説明

国際特許分類[A61B17/56]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 診断;手術;個人識別 (80,876) | 手術用機器,器具,または方法,例.止血器 (11,992) | 骨または関節の手術器具および方法;その為に特に適合する用具 (2,994)

国際特許分類[A61B17/56]の下位に属する分類

国際特許分類[A61B17/56]に分類される特許

141 - 150 / 1,252



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】靱帯を再構成するための方法及び装置の提供。
【解決手段】ボディと該ボディを通って延在する移植孔及び横断固定ピン孔とを備え、移植孔及び横断固定ピン孔の両方が、好ましくはボディの長さ方向軸に実質的に垂直に延在する、移植靱帯支持ブロックが提供される。移植靱帯支持ブロックを骨トンネル内に支持し、ホスト骨の横断トンネルが移植靱帯支持ブロックの横断固定ピン孔と整列した状態でホスト骨内に横断トンネルを形成している間に、移植靱帯支持ブロックを骨トンネル内に挿入するための設置器具を更に備える。 (もっと読む)


【課題】概括的には脊椎の病態の治療に関し、隣接する棘突起間に植え込まれる装置を使用した脊柱管狭窄症の治療器具及び方法を提供する。
【解決手段】バルーンカテーテル100は、入れ子に配置されている複数の主膨張可能部材20、遠位膨張可能部材25a、及び近位膨張可能部材25bを有し、それらの膨張可能部材はどれも虚脱形態から膨張形態へ膨張させ、再度虚脱状態へ虚脱させることができる。装置は、或る特定の患者が、腰部脊柱管狭窄症の症状を治療するに当たり棘突起間スペーサ植え込みの候補であるかどうかを判定するのに、及びその様なスペーサが必要であればその寸法を判定するのに、使用することができる。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

球窩関節形成処置で使用される患者別の器具、製造方法、および使用方法を説明する。器具は、器具を患者の窩に取り付ける取り付け機構を含み、取り付け機構は、患者の窩の縁に係合できる、少なくとも第1および第2の部品を有する。各部品は、窩の縁の対応する部分の形状に適合するように成形されるか、または適合する形状に変形することができる。本体が、関節形成処置で使用されるべき構成要素を案内する少なくとも1つのガイド形成物を有する。器具は、ロック機構を含み、ロック機構により、本体および取り付け機構が、独自の構成で患者別の器具へと組み立てられることができる。患者別の器具は、事前に計画された単一の位置でのみ患者の窩に取り付け可能である。
(もっと読む)


固体成分及び液体成分を有する骨セメントが提供される。骨セメントの形成のために、前記固体成分と前記液体成分とを一緒に混合する。前記固体成分と前記液体成分との混合の完了後に、前記骨セメントは、目標とされる解剖学的部位に又は解剖学的部位内に、例えば骨に又は骨内に、手動での適用又は手動での注入のために有効な初期粘度を有し、前記セメントは、時間又は温度の両方に関して、目標とされる解剖学的部位からのセメントの最少の漏洩で又は漏洩なしで、目標とされる解剖学的部位、例えば骨粗鬆症の骨又は骨折した椎体の均質な充填のために適した安定な粘度範囲を有する。更に、上記骨セメントの初期粘度及び安定な粘度の双方は、上記骨セメントを、手動式シリンジ又はマルチプルシリンジを用いた注入のために有効にする範囲内にある。
(もっと読む)


【課題】低侵襲で施術が正確に実施でき、トータルコストを安価に抑えると共に、手術時間の短縮が可能な、汎用性の高い整形外科手術用器械を提供する。
【解決手段】患者から取得した骨関節部の3次元形状画像のデータを用いてラピットプロトタイピングで作製した、患者の骨関節部の形状を有し、術前計画で設定した髄内アライメントロッドを挿通するための三次元アライメント軸孔部2を形成した関節モデル1と、関節モデル1と組み合わされ、関節モデル1の複数の特徴位置部との間隔を調整可能な調整部12〜17、髄内アライメントロッドを装着する第1の装着部10a,20、髄外アライメントロッドを装着する第2の装着部19、及び骨切除機器を装着する第3の装着部18を設けた設置ガイド器械10とを備える。 (もっと読む)


【課題】本発明は、骨を処置するための方法およびシステムを提供する。
【解決手段】本発明のシステムは、対象となる骨の現状の骨モデルを得ることと、該骨の処置の目的となる目的骨モデルを取得することと、骨モデルと目的骨モデルとに基づいて、該骨に対して施されるべき処置(例えば、必要な補助部材)を決定することと、該処置を用いて該骨を手術することを包含することを特徴とする。本発明はまた、このような方法を実現するためのコンピュータプログラムを提供する。 (もっと読む)


【課題】縫合糸の付着、本体内での縫合糸の分離と保護等の問題を解決し、簡単で安価なアンカーを提供する。
【解決手段】本発明の縫合アンカー(100)は、基端(121)と先端(125)とを有する長尺の本体(102)と、基部空洞(103)と、基部空洞が開口する横方向空洞(104)とからなり、本体は、基端に向けて開口し、先端に向けては開口せずにそれぞれ縫合糸を受け入れ可能な少なくとも2本の縫合路を有する。アンカーはさらに、少なくとも部分的に横方向空洞(104)内に配置された横方向壁(105)と、縫合糸を通すための、各々の縫合路に対する別個の小穴(112)とを有し、縫合糸は、横方向壁(105)を貫通する一方、第一の横方向軸(Y−Y)に沿って延びる。その結果、アンカー(100)内にて位置決めされた縫合糸(162)は、第一及び第二の直線状ストランド(162a、162c)と円弧(112)とによりU字状をなす。 (もっと読む)


141 - 150 / 1,252