説明

国際特許分類[A23K1/175]の内容

国際特許分類[A23K1/175]に分類される特許

181 - 190 / 214


本発明は、活性成分としてカルシウムと、卵白、卵白タンパク質およびイソフラボンの群から選択される成分を少なくとも1種類含んでなる、カルシウム吸収向上剤、並びにそれを含んでなる経口摂取組成物、および肥満の減少または移動性の向上のような様々な目的でのその使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、微量元素の吸収を刺激する因子である医薬製剤の問題を解決する。本発明の最重要点は、該製剤がα−ケトグルタル酸、及び/又はα−ケトグルタル酸のグルタミン及び/又はグルタミン酸及び/又はオルニチン、グルタミンと他のアミノ酸とのジペプチド、及び/又はグルタミンと他のアミノ酸とのトリペプチド、及び/又はグルタミン酸と他のアミノ酸とのトリペプチド、及び/又はα−ケトグルタル酸塩、及び/又はα−ケトグルタル酸のグルタミン及び/又はグルタミン酸及び/又はオルニチンの塩、グルタミン又はグルタミン酸と他のアミノ酸とのジペプチドの塩、を0.01〜0.5g/kg/日の用量で含み、経口投与され、消化管から血液への鉄、亜鉛、銅、マンガン、ストロンチウム、カルシウム、リン及び他の微量元素の吸収を刺激し、ヒト及び動物の血液中で、これらの化合物の適切で生理学的な治療濃度を保証することである。 (もっと読む)


【課題】魚類の感染防御効果を向上することができる組成物を提供する。
【解決手段】飼料成分と腐植土の水性溶媒抽出物とを含む魚類飼料、およびそれを投与することを含む魚類の飼育方法により、課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】短時間で分解処理でき、かつ再利用可能な食品残渣、汚泥処理の生物分解機材およびその利用方法を提供する。
【解決手段】ゼオライトに少量の好気性バチルス菌を少量入れて混合し、分解機材とする。この分解機材に食品残渣等を投入して処理する。この機材は再生利用してもよい。 (もっと読む)


【課題】 従来の動物用飼料添加物では、体力、体質改善、免疫力増強まではできても、これからのペットにも関わってくる骨代謝不良、関節炎、老化現象等の老化性疾病には効果のないものであった。本発明に用いるゲルマニウムはインターフェロン誘起作用、ナチュラルキラー細胞の活性化作用、マクロファージの活性化作用等により、免疫機能を向上させる働きがある。また、ゲルマニウムには骨代謝を活発化させる働きがある。また、ゲルマニウムには鎮痛作用および抗炎症作用がある。その他に、白内障の進行を遅延させる働きがあり、ゲルマニウムの血圧調節作用により平常の状態を保つことができる。
【解決手段】 本発明は健康食品の効果を兼ねたゲルマニウムを含有するペット用活性剤を提供することにある。また、本発明品はペットに与えやすいようにエキス状、粒状、粉状等の様々な形態にすることが出来、ペットに与えやすいものを選択できるという利点も兼ね備える。 (もっと読む)


【解決すべき課題】
安定で且つ水溶性の金属−アミノ酸溶液を開発すること。
【解決手段】
亜鉛、鉄、マンガン、クロム、又は銅を含む微量元素の安定な水性溶液錯体を調製する方法であって、微量元素塩を水に溶解する工程、L−リシン、グリシン、ロイシン及びセリンより成る群から選択され且つ錯体を形成するのに十分な量のアミノ酸を該微量元素塩の水溶液に添加する工程、及び温度を約50℃未満に維持しながらpHを2.0から6.0の範囲内に調整する工程を含む方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】 粗飼料の採食性を向上させ、それにより、牛、特に子牛や乳牛の生理を活性化し、その生産性を向上することのできる飼料添加物および飼料を提供すること。
【解決手段】 納豆粉末、クエン酸、褐藻およびゼオライトを必須成分とすることを特徴とする飼料添加物および飼料。 (もっと読む)


【課題】食品廃棄物の有効利用を図ることができるとともに、給餌した魚介類に違和感を与えず食い付きを妨げることがなく、また排泄物にアンモニア態窒素を固定化し、アンモニア態窒素が水中に拡散するのを防止して水質を清浄に保つことができ水質保全性に優れ、また水質浄化のための換水量を少なくすることができ養殖作業性及び省エネルギー性に優れ、さらに簡易な設備で養殖の集約化が可能で、さらに水中や体内の重金属類を系外に排出可能な水産養殖用飼料を提供することを目的とする。
【解決手段】発酵食品粕を含有する水産養殖用飼料であって、前記水産養殖用飼料の全量に対し0.0001〜5重量%好ましくは0.001〜2重量%の炭粉を含有する。
(もっと読む)


本発明の対象となるのは、畜産学的な使用に供される放出制御組成物である。具体的には、本発明の対象は、制御された状態で含まれる生理活性物質を放出することができるマイクロペレットからなる組成物である。また、本発明は、畜産領域における前記組成物の使用のみならず、前記組成物の調製手順にも言及する。
(もっと読む)


特定動物の欠乏および/または必要性を満たすために特に調製した栄養剤プログラムを動物に提供する。
【課題】
【解決手段】 動物から血液を採取し、この血液をラボで分析し血液検査結果を得る。血液検査結果に点数を付け、少なくとも1種の対応する血液パラメータについて少なくとも1個の血液検査点数を得る。前記少なくとも1個の血液検査点数が正常域内にあるが正常域内の最適範囲外にあるならば、前記少なくとも1種の対応する血液パラメータについて最適範囲に動物をもっていくために必要な1種以上の栄養剤を同定する。少なくとも前記対応する血液パラメータについての前記血液検査点数と前記血液検査点数の最適範囲からの偏差に基づいて、動物のために同定した前記1種以上の栄養剤の少なくとも1種の処方投与量を計算する。処方投与量の計算は、対応する血液パラメータの血液検査点数と最適範囲からの血液点数の偏差に少なくとも基づく。
(もっと読む)


181 - 190 / 214