説明

国際特許分類[A61B17/56]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 診断;手術;個人識別 (80,876) | 手術用機器,器具,または方法,例.止血器 (11,992) | 骨または関節の手術器具および方法;その為に特に適合する用具 (2,994)

国際特許分類[A61B17/56]の下位に属する分類

国際特許分類[A61B17/56]に分類される特許

11 - 20 / 1,252


【課題】間隙部に設置されたスペーサに亀裂・割れ等を生じることなく、強固に固定することができるスペーサを提供すること。
【解決手段】スペーサ1は、骨と骨との間隙部に設置して固定されるものであり、間隙部に設置されるブロック体2と、ブロック体2を間隙部に固定する板状体3とを有し、板状体3は、板状体3に一体化され、ブロック体2を保持する保持部5を備えており、保持部5がブロック体2に埋設されることで、ブロック体2が板状体3により保持される。 (もっと読む)


【課題】膝蓋切除アセンブリを提供する。
【解決手段】膝蓋切除アセンブリは、モジュラーハンドル及び爪部材を含む。右膝及び左膝の膝蓋を切除するために、同じモジュールが使用され得るように、爪部材は、ハンドルに可逆的に取り付け可能である。ハンドルは、骨保持部材を有する調節可能な部材を有する。調節可能な部材の線形移動は、同じ膝蓋切除アセンブリが、様々な大きさの膝蓋を確実に保持するために使用されることを可能にする。 (もっと読む)


【課題】骨トンネルの中に移植片を配置するための器具を提供する。
【解決手段】器具は、細長いシャフトを備え、その細長いシャフトは、1対の歯を備える二又の遠位端部を有する。縫合糸が歯同士の間に画定される空間に跨り、それにより、移植片は、骨トンネルの中へと操作されるように、歯同士の間にかつ縫合糸に当接して位置決めされ得る。腱が縫合糸を中心として折れ、縫合糸は、解放可能な張力を有し、そのため、腱が縫合糸に引っ掛かることなく、腱を残して、器具が骨から取り出され得る。 (もっと読む)


【課題】膝蓋ドリルガイドを提供する。
【解決手段】膝蓋ドリルガイドは、平坦な膝蓋骨に面する表面を備えるベース部と、このベース部を通じて延在するドリルガイド穴と、カンチレバーバネ部材と、骨把持部材と、を含む。カンチレバーバネ部材は、骨把持部材及び平坦な膝蓋骨に面する表面を互いに向かって付勢する。カンチレバーバネ部材を曲げることは、ドリルガイドが膝蓋上に配置され得るように、骨把持部材を、平坦な膝蓋骨に面する表面から離して移動させる。カンチレバーバネ部材が解放されたとき、膝蓋骨は、骨把持部材と平坦な膝蓋骨に面する表面との間にクランプされる。ドリルガイドは寸法表示を有してもよく、並びにドリルガイドに実装される、試験用構成要素を含むキットの一部であってよい。 (もっと読む)


【課題】膝蓋骨ドリルガイドを提供する。
【解決手段】膝蓋骨ドリルガイドは、骨グリップ要素上に回転可能に取り付けられた基部を有する。外形形成された関節面を有するトライアル部分が基部の上に配される。基部及びトライアル部分は整列したドリルガイド穴を有する。基部及びトライアル部分を骨グリップ要素上で一緒に回転させることにより膝蓋骨表面に対するドリルガイド穴の位置を最適化することが可能であり、これにより、膝蓋骨上の膝蓋骨インプラントコンポーネントの取り付けペグの位置を最適化することで膝蓋骨インプラントコンポーネントの向きを最適化することができる。基部及び骨グリップ要素は一体としてもよく、これによりアセンブリ全体が、骨グリップ要素の長手方向の中心軸を中心として膝蓋骨上で回転する。 (もっと読む)


【課題】ハンドルと、摺動部材と、2つの爪部材とを備える膝蓋骨切除アセンブリを提供する。
【解決手段】摺動部材は、移動可能にハンドルに取り付けられ、2つの分岐アームを含む。それらの分岐アームの内縁は、摺動部材の遠位移動によって爪部材が互いに向かって移動して膝蓋骨の周囲で閉じるように爪部材の外縁に接する。爪部材及び摺動部材は、爪部材がともに移動するにつれて膝蓋骨を把持するための歯を有する。爪部材はまた、膝蓋骨の切除中に鋸刃の通り道を案内するための平らな同一平面上の表面も有する。 (もっと読む)


【課題】骨折部位の骨面に対する骨接合プレートのプレート取付作業を容易にできるようにアシストする骨接合プレート保持具を提供する。
【解決手段】骨接合プレート保持具14のブロック本体16は、切開した肉組織15の厚さよりも大きな高さを有する。ブロック本体16の下面にプレート位置決め用の複数の凸部27,28を設け、これらの凸部27,28により骨接合プレート13を位置決めする。ブロック本体16の上面から下面にわたってプレート結合手段33を設け、このプレート結合手段33により、ブロック本体16の下面に位置決めされた骨接合プレート13をブロック本体16の上面側で結合操作および結合解除操作する。ブロック本体16の上面から下面にわたって複数の作業孔41を貫通し、これらの作業孔41の下端は骨接合プレート13の各固定孔51に対応して開口する。 (もっと読む)


【課題】 骨板の表面上で関節鏡の遠心端を誘導するためのガイドを開示している。
【解決手段】 このガイドは、骨板の上部側面上に配置される、関節鏡を誘導するための切欠き及び/又は溝を有する本体部を備えている。更に、関節鏡は、遠心端の近くに球形のスライダを有する。このスライダは、ガイドと整合するように構成されるとともに、関節鏡の遠心端が切欠き又は溝に沿って動くことを可能にしている。 (もっと読む)


【課題】駆動力を受け取ることができる近位表面を有する、実質的に剛性の細長いシャフトと、遠位端部及び近位端部を有する実質的に剛性の先端部と、を伴う、改善された移植片挿入具、及びそれを使用する方法を提供する。
【解決手段】少なくとも先端部の遠位端部は、縫合糸アンカーのような移植片内に設置されることができる。挿入具は、先端部とシャフトとの間に配置された柔軟な領域を更に含み、この領域は、少なくとも先端部が移植片内に設置されたときに、曲がるために必要とする横方向の力が先端部より少ない。 (もっと読む)


【課題】抜去作業に用いられる装置或いは器具の破折を抑制することができるとともに作業時間を短縮することができる抜去装置を提供する。
【解決手段】回転駆動トルクが入力軸11に入力される。入力軸側ギヤ部12は、入力軸11に設けられて入力軸11とともに回転する。複数の出力軸13は、入力軸11と平行に入力軸11の周囲に設置される。出力軸側ギヤ部14は、出力軸13に設けられ、入力軸側ギヤ部12に噛み合うとともに入力軸側ギヤ部12から伝達された回転によって出力軸13とともに回転する。ギヤボックス15は、入力軸側ギヤ部12及び出力軸側ギヤ部14を収納するとともに、入力軸11及び出力軸13を回転自在に保持する。チャック部16は、複数の出力軸13のそれぞれに取り付けられ、軸状又は線状に設けられて骨に対する孔あけ加工を行うための孔あけ部材19を保持する。 (もっと読む)


11 - 20 / 1,252