説明

国際特許分類[A61B17/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 診断;手術;個人識別 (80,876) | 手術用機器,器具,または方法,例.止血器 (11,992)

国際特許分類[A61B17/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A61B17/00]に分類される特許

1 - 10 / 2,301



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】安全性、効率、および自分で使用する快適さに配慮された皮膚剥離用器具を提供する。
【解決手段】微細制御式皮膚剥離ハンドピース100であって、ユーザがハンドピースを保持するためのハンドピース本体10と、処置組織に陰圧を提供するための処置ヘッド14と、ハンドピース本体を通じて処置ヘッドに陰圧を提供するための真空チューブ12とを備え、ハンドピース本体が処置ヘッドへの陰圧の供給を制御するための少なくとも1個の開口部16を備え、少なくとも1個の開口部は前記ユーザがハンドピースを保持することによって閉塞可能である。 (もっと読む)


【課題】線状組織を周辺組織から容易に剥離し、神経刺激電極を留置することを可能にする医療用処置具を提供する。
【解決手段】医療用処置具2は、シース31と、シースの先端側に互いに当接および離間可能に設けられるとともに、互いに当接したときに、シースの軸線C1上であってシースの先端側および前方に規定される先端側空間Tを避けるように構成された一対の処置片11Aと、シースに進退可能に挿通され、一対の処置片を互いに当接および離間させるための線状部材34と、を備え、一対の処置片の少なくとも一方には、一対の処置片が互いに当接する当接面から凹んだ凹部が形成され、一対の処置片が互いに当接したときに、一対の処置片および凹部により形成される貫通孔21が先端側空間に連通する。 (もっと読む)


【課題】 内視鏡下手術において合成吸収性癒着防止シートなどのシートをトロカーの内腔を通じて体内の目的部位へ簡単に挿入することができ、小口径のトロカーも使用することができるシート挿入用ディバイスを提供すること。
【解決手段】 前後端が開口し、内部がシート収納部に形成された円筒状の外套管2と、この外套管内に管軸方向となる前後方向に進退可能、かつ回転可能に挿入されるシート押し出し用の押出部材3とを具え、前記押出部材は、外套管より長さの長いシャフト11と、該シャフトの先端部に設けられた二股状のシート巻取部12と、前記シャフトの後端部に設けられた操作用把持部14と、を有し、前記シート巻取部は、前記押出部材の前進により外套管の前端開口から突出されるとともに、後退により外套管内に収納され、前記外套管は、前端部の相対向する壁に前記シートを差し込める大きさの軸方向スリット5がシート巻取部の長さと同程度の長さにわたり形成されている。 (もっと読む)


【課題】生体組織を所定の深さに確実に穿刺することができるとともに、患者の負担が少なく、患者の安全性が高く、また術者の安全性も高い穿刺装置を提供すること。
【解決手段】穿刺装置1は、生体組織を穿刺する鋭利な針先531を有する穿刺針5と、膣内に挿入される長手形状の膣挿入部材2と、針先531が向かう方向に位置する案内部である先端部321を有する案内部材3と、膣挿入部材2と案内部材3とを連結する連結部材4とを備え、穿刺針5は、針先531が先端部321に向かって接近するように移動可能に支持されており、穿刺針5には、針先531付近に第1の磁石10aが設けられ、案内部材3には、先端部321に第2の磁石10bが設けられており、針先531が先端部321に接近した際、第1の磁石10aと第2の磁石10bとの斥力により、針先531と先端部321とが離間する程度に互いの接近距離が規制されるよう構成されている。 (もっと読む)


【課題】内視鏡キャップを有している内視鏡型植込み器具を提供する。
【解決手段】内視鏡キャップ20は、内視鏡キャップの拡張スリーブ4に嵌め付けられる、組織クリップ1のための保持および引抜き手段を備える。内視鏡キャップは、拡張スリーブの前端で開口しており、ワーキングチャネルを形成する、または器具のワーキングチャネルとは別の内視鏡チャネルの中に移動可能に入れられており、または入れられるように構成されており、内視鏡キャップの径方向に内側の面で、手動で作動される引抜き糸を有している。内視鏡型植込み器具は、手動で組織を把持し、内視鏡キャップの内部に引き込むように、ワーキングチャネル内に移動可能に挿入された組織把持手段をさらに備えている。拡張スリーブの内部に一体に配置されたクランプ手段が設けられている。クランプ手段は、糸、帯またはストリング2を介して組織クリップに接続されたカプセル型機器3を保持する。 (もっと読む)


【課題】 除去装置がフィルタに接近するべく血流方向とは反対方向に移動し、血流方向にてフィルタを除去するシステムを提供することを目的とする。
【解決手段】 血管から血栓フィルタを除去するためにカテーテル内に配置される装置は、基端、末端、及び内部を通じて延びる管腔を有するシャフトと、該シャフトの管腔内に置かれるとともにその一部がループを形成するワイアとを備える。除去装置はフィルタに接近するべく血流方向とは反対方向に移動し、血流方向にてフィルタを除去する。 (もっと読む)


【課題】標本回収デバイスを提供する。
【解決手段】縫合糸ループアセンブリ24であって、該縫合糸ループアセンブリは、1本の縫合糸材料および一方向フェルールを備え、該1本の縫合糸材料は、二重ストランド中心部分、および該中心部分から遠位に延びる一重ストランド遠位ループ部分を有し、該一方向フェルールはボアを規定し、該二重ストランド中心部分は、該一方向フェルールの該ボアを通過している、縫合糸ループアセンブリ;ならびに標本回収バッグ20であって、該縫合糸材料が、該標本回収バッグと係合可能であり、そして該標本回収バッグを閉じるように作動可能である、標本回収バッグ、を備える、標本回収デバイス10。 (もっと読む)


1 - 10 / 2,301