0の高分子材料で構成される絶縁層と、当該絶縁層を取り囲み、2本以上の第2極細金属線が横巻きピッチ2.0〜10.0mmで当該絶縁層を横巻きしてなる金属シールド層と当該金属シールド層を取り囲んで形成された保護被覆層とを備える極細同軸ケーブルとする。 (もっと読む)


【課題】絶縁層に発泡セルが均一に形成され、誘電率が局所的に変動を示さず均一になることで、優れた伝送特性を有する極細同軸ケーブルを提供する。
【解決手段】極細同軸ケーブルを、内部導体と、当該内部導体を取り囲むように形成された発泡セルを備える絶縁層と、当該発泡セルの均一な形成のために、当該絶縁層を取り囲むように形成された過発泡遮断層と、当該過発泡遮断層を取り囲むように形成された金属シールド層と当該金属シールド層を取り囲むように形成された保護被覆層とを備えるものとする。過発泡遮断層を備えることで、絶縁層に形成される発泡セルの非正常的な成長を抑制して発泡セルの大きさが均一になり、発泡セルが連続的に隣合って形成されるので、誘電率が局所的な違いを示さず全体的に均一になって、優れた伝送特性を示す。 (もっと読む)


【課題】誘電率の低減
【解決手段】同軸ケーブル用中空コア体10は、内部導体12と、導体12を被覆する内環状部14aと、内環状部14aから放射状に延びる複数のリブ部14bと、リブ部14bの外端を連結する外環状部14cとを備え、内、外環状部14a,14cとで囲まれた複数の中空部15を有している。外環状部14cの外径は、5.0mm以下であって、中空部16の割合が40%以上で、外環状部14cの真円度が96.0%以上になっている。 (もっと読む)


【課題】電気特性及び機械的特性が良好で、かつ、ふっ素樹脂を含有しないノンハロゲン同軸ケーブル及びこれを用いた多芯ケーブルを提供するものである。
【解決手段】本発明に係るノンハロゲン同軸ケーブルは、すずめっき軟銅線(又はすずめっき銅合金線)を撚り合わせた内部導体1の外周に、絶縁体2としてPPE樹脂(又はPPO)を主成分とするポリマーを被覆し、その絶縁体2の外周に、すずめっき硬銅線(又はすずめっき銅合金線)を横巻きしたシールド層3を設け、そのシールド層3の外周にジャケット層4を設けたものである。 (もっと読む)


【課題】中心導体の周囲に配置された絶縁層の外周にテープ層を介して外部導体が配置された同軸ケーブルにおいて、絶縁体の収縮を小さく抑える。
【解決手段】本発明の同軸ケーブル1は、中心導体2と、中心導体2の外周に配置された絶縁層4と、絶縁層4の外周に縦添えに配置された金属樹脂複合テープ層5と、金属樹脂複合テープ層5の外周に配置された外部導体6と、外部導体6の外周に配置された外被7と、を備え、金属樹脂複合テープは、樹脂層の両面に金属層を有するとともに厚さが24μm以上40μm以下であり、縦添えにされた重なり幅が絶縁層4の外周の0.19倍以上0.38倍以下である。 (もっと読む)


【課題】誘電率の低減化。
【解決手段】同軸ケーブル用中空コア体10は、内部導体12と、絶縁被覆層14とを備えている。絶縁被覆層14は、内端側が内部導体12の外周面に当接し、外方に向けて放射状に延びる6本のリブ部14aと、リブ部14aの外端側を連結する環状部14bとから構成されている。内部導体12,環状部14bとリブ部14aとで囲まれた6個の中空部16を有している、環状部14bの真円度は、98%以上になっている。 (もっと読む)


【課題】発泡性樹脂を用いることなく、電気特性と機械特性に優れた細径の同軸ケーブル及び多心ケーブルを提供する。
【解決手段】内部導体2とその内部導体2を囲む内部絶縁体3とその内部絶縁体3を囲む外部導体4とその外部導体4を囲むシース5とを有する同軸ケーブル1において、上記内部絶縁体3を無発泡の充実層で構成すると共に、上記内部導体2の表面と上記内部絶縁体3との間に空隙6を設けた。 (もっと読む)


【課題】外部導体を直接レーザで溶融切断しても絶縁特性を維持できるシールドケーブル及びその端末加工方法を提供する。
【解決手段】内部導体2の外周に絶縁体3を形成した芯線4を1本もしくは2本以上有し、それら芯線4の外周に外部導体5、外皮6を順次形成したシールドケーブル1において、内部絶縁体3はフッ素樹脂に金属成分を添加し、かつ着色顔料を練り込んだことを特徴とするシールドケーブル。 (もっと読む)


【課題】高真空環境下での高周波信号を含む複数種の信号伝送を容易に可能にした、経済的に有利で、かつ任意長に加工できる汎用性に富む耐真空用可撓性複合ケーブルの製造方法および耐真空用可撓性複合ケーブルを提供する。
【解決手段】耐真空用可撓性複合ケーブル20は、真空中において線間および芯線に空気溜まりが生じないよう、また不要ガスが放出されないよう線材および製法を考慮して製造されるもので、編組シールドを外皮とし、フッ素系樹脂を中心導体21aの絶縁材とした同軸芯線21と、フッ素系樹脂を導体の絶縁材および外皮とした他の芯線22とを撚り合わせて編組管23に通した後、編組管23内で同軸芯線21と、他の芯線22との撚りを戻して各芯線間を粗密にし、ベーキング処理を施すことにより製造される。 (もっと読む)


【課題】シールド特性、柔軟性、細径化構成、耐屈曲性、及び経済性を満足し、かつ端末加工性を改善する。
【解決手段】同軸ケーブル1は、中心導体11、絶縁体12、横巻シールド構造をもつ外部導体13、及び外被20が同軸に順次積層された構造を有する。外被20がPFAの場合は、絶縁体12はフッ素化されたPFAにより形成される。また外被20がFEPまたはFTFEの場合は、絶縁体12はフッ素化されたFEP、PFA、及びフッ素化されたPFAのいずれかにより形成される。ここでは上記構成に加えて、絶縁体12と外部導体13との間に、金属が蒸着またはメッキされたテープ層を設けてもよい。また同軸ケーブル1は、外部導体13の横巻線の横巻角度を70〜85°にする。また中心導体11は、複数線または単線の導体とすることができる。 (もっと読む)


61 - 80 / 101