Fターム[5K067FF02]の内容

移動無線通信システム (440,489) | 機能 (40,918) | 情報の記憶、報知、表示 (37,280) | 情報内容 (29,295)

Fターム[5K067FF02]の下位に属するFターム

Fターム[5K067FF02]に分類される特許

1 - 20 / 11,638


【課題】光回線の長さに応じて信号レベルを最適化できるようにする。
【解決手段】光通信システム1は、基地局2と、移動端末と無線通信を行う送受信局3と、基地局2と送受信局3とを接続する光回線4と、基地局2と送受信局3との間の通信における信号レベルを可変的に減衰するアッテネータ11と、基地局2と送受信局3との接続確立時における通信応答時間に基づいて光回線4の基地局2と送受信局3との間の回線距離を測定する回線距離測定部12と、回線距離が大きい程アッテネータ11の減衰量を小さくする減衰量制御部13とを備える。 (もっと読む)


【課題】利用する無線通信方式に応じて、所要の伝送特性を担保しながら、ネットワーク伝送路所要帯域を制御することを可能とすること。
【解決手段】無線ゲートウェイ装置は、信号処理プログラムの書き換えが可能な可変信号処理部、自装置と信号処理サーバとの間の伝送帯域を制御する制御部、を備える。信号処理サーバは、記信号処理プログラムの書き換えが可能な可変信号処理部、無線ゲートウェイ装置と自装置との間の伝送帯域を制御する制御部とを備える。各制御部は、無線通信方式に基づいて、各可変信号処理部に実装可能なリソースの大きさ、利用可能なネットワーク伝送帯域、ネットワーク伝送遅延の情報を用いて、各可変信号処理部に無線通信機能ブロックを振り分ける。 (もっと読む)


【課題】複数の信号処理リソースを用いて、無線方式に特有の時間規定を満たした無線通信を実現すること。
【解決手段】無線端末と無線通信する中継装置と、信号処理装置とを備える無線通信システムにおいて、中継装置が、自装置と信号処理装置との間の伝送遅延及び信号の無線方式における時間規定に応じて、受信した信号を分割し、先に受信した部分信号を信号処理装置に送信して受信処理を実行させ、残る部分信号を自装置の信号処理部に受信処理させる。 (もっと読む)


【課題】パケット通信システム全体のデータ伝送スループットが低下することを防止する。
【解決手段】複数の送信局が互いに同期して送信した信号を受信局が受信する無線通信システムであって、送信局は、受信局に送信すべきデータを、受信局がデータを復調するまで1パケット分蓄積する手段と、データを送信するごとに互いに異なる位相を出力する手段と、出力されたデータと、出力された位相を用いて搬送波を変調し、パケット信号を出力する手段と、受信局がデータを正しく復調するまでパケット信号を送信すべきタイミングにおいてデータを出力させる手段とを備え、受信局は、受信したパケット信号を復調し、データを出力する手段と、送信局から受信したパケット信号を1パケット時間遅延させて出力する手段と、受信したパケット信号と、出力された信号とを用いてブラインド信号処理を行い、複数の送信局からのパケット信号を分離して出力する手段とを備える。 (もっと読む)


【課題】移動しない各無線装置から他の無線装置を中継して基地局まで通信する無線通信システムにおいて、安定して、信頼性の高い通信経路により通信をおこなう。
【解決手段】基地局は、各々の無線装置の位置情報と、無線装置間の通信状態情報を保持している。基地局の経路制御手段は、第一の無線装置から基地局までの経路を求めるときに、第一の無線装置を含む一定の大きさのcellの中にある無線装置を求め、通信状態情報に基づいて、cellの中にある無線装置の中から、第一の無線装置との通信品質が一番よい第二の無線装置を選択する。探索空間の中にある無線装置の中から、第二の無線装置との通信品質の評価を比較して、一定の閾値内にあり、かつ、第二の無線装置よりも高さが高い第三の無線装置を選択し、選択された第三の無線装置を、経路における第一の無線装置の次に通信する無線装置とする。 (もっと読む)


【課題】ユーザに消費電力量を認識させることにより、消費電力量を削減することが可能な基地局システムを提供すること。
【解決手段】基地局システム500は、少なくとも1つのユーザ端末と無線通信可能に構成された基地局を備える。基地局システム500は、基地局とユーザ端末との間の無線通信の品質に影響を及ぼすパラメータである通信品質パラメータを取得する通信品質パラメータ取得部501と、取得された通信品質パラメータに基づいて、基地局とユーザ端末との間の無線通信を制御する無線通信制御部502と、基地局とユーザ端末との間で無線通信を行うことにより当該基地局が消費する電力の量である消費電力量を取得する消費電力量取得部503と、取得された消費電力量を表す消費電力量情報をユーザ端末へ送信する消費電力量情報送信部504と、を備える。 (もっと読む)


【課題】無線基地局の状態を状況に応じて適切に設定できる無線基地局を提供すること。
【解決手段】無線基地局50は、少なくとも1つの無線端末と無線通信を実行可能に構成された無線基地局である。無線基地局50は、起動状態、及び、少なくとも1つのスリープ状態のいずれかの作動状態に当該無線基地局の状態を設定する作動状態設定部51を備える。起動状態は、上記無線端末と予め定められた第1の通信方式に従った無線通信を実行可能な状態である。スリープ状態は、信号を受信するために必要とされる電力が上記第1の通信方式よりも小さい第2の通信方式に従った起動指示信号を受信可能であり且つ上記無線端末と当該第1の通信方式に従った無線通信を実行不能な状態である。作動状態設定部51は、複数のRODレベルの中から1つのRODレベルを選択し、当該選択されたRODレベルに基づいて当該無線基地局の状態を設定するように構成される。 (もっと読む)


【課題】移動端末から基地局へパケットを伝送する際に、干渉を回避しつつ基地局の処理負荷を増大させずに無線リソースを割り当てることができる無線通信システムおよび基地局を提供する。
【解決手段】移動端末100から基地局200へのデータ送信に無線リソースを割り当てる無線通信システムにおいて、基地局200は、移動端末100から送信されるデータが新規のパケットによるものか、送信エラーを補うための再送パケットによるものか、または既に割り当てが予約されたパケットによるものかを判別し、その判別に応じて、データ送信に無線リソースを割り当てることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】計算処理の負荷を高くすることなく、再送パケットの検出を行うことができる再送パケット検出回路を提供する。
【解決手段】検出すべき再送パケットの信号レプリカを記憶する記憶手段と、受信信号と、記憶手段に記憶した信号レプリカとの相互相関値を計算する相関計算手段と、計算した相互相関値が所定の閾値を超えるか否かに基づき、受信信号が再送パケットであるか否かを判定する相関判定手段と、受信信号から再送パケットの開始位置を検出し、検出した開始位置から相互相関値の計算を行うように相関計算手段を制御する同期位置検出手段とを備える。 (もっと読む)


【課題】サービスへの影響を考慮しつつ、電力使用率に応じた無線通信ネットワーク全体の省電力化を行う。
【解決手段】ネットワーク103を介して複数の無線通信基地局100に接続された管理サーバ105は、他のサーバから送信される電力使用率の情報を受信する受信部と、前記電力使用率に基づいて前記無線通信基地局の運用状態を示す運用レベルを判定し、該運用レベルに変更するよう各無線通信基地局に指示する制御部とを備える。 (もっと読む)


【課題】装置規模及び消費電力を抑えることができる無線中継監視方法を提供する。
【解決手段】少なくとも1つの無線中継局を経由して両端の端局間の無線通信を行う無線通信システムにおいて無線中継の監視を行うために、両端の端局の一方が無線中継局の状態を監視する監視端局として機能する無線中継監視システムにおける無線中継監視方法であって、無線中継局が、自己の状態を示す監視情報を取得するステップと、監視情報から監視信号を生成するステップと、送信出力レベルを切替えるステップと、出力される送信出力レベルを監視信号に基づき制御することにより、監視信号を送信出力信号に重畳して伝送するステップと、監視端局が、受信した信号の受信レベルを検出するステップと、検出した受信レベルの系列を解読することにより、重畳された監視信号を抽出するステップとを有する。 (もっと読む)


【課題】従来の情報センター装置に相当する装置を備えることなく、迅速にシステムの構築が可能な緊急情報配信技術を提供する。
【解決手段】他の無線端末とともにモバイルアドホックネットワークを形成するための機能を備えた無線端末において、前記モバイルアドホックネットワークのルーティングプロトコルに基づいて、他の無線端末からブロードキャストされた緊急情報を含むメッセージを受信する緊急情報受信手段と、前記ルーティングプロトコルに基づいて、緊急情報を含むメッセージを他の無線端末にブロードキャストする緊急情報送信手段と、前記緊急情報受信手段により受信したメッセージに含まれる緊急情報を出力する出力処理手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】基地局から移動局への下りリンクのデータ量の制限を少なくしつつ、車車間通信における送信データの干渉も抑制することができる車車間通信システムを提供する。
【解決手段】広域通信端末210に対して割り当てられた広域通信リソース割り当てを用いて、この端末と接続している車車間通信機220は狭域通信リソース割り当てを決定する。広域通信リソース割り当ては、複数の端末が同じリソースブロックに割り当てられないことから、この広域無線通信リソース割り当てを用いて決定する狭域通信リソース割り当ても、複数の端末が同じ時間スロットに割り当てられてしまうことを抑制できる。また、広域通信リソース割り当ては、基地局通信装置100と端末とが通信を行なうために本来的に必要であり、この本来的に必要な広域通信リソース割り当てを利用して狭域通信リソース割り当てを決定するので、下りリンクのデータ量の制限を少なくすることができる。 (もっと読む)


【課題】 様々な用途に利用可能な無線通信機能付き記録媒体と、それを有効に活用可能な撮像装置およびその制御方法を提供する。
【解決手段】 ホスト機器に着脱可能で、ホスト機器と異なる外部機器と無線通信を行うための無線通信手段を有する記録媒体である。記録媒体は、無線通信手段を通じて外部機器とPTP(Picture Transfer Protocol)に準拠した通信を行い、記録媒体をPTPにおけるResponderとして機能させるPTP Responderモジュールを有する。そして、無線通信手段を通じた外部機器とのPTP通信を、記録媒体が有するPTP Responderモジュールとホスト機器が有するPTP Responderモジュールのどちらを用いて行うかを、設定されたモードに応じて切り替える。 (もっと読む)


【課題】電波測定作業における時間短縮が可能で無駄な電波放射を無くすことができる無線テレメータシステムを提供することを目的とする。
【解決手段】センタ側網制御装置2に電話網を介して接続された端末網制御装置3と、端末網制御装置3に接続された無線親機4と、無線親機4と無線電波による通信を行う無線子機5と、無線子機5と接続されたガスや水道などのメータ6とを有し、無線親機4と無線子機5との間で電波測定をする際に、無線親機4から、電波受信側の無線子機5に対して電波測定確認電文を送信し、電波測定確認電文に対する無線子機5からの返信を無線親機4が受信したかの有無に応じて、電波測定の延長又は電波測定の中止を行う。 (もっと読む)


【課題】無線通信システムにおけるモバイル機器のための、CSG(Closed Subscriber Group)の手動による選択を行なうための方法を提供する。
【解決手段】方法は、モバイル機器に対して、利用可能なすべてのCSG identityを表示するように、または、許可済みCSG identityのオペレータ制御リストに存在するCSG identityだけを表示するように指示するためのPublic Land Mobile Network(PLMN)に基づく設定を、Subscriber Identity Module(SIM)、Universal Subscriber Identity Module(USIM)、または、モバイル機器のメモリに格納する工程と、CSGの手動による選択の間、PLMNに基づく設定にしたがってCSG identityを表示する工程とを含む。 (もっと読む)


【課題】緊急事態が発生した場合に適切な通報を行うことのできる通報システムおよび通信装置を提供すること。
【解決手段】本願の開示するグループ通信システムは、グループに所属するユーザ間でのメッセージの送受信をサーバ経由で行う携帯端末装置が、緊急状態検出部と、送信処理部とを備える。緊急状態検出部は、緊急状態を検出する。また、送信処理部は、緊急状態検出部によって緊急状態が検出された場合に、緊急状態に関する緊急情報をサーバに対して送信する。また、サーバが、救援要請部を備える。救援要請部は、携帯端末装置から緊急情報を受信した場合に、グループに所属する他のユーザの携帯端末装置に対して緊急情報に基づく救援要請情報を送信する。 (もっと読む)


【課題】複数の端末の間でコンテンツのリアルタイム送信を自動化する。
【解決手段】コンテンツ送受信装置1は、送信元から受信したIDがID記憶部21に存在しないときID記憶部21に格納し、送信元に応答するID判定部111と、該応答に対して送信元から送信されたコンテンツと上記IDとを対応付けてキャッシュ22に格納するコンテンツ取得部112と、当該格納後直ちに、上記IDを送信先に送信するID送信部121と、送信先からの応答に応じて、上記IDと対応付けてキャッシュ22に格納されているコンテンツを送信先に送信するコンテンツ提供部122とを備える。 (もっと読む)


【課題】本来であれば通信端末と通信端末との間で交換する端末能力交換を呼セッション制御機能部にて終端することにより、トラフィックを軽減すること。
【解決手段】IMSネットワークを含む通信ネットワークシステムであって、呼セッション制御機能(CSCF)部と、呼セッション制御機能部の処理領域に在圏する通信端末とを備え、呼セッション制御機能部は、通信端末の能力情報を前記通信端末に対応付けて登録する登録部と、登録部に登録された能力情報を用いて、呼セッション制御機能部を介した通信端末への能力情報の問い合わせに対する応答を、通信端末に代替して行なう代替部と、を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】消費する電力の量を低減しながら、通信先装置と確実に無線通信を実行可能な無線通信装置を提供すること。
【解決手段】無線通信装置81は、RODモード及び非RODモードのいずれかの作動モードにて作動する。非RODモードは、通信先装置82と第1の通信方式に従った無線通信を実行可能な起動状態に自装置の状態を設定する。RODモードは、起動状態と、信号を受信するために必要とされる電力が第1の通信方式よりも小さい第2の通信方式に従った起動指示信号を受信可能であり且つ通信先装置と第1の通信方式に従った無線通信を実行不能なスリープ状態と、のいずれかに自装置の状態を設定するように構成され、且つ、予め定められたスリープ条件が成立したとき自装置の状態をスリープ状態に設定するように構成され、且つ、起動指示信号を受信したとき自装置の状態を起動状態に設定する。 (もっと読む)


1 - 20 / 11,638