説明

Fターム[5J104AA18]の内容

暗号化、復号化装置及び秘密通信 (108,990) | 目的、効果 (22,786) | 演算方法の改善(高速化・効率化・簡素化) (933)

Fターム[5J104AA18]の下位に属するFターム

Fターム[5J104AA18]に分類される特許

1 - 20 / 612


【課題】群構造維持の性質を有し、計算コストが小さいコミットメント方式を提供する。
【解決手段】コミットメント生成装置が、任意の元ta,tb,t(i)を選択し、ca=g(0)ta・Πi=1k g(i)t(i),cb=h(0)tb・Πi=1k h(i)t(i)∈G1,c(i)=m(i)・g2t(i)∈G2を含むコミットメントCを出力する。コミットメント生成装置は、da=g2ta∈G2,db=g2tb∈G2を含むデコミット鍵Dを出力する。コミットメント検証装置は、コミットメントCの入力を受け付け、メッセージm、コミットメント鍵ck、及びデコミット鍵Dの入力を受け付け、関係e(ca, g2)=e(g(0), da)・Πi=1k e(g(i), c(i)/m(i))及びe(cb, g2)=e(h(0), db)・Πi=1k e(h(i), c(i)/m(i))の両方が満たされるかを検証する。 (もっと読む)


【課題】暗号化されたマルチメディアファイルを高速に復号化し、再生開始までに要する時間を大幅に短縮する。
【解決手段】動画データまたは音声データの少なくとも一方を含み、サンプル毎に暗号化されたマルチメディアファイルを復号化するプログラムであって、前記サンプルの読み出し開始位置および読み出しサイズの指定を受け付ける処理と、前記読み出し開始位置を含む前記サンプルの先頭位置およびサンプルサイズを取得する処理と、前記取得した先頭位置から前記サンプルサイズに相当するサンプルを読み出す処理と、復号鍵に基づいて前記読み出したサンプルを復号化する処理と、前記復号化されたサンプルのサンプルサイズが、前記暗号化されたサンプルのサンプルサイズと等しくなるように前記復号化されたサンプルに対してパディングを行なう処理と、の一連の処理を、コンピュータに実行させる。 (もっと読む)


【課題】デジタル信号による白色雑音をより確実に連続的に生成できる白色雑音生成装置を提供する。
【解決手段】デジタル信号により白色雑音を生成する白色雑音生成装置において、正規乱数を生成するための所定の条件を満たす一様乱数を出力する乱数出力部1A/1Bが、複数系統設けられて成る乱数群出力部1と、乱数群出力部1によって逐次出力される複数系統の一様乱数に基づいて、Box-Muller変換により正規乱数を生成し、当該正規乱数に基づいて白色雑音を生成する白色雑音生成部3とを備えたものである。 (もっと読む)


【課題】通信の発生と終了の特性を考慮してSAを高速なSRAMと大容量なシステム共有メモリに適応的に配置する手法を活用し、暗号通信の高速化を図る。
【解決手段】IPパケット長を元に、今後使用される可能性の高いSA、あるいは使用されない可能性の高いSAを分析する。具体的には同一の通信対向相手に対して同一のIPパケット長が連続して送信されている場合、そのSAは今後も使用される可能性が高いと判断する。また、同一の通信対向相手に対して同一のIPパケット長が連続して送信された後に、短いIPパケットが送信された場合、そのSAは当面使用される可能性が低いと判断する。 (もっと読む)


【課題】PC端末と無線接続された携帯端末をPC端末の認証デバイスとして用いる場合に,使い勝手向上のためには,処理時間の短縮が望まれる。
【解決手段】PC端末と無線接続された携帯端末をPC端末の認証用デバイスとして使用する無線通信システムにおいて,動作環境(PC端末装置の処理性能,携帯電話端末装置の処理性能,PC端末装置と携帯電話端末装置間の通信速度)によって,コマンドの転送の方式を切り替え,処理速度を速くする。 (もっと読む)


【課題】小型化した非線形変換部を実現する。
【解決手段】データ処理対象となるデータの構成ビットを複数ラインに分割して入力し、各ラインのデータに対してラウンド関数を適用したデータ変換処理を繰り返して実行する暗号処理部を有し、暗号処理部は、複数ラインを構成する1ラインのデータを入力して、変換データを生成するF関数実行部を有し、F関数実行部は非線形変換処理を実行する非線形変換処理部を有し、非線形変換処理部は1つのNANDまたはNOR演算部と、1つのXORまたはXNOR演算部からなる非線形演算部と、ビット置換部との繰り返し構造を有する。この繰り返し構成により小型化された非線形変換部を実現する。 (もっと読む)


【課題】楕円曲線上の点の対のスカラー倍の合計と、曲線上の第3の点の間の関係の相等性を検証するための方法と装置を提供する。
【解決手段】有限体における群演算結合の促進された計算法が、オペランドの少なくとも1つが、相対的に小さなビット長を有するように調整することにより提供される。楕円曲線群においては、点Rを表現する値が、2つの別の点uGとvQの合計に対応するかという検証は、縮小ビット長の整数w、zを、v=w/zとなるように導出することにより行われる。検証の相等性R=uG+vQは、縮小ビット長のzとwを使用して、−zR+(
uz mod n)G+wQ=Oとして計算される。これはデジタル署名検証において有利であり、検証数の拡大が達成される。 (もっと読む)


【課題】モンゴメリ法での特別な用法である同時点乗算の方法を提供する。
【解決手段】例えば、kP+sQを組み合わせるためにモンゴメリ法を用いて、楕円曲線スキームで重複点(例えばkP及びsQ)を別々に計算するに当たり、kP及びsQの個別の計算において、同時に行うことができるはずの演算が数回繰り返される。そこで、倍加及び加算演算の総数を減らし、これにより、重複スカラー乗算の方法の効率を良くする、同時スカラー乗算法を提供する。PとQの対の元を1つの対に組み合わせ、k及びsのビットを、ビット対として各ステップにて評価する。k及びsのビットが等しい場合には、1回の倍加演算と1回の加算演算のみを必要として現在の対を計算し、k及びsのビットが等しくない場合は、1回の倍加演算と2回の加算演算のみを必要とする。 (もっと読む)


【課題】 乗算剰余テーブルのエントリ数を低減して、べき乗剰余を演算する。
【解決手段】 初期分割部12は、べき指数eを1ビットからビット長wの範囲で分割して複数のワードeiにする。選択部13は、ワードeiから所定のワードexを選択する。数列生成部14は、ワードexを含み、項の総数が2w-1以下の条件を満たす数列Fkを生成する。再分割部15は、ワードeiのうち、数列Fkに含まれないワードを前回の分割における範囲よりも1ビット少ない範囲で再分割する。乗算剰余テーブル算出部16は、数列Fkの各項をべき指数に含む乗算剰余テーブルMFkを算出する。べき乗剰余演算部17は、ワードei、ワードej、および、乗算剰余テーブルMFkを用いて、べき指数eに対するべき乗剰余Cを演算する。 (もっと読む)


【課題】 高精細なハードウェアを搭載せず、微細時間のタイムスタンプを取得する。
【解決手段】 計時回路の計時情報の最小桁が桁上がりを生じたことを把握した際の当該計時情報Tを取得する第1の時刻更新処理部(108、108a)と、ウオッチドッグタイマのカウント値をリセットする際、リセット前のカウント値を取得して計時情報の最小桁が桁上がりを生じたことを把握してからの累積カウント値Cを算出する第2の時刻更新処理部(108、108b)と、所定イベント発生の際、ウオッチドッグタイマのカウント値Cmを取得して計時情報の最小桁が桁上がりを生じたことを把握してからの累積カウント値(C+Cm)を算出し、累積カウント値(C+Cm)、1カウントに要する時間Δt、計時情報Tからタイムスタンプ値Tsを算出するタイムスタンプ生成処理部(109)とを備えたタイムスタンプ取得装置(107)。 (もっと読む)


【課題】演算等の効率をよくした階層的内積述語暗号を提供することを目的とする。
【解決手段】暗号処理システム10は、鍵生成装置100と暗号化装置200と復号装置300とを備える。鍵生成装置100は、t=1,...,Lの各整数tについての基底Bの基底ベクトルに述語情報vを埋め込んだベクトルを復号鍵skとして生成する。暗号化装置200は、t=1,...,Lのうち少なくとも一部の整数tについての基底Bの基底ベクトルに属性情報xを埋め込んだベクトルを暗号化データctとして生成する。復号装置300は、鍵生成装置100が生成した復号鍵skと暗号化装置200が生成した暗号化データctとについてペアリング演算を行い、暗号化データctを復号する。 (もっと読む)


【課題】飽和攻撃や代数的攻撃(XSL攻撃)などの攻撃に対する耐性を高めた共通鍵ブロック暗号を適用した復号処理構成を実現する。
【解決手段】共通鍵ブロック暗号を適用した復号処理において、ラウンド関数実行部に設定される非線形変換処理部としてのSボックスに、少なくとも2種類以上の複数の異なるSボックスを利用した構成とした。本構成により、飽和攻撃に対する耐性を高めることが可能となる。また、Sボックスのタイプとして、異なるタイプのものを混在させる本発明の一実施例の構成によれば、代数的攻撃(XSL攻撃)に対する耐性を高めることが可能となり、安全性の高い復号処理装置が実現される。 (もっと読む)


【課題】設計の自由度の高いノンモノトーン述語をサポートした属性ベース署名方式を提供することを目的とする。
【解決手段】ノンモノトーンスパンプログラムに属性ベクトルの内積を適用することによりアクセスストラクチャを構成した。このアクセスストラクチャは、スパンプログラムの設計と、属性ベクトルの設計とに自由度があり、アクセス制御の設計に大きな自由度を有する。そして、このアクセスストラクチャに対して秘密分散の概念を用いることで、ノンモノトーン述語をサポートした属性ベース署名方式を実現した。 (もっと読む)


【課題】1回の代理計算でf(x,x)を計算することができる。
【解決手段】H,H及びGを巡回群、h,h及びgをそれぞれH,H及びGの生成元、f(x,x)を群Hの元x及び群Hの元xの組を群Gへ写す双準同型写像、E及びEを群Gに値を持つ確率変数、e及びeをそれぞれ確率変数E及びEの実現値、aを0以上の整数として、元x及び元xに対応する第一入力情報τを生成する。元x及び元xに対応する第二入力情報τを生成する。第一入力情報τを用いて、f(x,xを計算可能であり、その計算結果をuとする。第二入力情報τを用いて、f(x,x)eを計算可能であり、その計算結果をvとする。計算結果u及びvがu=vを満たす場合に、そのvを出力する。 (もっと読む)


【課題】実装効率および安全性の高い非線形変換処理構成を実現する。
【解決手段】複数の小さなSボックス(S−box)による非線形変換を実行する第1段の非線形変換部と、第1段非線形変換部からの出力をすべて入力して最適拡散変換を行う行列を適用したデータ変換を実行する線形変換部と、線形変換部の出力データを分割した分割データ各々の非線形変換処理を実行する複数の小型非線形変換部からなる第2段非線形変換部を適用したデータ変換を実行する。本構成により、クリティカルパスを過大にすることなく適切なデータ拡散が実現され、実装効率および安全性の高い構成を実現することができる。 (もっと読む)


【課題】人手を費やさずに、秘匿化データのどの再生箇所においてもマスキング効果を満遍なく働かせる。
【解決手段】フレーム抽出処理31は、音声データ4、音楽データ5を入力し、各々に対して所定の区間単位のフレームに分割する。周波数解析処理32は、単一の音声最大値スペクトルデータ12を出力し、フレームごとに、近傍に位置する音楽フレーム群11の一部の音楽フレームに基づいて算出される複数の音楽平均値スペクトルデータ13を出力する。フィルタ関数作成処理33は、音声最大値スペクトルデータ12、音楽平均値スペクトルデータ13を入力し、フレームごとに、対応する音楽平均値スペクトルデータ13を用いてフィルタ関数データ14を出力する。フィルタリング処理34は、音楽データ5、フィルタ関数データ14を入力し、フレームごとに、対応するフィルタ関数データ14を用いて秘匿化データ6を出力する。 (もっと読む)


【課題】従来よりも匿名性の高い追跡可能な匿名タグ技術を提供する。
【解決手段】検証者装置3は、第一トークンtkn及び第二トークンtknに対応するタグを特定することはできるが、第一トークンtkn及び第二トークンtknに対応するユーザ公開鍵を特定することはできない。この点において、従来よりも匿名性が高くなる。例えば、第一トークンtkn及び第二トークンtknを受け取った検証者は、第一トークンtkn及び第二トークンtknに対応するタグを持つユーザのサービスの利用を停止することはできるが、そのユーザが誰であるかを特定することはできない。 (もっと読む)


【課題】情報を秘匿した状態で、当該情報の保護レベルを判定すること。
【解決手段】第1の演算命令部13aは、データを第1のデータ及び第2のデータに分割し、第1のデータを第1のサーバ20に、第2のデータを第2のサーバ30に送信する。第2の演算命令部13bは、複数の文字列から選択した一つの文字列を第1の文字列及び第2の文字列に分割し、第1の文字列を第1のサーバ20に、第2の文字列を第2のサーバ30に送信する。変換データ生成部20bは、第1のデータ及び第1の文字列とテキストマッチングの論理回路とを用いて変換データを生成し、演算結果算出部30bは、変換データに第2のデータ及び第2の文字列を入力して演算結果を算出する。第3の演算命令部13cは、全ての文字列に対する全演算結果を受信するよう制御し、保護レベル算出部14は、全演算結果を用いて保護レベルを算出する。 (もっと読む)


【課題】サイドチャネル攻撃の際に個人鍵を推定できない楕円曲線を選択する方法を提供すること。
【解決手段】暗号化方法用の楕円曲線を求める方法において、この方法は、
(a)テストすべき楕円曲線を準備するステップと、
(b)このテストすべき楕円曲線に対応するツイスト楕円曲線の位数を決定するステップと、
(c)このツイスト楕円曲線の位数が強い素数であるか否かを自動的に検査するステップと、
(d)このツイスト楕円曲線の位数が強い素数である場合、上のテストすべき楕円曲線を暗号化方法に適切な楕円曲線として選択するステップとを有する。 (もっと読む)


【課題】入力データに対して生成された、認証等に用いる出力データから入力データを復元する。
【解決手段】情報処理装置は、第1計算部、第2計算部および第3計算部を備える。第1計算部は、第1入力データに基づいて、第1出力データと、第1入力データとの誤差が第1範囲に含まれる第2入力データから第1出力データを計算するための第1補助データとを計算し、第1出力データおよび第1補助データのうち少なくとも1つと、第1入力データとに基づいて、第1出力データから第1入力データを計算するための第2補助データを計算する。第2計算部は、第2入力データと第1補助データとに基づいて第1出力データを計算する。第3計算部は、第1出力データと第2補助データとに基づいて第1入力データを計算する。 (もっと読む)


1 - 20 / 612