説明

Fターム[5H180AA26]の内容

交通制御システム (133,182) | 制御、検出の対象 (16,345) | 航空機 (262)

Fターム[5H180AA26]に分類される特許

1 - 20 / 262


【課題】所定の対地高度を維持可能であり地形により目標から遮蔽される飛行ルートを適切に判断可能な画像表示装置等を提供する。
【解決手段】画像表示装置1を、目標Oの周囲の地形Tの標高データを蓄積した地形データベース40と、地形データベースを用いて、目標からの見上げ角αが最大となる地点を、目標を中心とした所定の方位範囲にわたって抽出する最大見上げ角抽出手段60と、目標と見上げ角が最大となる地点とを結ぶ見通し線VLとその直下における地形との高度差である高度クリアランスを目標の周囲における異なった座標位置ごとに演算する高度差演算手段60と、高度クリアランスが所定の閾値C以下である領域を目標の周囲のマップに重畳して表示する表示装置70とを備える構成とする。 (もっと読む)


【課題】TIS−Bを利用する場合、二次監視レーダや航空機に悪影響を与えることなく信号を配信する。
【解決手段】二次監視レーダからの質問信号に応答して航空機から送信された応答信号を入力し、当該応答信号に含まれる航空機の位置情報から二次監視レーダのアンテナの向きを予測するアンテナ予測手段213と、アンテナ予測手段213が予測した向きが所定範囲のとき、信号の配信を制限する送信制御手段214とを備える。 (もっと読む)


【課題】ユーザの身体に対して気象状態の影響をできるだけ及ぼすことが無いようにして、目的地までの案内を行えるようにする。
【解決手段】GPS部102を通じて測位した現在位置から操作部131を通じて受け付けた目的地までのルートを、ルート検索部103によって地図DB132の地図データから検索する。このとき、ルート検索部103が、通信部109を通じて契約会社サーバから取得した気象に関する情報を考慮し、気象状態がユーザの身体に影響を及ぼすことが少ないと考えられるルートを検索する。この検索したルートを、LCD106を通じてユーザに提示する。 (もっと読む)


【課題】航空機の管制を移管する際に必要な間隔を確保するために、どの航空機をどのタイミングで移管させるべきか、そのためにどのような管制を行うべきかを具体的に示すことができる航空路データ情報処理システム、管制指示推奨方法およびプログラムを提供する。
【解決手段】航空路レーダー情報処理システム1の到着順位算出処理部151が、航空機間の相対距離を算出する。そして、管制指示推奨情報生成処理部152が、相対距離に基づいて、各航空機に必要な遅延量を算出し、算出した遅延量に応じた管制指示を推奨する管制指示推奨情報を生成する。 (もっと読む)


【課題】 飛行体を先着順に到着させる公平性を担保しつつ、適正な到達順序付けと滑走路使用時間の割当てを可能とする。
【解決手段】 飛行体の飛行計画と飛行情報に基づいて、到達時刻を算出する基準到達時刻算出手段と、前記到達時刻の先着順に到達順序を決定する先着順ルール順序付け手段と、前記先着順ルール順序付け手段によって決定された順序に基づき、到達時刻の誤差の影響を含めて評価関数から評価値を算出する第1の評価値算出手段と、前記第1の評価値算出手段により算出された前記評価値と閾値との比較によって到達順序付けと滑走路使用時間の割当てを終了するかの判定を行う割当て終了判定手段とを備える。 (もっと読む)


【課題】視認性に優れたシームレスな視野角画像を出力すること。
【解決手段】画像生成装置は、移動体の進行方向に対して直交する方位に配置された複数のカメラ10a,10b,10cを備える視野カメラ部10と、上記移動体に搭載されたセンサの視軸方位を設定する視軸設定部40と、視軸方位を示すレティクルシンボルを生成するレティクルシンボル生成部30と、撮像画像を連結した画像の両端に模擬画像を付加し、レティクルシンボルを重畳した合成画像を生成し、合成画像のうち視軸方位を中心とする画像を表示装置50に出力する画像合成処理部20とを具備する。 (もっと読む)


【課題】 解像度が高くて画角も大きな高性能のカメラを使用することなく、高解像度を実現できる飛翔体の三次元解析装置を提供する。
【解決手段】 水平方向に離間させた二箇所から所定領域における飛翔体をステレオ撮影するための飛翔体の三次元解析装置である。前記の二箇所の各々には、複数のカメラにて構成される撮影カメラ群と、その撮影カメラ群が撮影した画像データを合成して合成画像データを作成する合成画像データ作成手段と、その合成画像データ作成手段にてそれぞれ作成された二つの合成画像データを用いて、飛翔体の三次元位置を演算するステレオ解析手段とを備える。前記の撮影カメラ群は、当該撮影カメラ群を構成する各々のカメラにおける水平方向の撮影領域が連続するとともに、垂直方向の撮影領域が同一となるように固定する。 (もっと読む)


【課題】管制担当者が管制指示を行う対象の無線呼出符号(航空機識別名)を誤って発声した場合に、誤りの検出が可能な航空管制システムなどの交通管制システムを提供する。
【解決手段】誤発声検出報知手段(航空管制指示対象航空機選択手段21、マイク22、送信機23、音声認識装置24、航空機識別名抽出手段25、航空機識別名比較手段26、警報出力手段27、スピーカ28)により、管制対象表示手段(航空管制情報処理システム10)に表示されている管制対象情報から、管制担当者(管制官M)が現時点で管制指示の対象とする管制対象を選択し、管制指示用音声を発声して無線通信により管制指示を行うとき、同管制担当者の管制指示用音声が解析され、この解析結果が、選択されている管制対象と異なることを示す場合、管制担当者に対して誤発声である旨が報知される。 (もっと読む)


【課題】経路案内情報や地図情報の取得処理の妨害や、通信量の増大を招くことなく、リアルタイムに変化する測位誤差パラメータを適用した経路案内を行うことができるナビゲーションシステム、端末装置、ナビゲーションサーバ、ナビゲーション装置、ナビゲーション方法、および、プログラムを提供することを課題とする。
【解決手段】本発明は、案内経路を探索して案内経路データを生成し、時間の経過により変化する環境情報に基づいて案内経路データの所定領域毎に現在位置情報の測位誤差範囲を示す測位誤差パラメータを設定し、測位誤差パラメータに従って、現在位置情報に基づく利用者の現在位置を中心とした測位誤差範囲内に、案内経路の少なくとも一部があるか否かを判定し、測位誤差範囲内に案内経路の少なくとも一部があると判定された場合、経路案内情報を出力部を介して出力して経路案内を実行する。 (もっと読む)


【課題】航空機が飛行中に遠方の乱気流を検知した場合に、緊急回避最適経路を自動的に生成して、パイロットに報知する乱気流回避操縦支援装置を提供する。
【解決手段】航空機が飛行中に進行方向前方に乱気流等の危険領域が存在することを検出する手段と、該検出手段が危険領域を認識した場合に、その危険領域を直方体の集合で表し、半正定値計画法による初期推定解に基づいて、参照経路からの逸脱が最も少ない2次計画法を用いた回避経路の局所的最適解による飛行経路を生成する手段と、該飛行経路をパイロットに報知する手段とを備えるものとした。 (もっと読む)


【課題】管制表示システムにいて表示される対象物の切迫度を速やかに認識させることを目的とする。
【解決手段】監視の対象となる目標と該目標の属性情報とを取得する情報取得部1と、前記目標の属性情報と該目標の表示態様に関する情報である視点制御の条件とが予め対応付けられて格納されている制御条件格納部3と、前記情報取得部1により取得された該目標の属性情報に一致する属性情報を前記制御条件格納部3から検出し、検出した属性情報に対応付けられた視点制御の条件を抽出する視点制御部4と、前記視点制御部4により抽出された視点制御の条件に基づく前記目標の視点制御が施された結果を表示する表示部9とを具備することを特徴とする管制表示システム10を提供する。 (もっと読む)


【課題】ユーザに経路案内する際、駅等の施設内の移動手段の情報を併せて提供することで、車椅子やベビーカー等を利用するユーザや重い荷物を所持するユーザには、施設内のバリアフリー化された移動しやすい移動手段を把握させることで、ストレスの少ない移動を可能とさせ、また、ウォーキング等を嗜好する健康志向のユーザには、施設内の階段等の移動手段を把握させることができるナビゲーションシステム、端末装置、ナビゲーションサーバ、ナビゲーション装置、および、ナビゲーション方法を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明は、経路探索条件を満たす出発地から目的地までの案内経路データを生成し、案内経路中に施設が含まれる場合、当該施設の移動手段データを抽出し、案内経路データと移動手段データとを少なくとも含む経路案内情報に基づく表示画面を表示部に表示させる。 (もっと読む)


【課題】複数のレーダ装置の受信信号から検出された目標に関する情報を正確に同期表示させること。
【解決手段】第1レーダ装置1及び第2レーダ装置2は、空中線11、21を同一周期で回転させてレーダパルスを送受信して、目標検出部13、23により目標を検出する。データ処理装置3は、第1レーダ装置1及び第2レーダ装置2により検出された複数の目標情報を同期させて出力する。第1レーダ装置1及び第2レーダ装置2は、目標検出処理前後の方位値を目標情報に付加してデータ処理装置3に出力し、データ処理装置3は、目標検出処理前後の方位値をもとに複数の目標情報を基準値に合わせて遅延させる。 (もっと読む)


【課題】オペレータに危険距離に近いことを報知して回避させると共に、最悪の事態(接触事故)が発生した場合でも重大事故に拡大することを防止する事故防止監視制御システムを提供する。
【解決手段】この監視制御装置7は、GPS衛星5からの信号に基づいて得られたクレーン車8に係る位置情報を取得する位置情報取得手段11と、クレーン車8の所定範囲内に位置する送電線に係る情報を格納した送電線情報格納手段12と、クレーン車8に係る位置情報と送電線3に係る位置情報とを照合する照合手段13と、照合手段13による照合結果に基づいてクレーン車8と送電線3との離隔距離を判定する離隔距離判定手段14と、離隔距離判定手段14により判定された離隔距離が所定の安全距離よりも短い場合にクレーン車8に対して警報を発する警報発信手段15と、自動復旧装置の使用の可否を制御する自動復旧装置制御手段18と、を備えて構成されている。 (もっと読む)


【課題】航空機の飛行状態の確認がしやすく、かつ、ホールディング状態の把握がしやすい航空機情報表示装置を提供する。
【解決手段】当該航空機の位置を表すデータであるセンサデータを取得するセンサデータ取得部と、航空機がホールディング状態から離脱しないエリアである第1のエリアを示す第1の座標情報と、航空機がホールディング状態から離脱可能である第2のエリアを示す第2の座標情報とを記憶するエリア記憶部と、前記航空機がどのエリアに存在するかを表す画像を表示する表示部と、前記センサデータ取得部が取得したセンサデータと、前記エリア記憶部に記憶された第1または第2の座標情報と、に基づいて、前記センサデータが示す航空機の位置が前記第1のエリアにあるか第2のエリアにあるかを判定し、判定した結果に基づいて、前記表示部に表示させる制御部と、を有する。 (もっと読む)


【課題】 いかなる縮尺の地図が表示されていても1回のスクロール操作によってユーザが所望する最適なスクロール量を提供するとともに、複数の表示画面を表示させた場合でも、ユーザが所望する地図情報を見易い態様で表示する。
【解決手段】 端末装置20は、表示画面に地図画像を含む各種画像を表示する表示手段204と、前記地図画像と、前記地図画像よりも広域な範囲を含んだ位置情報の相対的特性を用いた図形画像と、前記図形画像上の前記地図画像に対応する表示範囲を表す枠画像と、を各々異なるレイヤーとして管理し、表示手段204に重ねて表示させる表示制御手段205と、表示手段204に表示する画像に対する操作入力を受け付ける操作入力手段206と、を備え、操作入力手段206による前記図形画像と前記枠画像との相対位置を移動させるスクロール操作に伴い前記地図画像をスクロールさせる。 (もっと読む)


【課題】経路探索による探索結果に従って先行して移動している相手へ合流するための経路探索を行う。
【解決手段】端末装置1は、制御部10の制御の下、合流相手の経路探索結果を示す経路情報を通信部40で受信し、受信された経路情報に基づいて、当該経路情報が示す経路上の特定地点に合流相手が到着する第1予定時刻を取得する。また、端末装置1は、特定地点への経路探索を行い、当該特定地点へ到着する第2予定時刻を算出する。また、端末装置1は、第1予定時刻と第2予定時刻とを比較して、合流相手への合流の可否を判定し、当該判定結果が合流可能である場合に算出した経路探索結果を合流相手への合流可能な経路として出力する。 (もっと読む)


【課題】着陸後の航空機と誘導路走行中の航空機との衝突を回避する灯火制御を実施する。
【解決手段】誘導路12と滑走路11の間に少なくとも高速離脱誘導路13が設けられ、誘導路上を走行する航空機17を滑走路側に誘導し、かつ、滑走路に着陸した航空機16を誘導路側に誘導する地上走行誘導支援システムであって、高速離脱誘導路13の滑走路境界部分に横断するように設置された停止線灯23と、高速離脱誘導路13の手前側となる誘導路12上に前記第1の航空機17が存在し、かつ、着陸した第2の航空機16が高速離脱誘導路13の手前側となる滑走路上を高速走行しているとき、停止線灯23を点灯して第2の航空機16の高速離脱誘導路13への進入を禁止する監視制御装置31とを備えた構成である。 (もっと読む)


【課題】自然災害の発生時など駐機スポットの緊急割当が必要になった場合でも、駐機スポットを効率的に提示する。
【解決手段】管制システム2から航空機に係る航空会社、機種並びに空港内の駐機スポットへの到着予定時刻および出発予定時刻を含むフライト情報を受信し、スポット作業管理システム3から少スポット番号、航空会社、機種および駐機スポットの使用時刻を含むスポット割当実績情報を受信する。次に、外部入力情報からスポット割当計画のスポット割当モードを判定し、通常割当モード以外の場合には、フライト情報およびスポット割当モードに基づいてモード別スポット割当条件データベース104から割当候補のスポット番号を取得する。そして、このスポット番号とフライト情報とに基づいてスポット割当実績情報を参照し、航空機が駐機可能な駐機スポットの一覧を含むスポット割当決定画面を作成し、表示する。 (もっと読む)


【課題】多数の移動体を監視する監視者を支援する移動体監視装置において、監視者の注意を喚起すべき場合とそうでない場合とを適切に峻別することにより、監視者の注意義務を軽減し、監視者が適切な判断をできるようにする。
【解決手段】ブロック生成部150は、複数の移動体(航空機)それぞれについて、占有ブロックを生成する。重複判定部170は、複数の移動体についてブロック生成部150が生成した複数の占有ブロックが重複しているか否かを判定する。占有ブロックが重複していると重複判定部170が判定した場合、注意喚起部180は、監視者(管制官)の注意を喚起する。 (もっと読む)


1 - 20 / 262