説明

国際特許分類[A01N51/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業 (84,932) | 人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存 (28,362) | 殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,各原子が有する結合の数に関係なくまたこの配列の原子が複素環の1部でないO―N―S,X―O―S,N―N―S,O―N―NまたはO―ハロゲンの原子配列を有する有機化合物を含むもの (473)

国際特許分類[A01N51/00]に分類される特許

461 - 470 / 473


【課題】殺虫効果あるいはダニを殺す効果を示すN−(ヘテロアリールアルキル)アルカンジアミン誘導体の新規の化合物を提供する。
【解決手段】式I
【化1】


(式中、Ar、a、r、R、R、R、R、R、b、c、R、R、R、R、R、d、e、U、V、X、WR、Rの各々については本願明細書の発明の開示に記載する通りの意味をもつ)で示す化合物。
(もっと読む)


本発明は、農芸化学組成物、特に水溶性農芸化学活性成分及びアミン又はその塩又はC2−C4短鎖アルキル第4アンモニウム塩アジュバントを含有する水性農芸化学組成物に関する。本発明のアミン、アミン塩及び短鎖アルキル第4アンモニウム塩は好ましくは、ジエチルアミン又はその塩、エタノールアミン又はその塩、トリエタノールアミン又はその塩、テトラプロピルアンモニウム塩及びテトラブチルアンモニウム塩の中から選択される。 (もっと読む)


(i) タゲテス油又はサイム油のような油を含んでいるチモール、若しくはそれらの混
合物から選択される1またはそれ以上の精油、又は害虫忌避若しくは害虫抑止の特性を有するそれらの成分であって、存在する精油の総量は10%w/wを超えないもの;(ii)農業的に許容される担体油、及び(iii) 乳化剤、を含んでいる農薬組成物。特に、該組
成物は、更にウインターグリーン油(冬緑油、ヒメコウジ油)のようなウイルス感染の病徴を改善する化合物を含んでいる。この種の組成物を農業に使用すると、必要とする精油の量を少なくしても有害生物を防除することができる。更に、害虫防除、再発生防止及びウイルス病徴改善の組み合せ効果を得ることができる。 (もっと読む)


本発明は、トリフルムロンと、クロロニコチニル系化合物からなる群からの少なくとも1つのさらなる知られている活性な物質とを含有する殺昆虫剤混合物、および、害虫駆除における前記混合物の使用に関連する。 (もっと読む)


本発明は、作用物質および拮抗物質としてのニコチン作用性アセチルコリン受容体に対する殺昆虫剤として有効な化合物、並びにアントラニル酸アミド類の群からの少なくとも1種の活性物質を含有する、植物を有害生物に対して保護するために適する殺昆虫活性物質の新規な組み合わせに関する。 (もっと読む)


用いるのに安全なものであり、従来の局所的殺虫剤の多くの一般的な有害な副作用を避ける局所的殺虫剤が提供される。殺虫剤は、ノミ、ノミ幼虫、ノミ卵子を殺虫するのに効果的な殺虫剤と昆虫成長調節物質を含有する。殺虫剤は、殺虫性(テトラヒドロ-3-フラニル)メチルアミン誘導体又はクロロニコチニル殺虫剤と昆虫成長調節物質(IGR)をIGR成分の溶解力を高める第四級アンモニウム塩を含有する溶媒に溶解することによって配合され、それにより殺虫活性の高い殺虫剤が得られる。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、高いpHの下でも有効に作用する新しい殺菌剤を提供することである。
【解決手段】工業材料および/または工業処理設備における細菌類、糸状菌類、酵母菌類および藻類を駆除および/または殺生するのに、N´−ヒドロキシ−N−シクロヘキシルジアゼニウムオキシドの銅塩(CuHDO)(A)と希釈剤とを含む組成物が有用である。好ましい形態では、CuHDOは媒体または施用過程においてその場で生成する。この組成物は、さらに、他の殺菌活性成分の少なくとも1種を含むことができる。 (もっと読む)


本発明の目的は土壌薫蒸剤含量が高く、且つ、土壌薫蒸剤使用時には土壌薫蒸剤の放出が極めて抑制されていて、且つ、土壌に施用後に短期間の土壌薫蒸を可能にする製剤及び方法を提供することである。 本発明は土壌薫蒸剤を60重量%以上85重量%以下、ゼラチンを0.5重量%以上15重量%以下、無機鉱物を0%以上10重量%以下、2価以上の金属塩と反応してゲル化する多糖類を1重量%以上15重量%以下、水を0.5重量%以上20重量%以下の量を含有することを特徴とする土壌薫蒸剤含有固形物である。 (もっと読む)


本発明は、活性成分として、いずれの場合も、クロロニコチニル系殺虫剤から選択された2種類の化合物を含んでいる殺虫剤混合物、及び、害虫を防除するための該混合物の使用に関する。 (もっと読む)


本発明の目的は簡便な方法で調製することができ、配合される農薬活性成分に必要とされる最適な放出制御をするとともに、環境負荷を低減し、農薬活性成分により引き起こされる薬害を軽減し、安定した薬効を示す粒状農薬製剤を提供することである。酸性農薬活性成分とカチオン界面活性剤と塩基性物質とを含有する30分以内には水中で崩壊しない非崩壊型農薬粒状物と、農薬活性成分とからなり、粒径0.3〜3mm又は短径0.6〜3mm、長径2〜10mmの粒度であり、水面に施用後に水中に沈降し、かつ30分以内に水中で崩壊する性質を有する粒状農薬製剤とする。 (もっと読む)


461 - 470 / 473