説明

Fターム[5H026HH00]の内容

燃料電池(本体) (95,789) | 数値限定、大小の特定 (18,438)

Fターム[5H026HH00]の下位に属するFターム

Fターム[5H026HH00]に分類される特許

121 - 140 / 1,862


【課題】高い起電力を有しながら、析出物の析出を抑制できるレドックスフロー電池を提供する。
【解決手段】レドックスフロー電池100は、正極電極104と、負極電極105と、両電極104,105間に介在される隔膜101とを具える電池セルに正極電解液及び負極電解液を供給して充放電を行う。正極電解液は、マンガンイオン、或いはマンガンイオン及びチタンイオンの双方を含む。負極電解液は、チタンイオン、バナジウムイオン、クロムイオン、亜鉛イオン、及びスズイオンから選択される少なくとも一種の金属イオンを含む。レドックスフロー電池100は、正極電解液にチタンイオンを含んだり、正極電解液の充電深度が90%以下となるように運転されたりすることで、MnO2といった析出物の析出を抑制し、良好に充放電を行える。また、このレドックスフロー電池100は、従来のバナジウム系レドックスフロー電池と同等、又は同等以上の高い起電力を有する。 (もっと読む)


【課題】 撥水撥油性、防汚性、耐熱性、耐候性および耐磨耗性に優れた表面処理剤を提供する。
【解決手段】 (A)重合性基を含有する含フッ素シルセスキオキサン単量体(a)から誘導された構成単位を有して成る含フッ素重合体を含んでなる表面処理剤を提供する。含フッ素重合体は、構成単位(A)に加えて、(B)フッ素原子を含まない単量体(b)から誘導された構成単位、および(C)必要により存在する、架橋性単量体(c)から誘導された構成単位、を有して成ることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】ラックやピンホールなどの不良を確実に検出することができる検査方法および検査システムを提供する。
【解決手段】電解質と燃料極とからなるハーフセルHCの状態で、アルコール噴射器2により電解質に対してアルコールを噴射し、カメラ3によりアルコールが付着した電解質を撮像し、画像処理部42によりカメラ3で生成された画像データに対して画像処理を行い、判定部43により画像処理部42の処理結果に基づいて電解質に不良が生じているか否かを判定する。これにより、クラックやピンホールなどの不良を確実に検出することができる。 (もっと読む)


【課題】燃料電池の製造工程において、エイジング時間を短縮し、且つエイジング後の燃料電池の発電特性を向上させる。
【解決手段】直接アルコール形燃料電池のエイジング方法は、燃料電池に対して、第1段目の水素を用いたPEFCエイジングと、引き続き、メタノール水溶液を用いたDMFCエイジングによる2段階エイジングであり、エイジング直後から出力特性が向上し、且つエイジング時間を短縮する。 (もっと読む)


【課題】低温下においても性能が高い膜−電極接合体及び固体高分子形燃料電池を提供すること。
【解決手段】高分子電解質膜5と、前記高分子電解質膜5を両側から挟むように配置された酸化剤電極7及び燃料電極9と、を備え、前記高分子電解質膜5、前記酸化剤電極7、及び燃料電極9のうちの少なくとも1つは、(a)プロトン伝導性高分子電解質と、(b)水溶性高分子群から選ばれる1種以上とを含むイオノマーを有することを特徴とする膜−電極接合体10。また、その膜−電極接合体10を備えることを特徴とする固体高分子形燃料電池1。 (もっと読む)


【課題】自然電位の発生により触媒のコアシェル構造が破壊されることを適切に防止しながら、膜電極構造体を製造できる、膜電極構造体の製造方法を提供する。
【解決手段】溶媒と電解質とを混合した溶液を中和する中和工程と、中和工程により中和された溶液にコアシェル構造を有する電極触媒を混合し触媒インクを作製する、触媒インク作製工程と、を備える膜電極構造体の製造方法とする。 (もっと読む)


【課題】黒鉛粒子と樹脂成分とを含有する成形用組成物から燃料電池セパレータを製造するにあたり、燃料電池セパレータから不純物を効率良く除去すると共にこの燃料電池セパレータからの黒鉛粒子の脱落を抑制することができる燃料電池セパレータの製造方法を提供する。
【解決手段】本発明に係る燃料電池セパレータの製造方法は、黒鉛粒子と樹脂成分とを含む原料成分を配合して成形用組成物を調製した後、この成形用組成物を成形して成形体を得る工程、及び液体に超音波振動を印加すると共にこの液体を前記成形体へ向けて吐出する工程を含む。 (もっと読む)


【課題】高分子電解質膜や触媒層の劣化を抑制して十分な高耐久性を実現する。
【解決手段】高分子電解質膜2の両面にそれぞれ燃料電極3と酸化剤電極4を接合してなる膜電極接合体を備えた燃料電池において、膜電極接合体中に標準酸化還元電位が水素イオンよりも高い金属イオンを含有させる。金属イオンの含有量は、高分子電解質膜のイオン交換基容量の1mol%〜15mol%とし、金属イオンはパラジウム(Pd)イオンないし銀(Ag)イオンとする。 (もっと読む)


【課題】多孔質膜の孔径および孔径の分布、空孔率を所定の範囲にすることにより、多孔質膜の機能を制御し、断熱性、機械特性、表面特性(接着性、摩耗性等)に優れる多孔質材料を提供する。
【解決手段】高分子多孔質膜の単独層であって、第1の表面側611から第2の表面側612に向かって、膜厚の10%以上の領域に渡り、孔径が次第に大きくなる独立孔からなる第1の孔径変化部613を有する高分子多孔質膜で、独立泡構造よりなる空孔の孔径を、膜表面から傾斜的に変化するように制御することにより、断熱性、機械特性、表面特性(接着性、摩耗性等)に優れる多孔質材料およびその製造方法。 (もっと読む)


【課題】プロトン伝導性に優れるだけでなく、熱水に対する耐膨潤性がより高く、さらに耐ラジカル性にも優れたプロトン交換膜、および、当該プロトン交換膜を構成するブロック共重合体を提供する。
【解決手段】ブロック共重合体は、化学式1


(化学式1)で表される疎水性セグメントと、化学式2


(化学式2)で表される親水性セグメントとを含み、上記疎水性セグメントと上記親水性セグメントとが、フッ素置換芳香族基で結合されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】燃料電池のプロトン伝導性膜に用いられる補強材であって、耐熱性、耐酸性および寸法安定性に優れる補強材を提供する。
【解決手段】プロトン伝導性膜用の補強材であって、Cガラス組成を有するガラス繊維と前記ガラス繊維同士の結びつきを強めるバインダとを主要構成要素とする不織布からなり、前記ガラス繊維の平均繊維径が0.1μm〜20μmの範囲にあり、前記ガラス繊維の平均繊維長が0.5mm〜20mmの範囲にあり、前記バインダが繊維状バインダを含み、前記繊維状バインダの添加量が、前記ガラス繊維の質量の1%〜40%の範囲にある。 (もっと読む)


【課題】エネルギー密度を向上することができるレドックスフロー電池を提供する。
【解決手段】レドックスフロー電池100は、正極セル102,負極セル103にそれぞれ正極電解液、負極電解液を供給して充放電を行う。正極電解液及び負極電解液はいずれも、活物質としてバナジウム(V)イオンを含有する。正極電解液は、マンガンイオンといったVイオンよりも貴な電位の金属イオン、負極電解液は、クロムイオンといったVイオンよりも卑な電位の金属イオンを更に含有する。レドックスフロー電池100は、充電深度を100%近くまで充電した場合であっても、充電末期に、Vイオンと共に含有された上記別の金属イオンが酸化や還元されることで、水の分解による酸素ガスや水素ガスの発生や電極の酸化劣化といった副反応を抑制できる。充電深度を高めて電解液中のVイオンの利用率を高められることから、エネルギー密度を従来のレドックスフロー電池よりも向上できる。 (もっと読む)


【課題】固体酸化物型燃料電池(SOFC(Solid Oxide Fuel Cell)の電解質として用いられるグリーンシートを成形するための、寸法精度の良好な離型フィルムを提供する。
【解決手段】固体酸化物型燃料電池の電解質として用いられるグリーンシートを成形するために使用される離型フィルムであり、当該離型フィルムは、二軸配向ポリエステルフィルムの両面に離型層を有するフィルムであり、100℃にて30分加熱したときの加熱収縮率が、フィルムのどの方向においても−0.2〜0.2%の範囲であるポリエステル離型フィルム。 (もっと読む)


【課題】 固体酸化物型燃料電池(SOFC(Solid Oxide Fuel Cell)の電解質として用いられるグリーンシートを成形に用いられる離型ポリエステルフィルムとして好適な、離型層のベースフィルムに対する接着性の高い離型フィルムを提供する。
【解決手段】 燃料電池の固体電解質として用いられるグリーンシートを成形するために使用される離型フィルムであり、当該離型フィルムは、二軸配向ポリエステルフィルムの少なくとも片面にシリコーン樹脂の離型層を有し、離型層面のプレス接着率が95%以上であることを特徴とする離型ポリエステルフィルム。 (もっと読む)


【課題】ハンドリング強度を高めて周縁部領域が損傷することを防止しつつ、耐熱衝撃性およびガスリークを極力抑制して高い発電性能を維持できる、固体酸化物形燃料電池用電解質シートを提供する。
【解決手段】本発明の固体酸化物形燃料電池用電解質シートは、少なくとも一方の面の周縁部領域と、前記周縁部領域以外の領域とで、互いに異なる表面粗さを有し、レーザー光学式非接触三次元形状測定装置で測定して得られる、前記周縁部領域における表面粗さRa(b)が0.05μm以上0.3μm未満であり、前記周縁部領域以外の領域における表面粗さRa(i)が0.2μm以上1.2μm以下であり、且つ、Ra(i)のRa(b)に対する比(Ra(i)/Ra(b))が1を超え4以下である。ここで、前記表面粗さRa(b)および表面粗さRa(i)は、算術平均粗さであり、ドイツ規格「DIN−4768」に準拠して求められる表面粗さパラメータである。 (もっと読む)


【課題】触媒利用率を改善させ、出力特性の高い触媒電極を提供し、さらに、これを用いた膜電極接合体及び燃料電池を提供する。
【解決手段】触媒電極を形成するための燃料電池用触媒インクが、少なくとも、触媒と、プロトン伝導性高分子電解質と、無機物に接触させた水とを含む。また、この燃料電池用触媒インクは、水に無機物を接触させる工程と、触媒と水とを混合し、次いで溶媒を混合して分散処理する工程と、さらに、プロトン伝導性高分子電解質を混合して分散処理する工程を経ることで製造される。 (もっと読む)


【課題】燃料電池用プロトン交換膜を構成するスルホン酸基含有プロトン伝導性ポリマー、及び該ポリマーの組成物及び成形物、燃料電池用プロトン交換膜を提供する。
【解決手段】下記化学式1


(式中、Ar1、Arはそれぞれ独立して2価の芳香族基を、Xは水素またはハロゲン原子を、Rは水素または一価の陽イオンを、Yは-CO-、-SO-のいずれかの結合を、WはO又はS原子のいずれかを、nは1以上の整数をa、bは0以上の整数かつa、bのいずれかが1以上の整数を示し、cは0〜1の整数を示す。) (もっと読む)


【課題】 金属基材の異常酸化が抑制されかつ電解質層のひび、剥がれ等が抑制された、燃料電池およびその製造方法を提供する。
【解決手段】 燃料電池は、ガス透過性を有する金属基材と、金属基材上に設けられ触媒活性を有する電極と、電極上に設けられ、固体酸化物電解質と補助材料とを含み、補助材料の融点またはガラス転移点が固体酸化物電解質の焼結開始温度以下である電解質層と、電解質層と電極との間に補助材料の金属基材側への移動を抑制する移動抑制層と、を備える。 (もっと読む)


【課題】触媒利用率を改善させ、出力特性の高い触媒電極を提供し、さらに、これを用いた膜電極接合体及び燃料電池を提供する。
【解決手段】触媒電極を形成するための燃料電池用触媒インクが、少なくとも、触媒と、プロトン伝導性高分子電解質と、超音波を照射された水とを含む。また、この燃料電池用触媒インクは、水に超音波を照射する工程と、触媒と水とを混合し、次いで溶媒を混合して分散処理する工程と、さらに、プロトン伝導性高分子電解質を混合して分散処理する工程を経ることで製造される。 (もっと読む)


【課題】燃料電池へ供給される燃料ガスのできるだけすべてを発電のために用いて、外部に排出させないようにして安全性を高めることができ、かつ、構成も簡素化することが可能な燃料電池システムを提供する。
【解決手段】燃料供給部から供給される水素ガスにより発電する複数の単位セルにより構成される燃料電池20と、この燃料電池20の出力電圧VFCを所定の電圧値に変換して出力するコンバータ31と、出力電圧VFCが予め設定された設定電圧Vrefとなるように制御を行う電圧制御部41と、を備え、電圧制御部41は、複数の単位セルC個々のセル電圧VCを検出する電圧検出部41aと、個々のセル電圧VCの最大電圧もしくは平均電圧と、最小電圧との差電圧を演算する差電圧演算部41bと、差電圧が予め設定した設定差電圧以上となった場合に、設定電圧を第1所定値上げる設定電圧変更部41cと、を備えている。 (もっと読む)


121 - 140 / 1,862