Array ( [0] => 暗号化、復号化装置及び秘密通信 [1] => 機密保護用情報の管理 [2] => 機密保護用情報の配送・生成 [3] => 安全性の根拠 ) 機密保護用情報の管理 | 機密保護用情報の配送・生成 | 安全性の根拠
説明

Fターム[5J104EA31]の内容

Fターム[5J104EA31]の下位に属するFターム

Fターム[5J104EA31]に分類される特許

1 - 20 / 27







【課題】暗号秘密鍵の信頼度に対する評価を、光強度の絶対値測定に依存せずに行うことを可能にした量子暗号装置を提供する。
【解決手段】秘密鍵の情報を含む光子を受信装置に伝送する量子暗号装置であって、多光子の割合の指標である二次の強度相関計数g(2)(0)がg(2)(0)<1を満たす光源と、光源から出射される光子パルスを秘密鍵の候補である秘密鍵候補を生成するための鍵生成用光子パルスとg(2)(0)を評価するための評価用光子パルスとに分離するスプリッターと、スプリッターで分離された評価用光子パルスのg(2)(0)を測定し、測定したg(2)(0)から測定ノイズを除去してg(2)(0)の統計評価データを求める統計評価部と、複数の秘密鍵候補を受信装置に送信した後、複数の秘密鍵候補に対する安全性評価のために、統計評価部で求められたg(2)(0)の統計評価データを受信装置に通知するデータ分析部と、を有する。 (もっと読む)





Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 284




【課題】非対話方式、かつ、複数ビットコミットメント方式のビットコミットメントシステムの提供という課題がある。
【解決手段】本発明のビットコミットメントシステムは、情報mを送信する送信装置と受信装置と公開装置からなる。公開装置は、ABO−TDFの関数インデックスsを含む共通参照情報crsを公開し、送信装置は、検証鍵vkを損失枝として、関数インデックスs及び乱数raから、ABO−TDFを用いて、c0を求め、乱数rbを用いて、c0のランダム化を行い、c1を生成し、乱数ra及び情報mからc2を求め、c1及びc2から、署名鍵skを用いて、署名σを生成する署名生成部と、c1、c2及びσを含むコミットメントcomを生成するコミットメント生成部とを備え、受信装置は、共通参照情報crs及び開封情報Mを用いてコミットメントcomを検証するコミットメント検証部とを備える。 (もっと読む)


【課題】従来の秘匿回路計算の実行回数を削減すること。
【解決手段】本発明は、ビットbi(i=1,2,・・・,n)を秘匿化したデータ[bi]を入力として、biを復元することなくbiの論理演算を行い、論理演算結果を出力する秘密計算システムに適用される。本発明の秘密計算システムは、AND演算を行う場合、まず、[bi]及びnを基に、[n−Σbi]を計算する。次に、当該計算結果を二進数表記した[wj](j=t,t−1,・・・,1、tはnのビット長)を求め、[wj]が全て0であれば[1]を、そうでなければ[0]を論理演算結果として出力する。 (もっと読む)


【課題】圧縮手段が第2原像発見困難性と一方向性とを有しているならば、第2原像発見困難性と一方向性とが保証できるハッシュ値生成装置を提供する。
【解決手段】本発明のハッシュ値生成装置は、入力された任意長のデータXをデータYに変換する前処理部と、データYにパディングを行いデータ長がm−nビットの倍数のデータZを出力するデータ長調整部と、圧縮関数を用いてデータZを圧縮してハッシュ値を求めるデータ圧縮部とを備える。前処理部は、データYが次の2つの条件を満足するように、データXをデータYに変換する。(条件1)データZを、C個のm−nビットのブロックz[1],…,z[C]に分割した場合に、すべてのブロックz[1],…,z[C]がデータX内のμビット(ただし、μはあらかじめ定めた整数)以上を含む。(条件2)データXとデータYとは一対一に対応する。 (もっと読む)


【課題】解析困難性を高めた安全性の高いハッシュ値生成を行うデータ変換装置を実現する。
【解決手段】入力データに対するデータ攪拌処理を実行する攪拌処理部と、データ変換処理対象データであるメッセージデータを分割した分割データを含む入力データに対するデータ圧縮処理を実行する圧縮処理部を有する。複数段の圧縮処理部の一部は、攪拌処理部の出力と、メッセージデータの分割データの双方を入力してデータ圧縮処理を実行する。複数ラウンドの圧縮処理ラウンドの少なくとも一定タイミング毎に攪拌処理を実行させる構成としたので、解析困難性を高めた安全性の高いハッシュ値生成を行うデータ変換装置が実現される。 (もっと読む)


【課題】 安全性の評価が可能なハッシュ関数を提供すること。
【解決手段】 入力されたメッセージをメッセージブロック化部122で、複数のメッセージブロックに分割し、ラウンド定数生成部123で生成されたラウンド定数を用いて、第一ラウンド鍵生成部124又は第二ラウンド鍵生成部125で生成されたラウンド鍵を用いて、撹拌部126において、メッセージブロック毎にブロック暗号を用いて撹拌を行う。ブロック暗号においては、メッセージブロックを分割した複数の分割データのうちの特定の分割データをF関数により変換を行い、他の特定の分割データとの排他的論理和を算出する。F関数においては、少なくとも非線形変換を含む変換を複数回行う。 (もっと読む)


【課題】ユーザのパスワードの入力操作からパスワード情報の漏洩を防止するパスワード認証方式およびパスワード認証方法を提供する。
【解決手段】パスワードの桁ごとに、正解記号、および入力記号を選択するための選択情報を記憶する記憶手段10と、ユーザの操作に基づいて、入力記号候補の組み合わせを表示する表示手段20と、前記パスワードの桁ごとに、該桁に対応する前記選択情報に基づいて、表示手段20が決定した入力記号候補の組み合わせから1以上の入力記号を選択し、前記選択した1以上の入力記号に前記桁に対応する前記正解記号が含まれるか否かを判定する判定手段40と、判定手段40により、前記パスワードの全ての桁について前記正解記号が含まれると判定された場合、前記パスワードが正常に入力されたと判定する認証手段50と、を備える。 (もっと読む)




1 - 20 / 27