Fターム[5H026AA00]の内容

燃料電池(本体) (95,789) | 燃料電池の種類 (22,617)

Fターム[5H026AA00]の下位に属するFターム

Fターム[5H026AA00]に分類される特許

81 - 89 / 89


【課題】 アンモニアなどの窒素含有化合物を光分解により、無害で環境を汚染しない窒素等の物質とし、またさらには、エネルギー源なりうる水素等の物質に変換し有効利用する方法を提供する。
【解決手段】 窒素含有化合物を含む液相又は気相媒体の当該媒体中に、n−型半導体を装入し、この半導体を含む媒体中に光照射して溶存窒素含有化合物を分解し、窒素と水素に変換するか、光を吸収して励起し電子の授受を行うことのできる増感剤を当該媒体中に装入し、光照射してこの窒素含有化合物を分解する。また、窒素含有化合物を含む水系媒体等の液相媒体中に、半導体電極及びその対極を挿入し、当該電極を外部導線で接続して外部回路を形成し光照射することにより、当該窒素含有化合物を分解し、光電流を発生させる光燃料電池を形成することもできる。 (もっと読む)


【課題】燃料電池の小型化を図ること。
【解決手段】従来の燃料電池は、セル積層体12の両端面に配置される第1及び第2のターミナルプレート13,14と、第1ターミナルプレート13の外側に配置される第1絶縁板15と、第2ターミナルプレート14の外側に配置される第2絶縁板16と、第1絶縁板15の外側に配置される第1エンドプレート17と、第2絶縁板16の外側に配置されるプレッシャープレート18と、同プレート18の外側にスプリング19を介して配置される第2エンドプレート20とを備える。これに対し、本発明の燃料電池1は、プレッシャープレート2におけるセル積層体12との対向端面に導電処理を施し、同プレート2のそれ以外の面に絶縁処理を施すことで、従来の部材14,16を省略し、第1エンドプレート8の内側面に導電処理を施し、同プレート8のそれ以外の面に絶縁処理を施すことで、従来の部材13,15を省略している。 (もっと読む)


【課題】外部配管からマニフォールドへの流れ、またはスタックからマニフォールドへの流れを、マニフォールドの入口部から出口側へと向かう途中で大きく曲げる構造では、当該屈曲部にて流体が剥離や渦を生じるため圧力損失および騒音、振動が発生する。
【解決手段】スタック2からの流体が流入する内部側通路11bの途中に屈曲部22を有するマニフォールド1において、前記屈曲部の下流側に、途中から2方向に分岐したのち合流する分岐状通路部23a、23bを設ける。屈曲部を通過した流れは2方向に案内され、通路が単一である場合に比較して流れの自由度が制限されることから円滑な流れを形成する。 (もっと読む)


低温で成形、加硫、接着が可能で、かつ立体状に成形可能である基体一体型ゴムの製造方法を提供することを目的とする。そのために、ゴムを基体101上の正確な位置に一体化して設ける基体一体型ゴム111の製造方法であって、ゴム成形用の金型K内に基体101を載置する載置工程と、未加硫のゴム102を基体101が載置された金型Kに流し込み成形する成形工程と、基体101と一体化した未加硫ゴム104を取り出す離型工程と、加流を行う加硫工程と、を有することを特徴とする基体一体型ゴム111の製造方法を提供する。
(もっと読む)


【課題】金型凹部に比較的薄く粉末原料を供給するときであっても、粉末原料を均一に均すことができる粉末原料の供給装置及び供給方法を提供する。
【解決手段】粉末原料12を圧縮成形して薄板状の成形品を成形する成形装置に粉末原料12を供給する原料供給装置2であって、一成形工程毎に要する粉末原料12を貯留するとともに、それを金型凹部20に撒布しつつ均す供給筒18と、該供給筒18を粉末原料供給の待機時に冷却するとともに該供給筒18からの粉末原料12の漏洩を防止する冷却手段23,24とを有する。 (もっと読む)


【課題】 分散されたCNT断片から迅速な方法でカーボンナノチューブを含んでなる比較的長いミクロ繊維を二次加工する方法を提供すること。
【解決手段】 本発明はナノテクノロジーの分野に関する。特定的には、本発明は分散されたカーボンナノチューブ断片からのカーボンナノチューブミクロ繊維の製造に関し、分散されたカーボンナノチューブ断片は続いて電場に暴露される。 (もっと読む)


【課題】 耐食性を有し、しかも、低コストで製造可能であり、且つ、機械的強度も確保することができる流路内蔵型台座及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 上プレート22として耐食性材料からなるものを用い、下プレート23として金属材料からなるものを用いて、上下プレート22,23の間に上下プレート22,23よりも低融点の熱可塑性であり且つ耐食性の接着保護シート25を介設した状態で加圧及び加熱をすることにより、接着保護シート25を溶融して、上下プレート22,23を接着保護シート25によって接着する。また、2枚の上プレートを、下プレートを挟んで対向した状態で重ね合わせることにより多段化した構成として、各上プレートと下プレートとの間にそれぞれ接着保護シートを介設するようにしてもよい。 (もっと読む)


【課題】 特別な資材や設備を必要とせず、簡単且つ確実に溝(内蔵流路)のシールすることができて、組み立てが容易な流路内蔵型台座を提供する。
【解決手段】 上プレート22の接合面22bには溝27の全周縁に沿うようにしてシール部30aを突設し、ボルト24とナット25の締め付けによりシール部30の先端30aを下プレート23の接合面23aに押し付けて、溝27の全周縁をシール部30でシールするように構成する。しかも、上プレート22を下プレート23よりも硬い材質とすることにより、ボルト24とナット25の締め付けによってシール部30の先端30aを下プレート23の接合面23aに食い込ませる。シール部30を下プレート23に形成して、上プレート22に食い込む又は上プレート22に押し潰されるようにしてもよい。また、シール部30の横断面形状は先端30aに丸みを付けた形状又は三角形状とする。 (もっと読む)


本発明は、燃料としての金属アノードと生体適合性膜とを含む燃料電池に関する。
(もっと読む)


81 - 89 / 89