説明

国際特許分類[A01P13/02]の内容

国際特許分類[A01P13/02]に分類される特許

1 - 10 / 204



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】環境負荷と薬剤抵抗性リスクが低く、植物病害、害虫、雑草、センチュウに対して優れた防除活性を有し、植物病害虫雑草より保護すべき植物を健全に生育させる植物病害虫雑草防除用の組成物及び方法を提供する。
【解決手段】植物病害防除能を有するプレクトスファエレラ(Plectosphaerella)属糸状菌と、種子処理剤あるいは土壌処理剤とを植物あるいは土壌に処理する。 (もっと読む)


【課題】除草剤効果が高く、幅広い殺草スペクトラムを有し、抑草期間が長く、かつ有用植物に安全で優れた除草特性を有する除草剤組成物を提供。
【解決手段】除草活性成分としてグリホサート塩類から選択される少なくとも1種と、イソウロンと、メコプロップ塩類またはメコプロップP塩類とが含有されてなる除草剤組成物である。該除草剤組成物は、さとうきびなどの有用植物には安全であり、宅地、鉄道、公園、駐車場などの雑草を防除するのに適用できる。 (もっと読む)


【課題】 除草剤活性物質ジフルフェニカンおよびフルルタモンの除草剤活性物質混合物をさらに改善する除草剤組成物の提供。
【解決手段】 構成成分として、除草剤活性物質ジフルフェニカンおよびフルルタモンに加えてさらに活性物質フルフェナセットを含む除草剤組成物。この除草剤組成物は、作物防疫の分野において有用である。 (もっと読む)


【課題】水稲栽培における雑草の防除方法。
【解決手段】1−(2−クロロ−6−プロピルイミダゾ[1,2−b]ピリダジン−3−イルスルホニル)−3−(4,6−ジメトキシピリミジン−2−イル)ウレア等の除草化合物を含む水希釈液を水田に散布する工程、及び前記除草化合物で処理した後に水田を湛水する工程を含む方法。 (もっと読む)


【課題】除草効果と作物−雑草間の選択性を兼ね備えた除草剤組成物を提供する。
【解決手段】式(I)で示される化合物と他の除草剤とを含有する除草剤組成物。


[式中、Rは水素原子、アルコキシカルボニル基等を表し、R及びRは水素原子等を表し、R及びRはアルキル基等を表し、Wは酸素原子を表す。} (もっと読む)


【課題】除草剤としてすぐれた効果を示すスルホンアニリド類を含む除草剤組成物を提供する。
【解決手段】下式(I)のスルホンアニリド類を含む除草剤組成物。


[式中、R1は水素原子、フッ素原子、塩素原子、C1-4アルキル基等を表し、R2は水素原子、フッ素原子若しくは塩素原子を表し、R3は水素原子若しくはフッ素原子を表し、R4は水素原子、C1-4アルキル基等を表し、R5は水素原子を表し、R6は塩素原子を表し、XはCH若しくはNを表す。] (もっと読む)


【課題】優れた除草組成物及び雑草の防除方法を提供する。
【解決手段】4−クロロ−5−[1,3−ジオキソシクロヘキサ−2−イル]カルボニル−2,3−ジヒドロベンゾチオフェン−1,1−ジオキシドと、ピリミスルファン等と、クミルロン等とを有効成分として含有する除草組成物により、雑草を防除できる。 (もっと読む)


【課題】優れた除草組成物及び雑草の防除方法を提供する。
【解決手段】4−クロロ−5−[1,3−ジオキソシクロヘキサ−2−イル]カルボニル−2,3−ジヒドロベンゾチオフェン−1,1−ジオキシドと、イプフェンカルバゾン等と、イマゾスルフロン等とを有効成分として含有する除草組成物により、雑草を防除できる。 (もっと読む)


【課題】日本芝に対する選択性の無いトリアジン系除草剤を使用しながらも、日本芝に対する薬害を軽減させ、日本芝生内に発生する雑草に除草効果を有する、日本芝に対する安全性の高い除草剤を提供すること。
【解決手段】有効成分としてシアナジンを含有し、粒径が0.5乃至1.0mmの粒剤の形態を有する、芝生用除草剤。 (もっと読む)


1 - 10 / 204