説明

国際特許分類[A01N51/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業 (84,932) | 人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存 (28,362) | 殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,各原子が有する結合の数に関係なくまたこの配列の原子が複素環の1部でないO―N―S,X―O―S,N―N―S,O―N―NまたはO―ハロゲンの原子配列を有する有機化合物を含むもの (473)

国際特許分類[A01N51/00]に分類される特許

371 - 380 / 473


【課題】 農薬施用量の低減あるいは施用回数の低減が可能である高い殺虫効果を有する殺虫剤組成物の提供。
【解決手段】 式〔I〕


で表わされる化合物またはその塩と、ネオニコチノイド系化合物とを含有する殺虫剤組成物。 (もっと読む)


式(I)で示される3,4−ジクロロイソチアゾール−5−カルボキシル−(2−シアノアニリド)と、明細書に記載の群(1)から(8)の剤との新規な活性剤の組み合わせが、優れた殺菌性を有する。

(もっと読む)


活性成分として、1) 式I(式中、Wは、ClまたはCF3であり;XおよびYは、それぞれ独立して、ClまたはBrであり:R1は、アルキル、アルケニル、アルキニル、またはシクロアルキル(これは場合により1〜3個のハロゲンで置換されていてもよい)、またはアルコキシで置換されているアルキルであり;R2およびR3は、アルキルであるか、一緒になってシクロアルキル(これは場合により1〜3個のハロゲンで置換されていてもよい)を形成していてもよく;R4は、HまたはC1-C8-アルキルである)で表される化合物、またはそのエナンチオマーもしくは塩と、有機(チオ)リン酸エステル剤、カーバメート系、ピレスロイド系、成長調節剤、ニコチン性受容体アゴニスト/アンタゴニスト化合物、GABAアンタゴニスト化合物、大環状ラクトン殺虫剤、METI Iダニ駆除剤、METI IIおよびIII化合物、脱共役剤化合物、酸化的リン酸化阻害剤化合物、脱皮撹乱物質化合物、混合機能オキシダーゼ阻害剤化合物、ナトリウムチャンネル遮断薬化合物、ならびに他の種々の農薬化合物から選択される化合物IIとを含む農薬混合物。また、農薬上有効量で、昆虫もしくはダニ類またはそれらの餌供給源、生育地、繁殖地もしくはそれらの生息場所を化合物Iおよび化合物IIの混合物と接触させることによる昆虫またはダニ類の防除方法;化合物Iおよび化合物IIの混合物を用いて、昆虫またはダニ類による攻撃または加害(infestation)から植物を保護する方法;昆虫またはダニ類による加害または感染に対して温血動物または魚類を治療、防除、予防または保護するための、農薬上有効量の化合物Iおよび化合物IIの混合物を含む組成物の調製方法。

(もっと読む)


【課題】本発明は、長期保存後も安定な懸濁状農薬組成物の製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、農薬活性成分を粉砕する工程、少なくとも水、多価アルコール、無機塩、および界面活性剤を混合して溶液を調製する工程、前記溶液に前記粉砕された農薬活性成分と懸濁安定化剤を添加して混合物を調製する工程、攪拌下に前記混合物を40〜70℃に加熱する工程、前記加熱した混合物を10〜25℃まで冷却する工程、および前記冷却した混合物を30℃以下で湿式粉砕する工程を有する懸濁状農薬組成物の製造方法を提供する。あるいは、該方法は、前記粉砕工程、前記混合溶液を調製する工程、前記混合物を調整する工程、前記混合物を湿式粉砕する工程、攪拌下に前記湿式粉砕した混合物を40〜70℃に加熱する工程、および前記加熱した混合物を冷却する工程、を有する。 (もっと読む)


【課題】優れた防蟻効果と高い安全性を備え、しかも製造が容易で良好なケーブル特性を有する防蟻ケーブルを提供する。
【解決手段】ケーブルコア4外周にゴムまたはプラスチックからなるシース5を有するケーブルに、クロチアニジンを0.01〜5重量%含有する防蟻層6を設ける。防蟻層6はシース5の表面に設けてもよく内部に設けてもよい。また、シース5を、クロチアニジンを0.01〜5重量%含有する防蟻シース7としてもよい。 (もっと読む)


本発明は、植物を栽培するのに慣習的な栄養液中にネオニコチノイド製剤を直接混入させることによる、植物の生長を向上させる方法及び土壌伝染性の菌類病に対する植物の抵抗性を増強する方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、式(I)


(式中、Xはハロゲンを表し及びnは0、1又は2を表す)で示される複素環式トリフルオロブテニレンと、公知の殺虫剤物質からなる新規な活性物質の組み合わせに関する。前記の新規な活性物質の組み合わせは、昆虫及び線虫などの有害害虫を防除するのに適している。
(もっと読む)


植物繁殖材料、植物、植物の一部及び/又は植物器官であって、遅れて生育するもの、における病害又は虫害を防除又は予防する方法であって、前記植物、植物の一部、又はその周囲に、例えば少なくとも3つの活性成分(成分(I)が1又は複数の−アゾール系殺真菌剤であり、成分(II)は1又は複数のフェニルアミド系殺真菌剤であり、成分(III)は1又は複数のストロビルリン系殺真菌剤及び/又は1又は複数のフェニルピロール系殺真菌剤である)を含んで成る殺虫剤の組み合わせを、任意の所望な順序で又は同時に施与することを含んで成る方法。 (もっと読む)


本発明は、ピレトリンまたはピレスロイドおよびMGK264を少なくとも1:20で、そして、好ましくはネオニコチノイド化合物の群からさらなる殺虫剤を含有する、動物での寄生性節足動物の制御のための新規の皮膚に適合する皮膚適用可能な液体製剤に関する。 (もっと読む)


本発明は、一方で、公知のカルボキサミドから構成され、及び他方で、公知の殺虫活性物質から構成され、並びに昆虫又はダニなどの望ましくない動物有害生物及び望ましくない植物病原性真菌を駆除するのに極めて適している新規活性化合物の組み合わせに関する。 (もっと読む)


371 - 380 / 473