説明

国際特許分類[A61B17/56]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 診断;手術;個人識別 (80,876) | 手術用機器,器具,または方法,例.止血器 (11,992) | 骨または関節の手術器具および方法;その為に特に適合する用具 (2,994)

国際特許分類[A61B17/56]の下位に属する分類

国際特許分類[A61B17/56]に分類される特許

31 - 40 / 1,252


【課題】患者の大腿骨の外科的に準備された遠位端に結合するよう構成された、大腿骨トライアルコンポーネントを含む整形外科用手術器具を提供する。
【解決手段】大腿骨トライアルコンポーネント12は、外科的に準備された遠位大腿骨の後面に係合するよう構成された固定面を有する。固定面は、関節面から離れる方向に延びる複数のリブを有し、これによって、それらの間に複数のポケットを画定する。それぞれのリブは外側表面を有し、そのリブの外側表面が、概ね上位/下位方向に延び、かつ患者の大腿骨の外科的に準備された遠位端に合致するよう構成されている後方固定表面を画定する。また、関節面から離れる方向に後方固定表面から延びている複数の歯を含む。複数の歯のそれぞれの歯は、内側/外側方向に延びている歯の長手方向軸を画定するとがった先端部を有する。 (もっと読む)


【課題】整形外科手術に使用する器具を提供する。
【解決手段】カスタマイズされた患者別の整形外科用機器が開示される。かかる機器の製造及び使用方法も開示される。 (もっと読む)


【課題】ハンドル、及び外科的準備処置が施された患者の脛骨の近位端に挿入されるように構成されたキールパンチを備える整形外科用外科器具アセンブリを提供する。
【解決手段】ハンドルは、キールパンチをハンドルに固定するように構成されたレバーを含む。 (もっと読む)


【課題】膝蓋骨切除案内を含む整形外科用手術器具を開示する。
【解決手段】膝蓋骨切除案内は、膝蓋骨切断案内表面を画定する実質的に平坦な上面、及び第1の歯を有する第1のジョーを有する本体と、第1のジョーの反対側に位置付けられる第2のジョーと、を含む。第2のジョーは、第1のジョーに対して移動可能であり、第2のジョーが沿って第1のジョーに向かって移動可能である軸を画定する、第1の歯に向かって伸長する第2の歯を含む。膝蓋骨切断案内表面は、患者の膝蓋骨が第1のジョーと第2のジョーとの間に位置付けられるとき、該膝蓋骨を通って伸長する切除平面を画定する。 (もっと読む)


【課題】患者の脛骨の近位端上に位置付けられるように適合された整形外科用器具、及び整形外科用器具に連結されるように構成された脛骨軸受トライアルアセンブリを含む、整形外科用器具システムを提供する。
【解決手段】脛骨軸受トライアルアセンブリは、複数の脛骨軸受表面トライアル構成要素及び少なくとも1つのシムを含む。 (もっと読む)


【課題】整形外科用手術器具を提供する。
【解決手段】整形外科用手術器具は、膝蓋骨ドリル案内を含む。膝蓋骨ドリル案内は、第1のブラケットと、第1のブラケットに連結され、第1のブラケットに対して移動可能な第2のブラケットとを含む。第2のブラケットは、複数の案内穴が内部に画定されたドリルプレートを含み、複数の案内穴のそれぞれは、手術用ドリルを受容するように寸法調整される。ガスケットは、第2のブラケットに枢動可能に連結され、ガスケットは、第2のブラケットの複数の案内穴に受容されるように構成された複数のプラグを有する。 (もっと読む)


【課題】ハンドルと、該ハンドルと選択的に連結されるように構成された複数の手術ツールとを含む、整形外科用手術器具アセンブリを提供する。
【解決手段】ハンドルは、ハウジングと、該ハウジングに移動可能に連結されたレバーと、を含む。複数の手術ツールの各手術ツールは、第1のクランプ要素と、第1のクランプ要素に対して移動するように構成された第2のクランプ要素と、を含む。第2のクランプ要素は、レバーをハウジングに対して移動させることが、第2のクランプ要素を第1のクランプ要素に向かって前進させて患者の骨をクランプするように、レバーに連結されるように構成される。 (もっと読む)


【課題】穿刺針を安定的に把持・固定することができる穿刺針載置具を提供する。
【解決手段】穿刺針載置具10は、穿刺針の先端側を挿通可能に構成された第1ガイド部44と、穿刺針の基端側を挿通可能に構成された第2ガイド部46と、第1ガイド部44と第2ガイド部46とを連結するとともに、第2ガイド部46を第1ガイド部44側に変位可能に支持する連結機構48とを備える。 (もっと読む)


【課題】前十字靱帯(ACL)を再建するためのシステム及び方法を提供する。
【解決手段】ビースピン10は、細長い本体12と、鋭利な遠位先端部14と、遠位先端部14に隣接する任意選択のドリルフルート16と、遠位先端部14から約15cm離れて位置するレーザーエッチングされた深さ表示18とを有している。これを使用することにより、ACL再建において骨トンネルのソケット部分が正確に測定される。 (もっと読む)


【課題】 治療現場でのピストンの着脱操作が必要なく、生体組織補填材料に液体を効率よく浸透させることができ、構造も簡単なシリンジを提供する。
【解決手段】 一端の吐出口及び他端の開口端からピストンが挿嵌されるシリンジ体であって、前記他端又はその近傍の周囲にフランジ部が形成され、更に前記他端又はその近傍の周囲に直径0.2〜5mmの横穴が設けられていることを特徴とする生体組織補填材料用シリンジ、あるいは、生体組織補填材料が予め収納されており一端の吐出口にキャップが被せられていて他端の開口端からピストンが挿嵌されているシリンジ体であって、前記他端又はその近傍の周囲にフランジ部が形成され、更に前記他端又はその近傍の周囲に直径0.2〜5mmの横穴が設けられていることを特徴とする生体組織補填材料用シリンジとする。 (もっと読む)


31 - 40 / 1,252