説明

国際特許分類[A61B17/56]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 診断;手術;個人識別 (80,876) | 手術用機器,器具,または方法,例.止血器 (11,992) | 骨または関節の手術器具および方法;その為に特に適合する用具 (2,994)

国際特許分類[A61B17/56]の下位に属する分類

国際特許分類[A61B17/56]に分類される特許

101 - 110 / 1,252


【課題】くも膜下出血の治療法は、従来止血剤の投与と脳圧降下剤の点滴しかなく、患者さんはそのまま放置され脳圧亢進による呼吸中枢の麻痺が主とした原因で死亡していた。
【解決手段】くも膜下出血を起こした患者に、全身麻酔とドリルと糸鋸で減圧のための開頭を行う手術方法。 (もっと読む)


【課題】骨に骨プレートを取付けることを含む整形外科用カニューレ・ファスナ・システムを提供する。
【解決手段】骨ファスナは、内側形状を有するカニューレを有する。1つ以上のスクリュウドライバには、ファスナ(ねじ)をスクリュウドライバに対して回転しないように固定するための、ファスナのカニューレに一致する形状をもつシャフトが設けられている。
また、スクリュウドライバは、骨ファスナ用の孔のドリリングを開始するカッティングブレードを有している。スクリュウドライバは、単一ファスナまたは保持スリーブ内に装填される多数のファスナのいずれにも使用でき、自動分配すなわち制御された分配を行うことができる。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、バルーンカテーテルのような拡張可能構造体とともに用いられて、所望の方向へ、または所望の方向からこの構造の拡張を方向付けし得る、挿入デバイスを提供することを目的とする。
【解決手段】 本発明のシステムは、骨内での拡張可能構造体の拡張を方向付けるためのシステムであって、該骨への導入および骨内での拡張に適合される拡張可能構造体と、該拡張可能構造体に隣接した位置での、該骨への導入のために適合される挿入デバイスであって、当該挿入デバイスは足場を備え、該足場は、当該足場から離れるような該拡張可能構造体の拡張を方向付けるように適合され、該足場は、前記挿入デバイスの遠位端から突出する、挿入デバイスとを備える。 (もっと読む)


【課題】小型化を図ると共に良好な使用感を得る。
【解決手段】身体の傷病部位における患部に超音波を照射する振動子20と、振動子20を保持する保持部40と、保持部40に設けられ、保持部40からそれぞれ相互に離間する方向に延在する一対のバンド部50A,50Bと、一対のバンド部50A,50Bに設けられ、一対のバンド部50A,50Bを前記傷病部位に環状に巻き付けた状態で、これら一対のバンド部50A,50Bの相対変位を拘束可能な拘束部60とを備え、一対のバンド部50A,50Bは、弾性体からなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】少なくとも1つの移植片靭帯ストランドを骨管内に固定することにより靭帯を再構築する固定装置を提供する。
【解決手段】骨管内に配置されるリテーナと、少なくとも1つの移植片靭帯ストランドをキャップとリテーナとの間にて圧縮することにより、少なくとも1つの移植片靭帯ストランドをリテーナに対して捕捉すべくリテーナに取り外し可能に取り付けられたキャップとを備える。リテーナは脛骨管に配設され、移植片靭帯ストランドはリテーナに沿って伸びており、これにより移植片靭帯ストランドは脛骨管の側壁に圧縮状態に固定される。次に、係止ピンを使用してリテーナを受容骨にピン止めする。係止キャップは、移植片靭帯ストランドをリテーナに、次に従って、更に、受容骨に捕捉する過程にてリテーナに固定することができる。 (もっと読む)


【課題】軟組織移植片を骨管の内部に固定するシースの提供。
【解決手段】シースは、骨ねじおよび軟組織移植片を取り囲んでその移植片の固定を改善する。その一番簡単な形態では、シースは、骨ねじだけ、骨ねじと移植片との両方、あるいは移植片だけを取り囲む可撓性メッシュ状チューブである。他のいくつかの実施態様では、シースに複数のチューブが含まれている。埋込型固定装置用シースは、軽減された壁を有している可撓性本体を備えてなり、その本体が、この固定装置を収容するような大きさおよび形状にされた内面を画定している。好適には、シースは孔開き壁のある可撓性本体が備わっており、この本体の内面は固定装置を収容するような大きさおよび形状にされている。 (もっと読む)


【課題】カニューレおよびトロカールの身体内部への配置を可能にし、カニューレを適所に残す一方で、トロカールの後の引き出しを可能にする器具を提供する。
【解決手段】本発明の器具は、組織を貫通するようにされた遠位端34及び第1のハンドル22を含む近位端32を有する第1の機器20と、第1の機器20を通すようにされた内部管腔44を含む第2の機器40であって、第1のハンドル22に適合するようにされた第2のハンドル42を有する近位端52を有し、海綿質の骨の領域へのアクセスを提供するための複合機器10を形成し、使用者が第1の機器20を内部管腔44から取り外すことを可能にする第2の機器40と、骨充填物質を注入するためのシリンジ136と、第1の機器40が取り外された第2の機器40の内部管腔44を通るようにされた注入ノズル140と、を備える。 (もっと読む)


【課題】 アクチュエータ本体の先端に設けられた工具の姿勢を遠隔操作で変更することができ、アクチュエータ本体を確実に支持し、かつ位置および姿勢を正確に変更することができる遠隔操作型アクチュエータを提供する。
【解決手段】 アクチュエータ本体5は、細長形状のスピンドルガイド部3と、その先端に姿勢変更自在に取付けられた先端部材2と、先端部材2に回転自在に設けた工具1と、スピンドルガイド部3の基端が結合された本体基端ハウジング4とを備える。アクチュエータ本体5を支持するリンク作動装置7は、ベース部材6側の入力部材104に対し本体基端ハウジング4側の出力部材105を、3組以上のリンク機構101を介して位置および姿勢を変更可能に連結したものとする。工具回転用駆動源41および姿勢変更用駆動源42の回転力をアクチュエータ本体5へ伝達する可撓性ワイヤ9A,9Bを設ける。 (もっと読む)


【課題】製作の点で簡単かつ廉価であるものの、同時にカートリッジの安全なかつ簡単な開放を保証するカートリッジシステムを提供する。
【解決手段】混合室20内に、該混合室20内で摺動可能に配置されたクロージャ60が配置されており、該クロージャ60が、カートリッジ30の開口40を出発位置で閉鎖しており、開口40が、混合室20に向かって、摺動可能なクロージャ60の終端位置で少なくとも部分的に開放されており、摺動可能なクロージャ60が、前記出発位置から前記終端位置に摺動可能であるようにした。 (もっと読む)


【課題】製造が簡単でかつ廉価であると同時に、カートリッジの確実で簡単な開放を保証するようなカートリッジシステムを提供する。
【解決手段】カートリッジ1のカートリッジ頭部5に設けられた保持部22内に、回転可能な弁20が回転可能に支承されているか、該弁20が、閉鎖された位置では各カートリッジの全ての開口12を密に閉鎖しており、開いた位置では貫通孔34が、開口12に接続されているので、カートリッジ内容物が、流出開口26を通じて押出し可能であり、弁20を回転させることにより、該弁が、閉鎖された位置から開いた位置へ変位可能であり、前記弁の運動が、カートリッジシステム内に配置されている圧縮ガスカートリッジ48の開放を生ぜしめるようになっていて、この場合、該圧縮ガスカートリッジが、カートリッジシステムに設けられた開放装置52に対して相対的に運動するようになっている。 (もっと読む)


101 - 110 / 1,252