国際特許分類[A43B19/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 履物 (4,053) | 履物の特徴;履物の部分 (3,598) | 靴の形状をしたそう入物;足の甲をおおうそう入物 (32)

国際特許分類[A43B19/00]に分類される特許

31 - 32 / 32


本発明において、足首支持具(200)を有する履物が開示される。本発明の履物は、底部(310)、甲部(320)、および踵部(340)を備える。足首支持具は、足首関節が介在する足の一部と脚の一部とをくるんで着用するように構成され、足首支持具の下部が履物の内側に装着されている。本発明により、履物に拘束されることなく着用者の足首関節を足首支持具と一体に動かすことができるため、足首の動作の柔軟性が確保されて動作に制約を受けない。また、足首支持具の下部が履物の内側に固定されているため、激しい動きによる無理な衝撃が足首に加えられても、履物と足首支持具の両者により支持されるため、足首を効率よく支えることができる。
(もっと読む)


【課題】 足の甲と靴の甲の形状が大きく異なる場合であっても履き心地が良く、靴を脱いだときにも他人にクッションを使用していることを容易に気づかれることがない等の特長を有する靴用クッションを提供する。
【解決手段】 貫通孔を有する空洞部2〜4と、空洞部を境界として複数の区分に分割されたシート状弾性部5〜8とを有する靴用クッション1。シート状弾性部は、略々長方形状の基部5と、基部5の左右の辺に連続する台形状の袖部6、7と、残りの一方の辺に連続する台形状の舌状部8とすることができ、これを靴の甲部の内側に貼着する。また、シート状弾性体で形成された袋体の内部に流動体が充填された2つのクッション部32、33と、2つのクッション部が互いに接続された接続部の両端部に絞り部34、35を設けて、踵用のクッション31とすることもできる。 (もっと読む)


31 - 32 / 32