説明

Fターム[5G357DA06]の内容

屋内配線の細部 (7,451) | 対策 (1,071) | 組立て、取付けにおける作業性の向上 (695)

Fターム[5G357DA06]に分類される特許

1 - 20 / 695




【課題】給電用のプロテクタを車両のスライドドアに縦置きに組み付ける際に、プロテクタにハーネス支持具を不意な脱落なく確実に仮止めさせる。
【解決手段】プロテクタ2と、プロテクタから導出されたワイヤハーネス5と、ワイヤハーネスに組み付けられたハーネス支持具10とを備えた給電装置1で、プロテクタ2が縦置きに配置された状態で、プロテクタに、上向きの支柱部12と、支柱部の上端側で支柱部よりも横方向に突出した頭部13とで成る突起形状部11が立設され、ハーネス支持具10に、突起形状部を挿通させる孔部15を有して、孔部の上縁16a1を頭部の下面13bに当接させる枠形状部16が設けられ、支柱部に、枠形状部の内面16a2を沿わせる傾斜部14が、頭部の下面と鋭角に交差して形成されているハーネス支持具仮止め構造を採用する。 (もっと読む)


【課題】簡易な構成で、プロテクタの引き出し口からのコルゲートチューブの脱落を抑制できる技術を提供する。
【解決手段】形状維持部材付コルゲートチューブ2は、コルゲートチューブ3と、コルゲートチューブ3の長手方向に沿う一方の端部側に取り付けられる、形状維持部材4とを備える。形状維持部材4は、コルゲートチューブ3のスリットに配設した状態でコルゲートチューブ3に取り付けられるスリット配設部40と、スリット配設部40の一方の端部からさらに先に向かって延設され、コルゲートチューブ3の長手方向に沿う端部においてスリットの両側の端縁部の内側部分を覆う、端側突起部44とを備える。 (もっと読む)


【課題】ワイヤーハーネスのサイズ差になるべく影響されずにより簡易に経路維持性能を確保すること。
【解決手段】経路維持ワイヤーハーネスの製造方法は、(a)ワイヤーハーネス1a、1bを不織材料5で覆う工程と、(b)不織材料5をホットプレスして、ワイヤーハーネス1a、1bの外周部を被覆する被覆部と、被覆部の外周部から外周側に張り出してワイヤーハーネス1a、1bの延在方向に沿って延在するリブとを有する経路維持部を形成する工程とを備え、工程(b)では、ワイヤーハーネス1a、1bのサイズが異なる場合でも、同形状の金型80でホットプレスする。 (もっと読む)


【課題】ハーネス支持用部品のチューブ係止用の突部をコルゲートチューブの谷部に作業性良くスムーズ且つ確実に係合させて、コルゲートチューブへのハーネス支持用部品の組付性を高める。
【解決手段】コルゲートチューブ12の複数の谷部15の何れかに係合する突部9をコルゲートチューブ挿通空間4の内部に有する分割式のハーネス支持用部品1で、分割式のハーネス支持用部品のコルゲートチューブ挿通空間の端部開口5に、突部に対するとは異なる谷部15に係合するガイド用リブ7を、谷部のピッチの1〜n倍の間隔で突部から離して形成した。 (もっと読む)


【課題】より容易にワイヤーハーネスを配索経路に沿った形態に維持すること。
【解決手段】経路維持ワイヤーハーネス10は、ワイヤーハーネス1を配索経路に沿った形態に維持した構成である。この経路維持ワイヤーハーネス10は、ワイヤーハーネス1と、ワイヤーハーネス1の配索経路に沿った長尺形状に形成された本体部32と、ワイヤーハーネス1を本体部32に沿わせて固定する複数の固定部42とを有する経路維持部材30と、周方向一部に軸方向に沿って形成されたスリットを有し、ワイヤーハーネス1及び複数の固定部42を覆う筒状に形成されたコルゲートチューブ20とを備え、本体部32は、コルゲートチューブ20のスリットを挟んだ両端縁部28間に配設される介在部34を有している。 (もっと読む)


【課題】曲げ可能であるとともに所望の形状に保持することも可能な、また、プロテクタほど構造を複雑化せずにコストを抑えることも可能な、ワイヤハーネスを提供する。
【解決手段】ワイヤハーネス9は、二本の高圧電線19と、この二本の高圧電線19を一括して覆いシールドするシールド部材20と、シールド部材20の外側に設けられる外装部材21とを含んで構成されている。外装部材21は、収縮チューブ28からなり、この収縮チューブ28を収縮させると、ワイヤハーネス9の配索経路に合わせて曲げ部29が形成されるようになっている。そして、外装部材21は、曲げ部29の形成により、配索経路の形状を保持することができるようになっている。 (もっと読む)


【課題】金属パイプのサイズアップをせずに被覆保護用キャップを係合させることが可能なワイヤハーネスを提供する。
【解決手段】ワイヤハーネス9は、インバータユニット4とバッテリー5とを電気的に接続するためのものであって、二本の高圧電線19と、この二本の高圧電線19を一括して覆いシールドするシールド部材20とを含んで構成されている。シールド部材20は、二本の高圧電線19をこの全長の大半にわたって収容し且つシールドする金属パイプ21を含んで構成されている。金属パイプ21の各端末部22には、曲面24を有する導電路保護キャップ25が設けられている。 (もっと読む)


【課題】スリットの口開きをより確実に抑制すること。
【解決手段】ロック付コルゲートチューブ10は、山部と谷部とが軸方向に交互に連続した本体部20と、周方向においてスリットを挟んだ一端部に設けられた雄ロック部32と他端部に設けられた雌ロック部42とを有するロック構造部30とを備える。雄ロック部32は、山部のスリット側に形成された係止凹部34と、係止凹部34のスリット側に形成された内側係止凸部36とを有する。雌ロック部42は、山部のスリット側に形成されて内側係止凸部36に嵌合可能な外側係止凹部44と、外側係止凹部44のスリット側端部からスリット側に延出する端部ベラ46とを有する。端部ベラ46は、外側係止凹部44が内側係止凸部36に嵌合した状態で、係止凹部34内に配設可能に設けられている。 (もっと読む)


【課題】接着テープ等を用いることなく、ワイヤハーネスのターミナル近傍を保護すると共にメンテナンスも容易なものとする。
【解決手段】円管状でワイヤハーネス20のターミナル22近傍の露出が必要な部分以外の部分を覆うメイン保護チューブ30に円管状でワイヤハーネス20のターミナル22近傍における露出部分の長さより若干短いサブ保護チューブ32を重ねた状態でターミナル22をコネクタ10に接続し、メイン保護チューブ30との重なりが完全に解除するまでサブ保護チューブ32をターミナル22側にスライドさせ、その状態でメイン保護チューブ30とサブ保護チューブ32とが所定角θ以上の角度で折れ曲がってメイン保護チューブ30の端部がサブ保護チューブ32の端部の内側に嵌合した状態とする。 (もっと読む)


【課題】ワイヤハーネスにシールドシェルを先通しする必要が無く、作業性のよいシェル固定構造を提供する。
【解決手段】シェル固定構造は、外周がシールド層13に覆われるワイヤハーネス15と、内側がハーネス挿通穴29となるハウジング17と、内側がハウジング挿通穴33となるシールドシェル19と、ハウジング17の外周側に形成されたハウジング側移動規制部35と、シールドシェル19の内周側に形成されたシェル側移動規制部57と、を備える。ハウジング側移動規制部35とシェル側移動規制部57とが、ハウジング17にシールドシェル19を外挿した状態で双方を軸線回りに相対回転したときの所定の相対回転位置において互いに係合し、ハウジング17とシールドシェル19の軸線方向の相対移動を規制する。 (もっと読む)


【課題】コルゲートチューブに対する軸方向の経路維持部材の位置決めを位置決め治具なしにすること。
【解決手段】経路維持部材付コルゲートチューブ10は、環状凸部22と環状凹部24とが軸方向に交互に設けられた筒状に形成され、周方向一部で軸方向に沿ってスリット28が形成されたコルゲートチューブ20と、スリット28の両側の端縁部に対して外周側及び内周側の少なくとも一方から係止する係止部32、34と、係止部32、34に連結され、スリット28内に介在する介在部36と、係止部32、34と介在部36との内側の空間に突出し、コルゲートチューブ20の軸方向において環状凹部24又は環状凸部22の側壁部26に対して環状凹部24の内側又は環状凸部22の内側から係止可能に形成された位置決突部42とを有する長尺形状に形成された経路維持部材30とを備える。 (もっと読む)


【課題】コネクタより外部に引き出された電線の保護と、電線の経路規制の向上を共に図ることができるプロテクタを提供する。
【解決手段】メスコネクタ30より外部に引き出された電線を保護するプロテクタ1であって、プロテクタ本体2とプロテクタ本体2に組み付けされるカバー20とを有し、組み付けされたプロテクタ本体2とカバー20によって電線配策部3とコネクタ嵌合部4が構成され、コネクタ嵌合部4には、コネクタ30のホルダロック穴33に係止する係止突部11が設けられた。 (もっと読む)


【課題】ワイヤーハーネスの経路規制を容易に行えるようにすること。
【解決手段】ワイヤーハーネス1は、少なくとも1本の電線を有するワイヤーハーネス本体部2と、ワイヤーハーネス本体部2の少なくとも一部の経路規制部分にその延在方向に沿って配設され、塑性変形可能で、且つ、塑性変形後に経路規制部分を一定の経路に沿った形状に維持する線状部材4とを備えている。また、線状部材4に一体的に形成され、ワイヤーハーネス本体部2を保持する複数の保持部材6を備えている。 (もっと読む)


【課題】作業者に大きな作業負担を強いることなく、より低コストで、電線を覆いつつその経路を一定に維持できるようにすることを目的とする。
【解決手段】経路維持部材付コルゲートチューブ2は、コルゲートチューブ3と、経路維持部材4とを備える。経路維持部材4は、長手方向に沿って少なくとも一部が曲げられた形状を維持するように金型成型された長尺部材であり、その長尺方向に沿って形成された一対の凹溝部401,401にコルゲートチューブ3のスリット33の両側の端縁部が収容された状態で、コルゲートチューブ3の長手方向に沿って取り付けられる。凹溝部401の一対の側壁面420,430のそれぞれには欠損した部分領域V42,V43が形成され、一方の側壁面420に形成された欠損した部分領域V42と、他方の側壁面430に形成された欠損した部分領域V43とが、互いに対向配置される。 (もっと読む)


【課題】ワイヤハーネスを構成する電線群の長さ方向に沿って樹脂棒を少ないテープ消費量で容易かつ確実に取り付けて、所要区間のワイヤハーネスの配索方向を直線状に規制できる。
【解決手段】ワイヤハーネスを構成する電線群の長さ方向に沿って取り付け、ワイヤハーネスにテープを巻き付けて固定するワイヤハーネスの配索方向を規制する樹脂棒であって、長さ方向と直交する断面形状の少なくとも一部を、電線群の内部に挿入して埋設する内部と、前記内部と外部とを連続する中間細幅部とからなる形状としている。 (もっと読む)


【課題】
建物壁の出隅部又は入隅部が正確に90°で交差していない非直角の場合においても、支障なく配線・配管材の出隅部、及び入隅部を保護できる保護カバーの提供である。
【解決手段】
略直交する2つの壁面W1 ,W2 のうち一方の壁面W1 に固定される第1基台板部1のみから成って、当該第1基台板部1に一対の被係合凹部(被係合部)3が設けられた基台と、当該一対の被係合凹部(被係合部)3に係合する一対の係合片(係合部)23を備えたL字形の蓋体とから成り、当該蓋体は、基台に係合した状態で、前記一方の壁面W1 に沿ってスライド可能な構成とする。 (もっと読む)


【課題】ワイヤーハーネスの経路規制を精度よく且つ容易に行えるようにすることを目的とする。
【解決手段】ワイヤーハーネス1は、少なくとも1本の電線を有するワイヤーハーネス本体部2と、ワイヤーハーネス本体部2の少なくとも一部の経路規制部分にその延在方向に沿って配設され且つ位置決め用の係止部4を有する経路規制部材3とを備えている。さらに、ワイヤーハーネス1は、ワイヤーハーネス本体部2に経路規制部材3を固定するためのクランプ部材10であって、ワイヤーハーネス本体部2が取付けられるワイヤーハーネス取付部11と、係止部4に係止される被係止部15とを有するクランプ部材10を備えている。 (もっと読む)


【課題】スリットに経路維持部材が取付けられたコルゲートチューブに対してクランプ部材を取付けた場合に、コルゲートチューブの長手方向に対するクランプ部材の位置ずれを抑制することを目的とする。
【解決手段】経路維持部材付コルゲートチューブCは、長手方向に沿って環状凸部21と環状凹部22とが交互に形成され、その長手方向に沿ってスリット24が形成されたコルゲートチューブ20と、一部分が前記スリット24から外方に突出した状態で前記コルゲートチューブ20のうちの前記スリット24部分に取付けられて、前記コルゲートチューブ20の経路を規制する長尺部材に形成された経路維持部材30とを備える。経路維持部材30のうちスリット24から外方に突出する部分の外周部に少なくとも1つの位置決め部として例えば凹溝38が形成されている。 (もっと読む)


1 - 20 / 695