Fターム[5H026AA02]の内容

燃料電池(本体) (95,789) | 燃料電池の種類 (22,617) | 両方の活物質が気体であるもの (19,946) | 水素−酸素燃料電池 (19,858)

Fターム[5H026AA02]の下位に属するFターム

Fターム[5H026AA02]に分類される特許

201 - 220 / 937


本発明は、燃料電池(12)を支持するベースプレート(14)と、互いに重ねて積層された燃料電池(12)を部分的に覆うキャップ(16)であって、互いに重ねて積層された燃料電池(12)を電気的に絶縁するために電気絶縁材料、特にセラミックからなるキャップ(16)とを備える燃料電池スタック(10)に関する。本発明によれば、カソードガスを案内するために提供される金属キャップ(18)が、ベースプレート(14)と共に、燃料電池(12)を含むキャップ(16)を覆い、金属キャップ(18)が、封止状態でベースプレート(14)に取り付けられることが企図される。さらに、本発明は、燃料電池スタック(10)を製造するための方法に関する。
(もっと読む)


燃料電池に使用される一例の流れ場板が複数の入口流路を備える。また複数の出口流路を備える。これらの流路は、少なくとも2つの入口流路が各々の入口流路の第1の側において互いに隣接するように配置される。また、これらの入口流路の第1の側とは反対側となる第2の側において少なくとも1つの出口流路が各々の入口流路に隣接するように配置される。
(もっと読む)


本発明は、燃料電池を操作するための方法、特に燃料電池をスイッチオフするための方法に関する。本発明に従う方法により、燃料電池がより良好な方法で保管され、規定された低い化学ポテンシャルが両方の電極に施される。 (もっと読む)


【課題】システム内で発生する熱を有効利用することによって燃料電池スタックを暖機することを可能にする。
【解決手段】熱交換器40を燃料電池スタック2に取り付け、エアコンプレッサ10により圧縮されて昇温された空気を熱交換器40に供給する。熱交換器40で熱交換に利用した空気は発電のための酸化剤ガスとして燃料電池スタック2に供給する。 (もっと読む)


【課題】氷点下の非発電時におけるセル抵抗の上昇を抑える。
【解決手段】締結荷重を調整することのできるアクチュエータ4を燃料電池スタック2に取り付けておく。そして、非発電時の燃料電池スタック2の内部温度を温度センサ8によって監視する。燃料電池スタック2の内部温度が基準温度である1℃以下まで低下した場合には、締結荷重を発電時の締結荷重に維持するようにアクチュエータ4を制御する。 (もっと読む)


【課題】 簡単な構成で複数のセルの発熱量を個別に調整し、セルスタック構造体の温度分布を均一化する。
【解決手段】 セルスタック構造体1に、反応ガスGをセル2に供給するガス通路11と、温度調節媒体をセル2に供給する媒体通路とを設ける。ガス通路11のガス分配口14を反応ガスGの上流側に位置するセル2ほど小さくなるように形成し、ガス供給量を上流側で少なくし、下流側で多くする。これにより、発電時の発熱量がガス上流側のセル2で増加し、ガス下流側のセル2で減少する。同様に、媒体通路の媒体分配口を反応ガスGの上流側に位置するセル2ほど小さくなるように形成し、温度調節媒体が奪い取る熱量をガス上流側で減少させ、ガス下流側で増加させる。 (もっと読む)


【課題】切込みの大きさ等を極力一定として、より多くの開口を成形することにある。
【解決手段】第一傾斜刃面部20f及び第二傾斜刃面部20sに、各々、第一刃部材14を収納可能な第一収納部30(30f,30s)と、第二刃部材16を収納可能な第二収納部32(32f,32s)を設けて、第一収納部30及び第二収納部32の収納厚み寸法を一定とするとともに、収納すべき刃部材14,16の最大板厚寸法以上に設定した。 (もっと読む)


【課題】燃料電池を構成する発電ユニットのずれを起こりにくくして、燃料ガスや冷却水の漏れを抑制することを目的とする。
【解決手段】燃料電池10であって、積層された複数の発電ユニット100と、前記複数の発電ユニットを締結する締結手段(105〜130)と、前記燃料電池に対して衝撃が加わった時に前記複数の発電ユニット100に対する締結荷重を加重する締結荷重付加手段140とを備える。 (もっと読む)


【課題】 発電時における水素分離膜と電解質膜との界面剥離を抑制することができる燃料電池の製造方法を提供する。
【解決手段】 本発明に係る燃料電池の製造方法は、水素をプロトンおよび/または水素原子の状態で透過する水素分離膜(12)上にプロトン伝導性を有する電解質膜(14)が設けられた水素分離膜−電解質膜接合体(10)に対し、水素分離膜−電解質膜接合体の発電前に、水素処理を施す水素処理工程を含むことを特徴とするものである。本発明に係る燃料電池の製造方法によれば、発電前に水素分離膜と電解質膜との間の応力が緩和されていることから、発電時または発電後における水素分離膜と電解質膜との剥離が抑制される。それにより、燃料電池の発電性能低下が抑制される。 (もっと読む)


【課題】複数の電池セルにより構成される移動体搭載用組電池(燃料電池等)において、この電池セルの起電力を個別に検出するための信号配線を筐体に対して簡便にかつ堅固に支持させる構造を提供する。
【解決手段】電池セルにおける個別の起電力を検出する電圧検出手段(10)と、電池セル及び電圧検出手段(10)を連結し前記個別の起電力を導く信号配線(20)と、複数の電池セルを配列させて内部に収納するとともに信号配線(20)に接続する出力端子を外部に露出させる開口(35)を備える筐体(30)と、筐体(30)に対して自在に貼着/脱離する面ファスナ(40)とを備え、信号配線(20)を着脱自在に支持させることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】イオンが含まれた凝縮水の脱イオン処理を確実にでき、コストの低廉化、省スペース化を図れる、燃料電池発電装置を提供する。
【解決手段】複数の電池単セル1が積層され、一対の集電板20,20で挟持した構造をなす燃料電池セルスタック10と、陽極と陰極の間に、イオン交換膜32によって区画された脱塩室R1と濃縮室R2とを有する電気式脱イオン装置30とを備え、電気式脱イオン装置30が、燃料電池セルスタック10の冷却水供給口側に連設され、燃料電池セルスタック10の一方の集電板15が、電気式脱イオン装置30の陽極又は陰極をなしており、脱塩室R1から排出される処理水を、燃料電池セルスタック10の前記冷却水路を流通させるように構成されている。 (もっと読む)


【課題】塗工対象の特定部分を選択的に塗工する方法において、塗工対象の熱歪みを発生させることなく工程時間を短縮することが可能な塗工ヘッドおよび塗工装置を提供することである。
【解決手段】塗工ヘッド12は、塗布用開口30と、加熱用開口32と、冷却用開口34と、を有し、冷却用開口は、加熱用開口と隣接して配置される。塗工ヘッド12を適用した塗工装置は、塗工ヘッド12のほかに、塗工対象を保持する保持テーブル24と、塗工ヘッド12を移動させる駆動部20と、制御部22と、を備え、制御部22は、塗工ヘッド12の塗布用開口30と加熱用開口32とが配置される方向に沿って加熱用開口32に対して塗布用開口30が先頭となるように、塗工ヘッド12を塗工対象に対して相対的に移動させながら、塗布液を吐出させ、塗布液の吐出と連動して、加熱媒体の吹出し及び冷却媒体の吹出しを実行する。 (もっと読む)


【課題】
燃料電池スタックのセル電圧測定及びそれに適したセパレータを提供する。
【解決手段】
金属セパレータの一部を折り曲げて、セル電圧検出端子として用いることで、セル電圧検出端子と電圧測定端子との接続作業を簡単な構成で効率的且つ容易に遂行するだけでなく、前記セパレータを経済的に提供することも可能となる。また、これまで積層前に個々に取り付けていた電圧線を、積層後にまとめて接続することが可能となり、万が一外れてしまった場合の保守作業も容易に行うことが出来る。 (もっと読む)


【課題】高分子フィルムを、熱処理により炭素化させて、皺、ひずみおよび割れのない平面性の高い炭素質フィルムが得られる炭素質フィルムの製造方法を提供する。
【解決手段】本炭素質フィルムの製造方法は、1枚以上の高分子フィルム13と高分子フィルムの熱分解温度以上の温度において耐熱性を有する耐熱性フィルム11とを交互に積層して積層体10を得る積層工程と、不活性ガス中あるいは真空中で、高分子フィルムの熱分解温度以上の温度で、積層体10を熱処理することにより、高分子フィルム13を炭素化して炭素質フィルム15を得る炭素化工程と、を備える。 (もっと読む)


【課題】スタック組立時間と工程を短縮させ、自動化装置を利用した組立が可能で大量生産に適した燃料電池スタックの締結方法と、燃料電池スタックを提供する。
【解決手段】多数の単位セルとその両先端にエンドプレートを具備した燃料電池スタックにおいて、両先端のエンドプレートを固定するための締結バー107と、前記締結バーの端部を貫通し、ヘッド部10で支持しながらエンドプレート106に締結される固定ブロック11と、前記固定ブロックの締結方向に対して直角を成しながら前記締結バーを貫通して固定ブロックと締結される固定ピン12と、からなり、前記固定ピンはエンドプレート上の引っかけ突起に回転操作により引っかけ及び解除され、着脱可能な構造で締結されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】単位電池中央部での面圧の不足による接触抵抗の増大およびタイロッド近傍での面圧の過大による単位電池部材の破損を防止する。
【解決手段】燃料電池は、燃料電池積層体1と、燃料電池積層体1を挟持するように配置されたエンドプレート2と、エンドプレート2それぞれを互いに近接する方向に締め付けて燃料電池積層体1およびエンドプレート2を保持するタイロッド3と、を有する。エンドプレート2は、外側エンドプレート2aと内側エンドプレート2bとに分割可能である。外側エンドプレート2aおよび内側エンドプレート2bの接触面積は、燃料電池積層体1および内側エンドプレート2bの接触面積よりも小さい。タイロッド取付け部7近傍では、外側エンドプレート2aと内側エンドプレート2bとの間に隙間部6が形成されている。 (もっと読む)


【課題】発熱体の配置位置の自由度を上げて、セル積層体の端部付近を十分になおかつ均一に温度調整する。
【解決手段】燃料電池10において、燃料ガスと酸化ガスとの電気化学反応により発電が行われる単セルが複数積層されたセル積層体50と、セル積層体50の端部に設けられ、セル積層体50を加熱する加熱部53とを有する。加熱部53は、給電によって発熱するPTC素子70を板面内に備えた発熱板62と、当該発熱板62を挟むように発熱板62の両側に設けられ、前記発熱板62のPTC素子70に接触して給電する一対の電極板61、63と、を有する。 (もっと読む)


【課題】積層時の加熱及び加圧による流路の変形を抑制することができる流路構造体及びその製造方法を提供する。
【解決手段】複数の基板1〜6を積層することによって内部に流路14が形成された流路構造体10は、複数の基板1〜6のうち少なくとも二つの基板1,6は、その表面に該表面を覆う支持層(銅箔7,8)が設けられている。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、燃料電池構造を提供する。
【解決手段】 ベースと、ベースに設置され反応領域、第一接続ポート、出力端子を含み第一接続ボートと出力端子が反応領域に接続されるセルユニットと、第一接続ポートによって反応領域に第一流体を伝送する第一供給装置と、第二流体を反応領域に提供し第二流体と第一流体が反応領域で反応することで電力を発生し出力する第二供給装置と、第一接続ポートによって第三流体を反応領域に伝送し、第三流体によってセルユニットに加湿処理を行う第三供給装置とを含む。 (もっと読む)


【課題】
本発明は、簡単な製造方法によって、常温域から高温域に至るまでその機械的な強度や電気的な性能の劣化が無く、長期間の使用によっても信頼性を維持することが可能な導電性を有する多孔質材料とその製造方法およびその導電性多孔質材料を用いた燃料電池の電極集電材料を提供することを目的とする。
【解決手段】
骨材粒子と、この骨材粒子よりも小さく前記骨材粒子同士を結合する微細結晶および/または非晶質相とから形成されるとともに、その開気孔率が15乃至80体積%であり、少なくとも前記骨材粒子には導電性を有する皮膜が形成されており、前記骨材粒子は、金属、セラミックス、有機ポリマーのいずれか一種から選択される材料である。 (もっと読む)


201 - 220 / 937