説明

国際特許分類[A47J31/44]の内容

国際特許分類[A47J31/44]の下位に属する分類

国際特許分類[A47J31/44]に分類される特許

1 - 10 / 628



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】飲料があふれる問題や飲料がこぼれて床やテーブルを汚す問題を回避した飲料抽出機を提供する。
【解決手段】抽出機本体2に水を受け入れる水タンク(図示せず)と、飲料抽出原料を収容するドリッパー3を備え、ドリッパー3下部に位置するように、抽出した飲料を受け入れる飲料容器4を着脱可能に設置し、水タンクには、ドリッパー3に湯を供給するための給湯路10が接続され、この給湯路10に加熱手段としてのヒータを配設すると共に、抽出機本体2に、飲料容器4に当接してドリッパー3の吐出口12に設けた開弁部材13を開弁させるレバー22が設けられている飲料抽出機1において、ドリッパー3の有無を検出する検出手段としての検出スイッチ31を備え、飲料が溢れる問題や飲料がこぼれて床やテーブルを汚す問題を回避することができる。 (もっと読む)


【課題】利用者が温飲料の提供を受ける部位への湯気に含有される飲料原料の飛散を防ぐことのできる飲料ディスペンサを提供することを課題とする。
【解決手段】粉末原料と温水とを混合した温飲料を飲料注出部3で利用者に提供する飲料ディスペンサ101は、粉末原料と温水とを混合し温飲料を生成するためのミキシングケース12と、ミキシングケース12内の湯気を導出するためのダクト状の排気用空間25cと、ミキシングケース12内の湯気を吸引し排気用空間25cに流通させる電動ファン24と、外部に排出される水又は飲料を流通させる排水流通部28aとを備える。排気用空間25cの湯気は、排水流通部28a内に向かって排出される。 (もっと読む)


【課題】飲料の調製に使用するアルカリイオン水の供給量を確保するとともに、酸性水の流出量を抑制することが可能な飲料供給装置を提供する。
【解決手段】飲料調製用の原料を収容している原料キャニスタ11と、飲料調製用の湯水を貯留している温水タンク15、冷却コイル17と、温水タンク15、冷却コイル17に飲用水を供給する給水カセットタンク18、給水ポンプ19とを備え、原料キャニスタ11から供給される原料と温水タンク15、冷却コイル17から供給される湯水を用いて飲料を調製する飲料供給装置1において、給水カセットタンク18、給水ポンプ19から供給される飲用水からアルカリイオン水を生成するアルカリイオン整水器20を設けるとともに、該アルカリイオン整水器20のアルカリイオン水吐出口20bに連通する管路にブースターポンプ21を設けた。 (もっと読む)


【課題】発生したクレマを消滅させることがなく保持時間の長い飲料抽出ができる飲料抽出機構を提供する。
【解決手段】底部に多数の小さい穴21bを有し、中央部に凹部21aを形成すると共にコーヒー粉を入れる飲料フィルター21と、前記飲料フィルター21の上部を封止するシール材C18と、前記飲料フィルター21内に湯を供給する加熱容器6と、前記加熱容器6に水を供給し前記飲料フィルター21内の圧力を上昇させるポンプ2より構成されたもので、抽出液を中央部に集めることができるため、抽出液が周囲に飛び散って飲料ホルダー22を伝ってカップ(図示せず)に注がれることによるクレマの消滅を防止することができる。 (もっと読む)


【課題】同じレバーアームにおいて比較的少ない手動閉塞力を必要とし、あるいは、浸出部品をカプセルの周囲において安定した方法で閉塞するために同じ力に関して小さいレバーアームを必要とする装置を提供する。
【解決手段】飲料原料を収容するカプセルの浸出のための浸出ユニットは、フレームと、浸出中にカプセルを少なくとも部分的に封入するための第1のカプセル保持部材及び第2のカプセル保持部材とを備え、第1のカプセル保持部材が、開位置と閉位置との間で前記フレームに沿って第2のカプセル保持部材に対して移動でき、作動部材を備え且つ2つの位置間で前記第1の保持部材を作動させるための閉塞機構を備え、閉塞機構は、作動部材によって与えられるトルクを第1のカプセル保持部材に対する並進閉塞力へと変換することができるギヤ手段を備える。 (もっと読む)


【課題】カプセルの確実な穿孔が行えるカプセル穿孔モジュールを提供する。
【解決手段】カプセルに基づく飲料製造機が、カプセル(1)に入れた成分(5)に基づいて飲料を製造するために設計されたモジュール(2)を備える。モジュール(2)は、カプセル(1)を固定位置に保持する手段(3、4)と、カプセル(1)を穿孔する手段(6)とを備え、穿孔手段(6)は、カプセル(1)が保持手段(3、4)によって固定位置に保持された後にカプセル(1)を穿孔するように制御される。 (もっと読む)


【課題】容器内の廃棄物を分布させる抽出された飲料製造機械のための抽出ユニットを提供する。
【解決手段】飲料製造機械のための抽出ユニット(1)であって、抽出組立体(2)を有し、抽出組立体(2)の下の廃棄物容器(3)と関連付けられる。抽出組立体(2)は、抽出材料を受け入れるための抽出チャンバ(12)、抽出チャンバ(12)から廃棄物を排出するように抽出チャンバ(12)に沿って移動可能な第1の取り出し手段、および排出された廃棄物に係合するとともに排出された廃棄物を容器(3)に排出するように抽出チャンバ(12)に対して移動可能な第2の取り出し手段を含む、多くの部材を有する。部材の少なくとも1つは、軸(7)周りに揺動するように取付けられた揺動部材であり、レベリング手段が、容器(3)内で揺動するように揺動部材(12)と結合される。 (もっと読む)


【課題】貯蔵レベルを表示するように設計されたコーヒー豆ホッパを提供する。
【解決手段】コーヒー豆ホッパ(1)は、放出ダクト(5)で終端する底部ファンネル(3)と、上部壁(6)と、少なくとも1つの上部充填開口(23)と、少なくとも1つの透明部分(14)を有するとともに上部壁(6)をファンネル(3)と接続する側壁(7)と、上部壁(6)からファンネル(3)に向かって延びるとともにホッパ(1)の内部チャンバ(15)を隔壁(19)とファンネル(3)との間の通路(21)を通じて連絡する第1および第2のハーフチャンバ(16,17)に分割する隔壁(19)と、を有する。第1のハーフチャンバ(16)は、隔壁(19)によっておよび透明部分(14)を含む側壁(7)によって横方向に境界をつけられ、第2のハーフチャンバ(17)は放出ダクト(5)と連絡する。 (もっと読む)


【課題】飲料製造機内部のカプセルの確実な穿孔を目標とする。
【解決手段】カプセルに基づく飲料製造機が、カプセル(1)に入れた成分(5)に基づいて飲料を製造するために設計されたモジュール(2)を備える。モジュール(2)は、カプセル(1)を固定位置に保持する手段(3、4)と、カプセル(1)を穿孔する手段(6)とを備え、穿孔手段(6)は、カプセル(1)が保持手段(3、4)によって固定位置に保持された後にカプセル(1)を穿孔するように制御される。 (もっと読む)


1 - 10 / 628