説明

国際特許分類[A23K1/00]の内容

国際特許分類[A23K1/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A23K1/00]に分類される特許

1 - 10 / 512



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】おからを利用して、消化性吸収を高めた嗜好性良好な、特に、豚用に嗜好性を高めた高品質の酵母醗酵飼料を確立すること。
【解決手段】おからを酵母醗酵させてなる醗酵飼料を容易につくることは最適な生地ずくりをする事であり、異常発酵を起させない為には嫌気醗酵ではなく、準嫌気醗酵させることである。
更に、嗜好性を上げる為には生地に甘味を付与することにより確立出来る。 (もっと読む)


【課題】最新の研究では、電撃だけでなく、放電によって生じる生成物である空気イオン、オゾン、衝撃波、紫外線等も適度な強さや量で施せば、農産物を含む植物一般の成長促進にも有効であることも分かってきている。しかし、生成物を利用できる装置は未だない。
【解決手段】高電圧発生部の出力端が接続される放電側電極9と、前記放電側電極と放電ギャップGを介して対向した接地側電極13とが誘導部材3によって囲われており、放電により生じた生成物はその開放口5からのみ外に放出される。 (もっと読む)


【課 題】
安全で、日常的に摂取あるいは皮膚への塗布により、末梢での感覚の鈍化を改善する効果を示す感覚改善剤を提供することを課題とする。また、本発明は、経口摂取や皮膚への塗布により末梢での感覚の鈍化を改善する効果を示す感覚改善用飲食品又は飼料、化粧品を提供することを課題とする。
【解決手段】
乳由来タンパク質及び/または乳由来タンパク質分解物を有効成分として使用した感覚改善剤を提供する。乳由来タンパク質及び/または乳由来タンパク質分解物を経口摂取、あるいは皮膚に直接塗布することにより、感覚、特に末梢での感覚の鈍化を改善でき、感覚改善用飲食品又は飼料、化粧品とすることができる。 (もっと読む)


【課題】新たなディフェンシン等の抗菌性ペプチドの分泌誘導剤を提供することを課題とする。
【解決手段】発芽玄米及び/又は玄米糠由来のステロール配糖体を有効成分とするα−ディフェンシン等の抗菌性ペプチドの分泌誘導剤 (もっと読む)


【課題】 飼料原料の原価低減と安定確保を実現するとともに、流通性、保存性に優れ、家畜による採食性が良好であり、とうもろこしを主原料とした飼料を給与した場合と同等の乳質とすることができ、更に肉質改善の可能性を期待することのできる、新規な飼料用米の家畜への給与方法並びに飼料用米が用いられた飼料の開発を技術課題とした
【解決手段】 穀類を他の素材とともに家畜に給与する方法において、前記穀類として飼料用米2を用い、この飼料用米2と他の素材とを混合するとともに蒸煮し、更にペレット状に成型した状態で家畜に採食させることを特徴として成るものである。 (もっと読む)


【課題】魚類がタンパク質節約のできる飼料の提供。
【解決手段】魚油、コーン油及び下記の化学構造式(該式中、R1はヒドロキシ基、R2はヒドロキシ基、メトキシ基あるいはアルコキシ基、R3はトリテルペンを示す)で表される化合物またはその塩類を添加する。
(もっと読む)


【課題】カロテノイドを食用油脂に直接溶解するための連続的な方法を提供する。
【解決手段】食品組成物および飼料組成物についての連続式またはバッチ式の生産方法にインラインで組み込まれ得る、カロテノイドの溶解のためのインラインの方法および関連した装置とし、飼料組成物および食品組成物に組み込むために別の乾燥粉末カロテノイド配合物を調製および購入する必要性を回避するとともに冷却後に所望のカロテノイド濃度を有する油性カロテノイド溶液の連続調製により、処方されていないカロテノイドから出発して、魚用飼料に加工することが可能となる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ラクトフェリンと他の成分との2成分を有効成分とし、それぞれ単独での作用を上回る十分な内臓脂肪分解促進作用を有する脂肪分解促進剤を提供することを目的とする。
【解決手段】ラクトフェリンとホップ抽出物とを有効成分とする脂肪分解促進剤;ホップ抽出物が、ホップ抽出物イソα酸画分、ホップ抽出物β酸画分、及びホップ抽出物キサントフモール画分からなる群より選ばれる1種以上を含む前記脂肪分解促進剤;前記脂肪分解促進剤を含む脂肪分解促進組成物;食品、飼料又は医薬品の形態である、前記脂肪分解促進剤又は前記脂肪分解促進組成物;ラクトフェリンとホップ抽出物とを食品又は飼料に添加して食品又は飼料に脂肪分解促進効果を付与する方法;ホップ抽出物が、ホップ抽出物イソα酸画分、ホップ抽出物β酸画分、ホップ抽出物キサントフモール画分からなる群より選ばれる1種以上を含有する、前記方法。 (もっと読む)


【課題】栄養バランスの良い原材料を配合し、ペットの健康に配慮し、ペットの食いつきが優れたペットフード及び該ペットフードの製造方法の提供。
【解決手段】(1)原材料の混合物を造粒してフード粒を得る工程と、前記フード粒を焼成する工程と、を含むことを特徴とするペットフードの製造方法。(2)前記焼成の温度が、前記フード粒にピラジン類を生成させる温度である(1)に記載の方法。(3)焼成後の前記フード粒中のピラジン類の含有量が、焼成前の前記フード粒中のピラジン類の含有量よりも、0.10ppm以上多くなるように、前記焼成を行う(2)に記載の方法。
(4)前記ピラジン類が、2,5−ジメチルピラジン、2,6−ジメチルピラジン及び/又は2,3,5−トリメチルピラジンである(2)又は(3)に記載の方法。(5)遠赤外線を用いて、前記焼成を行う(1)〜(4)に記載の方法。 (もっと読む)


1 - 10 / 512