説明

国際特許分類[A61B17/56]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 診断;手術;個人識別 (80,876) | 手術用機器,器具,または方法,例.止血器 (11,992) | 骨または関節の手術器具および方法;その為に特に適合する用具 (2,994)

国際特許分類[A61B17/56]の下位に属する分類

国際特許分類[A61B17/56]に分類される特許

81 - 90 / 1,252


【課題】縫合糸アンカーを提供する。
【解決手段】縫合糸アンカーは、長手方向軸及び前記長手方向軸の周りを回転するよう配向される骨係合雄ねじを含むアンカー本体と、前記アンカー本体上の縫合糸取着具であって、前記長手方向軸の周りを前記本体に対して回転可能であり、それによって、前記アンカー本体が骨に螺入されるとき、前記取着具に取着することができる1本又は2本以上の縫合糸のよじれを低減するのに役立つ、縫合糸取着具と、を含む。 (もっと読む)


【課題】大きな力を要することなく、穿刺針の外針基に対して容易に着脱することが可能なハンドルホルダ、及びそのようなハンドルホルダと骨セメント注入用穿刺針との組合せからなる骨セメント注入針セットを提供する。
【解決手段】骨セメント注入針セット10は、外針基16を有する骨セメント注入用穿刺針11と、外針基16に着脱可能なハンドルホルダ60とを有する。ハンドルホルダ60は、長尺な棒形状に形成されたホルダ本体62と、ホルダ本体62の一端部に設けられ、外針基16の側部に設けられたサイドポート42に嵌合可能な接続部64とを備える。 (もっと読む)


【課題】膝蓋切除ガイドとスタイラスとを備える膝蓋切除組立体を提供する。
【解決手段】膝蓋切除ガイドは、2本の移動可能なアーム上にある骨把持部材と、鋸ガイド表面とを有する。スタイラスは、切除ガイドのアームに旋回可能に装着され、切除ガイド内のスロット内に受容された自由端部を有する。膝蓋切除ガイドのアームは、スタイラスが定位置にある間では、骨把持部材同士の間の距離が異なる様々な位置へ移動可能である。 (もっと読む)


【課題】 簡易な構造で安価に製造でき、穿孔時に骨の削り屑や切り屑の発生量が極めて少ないと共に、容易に骨髄を採取可能な骨穿孔用中空ドリルを提供すること。
【解決手段】 骨に孔を開けると共に骨髄B1を採取するための骨穿孔用中空ドリル1であって、円筒状の中空ドリル本体2の先端に、真円の円環状に延在していると共に先端に向けて肉厚が漸次薄くされた切れ刃3が形成され、少なくとも中空ドリル本体2の先端部の内周面に、後端側に向いた段差2aが形成されている。 (もっと読む)


【課題】 操作が容易で、構成も単純なパルス洗浄器を提供すること。
【解決手段】 出力調整レバが弾性部材の付勢力に抗して他方向に回動されると、ロックレバが上記出力調整レバによって弾性部材の付勢力に抗して他方向に回動され、ロック用係合部が上記出力保持用係合部に係合することにより、出力調整レバの回動された状態ひいては所定の出力状態が維持され、所定の出力状態が維持されている場合に、ロックレバを弾性部材の付勢力に抗して他の方向に回動させると、ロック用係合部の出力保持用係合部に対する係合が解除され、出力調整レバが弾性部材の付勢力によって一方向に回動されて、元の状態に復帰することを特徴とするもの。 (もっと読む)


【課題】 人工膝関節置換手術時に大腿骨と脛骨の骨切りをするに際し、伸展位と屈曲位とにおける靱帯の緊張力を実際に測定しなくても同じにできる骨切除治具を提供する。
【解決手段】 人工膝関節置換手術時に使用される骨切除治具を、グリップの他端側に縦孔を有するホローボックスが形成され、ホローボックスから大腿骨と脛骨との間の切除部分に挿入される基準スペーサ部が延設されたスペーサブロックと、屈曲位のときに縦孔に挿入され、基準スペーサ部上を他端側に延びて大腿骨の遠位端の端部の切除面に当接し、前方から差し込まれて大腿骨の遠位端の端部の切除面に刺入されるリファレンスピンをガイドするガイド孔が形成されたリファレンスピンガイドと、スペーサブロックをリファレンスピンを残して大腿骨と脛骨の間から抜去した後にリファレンスピンのガイド孔をガイドとして挿入され、大腿骨の端部の遠位端の切除面に接触して大腿骨の遠位端の後部の切除面を指標する指標部が設けられたエイムとで構成する。 (もっと読む)


【課題】結び目のない縫合糸のアンカーを提供する。
【解決手段】縫合糸アンカー10は、貫通する軸方向内径面を有し、かつ骨の穴内での本体の食い付きを強化するように適合された、ねじのような、本体の外側表面上の1つ又は2つ以上の食い付き強化具を有する、管状本体12を含む。側方ポート28が、内径面から外側表面へと貫通し、本体の近位端から本体に侵入するスロットの形状となる。軟組織を骨に付着させるためのある長さの縫合糸が、外側表面に沿って下に向かい、1つ又は2つ以上の食い付き強化具を越え、本体の遠位端を越えて上がり、内径面の中を通過し、次いで内径面から外へ戻り、外側表面に沿って上に向かい、1つ又は2つ以上の食い付き強化具を越える。 (もっと読む)


【課題】結び目のない縫合糸のアンカーを提供する。
【解決手段】縫合糸アンカーは、貫通する軸方向内径面を有し、かつ骨の穴内での本体の食い付きを強化するように適合された、ねじのような、本体の外側表面上の1つ又は2つ以上の食い付き強化具を有する、管状本体を含む。側方ポートが、内径面から外側表面へと、本体を貫通する。軟組織を骨に付着させるためのある長さの縫合糸が、外側表面に沿って下に向かい、1つ又は2つ以上の食い付き強化具を越え、本体の遠位端を越えて上がり、内径面の中を通過し、次いで内径面から外へ戻り、外側表面に沿って上に向かい、1つ又は2つ以上の食い付き強化具を越える。 (もっと読む)


【課題】縫合糸アンカードライバを提供する。
【解決手段】縫合糸アンカードライバは、細長形シャフト、シャフト近位端のハンドル、シャフト遠位端のアンカー係合部、及びハンドルとシャフトとの間のクラッチを有する。このクラッチは、縫合糸に摩擦係合するためのスロット、シャフトとの係合部、及びハンドルとの係合部を含む。シャフトとの係合部、及びハンドルとの係合部は、ハンドルに適用される駆動トルクが、強制的にスロットを開放して、スロットの、縫合糸との摩擦係合を解除するように、互いに対して位置決めされる。 (もっと読む)


【課題】結び目のない縫合糸のアンカーを提供する。
【解決手段】縫合糸アンカーは、貫通する軸方向内径面を有し、かつ骨の穴内での本体の食い付きを強化するように適合された、ねじのような、本体の外側表面上の1つ又は2つ以上の食い付き強化具を有する、管状本体を含む。側方ポートが、内径面から外側表面へと、本体を貫通する。軟組織を骨に付着させるためのある長さの縫合糸が、外側表面に沿って下に向かい、1つ又は2つ以上の食い付き強化具を越え、本体の遠位端を越えて上がり、内径面の中を通過し、次いで内径面から外へ戻り、外側表面に沿って上に向かい、1つ又は2つ以上の食い付き強化具を越える。 (もっと読む)


81 - 90 / 1,252