説明

国際特許分類[A61B17/56]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 診断;手術;個人識別 (80,876) | 手術用機器,器具,または方法,例.止血器 (11,992) | 骨または関節の手術器具および方法;その為に特に適合する用具 (2,994)

国際特許分類[A61B17/56]の下位に属する分類

国際特許分類[A61B17/56]に分類される特許

61 - 70 / 1,252


【課題】容易に回転、割り出すことができる割出しヘッドを有する外科用矢状鋸を提供する。
【解決手段】ハウジング34と、ハウジング34内に配置されたモータ40と、前記ハウジング34に移動可能に取り付けられるブレードマウント56であって、ブレードマウント56は、矢状鋸ブレード32を受入れるスロットを有し、スロットが、前記ブレードマウント56の互いに対向する上面および下面および互いに対向する側壁によって画定され、側壁の少なくとも1つが、第1の表面および第2の表面を有し、第2の表面は、内向きテーパが付されている、ブレードマウント56と、前記ブレードマウント56に取り付けられる保持部材と、前記ブレードマウント56に取り付けられるクランプアセンブリと、を備える。 (もっと読む)


【課題】従来のシステムは、連続拡張接近システムに対する器具操作性を向上させるために設けられているが、拡張自在部の配備が外科手術標的部位に隣接する敏感な組織を不注意にも圧迫し、或いは、前記組織に衝突することがある。
【解決手段】本発明は、外科手術標的部位に接近するシステムであって、複数のブレードがハンドル組立体に着脱自在に連結された牽引子組立体を備え、前記複数のブレードは、閉位置に置かれたままで外科手術標的部位に同時に前進させることができ、その後で、選択的に開かれて、外科手術標的部位に至る個別に調整された手術回廊を設けるようにしたことを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】振動ラスプを提供する。
【解決手段】複雑な形状の関節窩又は寛骨臼構成要素の埋め込みの前の、骨の外科的準備のための振動ラスプが開示される。このような振動ラスプの使用のための外科的方法がまた開示される。 (もっと読む)


【課題】改良された半月板修復のための装置を提供する。
【解決手段】デバイスのハウジングに取付けられている2つの針を含む、組織5を縫合する装置および方法。第1針105は、組織を通過して第2針115により受けられる縫合糸を収容する。第2針は、縫合糸の先導端部145Lを受け取り、この先導端部を組織の内部から取り除く。例えば、組織を縫合するための装置であって、ハウジングと、該ハウジングに取付けられている第1針と、該ハウジングに取付けられている第2針と、先導部および追従部を有する縫合糸と、該縫合糸の該先導部を、該組織の近い側から該組織の遠い側まで通過させるための、該第1針に関連する第1構造体150と、該縫合糸の該先導部を、該組織の該遠い側から該組織の該近い側まで引き戻すための、該第2針に関連する第2構造体125と、を備える、装置が提供される。 (もっと読む)


【課題】脊椎の外科手術の間に椎弓根における器具またはスクリューの正確な大きさおよび配置のための、手動の、機械化され、自動化された方法のためのカニューレを提供する。
【解決手段】第2の混成のカニューレ600が、上記第1のカニューレ500の中に進められる。上記第2のカニューレ600は、上記椎弓根カニューレ500に対応する末端上に放射線を透過しないリング604を有する揃いの長さの放射線を透過する芯内部またはシリンダ602を備えている。また、上記第2のカニューレは、経皮的な適用のために肌を越えて延びる、外部に溝があるカニューレ部606を有している。さらに、第2のカニューレは、適切な上記第1のカニューレ500に対するはめ込み機構を有し、上記はめ込み機構は、上記第1のカニューレ500の適切な配置および取り外しを容易にする。 (もっと読む)


【課題】カテーテルによって椎間板にさらなる損傷を与えてしまわない椎間板内部の治療方法。
【解決手段】関節鏡検査により、椎間板の輪状壁4内側に、特に椎間板の輪状壁内側の後部及び後側部に弓状カテーテル14を配置する方法が提供される。弓状カテーテルはカテーテルに対して圧や力を加えない状況で所定の弓状形を維持する。本方法に用いる装置及び方法は、哺乳類の椎間板の輪状壁内側に対して先端部の前方向圧を必要としない。カッターを有する弓状シース12は、椎間板の輪状壁内から組織を除去するために使用される。他の実施形態では、哺乳類の椎間板の内部から徐々に物質を取り除くために弓状のシースが使用される。さらに他の実施形態では、椎間板全体を取り除いてそのスペースを維持する支持材と置き換えるために弓状のシースとカテーテルが使用される。 (もっと読む)


【課題】骨とインプラント材との間を短時間で容易に接合するレーザ加工装置を得ること。
【解決手段】骨およびインプラント材にレーザ光を照射して骨およびインプラント材のレーザ加工を行うレーザ加工装置において、インプラント材52にレーザ光を照射してインプラント材52に穴をあけ、かつインプラント材52に近接配置された骨51にレーザ光を照射することによってインプラント材52を溶融させるとともに骨51に穴あけを行い、溶融させたインプラント材52を膨張させた状態で骨の穴内に充填させることによって骨51とインプラント材52とを接合するレーザ照射部を備える。 (もっと読む)


【課題】人工膝関節設置術において、大腿骨髄腔内にロッドを挿入することなしに大腿骨端部の骨切方向を決定することができるジグを提供する。
【解決手段】本発明による人工膝関節設置術用のジグ(1)は、大腿骨(F)の膝蓋面及び/又は顆間窩(F1)に形成された溝(F2)に保持可能な取付けベース(2)と、回動軸線(X)を中心に回動可能に取付けベース(2)に取付けられた回動ホルダ(4)と、回動ホルダ(4)に保持された骨頭指示部(6)及び当接ガイド(8)を有する。骨頭指示部(6)は、回動ホルダ(4)の回動により、大腿骨骨頭(Fh)の上に延びるように位置合わせすることができる。当接ガイド(8)は、そのように位置合わせしたときの回動ホルダ(4)の位置で大腿骨遠位端部(e)の前部にドリル孔をあけるためのドリルを案内するガイド孔(8f)を有する。 (もっと読む)


【課題】髄内釘を長骨の外側面より髄腔内に斜めに挿入する場合に、基端部を安定的に長骨の外側面上に設置することができるとともに、既定の姿勢で容易かつ確実に挿入部を髄腔内に挿入することができる髄内釘を提供する。
【解決手段】本発明の髄内釘10は、長骨の外側面側上に配置される基端部11と、該基端部11から伸びて長骨の髄腔内に挿入される挿入部12とを具備する、長骨の内固定を行うための髄内釘において、前記基端部11は、軸線11xに沿って形成された円筒面状の裏面11cと、該裏面11cよりも平坦化された形状を有する表面11bと、表裏を貫通する固定孔11aと、を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】骨固定装置が提供される。
【解決手段】骨固定装置は、骨または脊椎に固定され、ヘッド3およびシャフト2を有する骨固定要素1と、骨固定要素を安定化要素100に結合するための受入部4とを含み、受入部は、上端部および底端部と、上端部から底端部に延在するとともに穴軸を有する穴と、安定化要素を受け入れるための実質的にU字型の凹部10とを有し、凹部は穴と連通し、骨固定装置はさらに、穴の中に配され、穴軸の周りを回転可能なシート部材5を含み、シート部材はヘッドを旋回可能に保持するためのシートを形成し、シート部材は、穴軸に対して一方の側に、他方の側と比較して骨固定要素のより大きな旋回角度を可能にするよう構成され、骨固定装置はさらに、圧力をヘッドにかけるようヘッドに接触する圧力部材6を含み、圧力部材は、シート部材に対して軸方向に移動可能であり、回転力をシート部材に伝達するようシート部材に接続される。 (もっと読む)


61 - 70 / 1,252