説明

国際特許分類[A01G7/00]の内容

国際特許分類[A01G7/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A01G7/00]に分類される特許

101 - 110 / 1,687




【課題】植物への水遣りは、単調な作業でありつい水遣りを忘れてしまい、最悪の場合は植物を枯れてしまう。他方、独居老人の安否確認方法には様々な方法が提案されているが、いずれも無機質で味気なく独居老人の生活に精神的な負担を強いるものであった。
【解決手段】水遣りを楽しくする手段として、水遣りを行ったことをケアセンサ3で検出し、その都度あたかも植物1からのメッセージが送られてくる様にするものである。また、成長センサ6(背丈)や成熟度センサ12(色彩)で植物1の成長を観察し、水遣り要求など健全な育成を補助するメッセージを発信する。更に、独居老人の安否確認への活用として、設定した期間に亘り水遣りがなされない場合は、安否確認警告を設定しておいた連絡先(家族や地方自治体)へ自動で通報する様にする。 (もっと読む)









101 - 110 / 1,687