Array ( [0] => 暗号化、復号化装置及び秘密通信 [1] => 機密保護用情報の管理 [2] => 機密保護用情報の漏曳又は不正使用の防止 ) 暗号化、復号化装置及び秘密通信 | 機密保護用情報の管理 | 機密保護用情報の漏曳又は不正使用の防止
説明

Fターム[5J104EA08]の内容

暗号化、復号化装置及び秘密通信 (108,990) | 機密保護用情報の管理 (21,232) | 機密保護用情報の漏曳又は不正使用の防止 (1,526)

Fターム[5J104EA08]の下位に属するFターム

Fターム[5J104EA08]に分類される特許

1 - 20 / 1,360



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 284


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 284


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 284


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 284


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 284







【課題】認証情報照合と入力間隔照合とによる認証において、誤認証が抑制できるようにする。
【解決手段】複数の要素から構成された認証情報、および認証情報を構成する要素の入力タイミングが認証タイミングとして記憶された認証情報記憶部101と、入力タイミングに対応するリズムを表示部102に表示するリズム表示制御部103と、入力部104より入力された入力認証情報および入力認証情報を構成する要素が入力されたタイミングと、認証情報記憶部101に記憶されている認証情報および認証タイミングとの照合を行う照合部105とを備える。 (もっと読む)


【課題】通信、特にアナログ通信においては通信の秘話性を高めるため、音声波形を様々な方法で変形させていた。しかしながら、変形は入力音声の波形のブロックを単に置換するレベルのものであったため、一部音声が聞き取れると、これを手がかりに元の入力音声の復元ができてしまう場合があった。
【解決手段】以上課題解決のため、本発明では入力音声の素片を暗号鍵により別の音声素片に置換することで伝送を行う。これにより、音声の一部を聞きとって復元することは不可能となり、通信の秘匿性が向上する。 (もっと読む)


【課題】利用者の負担を増すことなく、かつ高い精度でなりすましによる不正なサービス利用を防止することができる認証システム、認証サーバ及び認証方法を提供する。
【解決手段】端末と、端末の予定位置情報を管理する通信サーバと、サービスを端末のユーザへと提供するサービス利用装置と、サービス利用装置及び通信サーバと接続されるサービス提供サーバとを有し、サービス提供サーバは、ユーザからの認証要求およびサービス利用装置の設置場所情報をサービス利用装置から受信するサービス利用装置接続部と、通信サーバと通信する通信サーバ接続部と、通信サーバから予定位置情報を取得する予定位置情報取得部と、ユーザの端末識別情報を保持するユーザ情報データベースと、設置場所情報と予定位置情報とに基づき認証を行う認証部とを有することを特徴とする認証システム。 (もっと読む)








1 - 20 / 1,360