Fターム[5K027AA00]の内容

電話機の回路等 (45,388) | 用途 (9,696)

Fターム[5K027AA00]の下位に属するFターム

Fターム[5K027AA00]に分類される特許

1 - 20 / 44


【課題】 多くの交換機に対応する為に連続信号と断続信号の同時検出を行いメンテナンスフリーのダイヤルトーン検出方式を行っている通信端末装置がある。
連続信号と断続信号をダイヤルトーン信号として同時検出しているために、接続されている交換機が現在使用不可な場合に端末側に送出する断続信号であるビジートーン信号と区別ができないという問題点があった。
【解決手段】 ダイヤルトーン信号が連続信号または断続信号であるかを判定する手段を持ち、回線のダイヤルトーンが連続信号の場合に、ダイヤル前の信号検知で断続信号が検出された場合にはその断続信号をビジートーン信号として扱う手段をもつ。 (もっと読む)


【課題】 外出先からでもコストパフォーマンスの高いIP電話を特定の使用者のみが使用可能な転送機能付き電話機を提供する。
【解決手段】 転送機能付き電話機は、電話回線網への接続及びIP網への接続を可能とする構造となっている。転送機能付き電話機は、電話回線網からの着信が予め登録された使用対象者からの着信であるかを判別する判別手段(制御部13)と、判別手段が電話回線網からの着信が使用対象者からの着信であると判別した時に電話回線網からの着信をIP網を使用して相手先へ転送する手段(回線開閉スイッチ14、アナログフロントエンド15、コーデック部19)とを有する。 (もっと読む)


【課題】機器本体部のベルト通しへの取付けが確実でみだりに外れたりしないばかりか極めて容易に取り外しが出来る留め具付き機器を提供するものである。
【解決手段】折り畳み式の携帯電話機1の上本体部3には、携帯電話機1をベルト通し部23に掛止させるために夫々の先端部13B及び14Bが係合された留め具部材13及び14が設けられており、留め具部材13は基部13Aで軸3Dに回動可能に軸支されると共に係止凸部13Cにロック棒16が当接してロック状態とされている。ケース内部に設けられた電磁石19が駆動することによりロック棒16が電磁石に引き寄せられて移動し、係止凸部13Cとロック棒16との係止状態が解除されるので留め具部材13は回動可能となり、先端部13Bが上方に回転して留め具部材13をベルト通し部23から抜き出すことが出来る。 (もっと読む)


【課題】誤送信を抑制すると共に、容易に同報送信を可能とする。
【解決手段】送信先に上記データを送信する際に必要となる送信情報の入力が予め定められた複数回行われた場合に、入力された送信情報に関連付けた上記送信先を同報送信リストに登録し、この作業を繰り返した後、同報送信リストに登録された送信先に同報送信する。 (もっと読む)


【課題】非常時に使用されるメカニカルキーを具備するとともに、小型化や薄型化が実現できる電子キーを提供すること。
【解決手段】車両に設けられた通信制御装置にIDコードを含む電波を送信することで、当該IDコードが正規のものである場合に車両20に設けられた外部機器の制御が許可されるようにした通信回路部16と、該通信回路部16に直流電流を供給する電池11bを具備した電子キー1である。電子キー1は、通信回路部16及び電池11bを収容するケース本体1aと、該ケース本体1aに対してスライド自在に支持されるとともに略平板状に形成され、且つ、当該ケース本体を閉塞する時には、前記電池を前記ケース本体内に略密封するようにしたスライドカバー1bとをさらに具備している。スライドカバー1bは、8個の有底穴1h,…の配置パターンをもって照合用コードとするメカニカルキーとして機能する。 (もっと読む)


【課題】
極性反転が生じない光ファイバーの電話回線においても、電話の使用時間に対して正確な課金する構内電話機用の課金装置を提供する。
【解決手段】
構内電話機に接続する電話回線から信号音を検出する信号音検知手段とともに、構内電話機のフックによる回線の接続と切断との状態を検知するフック接続検知手段とを設け、構内電話の呼出信号音を信号音検知手段によって検知し、該呼出信号音が停止し、フック接続検知手段によりフックが上がって回線に接続されていることを条件として、相手に接続していると判断して課金を開始し、課金停止においては、信号音検出手段によって相手の切断信号音を検知し、又はフック接続検知手段によってフックが下がって回線が遮断していることを検知して課金を停止する構内電話機用の課金装置 (もっと読む)


【課題】1台の受信端末装置で地震情報と津波情報の両方を受信でき、かつ、地震発生後に停電になっても津波情報を確実に受信できるようにする。
【解決手段】地震情報を配信する地震情報配信サーバ3と、津波情報を配信する津波情報配信サーバ6と、地震情報配信サーバ3とインターネット4を介して接続して地震情報を受信し、津波情報配信サーバ6とアナログ回線7を介して接続して津波情報を受信する受信端末装置5とからなる緊急災害情報提供システムであって、受信端末装置5は、地震情報配信サーバ3から地震情報を受信後、一定時間以内に停電が発生したとき、津波情報配信サーバ6に割り当てられた電話番号を呼び出して、津波情報を受信する。 (もっと読む)


【課題】似通った報知音がある場合にも、各々の報知音の放音を正確に知らせる。
【解決手段】報知システムは、アラーム音を放音する放音処理を行う目覚まし時計と、報知装置とを備える。目覚まし時計は、ある事象の発生を知らせるアラーム音に対し、そのアラーム音を放音する放音処理を識別する処理IDを重畳し、処理IDが重畳されたアラーム音を放音する。報知装置は、放音されたアラーム音を収音し、そのアラーム音から処理IDを抽出した後、抽出した処理IDと対応付けて動作パターン特定テーブルに記憶されている動作パターンを特定し、特定した動作パターンに従って発光部又は振動部を動作させる。 (もっと読む)


【課題】通信の保留中に通信相手に提示するコンテンツデータを適切なタイミングおよび方法で外部から取得する。
【解決手段】通信相手である映像通信装置50へ、音声、映像、データのうち少なくとも1つを含む入力ソースをリアルタイムで送信する映像通信装置10は、入力ソースの送信を一時中断する際に、コンテンツサーバ80からコンテンツデータを取得するコンテンツデータ受信部26と、コンテンツデータ受信部26が取得したコンテンツデータを、映像通信装置10が入力ソースの送信を一時中断している間に映像通信装置50のユーザに提示すべき保留用コンテンツとして、映像通信装置50に送信するコンテンツデータ送信部28とを備えている。 (もっと読む)


【課題】IP電話の通話中などのサービスセッション中にエンドトゥエンドのサービス品質を品質管理装置に通知する際、サービス品質低下をできる限り抑え得るタイミングで品質情報を送信することを図る。
【解決手段】通信ネットワークを介して通信相手から受信した受信信号に基づいて品質情報を算出する品質情報算出部14と、該品質情報を記憶する品質情報送信バッファと、該受信信号に基づいて信号を再生する信号再生部13と、該信号再生上の瑕疵があったとしてもサービス品質変動が許容範囲内である再生区間を、前記品質情報の送信タイミングとする送信タイミング算出部16と、前記通信ネットワークを介して該送信タイミングで品質情報を品質管理装置へ送信する品質パケット送出部17とを備える。 (もっと読む)


【課題】従来、インターカムのサイドトーン機能は、アナログ音声信号回路で実現していたため、ノイズの混信があった。
【解決手段】本発明は、上記課題を解決するために、
デジタル音声信号の選択部と加算部と乗算部とを有し、
音声信号の混合レベル調整としてCPUの制御に従いデジタル音声信号の選択と加算後に係数を乗算することにより混合する音声レベルを整え、さらにレベルを整えた音声の選択と加算を行い、デジタル音声信号での信号処理によりインターカムのサイドトーン機能を実現する。 (もっと読む)


【課題】 動作設定を行うときに、ユーザに対して開示または使用が許可された他ユーザの動作設定情報を参照し、動作設定を簡易に行うことができる情報処理装置を提供する。
【解決手段】 ユーザを認証する手段と、認証されたユーザ以外のユーザが登録した動作設定情報を読み出し、認証されたユーザの動作設定情報として登録する手段と、認証されたユーザ以外のユーザが登録した動作設定情報に認証されたユーザに対して開示または使用が禁止されている動作設定情報が含まれている場合に、動作設定情報の開示または登録を禁止するよう制御する手段とを具備する制御部10を備えている。 (もっと読む)


【課題】公共放送装置、拡声装置、補聴器、電話機などで、明瞭で自然な音声を提供する。
【解決手段】入力信号の所定の周波数成分をそのまま通過させる第1の帯域フィルタと、下限周波数が前記第1の帯域フィルタの上限周波数以上の周波数値に設定され、前記入力信号を通過させる第2の帯域フィルタと、第2の帯域フィルタの出力信号のパワーエンベロープ信号を抽出するパワーエンベロープ抽出部と、調波性抽出フィルタの出力信号の符号を抽出する符号抽出部と、入力帯域内パワー算出部と前記調波性符号算出部の出力信号を乗算する帯域内信号乗算部と、入力信号の周波数成分が圧縮される周波数帯域を通過周波数帯域とする圧縮帯域フィルタから構成され、入力音声の高周波数成分を低周波数域に圧縮する。 (もっと読む)


【課題】周辺雑音入力専用のマイクを不要とした通信装置を提供する。
【解決手段】音声信号と雑音信号とを取得可能なマイク(1)と、音声信号を再生可能なスピーカ(5)と、音声信号を送受信可能な通信手段(8、9)と、を有する通信装置であって、マイク(1)により取得した信号が音声信号か雑音信号かを判断し、雑音信号と判断した場合は、当該雑音信号の位相を反転し、当該反転雑音信号と、通信手段(8、9)により通信相手から取得した音声信号と、を合成し、雑音を低減した音声信号をスピーカ(5)から出力するように制御する。 (もっと読む)


【課題】 電話又は電話端末の使用中に強制的に電話回線に割り込ませ、混信することなく所定の通信を行なうことにある。
【解決手段】 この装置は電話回線L1,L2に接続され、電話又は電話端末側の第1接続回線JA1,JA2と、強制割込み側の第2接続回線JB1,JB2を有する。第1接続回線JA1,JA2には電子スイッチ2が直列に接続され、第2接続回線JB1,JB2側には制御回路4が設けられる。制御回路4は、第2接続回線が閉結すると、閉結感知電流より低い電流値領域の制御信号で電子スイッチ2を制御して第1接続回線を電話回線から遮断する。ここで電子タイマ10が作動し、一定時間経過すると制御信号を閉結感知電流以上の電流値に切り換える。これにより電子スイッチ2を制御して第1接続回線の遮断を継続しつつ、電話回線を閉結させて第2接続回線を電話回線に接続する。 (もっと読む)


適応多帯域通過フィルタ(201)と、トーン検出器(203)と、フィルタ制御装置(205)とを含む高度トーン検出器(103)。適応多帯域通過フィルタは、入力信号(X’(n))を受け取る信号入力、フィルタ処理された信号(X(n))を供給する信号出力、および少なくとも1つの制御信号(rlcl)を受け取る少なくとも1つの制御入力を備える。トーン検出器は、適応多帯域通過フィルタの信号出力に結合された入力、およびトーン事象が検出されたときに少なくとも1つのトーン検出信号を供給する少なくとも1つの出力(DTE)を備える。フィルタ制御装置は、入力信号を受け取る第1の入力、少なくとも1つのトーン検出信号を受け取る少なくとも1つの第2の入力、および少なくとも1つの制御信号を供給する少なくとも1つの第1の出力を備える。制御信号は、1つまたは複数の周波数成分信号と、周波数成分信号がトーン事象の成分周波数に対応している対応する帯域幅信号とを含むことができる。
(もっと読む)


【課題】最適な通信環境を有する通信方式を随時選択することを可能とする。
【解決手段】監視手段12により通信状態を監視し、通信状態が悪化したとき場合に、通信方式選択手段13により通信中の通信方式とは異なる通信可能な通信方式を選択することにより、適宜最適な通信環境を有する通信方式に変更して通信を継続することが可能になる。 (もっと読む)


【課題】ユーザが容易に演奏データの内容を認識することができる技術を提供する。
【解決手段】楽器端末1の制御部11は、楽曲を収録する旨の操作が行われたことを検知すると、演奏データを生成するとともに、文字タイトル情報を生成する。このとき、制御部11は、音声タイトル情報の入力を促すメッセージを表示させる。音声タイトル情報が入力されると、制御部11は、文字タイトル情報と音声タイトル情報とを対応付けて記憶部12に記憶するとともに、文字タイトル情報と音声タイトル情報と演奏データとを対応付けてサーバ装置に送信する。そして、文字タイトルの一覧が表示されている画面において文字タイトルが選択されると、制御部11は、選択された文字タイトル情報と対応付けて記憶された音声タイトル情報を記憶部12から読み出し、その音声をスピーカ19から発音させる。 (もっと読む)


【課題】 エコー抑圧性能を向上させ、またはノイズ抑圧性能を向上させ、エコーパスロ
スの変動を含むエコーパス変動に対する頑健性を高めた信号処理装置を提供する。
【解決手段】 送話入力信号に対して少なくともエコーを抑圧しエコー低減信号を出力す
るエコーキャンセラ部(EC)110と、上記送話入力信号と上記エコー低減信号を入力
し、エコー及びノイズの少なくとも一方を抑圧するエコーリダクション部(ER)111
と、を備え、エコーリダクション部(ER)111は、上記送話入力信号と上記エコー低
減信号のどちらか一方を選択して出力するスペクトル選択部111Lを備え、スペクトル
選択部111Lで選択された上記送話入力信号及びエコー低減信号のいずれかについてエ
コー及びノイズの少なくとも一方を抑圧する。 (もっと読む)


【課題】 共通管理アプリケーションにより複数のIP電話アプリケーション間の機能の相違を吸収して、IP電話の使い勝手を向上させるようにする。
【解決手段】 PC2上で動作する複数のIP電話アプリケーションの各種動作を共通化するIP電話アプリケーションの共通管理システムでは、PC2でIP電話アプリケーション3−1,3−2,3−3を同時起動して使用する際に共通管理アプリケーション4をOS4に常駐させておき、該共通管理アプリケーション5は、変換テーブル8を用いて、IP電話アプリケーション3−1,3−2,3−3の各々の音量制御に関する設定情報に基づいて、各IP電話アプリケーションの送話音量設定値および受話音量設定値をOS4における音量制御のボリューム4aの送話音量設定値および受話音量設定値にそれぞれ変換する。 (もっと読む)


1 - 20 / 44