説明

国際特許分類[A01P7/04]の内容

国際特許分類[A01P7/04]に分類される特許

251 - 260 / 1,966


【課題】有害節足動物に対する優れた防除効力を有する有害節足動物防除組成物を提供すること。
【解決手段】フロニカミドと、トリシクラゾールと、フルトラニル、ペンシクロン及びカスガマイシンからなる群より選ばれる1種以上の植物病害防除化合物とを含有する有害節足動物防除組成物は、有害節足動物に対する優れた防除効力を有する。 (もっと読む)


【課題】農薬活性成分の溶出を十分に制御できる農薬含有樹脂組成物、その製造方法、及び農薬製剤等を提供する。
【解決手段】本発明の農薬含有樹脂組成物は、(A)農薬活性成分、(B−2)(メタ)アクリル系樹脂および(C−2)溶出制御剤を含有する組成物であって、該組成物が相溶状態またはマトリックスを形成していることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】粘性を高くして、振動が生じても滴下した薬液が受け皿から漏れ出にくくなる漏れ防止用組成物を提供する。
【解決手段】メトフルトリン 、プロフルトリン、エムペンスリン、ローズマリーオイルの1つ以上が含有されている揮散性薬剤に無機粉を含有させた。 (もっと読む)


【課題】有害生物に対して防除活性を有する新規な化合物を提供すること。
【解決手段】式(1)


〔式中、Jは式J1で示される基等を表し、Lは単結合等を表し、Aは上記式(1)のベンゼン環の3位または4位に結合し、単結合等を表し、Qは式Q1で示される基等を表し、Gは水素原子等を表し、mは0または1を表し、Eは1個以上のハロゲン原子を有していてもよいC1−C2アルキル基等を表し、Eは1個以上のハロゲン原子を有していてもよいC1−C2アルキル基またはハロゲン原子を表し、nは0、1、2、3または4を表す。〕
で示されるピリジン化合物を提供する。該化合物は優れた有害生物防除効果を有する。 (もっと読む)


【課題】有害生物に対して優れた防除効力を有する組成物を提供すること。
【解決手段】下記式(1)で示されるヒドラジド化合物〔例えば、N’−アセチル−N−{3−[5−(3,5−ジクロロフェニル)−5−トリフルオロメチル−4,5−ジヒドロイソオキサゾール−3−イル]フェニル}カルバジン酸tert−ブチル〕と共力剤とを含有する有害生物防除組成物;並びに、下記式(1)で示されるヒドラジド化合物と共力剤との有効量を有害生物又は有害生物の生息場所に施用する有害生物の防除方法。
(もっと読む)


【課題】12時間以内の短時間に高薬量の揮散性薬剤を揮散させてその周囲に揮散性薬剤のバリア空間を形成し、飛翔害虫のこの空間への侵入を阻止しうる薬剤揮散装置の提供。
【課題の解決手段】揮散性薬剤が担持された薬剤担持体にファンによる風を当てて前記揮散性薬剤を揮散させる薬剤揮散装置において、前記薬剤担持体に前記揮散性薬剤を10〜70mg担持させると共に、1時間当たりの薬剤揮散量を0.7mg/h以上となし、かつ、使用開始から12時間以内に担持量の50%以上を揮散させてその周囲に前記揮散性薬剤のバリア空間を形成し、飛翔害虫のこの空間への侵入を阻止するようになした薬剤揮散装置。前記薬剤担持体は、テクスチャード加工されていないポリエステル系繊維の格子状もしくは網状繊維構造体に前記揮散性薬剤を担持させたものが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 大きな光量を受け、特に紫外線に曝されるような場所であっても、シクロプロパンカルボン酸誘導体の安定性を高め、かつそれにより効力の持続性を大きくすることができる安定化剤を提供する。
【解決手段】 常温液状のアルカン又はシクロアルカンをシクロプロパンカルボン酸誘導体に添加することにより、その安定性を高め、かつそれにより効力の持続性を大きくすることが可能となった。 (もっと読む)


【課題】有害生物に対して防除活性を有する新規な化合物を提供すること。
【解決手段】式(1)


〔式中、Jは式J1で示される基等を表し、Lは単結合等を表し、Aは上記式(1)のベンゼン環の3位または4位に結合し、単結合等を表し、Qは式Q1で示される基等を表し、Gは水素原子等を表し、mは0または1を表し、Eは1個以上のハロゲン原子を有していてもよいC1−C2アルキル基等を表し、Eは1個以上のハロゲン原子を有していてもよいC1−C2アルキル基またはハロゲン原子を表し、nは0、1、2、3または4を表す。〕
で示されるピリミジン化合物を提供する。該化合物は優れた有害生物防除効果を有する。 (もっと読む)


【課題】動物外部寄生虫に対して優れた効力を有する動物外部寄生虫防除剤を提供する。
【解決手段】式(1)


〔式中、Gは式G−1〜G−3のいずれかで示される基を表し、Mは酸素原子等を表し、Q1、Q2、Q3及びQ4は同一又は相異なり、窒素原子又はCR3基を表し、mは0から5の整数のいずれかを表し、R2はハロゲン原子で置換されていてもよいC1−C6アルキル基等を表し、R5及びR6は同一又は相異なり、群E1より選ばれる基で置換されていてもよいC1−C12鎖式炭化水素基等を表し、R4は群E1より選ばれる基で置換されていてもよいC1−C12鎖式炭化水素基等を表す。〕で示されるヒドラジド化合物を有効成分として含有することを特徴とする動物外部寄生虫防除剤は、動物外部寄生虫に対する優れた防除効果を示す。 (もっと読む)


【課題】有害生物に対して優れた防除効力を有する組成物を提供すること。
【解決手段】下記式(1)で示されるヒドラジド化合物〔式中、G、M、Q1、Q2、Q3、Q4、R2、R4、R5、R6及びmは明細書に記載した意味を表す。〕と、アニススタ−油等の植物精油とを含有する有害生物防除組成物;並びに、下記式(1)で示されるヒドラジド化合物と、アニススタ−油等の植物精油との有効量を有害生物又は有害生物の生息場所に施用する有害生物の防除方法。
(もっと読む)


251 - 260 / 1,966