説明

国際特許分類[A23K1/175]の内容

国際特許分類[A23K1/175]に分類される特許

201 - 210 / 214


哺乳類の体重管理効果に有用な方法、組成物及びキットが、本明細書に開示される。方法、組成物及びキットの各々には、添加されたホウ素源を利用する。 (もっと読む)


軟骨の柔軟性の増大を必要とする動物において軟骨の柔軟性を増大するための方法であって、前記動物に、軟骨の柔軟性を高める有効な量の硫黄含有アミノ酸とマンガンを投与することを含む方法。 (もっと読む)


本明細書で開示されたのは、各々がコンパニオンアニマルによる使用に適合された組成物及び方法の多様な実施形態である。1つの実施形態では、可溶性ミネラル成分の量を含む食用組成物が開示され、可溶性ミネラル成分は、亜鉛、マンガン、スズ、銅及びこれらの混合物からなる群から選択される1つ以上のミネラルを含み、この量は、口腔用薬剤として使用するのに有効な量である。更なる実施形態では、リン酸塩成分が包含される。食用組成物は、有利にコンパニオンアニマル用フード又はサプリメントである。更に開示されたのは、記載される組成物をコンパニオンアニマルに経口投与することを含む、口腔歯石、口腔歯垢、歯周病、歯肉炎、口臭及びこれらの組み合わせを治療することから選択される方法である。 (もっと読む)


コンパニオン動物の排出物の臭気を低減する方法を提供する。本方法は、排出物臭気低減有効量のショウガ科スパイスの例えばショウガ若しくはその抽出物、または別の臭気低減剤と一緒に排出物臭気低減有効量の繊維を含む組成物を動物に摂取させることを含む。 (もっと読む)


【課題】
【解決手段】
本発明は、基礎成分としての少なくとも1種のカルボン酸及び/又はその塩と、鉄成分と、少なくとも存在するCOOH基が代謝する間に理論的に消費されうる量に相当する量のビタミンB6、B9及びB12とを含む食品及び飼料サプリメントとその使用に関する。サプリメントは、水中に溶解したときに2.0〜6.0の範囲のpHを有する。サプリメントは、ビタミンB6、B9及びB12の量が、サプリメント中の純カルボン酸の含量の乾燥重量1g当たり、それぞれ、0,5〜30mg、0,1〜10mg及び1500μgの範囲であることを特徴とする。サプリメントは、0.5〜15g乾燥サプリメント/kg乾燥飼料の量で動物飼料中に使用することが出来る。
なし (もっと読む)


ネコまたはイヌなどのコンパニオン動物の糞臭を低減するための方法を提供する。該方法は、該動物に、糞臭を低減するのに有効な量の亜鉛イオン源、例えば酢酸亜鉛を含む組成物を摂取させることを含む。 (もっと読む)


本発明は、食品強化用鉄粉に関する。該鉄粉は、不規則の形状の粒子を有する還元鉄粉末から本質的に成り、しかも、該鉄粉は、0.3未満のAD:PD比(式中、ADはg/cm単位の見かけ密度であり、PDはg/cm単位の粒子密度である)を有している。BET法によって測定されるそれら粉末粒子の比表面積は、300m/kgを超えており、しかも、その平均粒径は5〜45μmの間である。 (もっと読む)


この食品は、残留性有機汚染物質を吸着可能な炭素材を含んでいる。ここで用いられる炭素材は、例えば、カーボンブラック、活性炭およびグラファイトからなる群から選ばれた少なくとも一つであるか、或いはナノカーボンである。また、炭素材は、親水性を有するものが好ましい。この食品は、炭素材により、食品中に含まれる残留性有機汚染物質および生体内に蓄積している残留性有機汚染物質を吸着することができる。残留性有機汚染物質を吸着した炭素材は、排泄物と共に生体から排出される。したがって、この食品は、生体内に残留性有機汚染物質が蓄積するのを抑制することができる。 (もっと読む)


本発明は、キノン骨格を有する化合物と抗酸化剤が共存した状態で、キノン骨格を有する化合物を安定化する方法、並びに、安定化されたキノン骨格を有する化合物含有組成物を提供することを目的とする。本発明は、キノン骨格を有する化合物と抗酸化剤を含有してなる組成物において、キノン骨格を有する化合物と抗酸化剤の少なくとも一方を非油溶性被覆媒体で被覆した状態で油性物質中に共存させるか、又は、キノン骨格を有する化合物と抗酸化剤の少なくとも一方を非水溶性被覆媒体で被覆した状態で水性物質中に共存させてなることを特徴とする、キノン骨格を有する化合物の安定化方法、及び、キノン骨格を有する化合物を含有してなる組成物である。本発明によれば、キノン骨格を有する化合物と抗酸化剤が共存しても、キノン骨格を有する化合物を安定に保持することができる。 (もっと読む)


(a)生物学的に使用可能な銀の形の第1の有効成分、(b)軟骨組織から得られた物質の形の第2の有効成分、及び各種の一般的な補助剤又は添加剤を含有するサプリメント製剤、及びミンク、家禽類及び豚を含む家畜用の健康増進サプリメント製剤の調製における、各種の一般的な補助剤又は添加剤と共に、前記第1の有効成分及び第2の有効成分の使用を開示する。製剤は、ミンクにおけるプラズマ細胞増加症、パピー疾患、ウイルス性腸炎、三日病及び/又は「スティッキーキッド」の予防及び治療に好適であることが証明された。 (もっと読む)


201 - 210 / 214