説明

国際特許分類[A45D34/04]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 手持品または旅行用品 (9,127) | 理美容またはひげそり器具;マニキュアまたは他の化粧 (5,352) | 液体状化粧料,例.香水,用容器または付属品 (1,139) | 液体を施すために特別に用いられる器具,例.ローラまたはボールを用いるもの (892)

国際特許分類[A45D34/04]に分類される特許

1 - 10 / 892



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】
従来よりも簡単で且つ正確に組み立てることが可能な移動体繰出容器を提供する。
【解決策】
先筒と、容器本体と、雌螺子部材と、移動体と、を備え、先筒と容器本体とを相対回転することで雌螺子部材の雌螺子と移動体の雄螺子との螺合作用が働き、移動体が軸線方向に摺動し、先筒の開口より化粧料を吐出可能とする移動体繰出容器であって、移動体は、雌螺子部材と螺合結合されて移動体繰出容器に組み付けられる前は雄螺子が形成されている螺子部と把持部とからなり、螺子部と把持部は離間可能な構成となっていることを特徴とする移動体繰出容器。 (もっと読む)


【課題】筆毛の収束密度に変化をもたせて、植毛穴から延出する筆毛の広がりに多様な変化を創出し、一の化粧筆で、ユーザのニーズに応える多様な使用感が得られる化粧筆を提供する。
【解決手段】丸棒状の筆軸10の先端の面11に形成された植毛穴20に筆毛30を植毛し、植毛穴20から筆毛30が延出する化粧筆1において、筆軸10の横断面形状と植毛穴形状20とが相似形状でないよう、異形となるように形成した。
植毛穴20の形状を、安易に筆軸10の横断面形状を縮小した形状に形成せず(相似形状とせず)、異形に形成することで、植毛穴20から延出する筆毛30が、異形の植毛穴20の形状に倣って広がるので、筆毛30の収束密度に変化が生じ、筆毛30の使用感に多様性を創出することができる。 (もっと読む)


【課題】口部の開口縁に対する化粧料の付着を防止できると共に、使用性を向上できる化粧料容器を提供すること。
【解決手段】容器本体1内の化粧料Lを、口広の口部3を通して進入可能な塗布体11に付着させて使用できる一方で、使用に先だって、塗布体11に付着した余分な化粧料Lを、容器本体1内の底部に立設した掻き取り部2において掻き取ることが可能であり、余分な化粧料Lを口部3の開口縁で掻き取る必要を無くすと共に、中蓋を回転させて化粧料の位置に開口部を合わせる必要や余分な化粧料を掻き取る際に中蓋が回転してしまうということを無くす。 (もっと読む)


【課題】低粘性のマスカラ液の保持が可能であり、しかも使用感、化粧性能等が好適な、マスカラ塗布具を提供すること。
【解決手段】少なくとも、軸部、当該軸部の先端側に設けた塗布部および当該軸部の基端側に設けられた把持部を含み、前記塗布部は、前記軸部の両側に、複数の平板状のクシ歯がその列で平面を形成し、さらに、前記軸部のクシ歯のない部分は軸の長手方向に連続してリブ部を設けてなることを特徴とするマスカラ塗布具。 (もっと読む)


【課題】化粧料塗布体において、簡単な構造により塗布部を傾倒させ、その状態を維持することができるようにする。
【解決手段】軸部11、塗布部12とともに化粧料塗布体10を構成する可動部15で、軸部11と塗布部12とを変形自在となるように一体成形された脚部16、16により連結するとともに、該塗布基部14の後端には先端を凸湾曲面17aとする係止部17を、また軸部11の先端には該係止部17の凸湾曲面17aに合致する複数の凹湾曲部18aを平坦部18bを中心に配設する被係止部18を一体成形するとともに、係止部17と被係止部18との間で間隙19を形成し、係止部17が移動し,被係止部18と当接しつつ摺動し、且つ両者が係止自在となる傾倒機構Aを形成するので、簡単な構造によって、塗布部を押勢して軸部に対して傾倒させ、その傾倒状態を維持させることができる。 (もっと読む)


【課題】塗布体からの空気の混入を防ぎ、又後端からの押圧でも安定した量を供給することができる塗布具を提供する。
【解決手段】塗布具は、使用者のノック操作によって、軸本体10内で収容体20が先方に一定以上移動し、前弁体28が収容体の先部内に第2のスプリング32の付勢力に抗して押し込まれたときに前弁体28及び後弁体30間の空間の容積が縮小し、塗布液の加圧で前弁体28が開弁して塗布液誘導管26内を介して塗布体に流入する圧縮行程を行い、塗布液を塗布体に送り込み、ノック解除操作によって、軸本体10内で前記収容体20によって後方に移動し、前弁体28が収容体20の先部内で先方に向けて第2のスプリング32の付勢力で戻り前記空間の容積が拡大で、塗布液の減圧により後弁体30が開弁して塗布液が前記空間内に流入する拡張行程が行われる。 (もっと読む)


【課題】簡便な操作をするだけで塗布対象毛の部位に対して適度な濃さの塗布液を塗布でき、また身体の特定部位を簡便かつ安全に洗浄できるブラシ用具の提供。
【解決手段】ブラシ用具1は、ブラシ体2aを有するブラシ部2と、ブラシ部2を有し指で持つことが可能な握り軸3とを備え、ブラシ軸方向に延びる開口部4b1と、この開口部を形成する側壁4b2,4b3を含むブラシカバー4を有し、開口部から突出しブラシ軸方向に列になるように延びるブラシ体を、両側壁に圧力を与えて開口部の間隔を狭めて整列させた。 (もっと読む)


1 - 10 / 892