説明

国際特許分類[A23F5/24]の内容

国際特許分類[A23F5/24]の下位に属する分類

国際特許分類[A23F5/24]に分類される特許

101 - 110 / 370


飲食物において安定した負の酸化還元電位を生成するための、還元剤と担体との組成物について開示および特許請求する。本発明の組成物は、例えば食品、飲料、化粧品などの各種飲食物の水分補給剤および抗酸化剤としての価値の向上において適用可能である。本発明の組成物は、水処理、農業、および、科学研究の各応用分野でも適用可能である。この組成物の使用および製造方法も、本発明の技術的範囲内である。 (もっと読む)


水と、乳化剤と、この乳化剤により水中に分散された限外濾過濃縮乳タンパクとを含有し、脂肪含有量が0.5質量%未満である、飲料用液体ホワイトナー、及び、限外濾過濃縮乳タンパクと乳化剤とを水に添加後、ホモジナイズして、白色懸濁液を得るステップを含む、飲料用液体ホワイトナーの製造方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、未焙煎の固形コーヒー及びアラビノガラクタンを含む食品又は飲料組成物、例えば、そのまま飲める(ready−to−drink)飲料に関する。 (もっと読む)


【課題】安全性が高く、優れたエネルギー消費促進作用、脂質燃焼促進作用、糖質燃焼促進作用又は運動効果向上作用を有し、肥満やメタボリックシンドロームの予防・改善、運動機能の向上に有効な医薬品、医薬部外品、飲食品、ペットフード及び飼料等の提供。
【解決手段】クロロゲン酸類又はその塩を有効成分とする、エネルギー消費促進剤、脂質燃焼促進剤、糖質燃焼促進剤、運動効果向上剤、運動機能向上剤、アセチル-CoAカルボキシラーゼ2抑制剤及びピルビン酸デヒドロゲナーゼキナーゼ4抑制剤。 (もっと読む)


【課題】新鮮な冷たいコーヒ飲料を製造するための改良された方法を提供する。さらに、相応する改良されたコーヒマシンを提供する。
【解決手段】予め規定された量のコーヒ粉から新鮮な冷たいコーヒ飲料を製造するための方法において、(S1)予め規定された量のコーヒ粉を抽出室(3)に供給し、(S2)供給された予め規定された量のコーヒ粉から、抽出室(3)内における抽出過程によりコーヒ濃縮物を製造し、このように製造されたコーヒ濃縮物が、約1.2%〜1.4%の乾燥物質含量を有するフィルタコーヒのための標準の飲料品質の濃度(KN)の、予め規定可能な複数倍の濃度(VK)を有しており、(S3)このように製造されたコーヒ濃縮物を、製造された新鮮なコーヒ濃縮物の量の、予め規定可能な複数倍の量(VM)に相当する水量と混合させる。 (もっと読む)


本発明は、飲料であって、植物抽出物及び乳製品からなる群より選ばれる少なくとも1種、並びに該飲料のpHを所定の値に維持することができる一定量のアンモニウム塩を含有することを特徴とする飲料に関する。本発明はまた、飲料のpHを所定の値に維持することにおいてアンモニウム塩を用いる方法及び使用に関する。 (もっと読む)


【課題】タンパク質及び油脂を実質的に含有しないにも係らず、牛乳と同等の呈味を有する乳飲料、及び、タンパク質及び油脂を実質的に含有しない乳風味飲料を使用したにも係らず牛乳を使用した場合と同等の乳風味を呈する飲食品を提供すること。
【解決手段】乳清ミネラルを、好ましくは固形分として0.1〜5質量%及び甘味料を、好ましくは甘味度としてのショ糖換算で0.08〜12%含有し、タンパク質及び油脂を実質的に含有しないことを特徴とする乳風味飲料。また、該乳風味飲料を使用した飲食品。 (もっと読む)


凝集発泡性コーヒー組成物を形成する方法であって、コーヒー組成物の大部分が重量換算で発泡性可溶性コーヒーの粒子からなるコーヒー組成物を凝集するステップを含み、前記発泡性可溶性コーヒーの粒子の少なくとも一部は、前記凝集の前に粉砕されていないことを特徴とする方法。 (もっと読む)


式(I)(R〜Rは特許請求の範囲に定義したとおりである)で表される新規のO−アルキルS−ヒドロキシアルキルカルボノチオエートおよびO−アルキルS−アルコキシアルキルカルボノチオエート、それらの製造ならびにフレーバーおよびフレグランスとしてのそれらの使用を提供する。また、前記物質および少なくとも1種のさらなるフレーバー原料を含むフレーバーおよびフレグランス組成物を提供する。

(もっと読む)


【課題】本発明は、消化促進や胃もたれの改善に有効な血中GIP上昇抑制剤の提供
【解決手段】ホスファチジルエタノールアミンを有効成分とする血中GIP上昇抑制剤。 (もっと読む)


101 - 110 / 370