Fターム[5H026AA00]の内容

燃料電池(本体) (95,789) | 燃料電池の種類 (22,617)

Fターム[5H026AA00]の下位に属するFターム

Fターム[5H026AA00]に分類される特許

41 - 60 / 89


本発明は、ストリップ基材を含み、その基材の表面上に提供された、銀及びインジウムを含む導電性合金層を含む、被覆物品に関する。この導電性合金層は良好な電気特性を有し、そして周囲空気中の硫黄と容易に反応しない。本発明は、さらに、ストリップ基材を提供すること、その基材をイオンエッチングすること、その基材上に、銀及びインジウムを含む導電性合金層を堆積させることの工程を含む、被覆物品の製造方法に関する。本発明は、その被覆物品を含む、電気用途のための物品にも関する。
(もっと読む)


【課題】燃料電池の製造効率の改善を可能とする。
【解決手段】複数のセルを積層したセル積層体からなる燃料電池の製造装置は、複数のセルを積層するためのセル積層載置部と、セルの積層方向に垂直であり、かつ、水平方向に平行な回転軸を中心に、セル積層載置部を回転させるための回転機構と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】金属の用量を減少するために、ポリマーで被覆されたナノ貴金属クラスターからなる電気化学触媒層を用いて電極を形成し、当該電極を用いて電気化学装置を製造する方法する方法を提供する。
【解決手段】 触媒層を有する電極を形成する方法であって、表面に導電層を有する第一基板を提供する工程と、基板表面を調整する工程と、基板をポリマーで被覆するナノ貴金属クラスターを含有する第二溶液にディップすることにより、基板の調整された表面にポリマーで保護された電気化学触媒層を形成する工程と、約300℃より低い温度で、貴金属触媒層を熱処理する工程とを含む触媒層を有する電極を形成する方法を提供する。
また、前記電極を用いて電気化学装置を製造する方法も提供する。 (もっと読む)


【課題】低温で優れた性能を有する蓄電デバイスの提供を可能とするスルホニウム塩を提供すること。
【解決手段】下記一般式(I)で示されるスルホニウム塩。


(R〜Rは、各々独立に、炭素数1〜6の1価の有機基を示す。ただしR〜Rの全てが同時に同一の基になることはない。Yは1価のアニオンを示す。) (もっと読む)


本発明のセパレータは、多数の気孔を有する多孔性基材;及び前記多孔性基材の少なくとも一面にコートされており、多数の無機物粒子及びバインダー高分子の混合物で形成された多孔性コーティング層を含むセパレータであって、前記バインダー高分子は35℃でアセトンに対して25重量%以上の溶解度を有する第1ポリビニリデンフルオライド系共重合体;35℃でアセトンに対して10重量%以下の溶解度を有する第2ポリビニリデンフルオライド系共重合体;及びシアノ基を有する高分子を含む。
本発明のセパレータは、無機物粒子を含む多孔性コーティング層の導入によって電気化学素子の寿命特性が低下し得る問題点を改善するだけでなく、電気化学素子の組立て工程において多孔性基材にコートされた多孔性コーティング層内の無機物粒子が脱離する恐れがある問題点をさらに改善して電気化学素子の安定性を向上させることができる。
(もっと読む)


【課題】筐体内にセル積層体を収容した構造体であって、セル積層体の寸法誤差によらず装置寸法及び加圧荷重が一定になる構造体を低コストで提供する。
【解決手段】積層したセルを収容するケーシングのセル積層方向端面の少なくとも一方の端面に、湾曲若しくは折り曲げられた弾性体または弾塑性体からなるばね機能を有する板ばね材を、当該板ばねが曲げられた面の凸面側を前記セルに対向させて配置し、当該板ばねの側端を、前記ケーシングの筐体側板に固着する。 (もっと読む)


【課題】燃料電池システムの装備配置において、スペース効率を高める技術を提供する。
【解決手段】本発明は、燃料電池システムを提供する。この電池システムは、積層された複数の発電体を有する燃料電池スタックと、反応ガス供給部と、複数の発電体の少なくとも一部の電極の電位を計測するセル電位計測部とを備える。燃料電池スタックの予め設定された運転姿勢において、反応ガス供給部の少なくとも一部と、セル電位計測部の少なくとも一部と、がいずれも燃料電池スタックの下方乃至側面に配置されている。 (もっと読む)


【課題】燃料電池の面圧を均一に維持することができ、パッケージ効率を向上させることができる燃料電池用スタック締結機器を提供する。
【解決手段】本発明は、スタック両端部に装着されたエンドプレートを締結するワイヤーと、アップエンドプレートの上部に装着されて、前記ワイヤーのテンションを調整するテンショナーと、前記テンショナーの上下移動を案内するために中央溝を備え、前記テンショナーを囲む構造で形成されるテンションガイドと、前記テンショナー両側に設置され、スタック上部のワイヤーを案内する上部ガイドと、ダウンエンドプレートの下部両側に装着されて、スタック下部のワイヤーを案内する下部ガイドと、を含めて構成され、前記テンショナーはアップエンドプレートの上部にテンションボルトで装着されて、ネジ移動方式により上下の高さが調節され、前記ワイヤーのテンションを調整することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】簡便に燃料を供給でき、効率的な発電が可能な燃料電池を提供すること。
【解決手段】酵素を触媒として酸化還元反応が進行することにより起電する燃料電池であって、燃料の気化により形成される燃料気化層と、該燃料気化層から気化された燃料が供給される負極と、該負極とプロトン伝導可能な状態で接続する正極と、を少なくとも備える燃料電池を提供する。該燃料電池は、燃料を気化させた状態で電極に供給するため、電極内部まで気化した燃料が供給され、電極内部表面における反応が十分に進行し、効率的な発電による高出力化が実現できる。また、電極に酵素等を固定化する場合であっても、燃料を気化させた状態で電極に供給するため、液体燃料中への酵素等の溶出を防止することができ、酵素等の溶出による出力低下を防止することが可能となる。 (もっと読む)


【課題】燃料電池には電解質膜より多孔質膜が最適である理由を証明する。それには水の全てを詳細に理解して実証することである。従来より水を冷却すれば氷結する理由と、水道水が凍結して鋼鉄製水道管を破裂する理由を実証できなかった。それで、解決できる方法の発明が求められていた。
【解決手段】本発明は原子核の基礎から検討し光波電波の伝播からヒントを得て(空間の中での原子エネルギー状態)と波動の発生伝播原理を発見した(図1)。これを基礎として原子核の構成構造理由から全ての物体の構成構造理由と原子結合エネルギー状態まで実証できた。それで、燃料電池では水素原子と酸素原子で水結合ができる過程を実証した結果より、多孔質膜の使用は最適(図7)。水を冷却すれば氷結する理由は(図3)、水道水の凍結で鋼鉄製水道管を破裂するエネルギーが発生する理由は(図6)。水は流動性を表す理由は(図5)で解決できた。 (もっと読む)


【課題】 多孔質構造体における2相浸透流れに対して均質化法を適用し、マルチスケール解析のための理論構築を図り、その数値解析アルゴリズムを提案することを提供すること。
【解決手段】 多孔質体構造体を流れる気液2相の流れをミクロ・マクロスケールで解析する気液2相流解析方法において、想定している立方体ミクロ構造で、3軸方向圧力勾配、及び水飽和度を変化させたときの、気相浸透係数Ka、液相透過係数Kw、及び毛管圧力Pcawをデータとして記憶し、多孔質体構造体の多孔質体形状を、データから読み出した気相浸透係数Ka、液相透過係数Kw、及び毛管圧力Pcawを持った等価均質体に置き換えて、マクロ構造の浸透流解析を行う。 (もっと読む)


【課題】エネルギー回収効率を低下させずに部品を交換できる微生物燃料電池及び微生物燃料電池用の隔膜カセットを提供する。
【解決手段】嫌気性微生物群11を担持させる負電極10を有機性基質Sに浸漬すると共に、少なくとも一部分がイオン透過性隔膜21で形成された外殻25と入出孔22、23とを有する密閉型中空カセット20内に電解液Dと共に封入し又はカセット20のイオン透過性隔膜21の内側に結合した正電極15を有機性基質Sに差し込み、入出孔22、23経由でカセット内に酸素Oを供給しつつ負電極10及び正電極15を電気的に接続する回路18経由で電気を取り出す。好ましくは、密閉型中空カセット20の外殻25を、イオン透過性隔膜21を張設することで密閉される開口26と入出孔22、23とを有する中空外殻フレーム25とし、イオン透過性隔膜21を正電極15と一体成形された膜・電極接合体(MEA)とする。 (もっと読む)


【課題】アンモニアを水素源として利用する高温条件を必要とせず、小型、軽量で、空間速度が高く、効率の高いアンモニア分解システムを提供する。
【解決手段】 原料であるアンモニアの容器1から配管を通じて、乾燥菅2で水分除去しながら、システムに原料のアンモニアを供給する。アンモニアは、アンモニア一次電池の陽極4の反応槽に導かれ、そのアンモニアにより、アンモニア一次電池が起電できる。発生した直流電流を、本システムの光源7に電力供給する。光源7からの光8は、反応器9内に敷設された触媒10に照射され、かつ、その触媒表面に、原料であるアンモニアが導かれる。触媒10表面で、照射された光8が、アンモニアを分解し、水素と窒素を生成する。生成した水素と窒素は、フィルター11を通じで分離され、それぞれの貯蔵器12および13に導かれる。 (もっと読む)


【課題】低コストで、かつ簡易な条件下または簡易な構造で発電が可能な電池の提供を目的とする。
【解決手段】本発明の燃料電池は、正極及び負極が、電解槽内に配置された一室型燃料電池であって、(1)当該電解槽内に、アルカリ性電解液が充填されてなり、(2)当該アルカリ性電解液に過酸化水素がさらに配合されており、(3)過酸化水素が配合されたアルカリ性電解液のpHが12以上である、ことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 導電性フィラーを樹脂中に分散させる新規な方法及び新規な方法により得られる新規な構造の導電性複合材料、導電性フィラーの直接分散性がよくない樹脂中で導電性フィラーを分散させる新規な方法、新規な方法により得られる新規な構造の導電性複合材料の提供
【解決手段】 非相溶性の樹脂若しくはエラストマーから構成される共連続構造からなり、非相溶性の樹脂の一方の樹脂にはフィラーである充填剤を含む構造体であり、又、フィラーである充填剤は均一に分散されている充填剤並びに非相溶性の樹脂若しくはエラストマーにより構成される構造体、非相溶性樹脂若しくはエラストマーを用いて、内部帰還型スクリューを搭載している、1000rpm以上のスクリュー回転が可能であり、最高出力3000rpmの微量型高せん断成形加工機による溶融混練操作を利用して、共連続構造を得る。 (もっと読む)


【課題】燃料電池の風流管理・熱管理・金属膨張・電解液オーバーフロー及び漏洩を有効に解決できる粉末燃料電池を提供する。
【解決手段】粉末燃料電池であって、少なくとも電流データ集収機と、燃料室と、多孔性隔膜と、電解液室及びガス拡散電極によって構成され,前記多孔性隔膜は燃料が反応した後の酸化物を孔洞から電解液室へ通過させ、且つ未反応の燃料を阻止し、前記電解液室は電解液貯蔵スペースを提供して、イオンを伝導させ、且つ反応後の酸化物を収集するスペースを提供し、前記ガス拡散電極は、少なくともその一側面が酸化剤の出入りする触媒を形成し、電子及び伝導イオンを取得し、突柱は電流データ収集機及びガス拡散電極を接続し、外部導線の接続を免じて直接陰極・陽極へ接続することによって、電気回路を形成し、電力の変換貯蔵を行い、且つ移動性電極を具備する。 (もっと読む)


本発明は、解離剤成分を配合することにより、溶媒中において無機フッ化物の有効な溶解をもたらす組成物、配合物及び方法を提供する。本発明の解離剤は、錯体形成、酸−塩基反応、及び付加物形成反応などの、溶液中の化学反応に参加し、それらが溶媒環境の範囲における無機フッ化物の溶解の増進をもたらす。ルイス酸、ルイス塩基、アニオン受容体、カチオン受容体又はそれらの組合せを含む解離剤を提供しており、それらがある範囲の無機フッ化物、特に、本発明の解離剤が存在しないと、多くの溶媒に高度に不溶であるLiFなどの無機フッ化物の溶解の程度を著しく増加させる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、シール性、耐熱性、耐酸性に優れ、低反力、低硬度であって、圧縮永久歪みが小さく、特に高温での圧縮永久歪みおよび圧縮割れ性が改善された成形体を製造し得るゴム組成物およびその用途、ならびに該ゴム組成物を実装した本体を提供することを課題としている。
【解決手段】本発明のゴム組成物は、特定のエチレン・α−オレフィン・非共役ポリエン共重合体[A]およびカーボンブラック[B]と、沈殿法シリカを表面改質して得られる、BET比表面積が30〜80m2/gであり、コールターカウンター法による粒子径が
1.0〜4.0μmであり、かつ、M値が50以上の表面改質シリカ[C]とを含有してなることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】車両用燃料電池モジュールにおいて、電気出力端子の短絡を防止する。
【解決手段】積層した発電セル16から電力を取り出す電気出力端子21,23を備えるセル積層体15を内面に絶縁層13が設けられた金属製のケース12に収納し、発電セル16の積層方向が車両の前後方向であって、電気出力端子21,23が車両前方側となるように車両前方のボンネット10内に燃料電池モジュール11を配置する。電気出力端子21,23の外面に蓋14の絶縁層13よりも厚い絶縁性ゴムからなる絶縁カバー22,24を設ける。 (もっと読む)


電位を生成する金属ハロゲン電気化学エネルギーセルシステムを提供する。このシステムの一実施形態は、少なくとも1つの正電極と少なくとも1つの負電極とを含む少なくとも1つのセルと、少なくとも1つの電解質と、その電解質をハロゲン反応物と混合する混合ベンチュリと、ハロゲン反応物と混合された電解質を正電極を通して金属電極を横切らせて運ぶ循環ポンプとを含む。好ましくは、正電極は多孔性炭質材料を含み、負電極は亜鉛を含み、金属は亜鉛を含み、ハロゲンは塩素を含み、電解質は水性塩化亜鉛電解質を含み、ハロゲン反応物は塩素反応物を含む。また、システムの変化形およびそれらのシステムのための動作方法をも含む。
(もっと読む)


41 - 60 / 89