説明

国際特許分類[A41B1/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 衣類 (10,827) | シャツ;下着;ベビー用リネン製品;ハンカチ (2,027) | シャツ (92)

国際特許分類[A41B1/00]の下位に属する分類

前たてのついたもの (4)
キャミソールとショーツの一体型女性用肌着に変換できるもの
胴着下,ズボン下またはその類似物に取り付け可能なもの
細部 (61)

国際特許分類[A41B1/00]に分類される特許

1 - 10 / 27


【課題】防透け性や仕立て映え性に優れて軽量であるとともに、通気性や吸汗速乾性にも優れたシングル丸編地および該シングル丸編地を用いて縫製したワイシャツを提供する。
【解決手段】シングル丸編地は、1インチ当たりのコースの数が50以上150以下であり、編成時にウエルトが含まれており、シンカーループ面において、ウエルトにより編目間で橋渡し状となる部分の間隔が1編目以上8編目以下である橋渡し部を有し、目付が100g/m2以上200g/m2以下であり、肌面の吸水速度が3秒以下であり、表面と肌面の吸水拡散面積比が3倍以上であり、かつ拡散性残留水分率が10%以下になるまでの時間が45分以内である。 (もっと読む)


【課題】衣服内へ送風機で強制的に送風、換気して体温を下げる従来の空調衣服は、送風機と専用の衣服が一体となって機能するよう製品化されている為、寸法が嵩張る、価格が高価である、色やデザインが限定されている、必要に応じて羽織ったり脱いだりする必要がある、空気がシャツの上を流れて、体温を下げる効果が劣る等の欠点があった。
【解決手段】シャツの左右の前立てを、上下に隣り合う2つのボタンで留めることで、前後に重なり合う左右の前立ての間に構成される紡錘状の隙間に勘合する断面を持つ外殻の内部に、シャツの外側からシャツの内側に向けて送風する送風機と駆動用電源を納めると共に、外殻の上部に、脱落防止の為、シャツのボタンに掛けるクリップを設けたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】シャツの前身頃と後身頃の内側にポケットを設けた場合、ポケットが設けられていることが外部から容易に判別できない隠しポケットを提供する。
【解決手段】前身頃1と後身頃2とで構成されるシャツにおいて、前身頃と後身頃との内側に設けられるポケット本体5の固定部4が、前身頃と後身頃との縫い合わせ逢着部3にそって設けられ、ポケット本体に物品を収納した際に、物品の重量によりポケット本体が前身頃と後身頃との外側に露出しないように配置する。 (もっと読む)


【課題】腕の上げ下げを楽にすると共に、裾のずれ上がり及び捲れ上がりを防止してシルエットの崩れを抑制し、着用者の体形にフィットして着心地のよい上半身用衣類を提供すること。
【解決手段】前身頃1及び後身頃2の肩部4からバスト部5を含む上部領域6および前記上部領域6から下側の下部領域7を備えた上半身用衣類であって、前記上部領域6が弾性糸を含まない糸または前記下部領域7において用いられる弾性糸よりも繊度の小さい弾性糸で編成されており、前記下部領域7が前記上部領域6において用いられる弾性糸よりも繊度の大きい弾性糸に切り替えて編成されている。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

着用者の感覚運動系を刺激するための衣服。衣服は、前部および後部を備える本体部と、本体部に関連付けられる少なくとも1つの感覚運動刺激部材と、を含む。衣服は、着用者の胴体の少なくとも一部に着用されるよう構成され、着用者が着用すると密着する。少なくとも1つの感覚運動刺激部材は、衣服が着用されたときに着用者の皮膚に接触する。衣服は、エラストマー素材から製造されるので、少なくとも1つの感覚運動刺激部材が、少なくとも1つの感覚運動刺激部材が接触する着用者の皮膚における皮神経受容体を刺激する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】製品に使用される要素や材料の数を減らしつつ、製品の様々な領域に異なる特性を付与する。
【解決手段】不織布帛は、複数の熱可塑性ポリマーフィラメントから形成することができる。この不織布帛は、第1の領域と第2の領域とを有し、第1の領域のフィラメントは、第2の領域のフィラメントよりも高融着度で融着されていてもよい。不織布帛は、衣料品(例えば、シャツ、ズボン、履物)など、様々な製品に組み込むことができる。この様な製品の中には、不織布帛が、他の布帛要素と結合されて、継ぎ目を形成するものもある。具体的には、不織布帛の端縁領域が、この継ぎ目において、他の布帛要素の端縁領域に熱融着されていてもよい。また、布帛であってもなくても、他の部材に不織布帛が結合された製品であってもよい。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

1 - 10 / 27