説明

Fターム[5K048GC01]の内容

選択的呼出装置(遠隔制御・遠隔測定用) (47,350) | 運用 (996) | データの変更 (992)

Fターム[5K048GC01]の下位に属するFターム

Fターム[5K048GC01]に分類される特許

1 - 20 / 214


【課題】対象機器の更新変動に伴うメンテナンス作業を簡単化する。
【解決手段】インターネットNを介して接続する端末1、サーバ2、親機3と、親機3と双方向に無線通信可能な子機4とを設け、子機4には、特定の機器5に対する特定の操作内容の赤外線信号コードを記憶させる。端末は、機器を遠隔操作するチャネルボタンを子機単位の画面上に表示し、チャネルボタンを押すと、サーバ、親機を介し、チャネルボタンを特定して操作要求を子機に送出し、子機は、チャネルボタンに対応させて特定の機器に対する特定の操作内容の赤外線信号コードを記憶しており、親機からの操作要求を受信すると、操作要求により特定されるチャネルボタンに対応の赤外線信号コードに基づく赤外線信号を外部に発信する。 (もっと読む)


【課題】撮像部によって指示光の位置を検出する構成において、環境光の影響を軽減して指示光の検出精度の向上を実現する。
【解決手段】遠隔指示器から射出される指示光(赤外光)が検出されていない期間(50が肯定)に、指示光の検出範囲内を定期的に撮像することで得られた背景画像をフレームメモリに上書き記憶しておき(52〜60)、指示光(赤外光)が検出されると指示光の検出範囲を撮像し(64)、背景画像との差分画像を生成し(66)、差分画像から高輝度領域を抽出し(68)、指示光領域の探索、位置の演算、出力を行う(76〜80)。 (もっと読む)


【課題】制御内容の更新を秘匿性を維持しつつ、容易に行うことのできる設備機器制御装置等を提供する。
【解決手段】追加コマンド受信部107は、基本制御とは異なる追加制御に該当する空調コマンドを解釈するためのコマンド解釈方法が定義された受信コマンド拡張テーブルを参照して、受信した追加制御に係る空調コマンドの内容に応じた処理を行う。追加コマンド送信部108は、所定条件が成立すると、追加制御に該当する空調コマンドを生成するためのコマンド生成方法が定義された送信コマンド拡張テーブルを参照して、追加制御に係る空調コマンドを生成し、生成した空調コマンドを対応する設備機器(室外機、室内機)に送信する。追加制御受付部109は、外部装置(設定装置)からのコマンド解釈方法及びコマンド生成方法の入力を受け付ける。 (もっと読む)


【課題】映像コンテンツの視聴中に各家庭用電気機器からの重要な通知をユーザに提供すること。
【解決手段】住宅内情報通知システム1は、所定の処理が実行されたことに応じて、通知情報および通知情報の重要度を送信する家庭用電気機器(テレビ型ドアホン300a、給湯機器300b、オーブンレンジ300c、炊飯器300d等)と、コンテンツサーバ100から受信した映像コンテンツを表示部に表示し、家庭用電気機器から受信した通知情報の重要度に基づいて表示すると判断された通知情報と、予め記憶されているアプリケーションと、によりコンテンツを生成し、表示部に表示されている映像コンテンツが配置されているレイヤよりも上層のレイヤに、生成したコンテンツを配置することで、映像コンテンツに通知情報を重ね合わせて表示部に表示するSTB200とを備える。 (もっと読む)


【課題】フィーチャー・ライセンスの移転を管理するためのシステムを提供する。
【解決手段】一実施形態によれば、システム(200)は、第1のユーティリティ・メータ(222)及び第2のユーティリティ・メータ(224)に通信接続された演算装置(210)を含み、該演算装置は、第1のユーティリティ・メータ及び第2のユーティリティ・メータについてのフィーチャー・ライセンス・データ(434)を取得し、第1のユーティリティ・メータから第2のユーティリティ・メータへ移転させるべきフィーチャー・ライセンス(230)の選択を受け取り、選択されたフィーチャー・ライセンスを第1のユーティリティ・メータから第2のユーティリティ・メータへ移転させることによって、第1のユーティリティ・メータと第2のユーティリティ・メータとの間でのフィーチャー・ライセンスの移転を管理するように構成される。 (もっと読む)


【課題】空気調和機の制御情報を適切に変更することができる空気調和機の制御情報の提供システムを提供する。
【解決手段】 空気調和機と、該空気調和機と通信可能な情報端末と、ネットワークを介して前記情報端末と通信可能なサーバと、を備えた空気調和機の制御情報の提供システムであって、前記サーバは、前記空気調和機の前記変更依頼情報及び運転履歴情報を、前記ネットワークを介して前記情報端末から受信し、受信した該変更依頼情報及び運転履歴情報に基づいて前記空気調和機の変更入力情報を算出し、該変更入力情報を前記ネットワークを介して前記情報端末に送信する。 (もっと読む)


【課題】一般的、社会的な基準による電力消費機器の制御が可能であり、また、ユーザー利便性及びユーザーの省エネルギー意識を向上させることができる電力消費機器管理方法等を提供する。
【解決手段】電力源から電力線を介して電力供給を受ける複数の電力消費機器と電力消費機器の監視装置とが備えられる場合における電力消費機器管理方法において、各電力消費機器にその機器による電力消費の重要度合を示す重要度レベル情報が予め記憶されると共に、各電力消費機器によってその機器による消費電力が検出され、監視装置が、随時、各電力消費機器から電力線を介して重要度レベル情報と消費電力の情報を取得して保持し、当該保持した情報を用い、電力線を介して電力消費機器を制御すると共に、重要度レベルに応じた単価による消費電力料金に関する情報を表示する。 (もっと読む)


【課題】異常時において適切な対処を行う。
【解決手段】制御装置と、制御装置に接続される制御ネットワークと、制御ネットワークを介して制御装置により制御される複数の機器とを備える産業制御システムの管理システムであって、産業制御システムの一部ずつを制御する制御ゾーン毎に設けられ、制御ゾーン内の機器と制御ネットワークとの間の通信を中継する複数のファイヤウォール部と、複数のファイヤウォール部のそれぞれからイベントを収集して解析し、制御ゾーン毎の異常を検知するイベント解析部と、異常が検知された制御ゾーンに設けられたファイヤウォール部を介する通信動作を変更する通信管理部と、を備える管理システムを提供する。 (もっと読む)


【課題】センサを簡単に追加することのできる設備端末制御システムを提供する。
【解決手段】設備端末制御システム1には、サーバ10、設備端末20、センサモジュール30、およびセンサ40が設けられている。サーバ10には、センサ40の種類に応じた複数のアプリケーションが記憶されている。センサモジュール30においては、センサ40を取り付けることおよびセンサ40を取り外すことができる。センサモジュール30にセンサ40が取り付けられているとき、センサ40の識別情報を含む出力信号がセンサモジュール30を介してサーバ10に送信される。サーバ10は、この識別情報を受信したとき、センサ40に対応したアプリケーションをセンサモジュール30に送信する。 (もっと読む)


【課題】遠隔操作機器がアクセスするアクセスポイントと制御対象となる設備機器との関係をシステム導入後において容易に変更することのできる設備機器制御システムを提供する。
【解決手段】設備機器制御システム1には、携帯可能な遠隔操作機器2と、遠隔操作機器2との無線通信が可能な複数のアクセスポイント3と、遠隔操作機器2の操作により制御される照明器具5とが設けられている。設備機器制御システム1の記憶部43には、遠隔操作機器2と複数のアクセスポイント3の1つとの組み合わせと、この組み合わせに対応して制御される照明器具5との関係を示す制御対象情報が記憶されている。そして、遠隔操作機器2が複数のアクセスポイント3A〜3Cの少なくとも1つにアクセスしたとき、制御対象情報に基づいて複数の照明器具5A〜5Fの少なくとも1つの制御が行われる。 (もっと読む)


【課題】モニタ装置において、リモコン画像を見ながらリモコンを操作する際に、所望の操作に対応するアイコン画像を容易に確認でき、ユーザによる操作の手間を低減する。
【解決手段】ユーザは、ディスプレイに表示されるリモコン画像を見ながらリモコンを操作してTV受像機を操作する。リモコン画像には、リモコンを用いて操作可能な操作キーを表すアイコン画像が含まれる。アイコン画像を変更する際に、まず、図(a)に示す表示状態のときに、ユーザは、リモコンのタッチパネルに触れることにより、アイコン画像B1を選択する。そして、図(b)中の点線矢印方向にアイコン画像B1を移動させて、アイコン画像A1に重ねると、図(c)に示すように、操作キー「INFO」を表すアイコン画像がアイコン画像B1に変更される。すなわち、操作キー「INFO」を表すアイコン画像が丸型からハート型に変更される。 (もっと読む)


【課題】本体部に記憶されるデータの消失を防止する。
【解決手段】電気機器は、本体部と、本体部の運転を遠隔制御する制御器と、を備える電気機器であって、本体部は、データを記憶する不揮発性の本体記憶部と、制御器から運転指令を受信すると(T11)、本体記憶部のデータを制御器に送信する本体送信部(T17)と、本体記憶部のデータを、制御器から受信したデータを用いて更新する本体更新部(T13)と、を含み。制御器は、不揮発性の制御側記憶部と、運転指令とともに制御側記憶部のデータを本体部に送信する制御側送信部(T5)と、制御側記憶部のデータを、本体送信部から受信したデータを用いて更新する制御側更新部(T9)と、を含む。 (もっと読む)


【課題】サーバ装置、表示操作端末、および遠隔操作システムを提供する。
【解決手段】リモートコマンダの種別情報および表示操作端末に関する端末情報を受信する受信部と、リモートコマンダの種別ごとに各操作子に対応する信号コードを記憶する記憶部と、前記受信部により受信された前記リモートコマンダの種別情報に基づき、前記リモートコマンダの各操作子に対応する信号コードを前記記憶部から取得する取得部と、前記各操作子の表示を含む前記受信部により受信された前記端末情報に応じた操作用表示画面、および前記取得部により取得された前記各操作子に対応する信号コードを前記遠隔操作端末に送信する送信部と、を備える、サーバ装置。 (もっと読む)


【課題】コストが過大となることを抑制しながら、サーバ装置へリアルタイムに伝送される監視データの品質を十分に高くすることが可能な監視システムを提供すること。
【解決手段】監視システム100は監視装置110とサーバ装置120とを含む。監視装置及びサーバ装置は、帯域確保型通信を行うことが可能な第1の通信回線及び非帯域確保型通信を行うことが可能な第2の通信回線を用いて接続される。監視装置は、カメラ又はセンサにより検出された信号に基づく監視データを、監視装置に蓄積する監視データ蓄積部111を備える。監視システムは、監視装置が蓄積している監視データをサーバ装置へ第2の通信回線を用いて伝送することにより、監視データをサーバ装置へ移動させるデータ移動部130と、監視装置により取得された監視データをサーバ装置へ第1の通信回線を用いてリアルタイム方式に従って伝送するリアルタイム伝送部140と、を備える。 (もっと読む)


【課題】ネットワークに接続された電化製品の機器識別を行う装置、方法、サーバを提供する。
【解決手段】電化製品20がネットワーク2により通信可能に接続された情報処理装置50は、電化製品20から、パッシブパケットを含む少なくとも二種類のパケットを受信する。情報処理装置50は、予め電化製品20ごとに定められた定義ファイルを記憶しておき、受信したパケットと電化製品ごとの定義ファイルを比較し、得点化し、得点が高い定義ファイルを抽出し、抽出した定義ファイルの電化製品情報を、電化製品20の電化製品情報とする。 (もっと読む)


【課題】 通信帯域に対する負荷が小さくし、パラメータの値の伝達の信頼性が適度を確保しつつ、制御装置において被制御装置のパラメータの値を少ない時間遅れで監視することができるようにする。
【解決手段】 被制御装置3が、パラメータの値を変更した場合にその変更内容を更新情報UPDATEとして制御装置2にマルチキャスト送信し(S32等)、これと別に、同期期間毎に同期データSYNCもマルチキャスト送信する(S31等)。制御装置2は、これらのデータの受信エラーを検出した場合に(S38)、パケットを全て正常に受信できていた最後の同期期間の次の同期期間以降の1又は複数の同期期間に変更されたパラメータの情報を被制御装置3に要求し(S40)、これに応じて被制御装置3から送信されてくる、変更されたパラメータの現在値に基づき、制御装置2におけるパラメータの値を訂正する(S44)。 (もっと読む)


【課題】電子キーの仕様を融通よく設定することができる電子キー及び個人別設定装置を提供する。
【解決手段】電子キー2にモーションセンサ21を搭載し、電子キー2を設定回数振ることにより電子キー2の仕様を設定する。電子キー2の仕様は、電子キー2の振り回数に応じて設定される。電子キー2が車両1とワイヤレス通信するとき、電子キー2の仕様情報Sbsを車両1に通知して、車両環境を電子キー2の仕様に応じたものに設定する。 (もっと読む)


【課題】建造物に設置された設備機器の稼働状況を管理する省エネ支援ネットワークシステムを提案する。
【解決手段】複数のセンサによって、区域内の環境情報を収集して、得られた複数の異種検出データを統合した時系列シークエンスから在席状況を高精度に推定し、有線と無線の相互補完通信によって既存の建造物に導入したセンサネットワークを利用することにより、人がいない区域の空調や照明の電源を自動的に切ることが可能である。 (もっと読む)


【課題】被操作機器側の機能の切替や更新・追加に柔軟に対応しつつ、設定の手間を軽減し、容易に利用できるリモコン機能を実現する。
【解決手段】リモコンデータを持つ1以上のアプリケーションを保持する保持手段を有する被操作機器が、アプリケーションの動作状態を管理して、要求に応じて、管理情報を出力する。次に、管理情報に従って、保持手段からリモコンデータを検索し、これを携帯端末に送信する。携帯端末が、リモコンデータを受信し、これに基づいて、リモコン画面を生成し、信号の入出力処理を決定する。次に、リモコン画面をユーザに対して表示し、ユーザの操作信号を出力して、決定された信号の入出力処理に基づいて、通知された操作信号に対応した制御信号を生成し、被操作端末に制御信号を送信する。そして、被操作機器が、管理情報に基づいてアプリケーションに対して受信した制御信号を通知する。 (もっと読む)


【課題】第1の装置及び第2の装置が連携動作して、第1の装置に新たな機能を導入し、第2の装置からの遠隔制御に基づいて第1の装置側で当該新たな機能を発揮させる。
【解決手段】サーバ12は、2台の装置が連携動作して一方の装置側で新たな機能を発揮させることを可能にする連携動作情報を保持している。携帯端末21は、サーバ12との間での通信を制御する遠距離通信制御部51と、自機と連携動作する情報端末22との間での通信を制御する近距離通信制御部55と、を備えている。携帯端末21の連携動作情報取得制御部52は、遠距離通信制御部51を介して、連携動作情報をサーバ12から取得する。携帯端末21の連携動作制御部54は、取得された連携動作情報に基づいて、近距離通信制御部55を介する情報端末22の動作を制御することで、情報端末22側で新たな機能を発揮させる連。 (もっと読む)


1 - 20 / 214