Array ( [0] => 燃料電池(本体) [1] => 燃料電池の種類 ) 燃料電池(本体) | 燃料電池の種類
説明

Fターム[5H026AA00]の内容

燃料電池(本体) (95,789) | 燃料電池の種類 (22,617)

Fターム[5H026AA00]の下位に属するFターム

Fターム[5H026AA00]に分類される特許

41 - 60 / 89



【課題】燃料電池の製造効率の改善を可能とする。
【解決手段】複数のセルを積層したセル積層体からなる燃料電池の製造装置は、複数のセルを積層するためのセル積層載置部と、セルの積層方向に垂直であり、かつ、水平方向に平行な回転軸を中心に、セル積層載置部を回転させるための回転機構と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)






【課題】燃料電池システムの装備配置において、スペース効率を高める技術を提供する。
【解決手段】本発明は、燃料電池システムを提供する。この電池システムは、積層された複数の発電体を有する燃料電池スタックと、反応ガス供給部と、複数の発電体の少なくとも一部の電極の電位を計測するセル電位計測部とを備える。燃料電池スタックの予め設定された運転姿勢において、反応ガス供給部の少なくとも一部と、セル電位計測部の少なくとも一部と、がいずれも燃料電池スタックの下方乃至側面に配置されている。 (もっと読む)


【課題】燃料電池の面圧を均一に維持することができ、パッケージ効率を向上させることができる燃料電池用スタック締結機器を提供する。
【解決手段】本発明は、スタック両端部に装着されたエンドプレートを締結するワイヤーと、アップエンドプレートの上部に装着されて、前記ワイヤーのテンションを調整するテンショナーと、前記テンショナーの上下移動を案内するために中央溝を備え、前記テンショナーを囲む構造で形成されるテンションガイドと、前記テンショナー両側に設置され、スタック上部のワイヤーを案内する上部ガイドと、ダウンエンドプレートの下部両側に装着されて、スタック下部のワイヤーを案内する下部ガイドと、を含めて構成され、前記テンショナーはアップエンドプレートの上部にテンションボルトで装着されて、ネジ移動方式により上下の高さが調節され、前記ワイヤーのテンションを調整することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】簡便に燃料を供給でき、効率的な発電が可能な燃料電池を提供すること。
【解決手段】酵素を触媒として酸化還元反応が進行することにより起電する燃料電池であって、燃料の気化により形成される燃料気化層と、該燃料気化層から気化された燃料が供給される負極と、該負極とプロトン伝導可能な状態で接続する正極と、を少なくとも備える燃料電池を提供する。該燃料電池は、燃料を気化させた状態で電極に供給するため、電極内部まで気化した燃料が供給され、電極内部表面における反応が十分に進行し、効率的な発電による高出力化が実現できる。また、電極に酵素等を固定化する場合であっても、燃料を気化させた状態で電極に供給するため、液体燃料中への酵素等の溶出を防止することができ、酵素等の溶出による出力低下を防止することが可能となる。 (もっと読む)


【課題】燃料電池には電解質膜より多孔質膜が最適である理由を証明する。それには水の全てを詳細に理解して実証することである。従来より水を冷却すれば氷結する理由と、水道水が凍結して鋼鉄製水道管を破裂する理由を実証できなかった。それで、解決できる方法の発明が求められていた。
【解決手段】本発明は原子核の基礎から検討し光波電波の伝播からヒントを得て(空間の中での原子エネルギー状態)と波動の発生伝播原理を発見した(図1)。これを基礎として原子核の構成構造理由から全ての物体の構成構造理由と原子結合エネルギー状態まで実証できた。それで、燃料電池では水素原子と酸素原子で水結合ができる過程を実証した結果より、多孔質膜の使用は最適(図7)。水を冷却すれば氷結する理由は(図3)、水道水の凍結で鋼鉄製水道管を破裂するエネルギーが発生する理由は(図6)。水は流動性を表す理由は(図5)で解決できた。 (もっと読む)


【課題】 多孔質構造体における2相浸透流れに対して均質化法を適用し、マルチスケール解析のための理論構築を図り、その数値解析アルゴリズムを提案することを提供すること。
【解決手段】 多孔質体構造体を流れる気液2相の流れをミクロ・マクロスケールで解析する気液2相流解析方法において、想定している立方体ミクロ構造で、3軸方向圧力勾配、及び水飽和度を変化させたときの、気相浸透係数Ka、液相透過係数Kw、及び毛管圧力Pcawをデータとして記憶し、多孔質体構造体の多孔質体形状を、データから読み出した気相浸透係数Ka、液相透過係数Kw、及び毛管圧力Pcawを持った等価均質体に置き換えて、マクロ構造の浸透流解析を行う。 (もっと読む)


【課題】エネルギー回収効率を低下させずに部品を交換できる微生物燃料電池及び微生物燃料電池用の隔膜カセットを提供する。
【解決手段】嫌気性微生物群11を担持させる負電極10を有機性基質Sに浸漬すると共に、少なくとも一部分がイオン透過性隔膜21で形成された外殻25と入出孔22、23とを有する密閉型中空カセット20内に電解液Dと共に封入し又はカセット20のイオン透過性隔膜21の内側に結合した正電極15を有機性基質Sに差し込み、入出孔22、23経由でカセット内に酸素Oを供給しつつ負電極10及び正電極15を電気的に接続する回路18経由で電気を取り出す。好ましくは、密閉型中空カセット20の外殻25を、イオン透過性隔膜21を張設することで密閉される開口26と入出孔22、23とを有する中空外殻フレーム25とし、イオン透過性隔膜21を正電極15と一体成形された膜・電極接合体(MEA)とする。 (もっと読む)








【課題】車両用燃料電池モジュールにおいて、電気出力端子の短絡を防止する。
【解決手段】積層した発電セル16から電力を取り出す電気出力端子21,23を備えるセル積層体15を内面に絶縁層13が設けられた金属製のケース12に収納し、発電セル16の積層方向が車両の前後方向であって、電気出力端子21,23が車両前方側となるように車両前方のボンネット10内に燃料電池モジュール11を配置する。電気出力端子21,23の外面に蓋14の絶縁層13よりも厚い絶縁性ゴムからなる絶縁カバー22,24を設ける。 (もっと読む)



41 - 60 / 89