説明

国際特許分類[A61B17/56]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 診断;手術;個人識別 (80,876) | 手術用機器,器具,または方法,例.止血器 (11,992) | 骨または関節の手術器具および方法;その為に特に適合する用具 (2,994)

国際特許分類[A61B17/56]の下位に属する分類

国際特許分類[A61B17/56]に分類される特許

1,001 - 1,010 / 1,252


【課題】患者の肩に対する外科手術手順の間に、台に設置された開創デバイスを利用する、外科手術的開創の改良された方法を提供する。
【解決手段】外科手術台13上の、関節窩52、上腕骨56および上腕骨球を有する肩甲骨に関連して、肩関節の外科手術を実施するためのシステムであって、開創器支持体12;この開創器支持体をこの外科手術台13に設置するための手段;この開創器支持体12をこの肩関節の周りに位置決めするための手段;この肩関節の近くの皮膚層および肉の層を切開するための手段;この肩関節の近くの皮膚層および肉の層を手動で牽引するための開創器58;ならびにこの開創器58をこの開創器支持体12に取り付けることによって、この開創器58を、選択された牽引位置に固定するための手段、を備える、システム。 (もっと読む)


【課題】密封された状態下にて融合インプラントを挿入すべく円板空隙を準備することを許容する外科的技術及びその器具を提供する。
【解決手段】円板の空隙Dを伸延させる伸延指状体173が一端に設けられた外側スリーブ171を有する腹腔鏡170が提供される。該腹腔鏡170は、その他端に腹腔鏡ポート180を有し、この腹腔鏡ポートを通じて器具及びインプラントが挿入される。該腹腔鏡170は、円板の空隙に対して密封された作用通路を提供し、この作用通路を通じて円板の空隙を伸延させ、椎骨の端板及び取り巻く円板を拡孔して、融合装置を挿入する。腹腔鏡170は、円板の空隙内の両側方位置内にて交互に係合し、一対の融合インプラント10が挿入可能であるようにする。腹腔鏡170を両側方の融合位置の間にて移動させたとき、切り換えスリーブ191は、腹腔鏡170を貫通して伸長して外科手術部位の組織を保護する。 (もっと読む)


骨盤の寛骨臼又は骨盤に挿着される関節ソケットに関節球によって嵌合する大腿骨インプラントのために大腿骨に準備処置を施すこと、或いは、このような大腿骨インプラントに大腿骨及び関節球の中心点との関係で大腿骨への挿入のための準備処理を施すことを目的に、器具の位置及び向きを表示するための方法において、次のことを提案する。即ち、関節球の中心点、及び、大腿骨の横断面と機器面との交線であって関節球の中心点を通る交線が、関節球の中心点の高さにおける大腿骨の横断面に表示されること、である。
(もっと読む)


本発明は、棘間スペーサを隣接する棘突起間に、より簡便な操作で挿入することが可能な手術器具を提供することを課題とする。本発明の手術器具は、隣接する棘突起の間に挿入して使用され、かつ、中空部を有する筒状の棘間スペーサを、棘突起間に挿入するための手術器具であって、棘間スペーサの中空部に挿通する挿通部を有する挿入部材と、挿入部材を把持する把持部材とを有し、挿入部材の一方の端部を第1の端部、他方の端部を第2の端部とすると、挿入部材を棘間スペーサの中空部に挿通して、挿入部材の第1の端部付近に設けられた被把持部を把持部材で把持した状態で用いることを特徴とする。挿入部材は、第1の端部とは反対側の端部である第2の端部に、棘間スペーサを挿通部に挿通した際、棘間スペーサが挿通部から脱落するのを防止するための支持部を有する。
(もっと読む)


本発明は、疾患骨組織または損傷骨組織の処置のために用いられ得る拡大可能な半伸展性デバイス、およびそれを用いる方法に関する。この半伸展性デバイスは、海綿質組織の内部スペース中に挿入され、そしてこの骨への内部構造的支持を提供する適切な材料で充填される。この半伸展性デバイスはまた、この疾患骨の医薬処置、放射線学処置、または熱処置のためのキャリアとして作用し得る。上記デバイスは、シール可能なポートをさらに備え得、このポートを通ってカテーテルの内部通路が半伸展性構造の内部スペースと連通する。
(もっと読む)


骨(または他の組織)へ向かう経路に沿った骨の内部構造を特定するための装置を開示する。該装置は、経路の方向で骨に向けて液体噴射を実現する液体貯蔵器に流体的に接続されたノズルと、液体噴射を介して超音波を生成し、経路に沿った骨の構造の変化を特徴づける骨の音響インピーダンスの変化によって生じる超音波のエコーを検出する超音波変換器と、エコーを経路に沿った構造上の変化の位置に関する有効な情報に解釈する分析器とを備える。 (もっと読む)


スペーサ(10)、移送デバイス(80)および展開器(7)を有する椎骨部材を処置するためのデバイスを提供する。スペーサ(10)は、少なくとも第1および第2の部材(20、30)を備え、第1の部材(20)は、少なくとも1つの傾斜セクション(25、26)および接触表面(27、28)を有し、第2の部材(30)は、少なくとも1つの傾斜セクションおよび接触表面を有する。移送デバイス(80)は、第1の部材(20)および第2の部材(30)の少なくとも一方に取り付けられている。第1および第2の部材(20、30)は、傾斜セクションが接触してデバイスの高さを広げるように、互いに対して可動である。デバイスは、第1の高さを有する第1の閉鎖方向、第1の高さよりも大きい第2の高さを有する第2の開放方向、およびそれらの間の段階の間に配置可能である。スペーサを使用して椎骨部材を離隔させる方法も開示されている。
(もっと読む)


本発明は、椎骨間プロテーゼ配置器具に関し、この器具は、隣接する脊椎骨の間に椎間板プロテーゼを正確に配置することを容易にするために使用され得る。上記の器具(10)は、上記の椎骨間に挿入するための形状である端部(24)を備えて形成された、対向する顎12を有する。上記の顎は、上記椎骨を伸延するように互いから離れるように移動され得、それによって、上記椎骨間に上記プロテーゼが入るのが可能になる。上記顎はまた、対向する表面を有し、上記対向する表面は、それらの表面の間に上記プロテーゼを取り囲んで上記プロテーゼを適所に誘導するための形状である。
(もっと読む)


本発明は、整形外科用トライアル及びその方法に関する。より詳しくは、大腿骨の人工補助具を受容させるために患者の遠位大腿骨を手術するためのトライアル及びその方法に関する。本発明の様々な実施例は、外科医がインプラント形状のトライアルを用いることによって遠位大腿骨の中央の箱形形状を切断することができるような遠位大腿骨用トライアルを提供する。トライアルは、該トライアルから取り外し可能であり、該トライアルに対して調整可能な切断ガイドを含んでいる。切断ガイドは、後方の安定インプラントで大腿骨を手術するために利用される切断器具の深さ及び方向を制御する。
(もっと読む)


【課題】スペーサを確実に把持することができ、また把持されたスペーサを、椎弓や棘突起の切断部に容易かつ確実に挿入することができるスペーサ用把持具を提供すること。
【解決手段】スペーサ用把持具1は、椎弓または棘突起の切断により形成された切断部に挿入して、脊柱管を拡大するのに使用されるスペーサを把持して、前記切断部に挿入する操作を行うのに用いられるものである。スペーサ300は、切断部に挿入した状態で、脊柱管(椎孔)側に位置する前面(第1の面)310と、この前面310と対向する後面(第2の面)320とを備えている。このスペーサ用把持具1は、相対的に接近および離間する一対の把持部材21、22を有し、第1の把持部材21を前面310に圧接させ、第2の把持部材22を後面320に圧接させることにより、スペーサ300を把持するように構成されている。 (もっと読む)


1,001 - 1,010 / 1,252