Fターム[5K067AA00]の内容

移動無線通信システム (440,489) | 目的、効果 (49,755)

Fターム[5K067AA00]の下位に属するFターム

Fターム[5K067AA00]に分類される特許

1 - 4 / 4


【課題】上りAck/NackやCQIを送信する処理と、S−RACHを用いてSRAを送信する処理とを同時に実行すると、送信信号の時間波形のピークが高くなるため、PAPRが高くなってしまうという課題がある。
【解決手段】本発明は、下りアクセス方式としてOFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)方式を用いてデータの送信を行う基地局2と移動端末3とを含むLTEの通信システムにおいて、Ack/Nack専用チャネルを用いてCQI信号を送信しているときに、S−RACHを用いて上りスケジューリング要求信号SRを送信する場合、上りスケジューリング要求信号SRを送信している間、CQI信号の送信を停止するものである。2種類の帯域に割り当てた2つの物理チャネルのデータを同時に送信するマルチキャリア方式を使用しないので、PARR(ピーク対平均電力比)を低減できる。 (もっと読む)


【課題】中継装置のカバーエリア内で使用される無線リソースを、通信品質の向上のために利用する。
【解決手段】中継装置Rは、無線信号を受信する第1受信部(16、17)と、第1受信部(16、17)にて受信した、予め設定された複数の無線リソースに繰り返しマッピングされた同一の第1中継対象信号同士を合成する合成部18と、合成された第1中継対象信号を送信する第1送信部(10、11)を備える。 (もっと読む)


【課題】呼出確認の誤認識を防止すると共に、無線区間における無線干渉の発生及びトラフィックの増加を抑制して信頼性のさらなる向上を図る。
【解決手段】ワイヤレス呼出ボタンT11〜T22から送信された呼出データが複数の通信経路を介してナースコール親機NCに伝送された場合に、ナースコール親機NCにおいて、上記複数の通信経路の中から伝送品質がしきい値以上でかつ優先順位が最も高い通信経路を選択する。そして、上記呼出データに対する呼出確認データを、上記選択された通信経路を逆に経由して呼出元のワイヤレス呼出ボタンT11〜T22に向け返送するようにしている。 (もっと読む)


【目的】 誘拐・盗難などの事件の対処に当り、誘拐された人・盗まれた物などの被捜索体の現在所在位置を知らせるための情報を発信するようにした携帯端末機を経済的に得ることを目的とする。
【構成】 無線基地局が全国規模に網羅された電話回線網を使用するもので、捜索依頼者よりの通報を受けた警察からの指示に基づき捜査センターからの指令を受けた無線基地局よりの所定周波数の呼出電波を受けたときに、応答電波を無線基地局に音響無しで発することに依り、被捜索体自己自身の現在所在するゾーンを該無線基地局を介して前記捜査センターに知らしめる被捜索体所持の端末機であって、携帯電話の周波数800MZz又は1.5GHz帯域用の高周波部(TRAMP)2と制御部(コントロールプロセッサ)3とメモリー部4、及びトランシーバー高周波部8とトランシーバー制御部(コントロールプロセッサ)9とトランシーバーメモリー部10とを含むトランシーバー手段を有することを特徴とする自己位置情報発信用携帯端末機。 (もっと読む)


1 - 4 / 4